タグ:デフレ ( 20 ) タグの人気記事

 

米価が大幅下落 新米5キロ1500円割れ デフレ影響

2010年9月16日15時2分 朝日新聞
  
 コメの価格が大きく下がっている。スーパーの特売では新米5キロ入りが1500円を割ることもあり、「史上最安値」との声も。コメ余りに加え、長引く不況でデフレ傾向が強まっているためだ。新米の季節を迎え、消費者は歓迎だが、農家の間には危機感が広がっている。

 農林水産省によると、コメ価格の下落は2009年産米が出始めた昨秋から目立つ。全国農業協同組合連合会(全農)などの出荷団体が卸売業者に販売する全銘柄の平均価格は、昨年9月の1俵(60キロ)1万5169円から下がり続け、今年7月には1万4214円に。こうした団体・卸間の価格が公表されるようになった1990年以降で最低だった07年産と同水準になっている。

 関係者によると、金融不況による消費不振で、コメの民間在庫量は昨年に前年比で約3割増えて5年ぶりの高い水準になった。今年に入ってもデフレ傾向が続いて在庫量はさらに増加、10年産も生産過剰が見込まれ、価格が下落しているという。

 千葉県や滋賀県などで10年産の新米価格が決まり始めているが、09年産に比べ4~11%下がっている。コメ卸最大手の神明(神戸市)の担当者は「価格がこんなに下がったのは過去にないだろう。消費者の低価格志向が強く、在庫を抱えたくない産地も売り急いでいる」と指摘する。

 大阪市西成区のスーパー、イズミヤ花園店では、8日の特売で滋賀県産の新米のコシヒカリが5キロ1480円で売り出された。購入した主婦は「めっちゃ安い。新米なので味も期待できそう」。

 イズミヤによると、昨年同時期の特売価格より約1割安い。通常は2千円程度で、1500円を下回る特売は月に2回。担当者は「1500円を下回らないと強い目玉商品にはならなくなっている。他店との競争は激しく、これまでで最安の水準だ」という。

 ライフコーポレーション(大阪市)は4、5日、関西エリアで福井県産華越前を5キロ1480円、10キロ2780円で特売した。

 農水省は今年度から農家への戸別所得補償事業を始めた。生産調整に参加した農家には0.1ヘクタールあたり1万5千円を交付し、コメの価格が過去3年平均を下回った場合は差額を追加支給する。担当課は「価格が下落しても対応できる」と強調する。

 しかし、近江米の産地として知られる滋賀県長浜市で約30ヘクタールを耕す大規模農家の脇坂良平さん(59)は「財政難で戸別所得補償がいつまで続くのか、正直不安だ。頼みはやはり米価で、何とか下げ止まってほしい」と訴える。(天野剛志、菅沼栄一郎)
[PR]

by yupukeccha | 2010-09-16 15:02 | 荒む社会  

WWF「日本人は生活見直しを」 環境指標で負荷を算出、指摘

2010年8月25日 17時48分 共同通信

 世界中の人が日本人と同じ暮らしをしたら地球が二つ以上必要―。世界自然保護基金(WWF)ジャパンは25日、「エコロジカルフットプリント」という環境指標を使い、日本人に生活様式の見直しを求める初の報告書を公表した。国土が供給できる資源量に比べ7倍近くぜいたくな暮らしと指摘。「過度に輸入依存の食生活を見直し、廃棄食料やCO2排出量を減らして環境負荷を下げる努力をすべき」としている。
[PR]

by yupukeccha | 2010-08-25 17:48 | 荒む社会  

仙台の食品スーパー「モリヤ」が倒産 負債100億円、拡大路線裏目

7月30日13時19分配信 産経新聞

 帝国データバンクによると、宮城県を地盤とするスーパー、モリヤ(仙台市、守谷定夫社長)は30日、仙台地裁へ民事再生法の適用を申請した。負債総額は約100億円。

 同社は、1977年の操業。「フレッシュフードモリヤ」「スーパービッグ」「パワーズ」の名称で仙台市内で食料スーパーを展開。2004年3月から地元中小スーパーとの共同仕入れ事業を立ち上げたほか、07年12月には新潟県下のスーパーを傘下に入れたほか、新規出店も積極化。08年6月期には年売上高約204億7200万円を計上していた。 

