タグ:テロ ( 4 ) タグの人気記事

 

<フランス>テロ厳戒で12人逮捕 機関銃など押収

毎日新聞 10月6日(水)0時12分配信

 【パリ福原直樹】フランス治安当局は5日、国内でテロリストとの関連が疑われる12人を逮捕し、機関銃、ショットガンなどを押収した。フランスやドイツでは今週、国際テロ集団「アルカイダ」などがテロを働く可能性があるとして、厳戒状況が続いていた。

 仏の報道などによると仏当局は南部マルセイユ市などの拠点を家宅捜索し、9人を逮捕。これとは別に、同市や南西部ボルドー市で3人を逮捕した。この3人は爆弾製造の疑いで先週、イタリアで逮捕されたアルジェリア出身者(28)との関係が疑われているという。

 欧州では今週、米などの情報から、パリ中心部のエッフェル塔や、ベルリンの鉄道駅などでのテロの可能性が指摘され、米英や日本、スウェーデンが自国旅行者に警戒を呼びかけていた。米メディアによると、この情報はアフガニスタンに収監中のテロリストが提供したという。
[PR]

by yupukeccha | 2010-10-06 00:12 | ヨーロッパ  

<ロシア>モスクワの地下鉄駅で爆発 20人死亡

3月29日13時27分配信 毎日新聞

 【モスクワ支局】タス通信によると、モスクワ中心部の地下鉄ルビアンカ駅構内で29日朝、爆発が起き、少なくとも20人が死亡した。同駅は旧ソ連国家保安委員会(KGB)の後身である露連邦保安庁(FSB)の最寄り駅。


<ロシア>モスクワの地下鉄駅で爆発 25人死亡
3月29日13時27分配信 毎日新聞

 【モスクワ支局】タス通信によると、モスクワ中心部の地下鉄ルビャンカ駅構内で29日午前8時(日本時間同日午後1時)ごろ、爆発があり、地下鉄車両が破損した。非常事態省によると、乗客ら25人が死亡した。14人が車両内、11人がホームで死亡したという。さらに10人以上が負傷した。

 朝の通勤時間帯で、駅には大勢の通勤客がいた模様。死傷者数はさらに増える恐れが強い。

 同駅は、旧ソ連国家保安委員会(KGB)の後身のロシア連邦保安庁(FSB)本部の最寄り駅。

 ロシアでは最近、不況などへの不満の高まりから全土でプーチン首相(前大統領)の辞任を求めるデモが多発していた。プーチン首相はKGB出身で、FSB長官を務めた。
[PR]

by yupukeccha | 2010-03-29 13:27 | ヨーロッパ  

列車爆破犯の隠れ家発見、DNA試料押収…露報道

12月1日0時26分配信 読売新聞

 【モスクワ=緒方賢一】ロシア北西部で27日起きた特急列車「ネフスキー・エクスプレス」爆破テロ事件で、インターファクス通信は30日、警察当局が爆破犯が拠点にしたと見られる隠れ家を現場近くで発見した、と報じた。

 同通信によると、当局は爆破犯が実行の数日前にこの家を使ったと見ており、室内から女1人を含む4人分のDNA試料を押収した。

 また当局は、関与が疑われる不審者2人の身体的特徴やモンタージュ写真を公表した。ただ、テロの組織的な背景は公表していない。

 一方、有力紙「コメルサント」は30日、チェチェン共和国など北カフカス地域で暗躍するイスラム武装勢力の犯行との見方を伝えた。 同紙は、捜査当局者の話として、ロシア軍からチェチェン武装勢力に寝返った元兵士が今回の事件を指揮した可能性があると報じた。元兵士は今回と同じ特急列車を標的とした2007年の爆弾テロの容疑者として、当局が手配中の人物。

 チェチェンはロシア軍が制圧し、武装勢力は北カフカス地域で要人暗殺を繰り返し、抵抗を続けている。今回のテロでは、列車に乗っていたロシア政府機関の幹部2人が死亡した。

 同通信によると、死者は26人となった。
[PR]

by yupukeccha | 2009-12-01 00:26 | ヨーロッパ  

イエメンテロ、「韓国人ターゲット」懸念広がる

3月19日10時5分配信 YONHAP NEWS

 【イエメン18日聯合ニュース】イエメンで韓国人観光客4人が自爆テロで死亡してから3日後の18日、韓国政府対応チームと遺族らが乗った車も自爆テロ攻撃を受け、政府は当惑を隠せずにいる。観光客がテロで死亡した際には不特定多数に対する無差別テロとの見方が強かったが、韓国人が相次ぎテロの対象になるや、偶然とばかりはみなせないとの分析が強く提起されているためだ。

 政府当局者は18日、「韓国の政府対応チームを狙ったものか、イエメン側の警護オートバイが先導していたために同国政府高官が乗っているとみてテロを起こしたのかは分からない」と慎重な反応をみせた。

 しかし、テロ犠牲者の遺体運搬計画など現地対応チームの活動がメディアに報じられていたことから、テロ集団が韓国政府当局者や遺族らをターゲットにした可能性が少なくないとの見方が強い。特に首都サヌアは相対的にテロが少ない地域とされ、国際テロ組織アルカイダが特に韓国人を狙ったテロのために動いていた可能性もあるとの分析も出ている。

 アルカイダは2004年から、韓国を米国、英国などとともに攻撃ターゲットに挙げており、先ごろ韓国がイエメンに近いソマリアに「清海部隊」を派遣したことがアルカイダを刺激したとの見方もある。

 韓国テロリズム研究所のチェ・ジンテ所長は、自爆テロは不特定多数でなくターゲットを定めた後、テロの精密度を高める際に使用すると説明、「韓国人を狙ったテロであることは確実」との見方を示した。韓国政府の対応チームと遺族を狙ったのは、韓国国民にさらなる衝撃と恐怖を与えようとする意図が込められていると述べ、韓国国民が対テロ戦に積極的に乗り出している韓国政府に反感を持つように仕向けるのが目的だと分析した。

 韓国人を狙ったテロの可能性が高まるや、政府は戸惑いながらも対策整備に奔走している。政府は観光客死亡の原因がテロと明らかになった後、青瓦台(大統領府)で国家情報院、外交通商部、警察庁、国防部、知識経済部、国土海洋部、文化体育観光部関係者らによるテロ対策実務会議を開き、総合対策を整えることにした。外交通商部はこれとは別に2回にわたり国外テロ事件対策会議を開き、相次ぐテロへの対応を話し合った。

 政府当局者は、観光客テロ事件を受け現地の公館にテロ警戒強化を指示してから1日も経たないうちにこうした事件が発生し、戸惑っているとしながら、イエメン政府と協力し対応策を決定すると話した。事件を受け「旅行制限国」に引き上げられたイエメンの旅行警報を、最高レベルの「旅行禁止国」に修正する策も検討される可能性が高い。

 一方、DPA通信が報じたところによると、イエメン政府は18日、韓国政府対応チームと犠牲者の遺族らが乗る車がテロ攻撃のターゲットだったことを確認した。イエメン政府は声明を通じ、「この攻撃による死傷者はおらず、自爆テロ犯の遺体は四散した」と明らかにし、警察がテロ犯の身元確認を進めていると伝えた。
[PR]

by yupukeccha | 2009-03-19 10:05 | 中東