タグ:タイ ( 427 ) タグの人気記事

 

Wikileaks、タイのサマック元首相がクーデターの責任の一端が王妃にあると指摘

2010年12月15日 23時03分 IBTimes

 Wikileaksが公開した2008年10月1日付けのアメリカの機密公電より、タイのサマック元首相が2006年のクーデターの責任の一端が王妃にあると指摘していた事が明らかになった。

Wikileaksロゴ。ウェブサイトより。プリントスクリーンショット。 アメリカ大使と面会した際にサマック元首相は、7ヶ月の首相在任中に政治的な圧力を受けていた事を明らかにした上で、2006年のクーデターや民主主義市民連合による混乱の責任がシリキット王妃にあると尊大な態度で指摘していたという。

 サマック元首相によると、王妃がプレーム枢密院評議会議長や王党派を通して連合を操っていたのだという。

 しかし、国王に関しては、自分に反対する者以上の忠誠心を持っており、首相在任中は国王からの支えを受けていたとしたが、王子に関してはコメントをする事は無かったという。
[PR]

by yupukeccha | 2010-12-15 23:03 | アジア・大洋州  

Wikileaks、プレーム議長が首相を好評価 - タイの大物が王子に対して否定的な見解

2010年12月15日 22時35分 IBTimes

 Wikileaksが新たに公開したアメリカの機密公電により、今年1月にアメリカ大使がタイのプレーム枢密院評議会議長を初めとする影響力を持つ人物を表敬訪問した際に、プレーム議長がアピシット首相に対して肯定的な評価を下す一方で、外務大臣経験がある枢密院評議会議員のシッティ・サウェートシーラ氏は、同首相の問題解決能力や効率的に政策を遂行するチームの不在に不満を示していた事が明らかになった。

Wikileaksロゴ。ウェブサイトより。プリントスクリーンショット。 またタクシン元首相に関しては、面会したプレーム議長、シッティ議員及びアーナン元首相何れも同元首相による政府への直接的な攻撃や王室に対する間接的な攻撃に注目しており、特にアーナン元首相は、国王の健康不安が同元首相による間接的攻撃の動機の一部になっているとの見方を示していたという。

 一方、次期国王継承者とされる王子に関しては、3者何れも否定的な見解を示し、特にアーナン元首相は、王子以外の者を国王に据える為の手続きが他に存在してれば国家はより良い状態になるとの認識を仄めかしていたという。

 その際に、シッティ議員はシリーントーン王女が次期国王として望ましいとの見解を示したが、それに対してアーナン元首相は、次期国王継承者を変更する事ができるのは国王のみであると指摘した上で、そのような継承者の変更が起こる可能性は極めて低いとの認識を示していたという。
[PR]

by yupukeccha | 2010-12-15 22:35 | アジア・大洋州  

タイ国王、クーデター肯定?…米公電を暴露

読売新聞 12月15日(水)22時29分配信

 【バンコク=若山樹一郎】英紙ガーディアン(電子版)は15日、「ウィキリークス」が公開した米国の外交公電に基づき、タイのタクシン政権が2006年9月、軍事クーデターで崩壊した際、プミポン国王がクーデターに肯定的だったと報じた。

 当時の駐タイ米大使の公電による報告によると、クーデターの翌日、大使はクーデターを主導したソンティ陸軍司令官と面会した。司令官は前日の夜に王宮を訪問した際の国王の様子について「くつろぎ、満足そうで終始笑みを浮かべていた」と話したという。
[PR]

by yupukeccha | 2010-12-15 22:29 | アジア・大洋州  

<タイ殺人>被告が無罪主張 岐阜・裁判員裁判

毎日新聞 11月30日(火)13時55分配信

 タイ・バンコクで08年、岐阜県出身の棚橋貴秀さん(当時33歳)が殺害された事件で、強盗致死罪に問われた無職、森宏年被告(33)=愛知県一宮市=の裁判員裁判の初公判が30日、岐阜地裁(山田耕司裁判長)であった。森被告は「(キャッシュカードなどを)持ってきたことは間違いないが、強取したことはありません。殺人は関係ありません」と起訴内容を否認、弁護人は無罪を主張した。

 タイ警察から情報提供を受けた岐阜県警が、刑法の国外犯規定を適用して逮捕した。国外犯規定を適用した事件の裁判員裁判は初めてとみられる。審理は12月6日までで、判決は9日の予定。

