タグ:ネトウヨ ( 28 ) タグの人気記事

 

「ただの差別」と住民から顰蹙 「朝鮮学校解体」求め在特会らデモ

2010/11/5 週刊金曜日

 排外主義団体「在日特権を許さない市民の会(通称『在特会』)」らが一〇月三一日、「朝鮮学校の解体」などを求め、朝鮮大学校のある東京都小平市でデモを行なった。

 集まったのは在特会のほか、今年七月に結成された「排害社」(金友隆幸代表)など類似団体メンバーも合わせ約五〇名。同様の抗議活動は二〇〇八年、〇九年にも朝大の学園祭に押しかける「フレンドシップツアー」の名目で行なわれたが、朝大が学園祭開催を隔年とし不開催となった今年も、名目をデモと改め行なわれた。

 デモ隊は警視庁が警備体制を固める中、昼過ぎに小平中央公園に集合。「日本列島の隣に朝鮮半島が存在することこそが最大の在日特権」(排害社・金友代表)、「左翼が妨害を宣言しているそうだが、私が『やれ』というまでやるな。ただし『やれ』と言った時は殺せ」(在特会・桜井誠会長)といった檄の後、朝大付近の水上公園まで約一時間かけて行進した。参加者らは途中、「朝鮮大学を解体しろ」「ゴミはゴミ箱へ。朝鮮人を日本から叩き出せ」などとシュプレヒコールを上げたほか、途中にある創価学園付近では「創価学会も日本から出て行け」と叫んでいた。

 朝鮮学校関係者だけでなく、「日本人にも朝鮮学校の犯罪性を訴える」(桜井代表)のが目的とされる今回のデモだが、沿道の見物者数人にデモの感想を訊ねたところ返ってきたのは、「デモっていうけど、あれただの差別でしょ? これが許される国でいいの?」(小平市に最近引っ越してきたという四〇代女性)、「近所迷惑。商売やっている立場からもあれはないわ」(沿道の商店主)、「朝鮮大学に出ていってほしいと思うか? 思うワケないでしょ。昔からここに住んでいるけど、あそこの人たちに迷惑掛けられたことないし」(同男性客)など。

 少なくともこの日質問した地元住民からは、在特会への非難こそあれ、朝大関係者を非難する声は聞かれなかった。

古川琢也・ルポライター
[PR]

by yupukeccha | 2010-11-05 23:59 | 社会  

反日デモの中国人と、秋葉原デモのネトウヨは、「グローバル化からズリ落ちている」点では同じ種類の人間

週刊SPA 11/2・11/9合併号 151ページ 「第一次世代大戦」城繁幸氏

 今の僕の住所は中央区の築地市場の近くで、まあそこそこ良い住環境で、たまに有名人とばったり会ったりもする。 六本木ほどの派手さはないが、落ち着いた暮らしやすいエリアといえる。最近気づいたのだが、この辺の高級スーパーで買い物をし、リバーサイドを散歩する人の中には、意外と中国人が多い。なんでも中国の富裕層にとって、銀座にも近いこのエリアのマンションは、滞在用の不動産として人気が高いのだそうだ。

 一方で、逆に上海や北京に拠点を移す日本人ビジネスマンも少なくない。知人の経営者には「21世紀は中国の時代だ」とばかりに、日本の会社をすべて畳んで上海に移住した人もいる。政治リスクはあるものの、広大なマーケットを誇る中国はビジネスマンにとっては十分魅力的なのだ。

 もちろん、こういった流れは氷山の一角にすぎない。東アジアを中心に、グローバルな経済統合はもっともっと大規模に、そして着実に進んでいる。これはとても素晴らしいことだ。少子化で年々減っていく日本人に代わって、彼ら新興国の需要は、日本経済を潤してくれるだろう。

 一方で、日中関係はすべてが順風満帆なことばかりでもない。四川では日系スーパーがデモ隊に襲われ、秋葉原では中国人観光客向けセールに力を入れるオノデンやサトームセンにデモ隊が集った。お互い、尖閣列島をめぐるトラブルが発端となり、感情的な行き違いに発展したものだ。一見、今の両国の間には、まったく異なる二つの流れが混在しているように見える。果たして、どちらが日中関係の真の姿を表しているのだろうか。