 しかし、周辺に大手スーパーが相次いで進出し、競争が激化。安売り攻勢で対抗したが、出店攻勢による無理な拡大策の投資負担などから、資金繰りが逼迫。新たな資金調達も困難になり、自主再建を断念した。
[PR]

by yupukeccha | 2010-07-30 13:19 | 経済・企業  

イオン PB第3のビール販売 1缶88円最安 韓国製で再挑戦

6月23日8時16分配信 フジサンケイ ビジネスアイ

 イオンは22日、1缶(350ミリリットル)当たり88円の低価格を実現したPB(プライベートブランド、自主企画)の“第3のビール”を23日に発売すると発表した。メーカー品を含め第3のビールでは最安値水準となる。年間7200万缶の販売を目指しており、価格競争が激しさを増しそうだ。

 イオンのPB「トップバリュ」から売り出すのは「バーリアル」。スーパー「ジャスコ」など全国のグループ35店約3000店で販売する。生産は、韓国のビール大手に委託し、国内メーカーの第3のビールに比べ4割弱の低価格を実現した。1ケース(24缶)のまとめ買いの場合、1880円となり、1本当たり約78円になる。

 輸出入・卸業務をグループ会社が行うことで中間コストをカット。また、韓国メーカーの工場からイオン物流センターに近い全国9カ所の港へ海上輸送し、自社物流網を使って荷降数、国内陸送距離を削減することで物流費も大幅に減らし、低価格を実現した。

 大手スーパーの第3のビールでは、ダイエーが韓国のOBビールに製造を委託して89円の商品を販売しているほか、イトーヨーカ堂もサントリー製品を123円でPBとして発売。イオンも昨年夏にサントリーに生産委託したPBの第3のビール「麦の薫り」を販売していたが、今春に販売を終えていた。

                   ◇

 【予報図】

 ■商習慣クリア 価格競争過熱

 「本当は『リベンジ(復讐(ふくしゅう))』と名付けたいぐらいだった」

 22日に都内で開かれた「バーリアル」の記者会見場で、イオントップバリュの堀井健二取締役はこう漏らした。

 イオンが昨年夏にサントリーと共同開発し、鳴り物入りで売り出した100円の第3のビール「麦の薫り」は、当時その激安価格から「メーカー品が売れなくなる」(業界筋)と卸売業界などの反発を招いた。結果としてサントリーが生産を中止し、イオンも販売をとりやめざるを得なくなった経緯がある。

 悔しさを胸に再チャレンジに挑んだイオンは、韓国のビールメーカーに委託することで、こうした国内の商習慣問題をクリア。さらに業界最安水準の88円というおまけまでついた。

 今後の焦点は最大のライバルであるセブン&アイ・ホールディングスの動向。昨年夏にはほぼ同時に100円ビールを発売し、激しく火花を散らした。今後セブンも新たな一手を打ってくる可能性がある。(小熊敦郎)


<第3のビール>イオンPBが最安値88円 競争に拍車
6月23日7時47分配信 毎日新聞

 イオンは22日、1缶(350ミリリットル)88円と「第3のビール」では最安値となるプライベートブランド(PB)の商品を、ジャスコなど全国の系列約3000店で23日から発売すると発表した。ビール類市場全体が縮小するなか、好調な第3のビールは激戦区。イオンが格安PBで攻勢をかけることで、競争に拍車がかかりそうだ。【井出晋平、弘田恭子】

 イオンのPB「トップバリュ」から「BARREAL(バーリアル)」のブランドで販売する。イオンは昨年夏、サントリーと共同開発した別のPBを1缶100円で販売したが、今回は韓国メーカーに製造を委託。自社の物流チェーンを使うことでコストを抑えた。年間7200万缶(大瓶20本換算で約200万ケース)の販売が目標。

 ビールメーカーの第3のビールは1缶で140円前後。大手スーパーのPBは現在、ダイエーが1缶89円で、セブン&アイ・ホールディングスが1缶123円。

 5月のビール類(ビール、発泡酒、第3のビール)の出荷量は前年同月比8・4%減の3563万ケースと5カ月連続の前年割れ。ビールと発泡酒が落ち込む中、第3のビールは6・1%増と増勢を維持しており、新製品の投入が続いている。

