タグ:ソマリア ( 9 ) タグの人気記事

 

「何で嘘吐くんですか?」アグネスがネットで壮絶バトル!

2010.05.08 17:45 ガジェット通信

タレントのアグネスチャンさんが、日本ユニセフ協会の大使としてソマリアに視察に出向いたのは記憶に新しい。しかし実際はソマリアではなく、比較的平和な共和制国家・ソマリランドだったことが判明。多くの人たちから「アグネスは、さも危険な国に行ったかのように話している」と非難を浴びていた件で進展があった。

アグネスチャンさんがインターネットサービス『Twitter』の公式アウントで、非難を浴びせる人たちに対して反論を始めたのである。アグネスチャンさんの『Twitter』には、多くの人たちからソマリランド問題について非難する声が寄せられており、さすがに返答しないと収拾がつかないと感じたのだろう。そのやり取りは以下の通り。

ネットユーザー: 先日行かれたとおっしゃってたソマリアが、ソマリランドの間違いだと言われてるようですが、アグネスさん、間違ったんでしょうか?
アグネス: ソマリアが正しい呼び名です。ソマリアランドは自称の名前、国連をはじめ、世界は認めてません。正式の呼び名はソマリア。間違っていませんよ。自称の名前を使うと、国際団体、ソマリア内のほかの暫定政府から、訂正を求められるケースも。複雑な国際状況なので、慎重にね。アグネス

ネットユーザー: だったら何故、本当に行ってきたのはほとんど危険のないソマリランドなのに、さもソマリアに行ってきたかの様な喧伝をするのですか?教えて下さい。
アグネス: ソマライは日本国の指定では危険地域。行くことを控えるようにとの勧告。自称ソマライランドの地域も含まれている。近年入国した日本の方にも武装警備が付いていたのよ。危険には間違いない。テロは怖いね。誘拐も。甘く見ることは良くないです。事故の元です。アグネス

ネットユーザー: やくみつる氏が新婚旅行で行ってますけど、それについてはどうお考えですか?てゆーか、ソマリアに行った様に喧伝するのとは関係ないと思いますが。危険地域だと言うのであれば、ちゃんと「ソマリランドに行きました」って言えば良いのでは?
アグネス: やくさんを案内した方にも武装警備が付いていたのです。無事に戻られて、本当に良かったと思います。いつか、ソマライが誰でも新婚旅行にいける場所になって欲しいですね。アグネス

アグネス: 来週の対談のために勉強しました。話す時に、どうやったら、相手に伝わるのか、そして、分かりやすいのか?たとえをたくさん考えてみました
ネットユーザー: (勉強したのは)どうやったら嘘を真実っぽく伝えられるか、でしょ?
アグネス: うそは絶対いやです。正直に生きる事こそ、生き甲斐ですね。うそは許しません。絶対に良くないです。アグネス

インターネットユーザーたちがいくら回答を求めても、納得のいく返答は得られていないようだ。確かに、国際的にみればソマリランドはソマリアの一部であり、国として正式に認められていない。しかし、現実をみればソマリランドは共和制国家として独立しており、現地住民もソマリアとは違うと考えている人が多いという。

先進国家からすればソマリランドの治安は良いといえないかもしれないが、あたかも危険な地域に行ってきたかのように人に話せるほど危険な地域ではないようである。

※註:アグネスさんの発言に「ソマリアランド」「ソマライ」「ソマライランド」といった表現のゆれがありますが原文のままとしました。
[PR]

by yupukeccha | 2010-05-08 17:45 | 社会  

ピースボートに海賊接近 アデン湾

5月7日7時56分配信 産経新聞

b0161323_17371962.jpg 民間国際交流団体「ピースボート」の船旅の旅客船「オセアニック号」(乗員乗客約1100人)が、アフリカ・ソマリア沖で海賊船に追尾されたことが6日、分かった。被害はなかった。オ号は昨年5月にソマリア沖を航行した際、海賊対策で展開中の海上自衛隊の艦船に護衛されたが、今回は欧州連合(EU)の艦隊が警護する船団に加わっており、ギリシャ海軍の救援も受けた。

 日本政府関係者によると、オ号に接近した船は2隻で、1隻は逃走し、もう1隻はギリシャ海軍に拘束された。武器は海に投棄していたが、襲撃した船に乗り移るために使う縄ばしごや携帯電話が押収され、海賊船と判明したという。