■「グローバル化」からズリ落ちる日本人も

 結論からいうと、どちらがよい悪いという問題ではない(自国民が働いている経済活動拠点にデモを仕掛けるのはどうかと思うが)。どちらも現実に存在しているし、これからも存在し続けるだろう。ただ、“国”の概念はガラリと変わることになる。例えば、日本の不動産を買い、銀座でショッピングを楽しむ中国人と、上海に会社を移す日本人ビジネスマンは、経済のメインストリームに属し、同じような価値観を共有している“同志”といえる。

 逆に、四川や秋葉原で商店にデモして喜んでいる人たち同士も、(仲良しにはなれないかもしれないが)本質的にはまったく同じ種類の人間だ。要するに、国を跨ぐ形で新たなグループが形成されつつあるわけだ。これこそグローバル化の本質である。

 「グローバル化」というと、グローバルに活躍することだけが注目されがちだが、それは同時に、グローバル化から落ちる人間が出現することも意味している。20世紀後半、多くの日本人がボーッとしていても一億総中流と呼ばれるほど豊かで安定した暮らしを送ることができたが、21世紀は違う。我々が独占してきた「豊かで安定したステージ」には、さまざまな国の人たちが上がってきて、少なくない数の日本人がズリ落ちるだろう。

 留意すべき点は、この流れは誰にも止められないということだ。我々にできることは、豊かなステージに残れるように、 一生懸命努力することだけである。

 わざわざ日本にやってきてくれたお客さんとの商売を邪魔して喜んでいるような人たちが、そういう努力をまったくしていない
ことだけは確実だろう。

■今週の採点

四川省デモの中国人 -10点
秋葉原デモのネトウヨ -15点

 まあこの人たちは基本、同類なのだけど、しっかりした社会インフラや表現の自由がありつつ同程度のことしかできない ネトウヨのほうが程度が低い。デモがしたいなら、政府相手にすればいい。堅気で働いている人間の足を引っ張るな。
[PR]

by yupukeccha | 2010-10-27 09:00 | 社会  

首相官邸警備の機動隊員、日本刀?で切られる

8月15日21時57分配信 読売新聞

 15日午後2時20分頃、東京都千代田区永田町2の路上で、日本刀のような刃物を持った男が、首相官邸の警備にあたっていた20歳代の警視庁機動隊員にいきなり切りつけた。

 周囲にいた別の機動隊員が男を殺人未遂と公務執行妨害、銃刀法違反(所持)の疑いで現行犯逮捕した。切りつけられた機動隊員は、左手の親指を切断する大けが。

 警視庁麹町署によると、男は自称20歳代で、髪を七色に染めていたという。男は「けがをさせたことは間違いない」と供述しているといい、同署で動機を調べている。

 現場は首相官邸から約150メートルの地点。


<警官襲撃>日本刀の男は宮城の21歳 首相官邸近くで逮捕
8月16日10時51分配信 毎日新聞

 首相官邸近くの路上で15日、警視庁機動隊の男性巡査長(29)が日本刀を持った男に襲われ左手親指を切断した事件で、殺人未遂などの容疑で現行犯逮捕されたのは宮城県大崎市の男(21)とみられることが麹町署の調べで分かった。

 同署によると、現場に近い日枝神社のトイレのごみ箱から免許証が見つかり、男のものである可能性が高いという。男は精神科の通院歴があり、刑事責任能力を慎重に調べている。【伊澤拓也】


新宿駅の不審物、声明は警官切りつけ男の実名
2010年8月16日14時39分 読売新聞

 JR新宿駅のコインロッカーで15日、爆発物を装った不審物が見つかった事件で、インターネット上に書き込まれた犯行声明が、首相官邸で警察官を切りつけ重傷を負わせたとして殺人未遂などの容疑で15日に逮捕された男の実名で書かれていたことが16日、捜査関係者への取材でわかった。

 警視庁幹部によると、男は宮城県大崎市に住む無職の21歳。ネット上のゲームサイトには15日午後1時45分頃、「新宿駅のコインロッカーに爆発物を仕掛けた」という声明が、この男の実名で書かれていた。