 大半のスーパーのPBは統計に含まれないが、業界団体によると第3のビール市場全体の4%程度を占めるとみられる。会見したイオンの久木邦彦執行役は「国産メーカーを上回る実績を作りたい」と話した。


<イオン>PB「第3のビール」は88円
6月22日19時43分配信 毎日新聞

 イオンは22日、1缶(350ミリリットル)88円と「第3のビール」では最安値となるプライベートブランド(PB)の商品を、ジャスコなど全国の系列約3000店で23日から発売すると発表した。ビール類市場全体が縮小するなか、好調な第3のビールは激戦区。イオンが格安PBで攻勢をかけることで、競争に拍車がかかりそうだ。

 イオンのPB「トップバリュ」から「BARREAL(バーリアル)」のブランドで販売する。イオンは昨年夏、サントリーと共同開発した別のPBを1缶100円で販売したが、今回は韓国メーカーに製造を委託。自社の物流チェーンを使うことでコストを抑えた。年間7200万缶(大瓶20本換算で約200万ケース)の販売が目標。

 ビールメーカーの第3のビールは1缶で140円前後。大手スーパーのPBは現在、ダイエーが1缶89円で、セブン&アイ・ホールディングスが1缶123円。

 5月のビール類(ビール、発泡酒、第3のビール)の出荷量は前年同月比8.4%減の3563万ケースと5カ月連続の前年割れ。ビールと発泡酒が落ち込む中、第3のビールは6.1%増と増勢を維持しており、新製品の投入が続いている。

 大半のスーパーのPBは統計に含まれないが、業界団体によると第3のビール市場全体の4%程度を占めるとみられ、存在感を増している。会見したイオンの久木邦彦執行役は「国産メーカーを上回る販売実績を作りたい」と話した。【井出晋平、弘田恭子】


第3のビール価格合戦、イオンも88円
6月22日18時46分配信 読売新聞

 イオンは22日、自主企画商品(PB)の第3のビール「トップバリュ バーリアル」(350ミリ・リットル缶)を88円で発売すると発表した。

 スーパー「ジャスコ」などグループ約3000店で23日から販売する。第3のビールとしては最安値水準となる。

 イオンは韓国メーカーに生産を委託。物流と販売にかかるコストを抑え、大手メーカーの商品に比べて3~4割安い価格を実現。主原料の大麦の比率を高め、ビールの味わいに近づけたという。

 第3のビールのPBでは、ダイエーが韓国製品を89円で、セブン&アイ・ホールディングスがサントリー製品を123円で販売している。西友も韓国製品を88円で売っている。
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-23 08:16 | 社会  

「日本海庄や」の経営会社に賠償命令 過労死訴訟判決

2010年5月25日10時22分 朝日新聞

 全国チェーンの日本料理店「日本海庄や」の男性社員(当時24)の急死をめぐり、両親が「月80時間の時間外労働をこなさければ賃金が減る制度で過労死した」などとして、東証1部上場の経営会社「大庄」(東京)と平辰(たいら・たつ)社長ら役員4人に計約1億円の損害賠償を求めた訴訟の判決が25日、京都地裁であった。大島真一裁判長は、大庄側に計約7860万円を支払うよう命じた。

 男性は吹上(ふきあげ)元康さん。判決によると、吹上さんは大学卒業後の2007年4月に大庄に入社し、大津市内の店で調理などを担当。同8月、京都市北区の自宅で就寝中に急性心不全で死亡し、大津労働基準監督署から労災と認定された。両親は(1)亡くなるまで4カ月間の時間外労働が月平均100時間を超え、厚生労働省の過労死ラインを上回っていた(2)時間外労働が月80時間に満たない場合は給与を減額する内容の給与体系のもとで残業を強いられ、過労死した――などとして、08年12月に提訴した。

 大庄によると、同社は1971年設立。全国展開している飲食店は「日本海庄や」のほか「やるき茶屋」など約40業態、計約900店舗ある。
[PR]

by yupukeccha | 2010-05-25 10:22 | 経済・企業  

低価格帯居酒屋の出店を加速/コロワイド東日本

5月24日22時45分配信 カナロコ

 外食チェーンのコロワイド東日本(横浜市西区)は、低価格帯居酒屋の出店を加速する。不採算店の業態転換と新規出店により、2009年度の約3倍となる約100店舗まで拡大する計画。