 起訴状によると、森被告は住所不定、無職、浦上剛志被告(32)=強盗殺人罪で起訴、公判前整理手続き中=と共謀し、08年8月5日、バンコク市内のマンションで棚橋さんの両手首に手錠をかけて両足に粘着テープを巻き付け、パソコンやキャッシュカードなどを強奪。浦上被告がその後、浴槽に棚橋さんの頭部を沈め、殺害したとしている。【石山絵歩】
[PR]

by yupukeccha | 2010-11-30 13:55 | アジア・大洋州  

アウンサン・スーチーさんの息子キムさんがタイに入国

キャプローグ November 06, 2010 10:28

シンガポールのストレートタイムス紙によると、ミャンマーの民主化運動指導者で自宅軟禁中のアウンサン・スーチーさんの息子キム・アリスさん(33)が、タイに入国しました。スーチーさんの弁護士が明らかにしたものです。

キムさんはイギリス在住で、母スーチーさんとは約10年間会っていません。

ミャンマーでは7日、約20年ぶりとなる総選挙が行なわれる予定で、選挙終了後の13日にも、スーチーさんが解放されるとの情報があるため、キムさんはタイ国内に滞在し、スーチーさんの解放を待つと思われます。

キムさんは、スーチーさんがノーベル平和賞を受賞した1990年に、母親の代理として兄アレクサンダーさんと共に授賞式に出席しましたが、その後はメディアを避けています。

親子の10年ぶりの再会に、メディアの注目が集まります。
[PR]

by yupukeccha | 2010-11-06 10:28 | アジア・大洋州  

人民元、タイに影響も

朝日新聞 2010年10月8日

 「人民元がもっと弾力的に動けば、東南アジアの負担も少なくてすむ」と語るのは、9月末に退職したタイ中央銀行のタリサ前総裁。タイ通貨が対ドルで13年ぶりの高値となり、輸出企業への影響が懸念されている。海外マネーが資本規制のある中国に向かわず、代わりに東南アジアの通貨が買われている、との見方だ。(バンコク=高野弦)
[PR]

by yupukeccha | 2010-10-08 06:00 | アジア・大洋州  

タイ政府、間違った津波情報で住民避難させ謝罪

ロイター 9月14日(火)17時36分配信

 [バンコク 14日 ロイター] タイ政府は14日、津波情報を間違って流したことで、同国南西部パンガー県の住民を無駄に避難させたとして謝罪した。パンガー県は、2004年12月に発生したスマトラ島沖地震での津波で被害を受けた地域。

 同県では13日、津波が来るとの情報を受けて数百人の住民が避難していた。誤報が流れる30分前には、2004年に被災した村で避難訓練が行われたばかりだったという。

 2004年に発生した津波ではタイだけでも5398人が死亡、約3000人が行方不明となるなど多くの犠牲者が出ていた。タイ政府は津波警報システム強化に努めているが、被災した6つの県では、過去の避難訓練での警報の音量が低いなどと住民の間では苦情が出ていた。

 13日の誤報を受けて、住民は警報センターの職員を解雇するよう要求していたが、ステープ・トゥアックスバン副首相は「誤報はシステム上の問題で、人員によるミスではない」と強調している。
[PR]

by yupukeccha | 2010-09-14 17:36 | アジア・大洋州  

【タイ】タクシン派、活動を活発化:都心商業区などでデモ計画

NNA 9月14日(火)1時30分配信

 タクシン元首相派の反独裁民主戦線(UDD)が、タクシン政権を崩壊させたクーデターから4周年を迎える19日に向けて、活動を活発化している。12日には自転車に分乗してバンコク都内をデモ行進した。19日には、4~5月に占拠した都心商業区のラチャプラソン交差点で集会を計画しており、緊張が高まることも予想される。

 13日付ネーションなどによると、UDDは12日、傘下組織のレッド・サンデー・グループのリーダー、ソムバット氏が中心となり、バンコク都内を自転車で行進するデモを行った。UDDのシンボルカラーの赤色のシャツを着込んだ約100人が、ラチャプラソン交差点を出発し、戦勝記念塔ロータリー、ディンデンを通り、ルンピニ公園に到着した。

 政府は同日の活動を容認し、治安当局との衝突などは起きなかった。ソムバット氏は毎週日曜日に何らかの活動を行う考えを明らかにした。

 ■活動の予定

 UDDは、2006年9月19日のクーデターから4年目、今年5月19日の強制排除から4カ月目を迎える19日に向けて各種活動を計画している。

 17日には、UDD幹部のチャトゥポン氏が中心となり、UDDの幹部と活動家が収監されている全国の刑務所、施設の前でバラの花束をささげ、釈放を要求する。

 チャトゥポン氏は、タクシン元首相派の最大野党のプアタイ党(タイ貢献党)所属下院議員で、3~5月の大規模反政府活動を組織したUDD主要3幹部の1人。

 18日には、UDD傘下のジュン24グループのリーダーで雑誌「レッド・パワー」編集者のソムヨート氏が中心となり、50台の車両に分乗して、バンコク都内ラプラオの商業施設「インペリアル・ワールド」前を出発し、翌19日に北部チェンマイに到着するデモ行進を行う。