 構内のロッカーからは乾電池などが入った容器が見つかっている。男は逮捕時に顔を負傷して病院で治療を受けており、同庁は回復を待ち、男から事情を聞く。


国会前で警察官が日本刀男に切られる 20代の男を逮捕

2010.8.15 16:16 産経新聞

15日午後2時20分ごろ、東京都千代田区永田町の永田町交番前の路上で、首相官邸の警備に当たっていた警視庁機動隊の男性警察官が日本刀のような刃物を持った男に切りつけられた。男は周囲を警備していた警察官に殺人未遂などで現行犯逮捕された。警察官は左手の指を切り、病院に搬送されたが意識はあり、命に別条はないという。 

 逮捕されたのは自称宮城県在住の20代の男で、政治団体などに所属していないという。逮捕された際に口にけがをしたとみられ、病院に搬送された。捜査関係者によると、男は「けがをさせたことは間違いない」と供述しているという。

 目撃者などによると、男は髪を染めており、口にピアスをしていた。うつろな表情のまま両手で刃物を持ち、路上を歩いていたという。

Links: キチガイのフリして特攻かます LEE㌣将軍
[PR]

by yupukeccha | 2010-08-15 21:57 | 荒む社会  

「在特会」幹部ら4人逮捕=朝鮮学校に拡声器で怒号―京都府警

2010年8月10日17時6分 朝日新聞

 京都市南区の京都朝鮮第一初級学校周辺で、昨年12月、「在日特権を許さない会(在特会)」の幹部らが拡声器などを使って授業を妨害した事件で、京都府警警備1課などは10日、威力業務妨害容疑などで同会京都支部を運営する西村斉容疑者(41)=右京区山ノ内宮前町=ら4人を逮捕した。いずれも容疑を認めているという。

 逮捕容疑は昨年12月4日午後1~2時ごろ、同校周辺で拡声器などを使い、「北朝鮮のスパイ養成機関、朝鮮学校を日本からたたき出せ」などと怒号を発して、同校の授業を困難にするなどした疑い。

 妨害行為の発端は、同校による市営公園の無許可占用とされ、府警は10日、都市公園法違反容疑で同校関係者1人の取り調べを始めた。府警によると、同校は市の許可を受けずに、公園にサッカーゴールや朝礼台などを設置した疑いがあるという。
[PR]

by yupukeccha | 2010-08-11 17:19  

会長宅からパソコンを押収 在特会事件

2010年8月11日 朝日新聞

 京都朝鮮第一初級学校(京都市南区)の授業を街宣活動で妨害したとして、「在日特権を許さない市民の会」(在特会)の幹部らが逮捕された事件で、京都府警が、東京の会長宅からパソコンを押収したことが捜査関係者への取材でわかった。府警は家宅捜索した関係先12カ所で押収した資料約130点を分析し、組織の実態解明を進める。

 10日に逮捕されたのは、在特会副会長で電気工事業川東大了(かわひがし・だいりょう)容疑者(39)と、同会京都支部運営担当でマンション管理業西村斉(ひとし)容疑者(41)のほか、友好団体「主権回復を目指す会」(主権会、事務局・東京)の元関西支部長で会社員中谷辰一郎容疑者(41)=大阪市西淀川区=と、主権会の元関西支部事務局長でスナック経営荒巻靖彦容疑者(46)=兵庫県尼崎市。4人は威力業務妨害と名誉棄損、暴力行為等処罰法違反(集団的器物損壊)の容疑を認め、「日本のためにやった」などと供述しているという。

 一方で府警は、同初級学校が市の許可を得ず、隣接する児童公園にスピーカーやサッカーゴールなどを設置していたとして、学校関係者から都市公園法違反の疑いで任意聴取を始めたと発表した。

 メンバーの逮捕を受け、在特会の桜井誠会長は動画サイトで「このような容疑で逮捕されるいわれは全くないと信じている」と主張。同校の金志成(キム・チソン)校長は談話で「一罰百戒となり、民族差別がない社会となるよう願う」とし、公園の占有については「事前に市の了解を得ていると認識していた」と述べた。
[PR]

by yupukeccha | 2010-08-11 15:00 | 社会  

「在特会」のメンバー逮捕、「朝鮮学校の子供に応援メッセージ」-韓国

8月11日11時56分配信 サーチナ

 京都府警は10日、京都朝鮮学園が器物損壊や名誉棄損の容疑と合わせ告訴していた、在日特権を許さない市民の会(在特会)のメンバーなど4人を威力業務妨害、名誉棄損などの疑いで逮捕した。