 北海道、関東、関西地区で展開する約470店のうち、居酒屋を中心に60店弱を低価格の居酒屋「えこひいき」に転換。関東、関西地区を中心に約20店舗を新規出店する。個人消費の冷え込みにより減少した来客数の回復を狙う。

 コロワイド東日本は、居酒屋「甘太郎」、イタリアン「ラパウザ」など全40業態を展開。「えこひいき」は料金が均一の313円。平均客単価は2千円台前半と居酒屋としては低め。20~50代の働く女性やビジネスマンが主要顧客層で、郊外店ではファミリー層も多いという。
[PR]

by yupukeccha | 2010-05-24 22:45 | 経済・企業  

安売りで質落ちないか心配

2009年12月29日 朝日新聞
作家 鎌田 正明 (東京都世田谷区 53)
 長引く不況で、物の値段が随分安くなっている。安くて良い物が変えるならいいが、そうでない場合もあるから心配だ。

 私はよく家でお好み焼きを作る。老舗の製粉会社が作るお好み焼き専用の粉を使ってきたが、最近、近所のスーパーでは入手しにくくなった。代わりに、ノーブランドの粉が売られている。値段は老舗の半分程度。ところが、それらを使ったお好み焼きがおいしくない。

 ふっくらとして、だしが効いていなければいけないのに、ばさばさで、うまみがない。他の材料は同じで作り方も変えていないから、粉の質が違うとしか思えないのだ。

 安ければいい、という風潮が行きすぎれば、老舗も安売りのために、質を落とした製品を出さざるをえなくなるだろう。たかがお好み焼きだが、こうしたことは多くの商品に広がっているのではないか。

 商売人には製品の質に誇りを持ってほしい。われわれ消費者も、価格だけにとらわれず、良い物は大事にしたいと思う。
[PR]

by yupukeccha | 2009-12-29 06:00 | 社会  

吉野家“苦肉”の限定値下げ 食い控えで副作用の懸念も

12月28日20時58分配信 産経新聞

 吉野家が、牛丼値下げ合戦で“混迷”を深めている。ライバルの「すき家」や「松屋」が相次いで値下げに踏み切る中、定価は据え置いたまま期間限定キャンペーンによる値下げという苦肉の対抗策を打ち出した。もっとも、キャンペーンは、期間前の“食い控え”と、期間後の“食い飽き”という副作用を伴う。吉野家の苦悩は深い。

More
[PR]

by yupukeccha | 2009-12-28 20:58 | 経済・企業  

「デフレ」の言葉、使用巡り議論 日銀11月議事要旨

2009年12月24日11時54分 朝日新聞

 日本銀行は24日、11月19~20日の金融政策決定会合の議事要旨を公表した。政府は20日に「デフレ宣言」をしたが、会合では多くの委員が「デフレという言葉は様々な定義が用いられるため、日銀がデフレという言葉を使用するときは細心の注意を払う必要がある」と発言。一方で、複数の委員が「日銀がデフレという言葉をあえて避けているとの印象を与えている可能性がある」との懸念を示していたことが明らかになった。

 また、ある委員は政府のデフレ認定について「持続的な物価下落をデフレと定義するのであれば、日銀が展望リポートで示した見方と異なっていない点を対外的にも説明していく必要がある」との考えを示した。別の委員からは「(デフレの情報発信)それ自体がマインドに悪影響を与えることのないよう留意する必要がある」との意見も出た。

 出席した内閣府の代表は「デフレは日本経済の安定にとって重要なリスク要因と考えられる。日銀においてはデフレのリスクにも十分留意しつつ、引き続き金融政策の面から景気を下支えすることを期待している」と話した。
[PR]

by yupukeccha | 2009-12-24 11:54 | 経済・企業  

デフレはまだ入り口

2009年12月23日 朝日新聞

 「デフレはまっただ中という人もいるが、まだ入り口と思う。来年1年は厳しく、金融危機以前の水準に戻るのは難しい」。「エポカ」「ポール・スチュアート」などで知られる三陽商会の杉浦昌彦社長は嘆く。今年後半の商品の店頭価格は、1年前に比べると1千円くらい下がった。だが、「12月前半はコートなどが動いて、やや上向いた。これからよくなるきっかけとなってほしい」。
[PR]

by yupukeccha | 2009-12-23 06:00 | 経済・企業