 19日には、ソムバット氏が中心となり、午前に都内ラマ4世通りのフアランポーン寺院を参拝。午後1時に民主記念塔に集結。その後、自転車に分乗してラチャプラソン交差点まで行進する。

 同交差点では、ろうそくをともしたり、献花したり、風船を飛ばしたりするなどの活動を行う。

 同日に北部のチェンマイでは、ソムチャイ前首相が中心となり集会を開催する。

 UDDは、ほかにも西部ラチャブリ県、東北部ウボンラチャタニ県などで活動を行うもようだ。

 バンコクには非常事態宣言が発令されているが、UDDは活動を強行する。ソムバット氏は、道路封鎖など過激な活動は行わないと主張しており、アピシット首相は、道路封鎖や公務執行妨害などの行為がない限り、一連の活動を容認する方針を明らかにしている。
[PR]

by yupukeccha | 2010-09-14 01:30 | アジア・大洋州  

人権問題会見、政府圧力で中止=活動家の入国拒否―タイ

時事通信 9月13日(月)22時38分配信

 【バンコク時事】バンコクの外国特派員クラブで13日、同日予定されていたベトナムの人権問題に関する記者会見が中止された。タイ政府の圧力によるもので、クラブ側は「政府がこのような形で圧力を掛けたことは残念だ」とのコメントを出した。

 同クラブによると、会見は「国際人権連盟」(パリ)と「ベトナム人権委員会」が開催し、ベトナムの人権状況に関する報告書を公表することになっていた。1カ月ほど前にクラブ側に申し込みがあった。

 タイ外務省は9日、クラブ側に「隣国に有害な情報を含む」として会見中止を要請。一方で、会見出席者の入国を拒否した。 


<タイ>ベトナム人権問題の記者会見中止 外務省が横やり
毎日新聞 9月13日(月)18時45分配信

 【バンコク西尾英之】バンコクの外国特派員クラブで13日に予定されていたベトナムの人権問題に関する記者会見が、タイ外務省の横やりで中止に追い込まれた。

 クラブによると会見は、パリに拠点を置く人権監視団体「国際人権連盟」と「ベトナム人権委員会」が1カ月ほど前に申し入れた。ベトナムの人権抑圧状況に関する報告書を公表する予定だった。

 これに対し、外務省は9日、「近隣国の不利益となる恐れがある」とクラブに会見中止を要請。政府は会見出席予定者のタイへの入国を拒否し、クラブ側は12日に会見中止を決めた。

 特派員クラブではミャンマーの人権問題などに関する記者会見が頻繁に開かれているが、政府からの圧力を受けたのは今回が初めて。タイ政府は、今年の東南アジア諸国連合(ASEAN)議長国を務めているベトナムに配慮したものとみられる。クラブは「政府の圧力は残念」との声明を出した。

 タイのアピシット政権は今春のタクシン元首相派によるバンコク都心部占拠以降、タクシン派の放送局やインターネットサイトを閉鎖するなど反政府系メディアへの抑圧姿勢を強め、言論の自由の侵害との批判が出ている。
[PR]

by yupukeccha | 2010-09-13 22:38 | アジア・大洋州  

韓流ファッションの「危険」を政府が警告

ニューズウィーク日本版 9月8日(水)20時1分配信

流行にはまれば失明やけが、命の危険さえあるという根拠は?

パトリック・ウィン(バンコク)

 いまタイの若者をとりこにしているのは、自国の芸能人でもレディー・ガガでもない。マスカラを塗りたくった10代の女の子たちにとって、流行ど真ん中は韓国だ。

 タイ政府はこの韓流現象を決して歓迎していない。新たな最新ファッションが韓国から入ってくるたび、政府は失明やけがだけではなく、命の危険をもたらすと警告している。

 タイ保健省によれば、瞳を大きく見せる効果があるソウル生まれの「ビッグアイ」コンタクトレンズの着用には失明の危険性が伴い、友達同士で使い回せばエイズ感染の恐れもあるという。韓国人歌手愛用の分厚い付けまつ毛も、失明の原因になるらしい。有害な美白クリームや整形手術で韓国人的な外見を手に入れようとする動きにも、警告の声が上がっている。

 最近の標的は、ソウルからもたらされた黒いレギンスの流行だ。暗い色を好む蚊を引き付けるので、若い女性がデング熱に感染する危険が急速に高まるという。

 韓流ブームが一気に広まったのは06年。今やタイから韓国を訪れる観光客の数は、10年前の2倍以上の20万人近くに膨れ上がった。 軽薄で性的過ぎるとタイ政府が非難しようが、健康面での脅威を持ち出そうが、この流行は当分収まりそうにない。
[PR]

by yupukeccha | 2010-09-08 20:01 | アジア・大洋州