 在特会のメンバーは、昨年12月4日に京都市南区にある京都朝鮮第一初級学校に訪れ、拡声機を使い約1時間にわたり、同校の前で叫ぶなどして、授業を妨害したとされている。

 韓国の複数のメディアもこのニュースを報じている。同団体は、朝鮮学校が市の管理している児童公園を運動場代わりに使用し、スピーカーやサッカーのゴールポストを無断で設置したとし抗議にきたとし、拡声器で「北朝鮮のスパイ養成所」「スパイの子ども」「日本からたたき出せ」などと、聞くに堪えない差別的な罵詈雑言を繰り返した。また児童公園にあった同校が管理しているスピーカーの線を切断し、ゴールポストを校内に投げ込むなどの暴挙を行ったと伝えている。

 これに対し、学校側は半径200メートル圏内での演説、教職員や児童への面会強要禁止などの仮処分を京都地裁に要請し、京都地裁はこれを認めた。

 事件発生後には、同小学校の子供に、励ましのメッセージを送ろうと呼びかけた韓国のメディアも複数見られた。これは日本国内にある朝鮮学校の支援団体「朝鮮学校を支える会・京滋」が行った運動が発端となったもの。在日韓国人や良心的な日本人から送られた手紙が紹介されている。

 手紙の一部には、クリスマスカードや、本を購入して応援の気持ちを示す場合もあった。また東京に住んでいる日本人は「この(右翼団体の)大人たちは、あなたが考えること以上に愚かな子どものような人々です。皆さんの心が少しでも癒されるよう祈っており、応援している日本人がたくさんいることを知ってほしい」とのメッセ―ジを送ったという。

 韓国・富川の青少年団体所属の高校生は「助けることができず申し訳ありませんが、頑張ってください。私達も応援しています」などの温かい応援の言葉を伝えたという。

 一方、京都府警は、京都朝鮮初級第一学校が市の許可を得ずに朝礼台などを設置し、公園を占領したとして、都市公園法違反の疑いで捜査を開始している。(編集担当:李信恵・山口幸治)
[PR]

by yupukeccha | 2010-08-11 11:56 | アジア・大洋州  

「在特会」幹部ら逮捕 京都朝鮮学校の授業妨害容疑

2010年8月10日 朝日新聞

 京都朝鮮第一初級学校(京都市南区)の前で「日本から出て行け」と拡声機で叫んで授業を妨害するなどしたとして、京都府警は10日、威力業務妨害容疑などで「在日特権を許さない市民の会」(在特会)の幹部ら4人を逮捕した。本部を置く東京の会長宅なども家宅捜索した。

 府警によると、逮捕されたのは在特会副会長で電気工事業の川東大了(かわひがし・だいりょう)容疑者=大阪府枚方市=、在特会京都支部運営担当でマンション管理人の西村斉(ひとし)容疑者=京都市右京区=ら30~40代の男性4人。

 4人は他の在特会メンバーらとともに昨年12月4日昼、同校周辺で1時間近くにわたり、拡声機で「北朝鮮のスパイ養成所」「日本から出て行け。スパイの子ども」などと怒鳴って授業を妨害し、同校の名誉を傷つけた疑いがある。隣接する児童公園で、同校が管理するスピーカーのコードを切断したとする器物損壊容疑も持たれている。学校側が昨年12月に告訴した。

 在特会は、市が管理する児童公園を学校が運動場代わりにし、スピーカーやサッカーゴールを無断で設置していた点をただそうとしたと主張。川東容疑者は逮捕前、朝日新聞の取材に「違法な設置物を撤去したうえで話し合おうとしたが、学校側に拒否されたので抗議しただけだ」と説明していた。

 府警は、大勢のメンバーが押しかけて、ののしりの言葉を大音量で繰り返し、子どもたちを不安に陥れた点を重視。授業ができなくなる事態に追い込んだ結果は見過ごせないと判断した。
[PR]

by yupukeccha | 2010-08-10 23:59 | 社会  

街宣をネット公開、会員広げる 在特会、全国に26支部

2010年8月10日19時2分 朝日新聞

 在日特権を許さない市民の会(在特会)は2006年12月、桜井誠氏(38)を会長として設立された。ホームページによると、現在は東京本部のほか北海道から鹿児島まで全国に26支部があり、会員は約9千人いるという。

 在日韓国・朝鮮人に特別永住資格を認める入管特例法の廃止を「究極的な目標」に掲げ、最近は朝鮮学校の無償化反対を訴える集会や街宣活動を展開している。活動は事前にホームページで予告し、参加者を募集。街宣やデモの一部始終をビデオ撮影し、ネットの動画サイトに投稿して賛同者を引きつけている。こうした団体は他にもあり、「ネット右翼」とも呼ばれる。

 逮捕前に取材に応じた副会長の川東容疑者は、桜井会長の主張を動画サイトで見て共感し、昨年7月ごろに入会した。自営業をしながら家族の反対を押し切って活動し、「経済的に負担は大きいが、愛国心でやっている」と話していた。会員は「普通の勤め人」が多いという。
[PR]

by yupukeccha | 2010-08-10 19:02 | 社会  

在特会幹部ら4人を逮捕 朝鮮学校の授業妨害容疑

2010年8月10日18時34分 朝日新聞

b0161323_17303573.jpg 京都朝鮮第一初級学校(京都市南区)の前で「日本から出て行け」と拡声機で叫んで授業を妨害するなどしたとして、京都府警は10日、威力業務妨害容疑などで「在日特権を許さない市民の会」(在特会)の幹部ら4人を逮捕した。本部を置く東京の会長宅なども家宅捜索した。

 府警によると、逮捕されたのは在特会副会長で電気工事業の川東大了(かわひがし・だいりょう)容疑者=大阪府枚方市=、在特会京都支部運営担当でマンション管理人の西村斉(ひとし)容疑者=京都市右京区=ら30~40代の男性4人。

 4人は他の在特会メンバーらとともに昨年12月4日昼、同校周辺で1時間近くにわたり、拡声機で「北朝鮮のスパイ養成所」「日本から出て行け。スパイの子ども」などと怒鳴って授業を妨害し、同校の名誉を傷つけた疑いがある。隣接する児童公園で、同校が管理するスピーカーのコードを切断したとする器物損壊容疑も持たれている。学校側が昨年12月に告訴した。

 在特会は、市が管理する児童公園を学校が運動場代わりにし、スピーカーやサッカーゴールを無断で設置していた点をただそうとしたと主張。川東容疑者は逮捕前、朝日新聞の取材に「違法な設置物を撤去したうえで話し合おうとしたが、学校側に拒否されたので抗議しただけだ」と説明していた。

 府警は、大勢のメンバーが押しかけて、ののしりの言葉を大音量で繰り返し、子どもたちを不安に陥れた点を重視。授業ができなくなる事態に追い込んだ結果は見過ごせないと判断した。

     ◇

 京都朝鮮第一初級学校には、在日朝鮮人の小学生ら約100人が通う。

 学校関係者によると、在特会による最初の街宣活動があったのは昨年12月4日。拡声機から大音量の叫びが発せられる間、子どもたちは教室で泣き続けていた。ある女子児童は帰宅後、親に「もう学校に行きたくない」と訴えたという。約1カ月後に再び街宣があった際、学校側は課外授業を実施し、児童を校外へ避難させた。

 保護者の30代の男性は「いたずら電話など陰湿な嫌がらせは今までにもあった。今回は公然と学校に押しかけられ、子どもたちはショックを受けた」。学校関係者は「子どもの身を守り、尊厳を守ることが私たちの務め。民族差別を許さない社会をつくるには、法律できちんと裁いてもらう必要がある」と語る。

 同校への街宣は今年3月までに計3回。京都地裁は5月、街宣をすれば1日100万円の制裁金の支払いを在特会に命じる決定をし、その後は止まった。

Links: 在特会会長宅ボロすぎワロタwww
[PR]

by yupukeccha | 2010-08-10 18:34 | 社会  

「在特会」初摘発、4人を逮捕 「日本からたたき出せ」…朝鮮学校に拡声器で抗議

8月10日11時51分配信 産経新聞

 京都市南区の京都朝鮮第一初級学校の前で昨年12月、市民団体「在日特権を許さない市民の会(在特会)」(本部・東京)が、拡声器を使って抗議活動をした問題で、京都府警は10日、威力業務妨害容疑などで京都、神戸、大阪に住む在特会のメンバー4人を逮捕した。また、会長宅の家宅捜索を始めた。今後、参加したメンバー数人宅の捜索も行う。在特会の抗議活動をめぐり、警察当局が摘発に乗り出すのは全国初。

■ネット上などで活動、1万人近い会員

 捜査関係者によると、在特会のメンバーは、昨年12月4日、同校の校門前で「密入国者の子孫」「スパイの子供やないか」「日本からたたき出せ」などと拡声器を使って約1時間にわたり抗議、授業を中断させるなど学校の教育活動を妨げた疑いが持たれている。 在特会は、学校側が隣接する児童公園に、朝礼台やスピーカーを設置している状況を「許可なく占有的に使用してきた」などと抗議していた。

 学校側は在特会の抗議活動後、威力業務妨害などの罪で府警に刑事告訴。京都地裁は今年3月、在特会に対し、同校周辺での街宣活動禁止を求める仮処分を決定した。その後も活動が続いたため同5月、仮処分に違反した場合、1日につき100万円を学校側に支払うよう命じる間接強制を決めた。

 在特会は平成18年末ごろに結成。「行動する保守」を掲げ、過激な言葉で抗議したり、警察官ともみ合ったりするデモの様子を、インターネットの動画投稿サイトで生中継するなどしてネットを中心に会員を増やしている。会員は6月に9千人を突破したという。 公安関係者は「団体の実態がいまだによくつかめない」と指摘。「ネットなどを駆使した過激なグループで注視している」としている。


「在特会」幹部ら4人逮捕=朝鮮学校に拡声器で怒号―京都府警
8月10日16時7分配信 時事通信

 京都市南区の京都朝鮮第一初級学校周辺で、昨年12月、「在日特権を許さない会(在特会)」の幹部らが拡声器などを使って授業を妨害した事件で、京都府警警備1課などは10日、威力業務妨害容疑などで同会京都支部を運営する西村斉容疑者(41)=右京区山ノ内宮前町=ら4人を逮捕した。いずれも容疑を認めているという。

 逮捕容疑は昨年12月4日午後1~2時ごろ、同校周辺で拡声器などを使い、「北朝鮮のスパイ養成機関、朝鮮学校を日本からたたき出せ」などと怒号を発して、同校の授業を困難にするなどした疑い。

 妨害行為の発端は、同校による市営公園の無許可占用とされ、府警は10日、都市公園法違反容疑で同校関係者1人の取り調べを始めた。府警によると、同校は市の許可を受けずに、公園にサッカーゴールや朝礼台などを設置した疑いがあるという。 


在特会「日本のためにやった」 朝鮮学校に抗議活動で逮捕
8月11日7時56分配信 産経新聞

 京都市南区の京都朝鮮第一初級学校の前で昨年12月、市民団体「在日特権を許さない市民の会(在特会)」(本部・東京)が拡声器を使って抗議活動をした問題で、京都府警は10日、威力業務妨害容疑などで、在特会京都支部運営で、マンション管理業の西村斉容疑者(41)=京都市右京区=、在特会副会長で、電気工事業の川東大了容疑者(39)=大阪府枚方市=ら4人を逮捕。東京都の在特会会長宅や事務所などを家宅捜索した。

 4人は容疑を認めており、西村容疑者は「日本のためにやった」などと供述しているという。

 逮捕容疑は、昨年12月4日、約1時間にわたり京都朝鮮第一初級学校周辺で、「朝鮮学校を日本からたたき出せ」とスピーカーで叫ぶなどし、同校の教育活動を妨害したとしている。

 また、府警は同日、京都市の許可を得ずに、隣接する公園にサッカーゴールや、朝礼台などを設置したとして任意で、学校関係者1人を、都市公園法違反容疑で取り調べた。


朝鮮学校で妨害 在特会を初摘発
8月11日7時56分配信 産経新聞

 京都市南区の京都朝鮮第一初級学校の前で昨年12月、市民団体「在日特権を許さない市民の会(在特会)」(本部・東京)が、拡声器を使って抗議活動をした問題で、京都府警は10日、威力業務妨害容疑などで京都、兵庫、大阪に住む在特会のメンバー4人を逮捕した。また、会長宅を家宅捜索した。在特会の抗議活動で、警察当局が摘発に乗り出すのは全国初。

 捜査関係者によると、在特会のメンバーは、昨年12月4日、同校校門前で「密入国者の子孫」「スパイの子供やないか」などと拡声器を使って約1時間にわたり抗議、教育活動を妨げた疑いが持たれている。
[PR]

by yupukeccha | 2010-08-10 11:51 | 社会