 観光庁によると、6日午前0時(日本時間午前6時)過ぎ、オ号が数隻の民間船舶とともにソマリア沖・アデン湾を航行中、不審な船に追尾された。船長は救援を要請し、ギリシャ海軍の艦船が駆けつけた。オ号が速度を上げてジグザグ航行したところ、約20分後に船は見えなくなった。

 船旅の企画・実施会社「ジャパングレイス」によると、オ号を運航する米国の船会社はEU艦隊に警護を依頼することが多いという。海自の護衛船団に入ることも検討したが、航行と護衛の日程が合わず、国土交通省の指導もあり、EU艦隊の警護船団に加わった。ただ、きめ細かなエスコート方式をとる海自の信頼性が高いとして、海自の護衛予定を把握したうえでアデン湾の航行日程を決める日本の企画会社もある。

 オ号はピースボートの「地球一周の船旅」として4月16日に横浜を出港。約3カ月かけて世界を回る。ピースボートは社民党の辻元清美衆院議員が早稲田大在学中の昭和58年に設立。海賊対策での海自派遣に反対していた。
[PR]

by yupukeccha | 2010-05-07 07:56 | アフリカ  

アグネスのソマリア行きに厳しいネットの声「がんばれソマリア戦士」(別の意味で)

2010年02月16日07時26分 ガジェット通信

2月15日に日本テレビが『アグネス・チャン、危険度最高レベルのソマリアへ出発』というニュースを報道。インターネット掲示板『2ちゃんねる』やブログなどで「行ってどうするのか」、「そんな金あるなら送ってやれ。アグネスの顔見ても腹は膨れん」、「アグネスが行って何の役に立つのよ」などの声があがっているのだ。

「ただでさえ大変だっていうのに、警備とかで向こうの人にさらにもの凄い迷惑がかかるんじゃないのかね。こういうのってただの自己満足かアピールとしか思えない」という反論はまだ優しいほうだ。

ソマリア人に「アグネスをやっつけて欲しい」と願う書き込みが多数寄せられているのだ。

●インターネットでの声(一部を抜粋して掲載)
・現地民マジ頑張れ
・ソマリアがんばれ
・がんばれソマリア戦士
・ソマリアの治安に期待
・ソマリアさんお願いしますよ

・ソマリアわかってんだろうな?
・現地の大人たちにそいつは金もってるよと伝えたい
・アグネスがいる間は海賊は陸に上がってくれ
・ソマリア頼むぞおおおおぉこれはチャンスなんだ
・ソマリアに対する期待感が半端無い

・誰かやっつけちゃってよ
・現地民よ空気読んでくれ
・空気読んでくれたらソマリアに定期的に募金してあげたい
・おーい誰かゴルゴ13呼んできてー
・その旅費を寄付してやれよ

・どうせ完全に安全が確保された場所しか行かないんだろ
・どうせなんもしないで行ってきたって事実だけで満足して帰ってくるんだろ
・デスブログで取り扱ってくれないだろうか
・俺、アグネスが無事に帰ってきたら就職するんだ
・アグネスチャンさんがソマリアで襲撃されて死にませんように

なかには「訃報をお祈り申し上げます」や「流れ弾にでもあたってくれねーかなー」という過激な書き込みもあった。このような出来事があると賛否両論で賛成する人も多くいるのだが今回は違った。

書き込みの大多数がアグネスさんを批判する着込みで埋まっているのである。

アグネスさんの人を助けたいという気持ちは大切かもしれない。しかし危険度最高レベルのソマリアに行く行為は単なる自己満足なのではないだろうか? その気持ちを身の丈にあった行動で示すのが「今できること」なのだと思うのだが……。

そうインターネットユーザーたちは言いたいのかもしれない。

アグネスさんは旅の目的として「現地の子供たちに心配しているから来たよと伝えたい」と日本テレビにコメントしている。
[PR]

by yupukeccha | 2010-02-16 07:26 | 社会  

食後の香水 効果疑問 ガロウェ ソマリア

2009年11月21日 朝日新聞

 ソマリア沖を航行する外国船を襲う海賊の拠点となっている同国北東部のプントランド地域。半砂漠の荒野に点在する町には、乗っ取った外国船から分捕った身代金で建てた豪華な家が点在する。

 この一帯のレストランで、ある特徴に気付いた。脂っこい肉のにおいに混じり、強い香水のにおいが鼻をつくのだ。中心都市ガロウェの食堂に海賊の男と一緒に入り、食事をしつつ話を聞いた時に謎が解けた。

 定番のアラビアータ・スパゲティとヤギ肉の煮込みを注文。料理は手で食べるのが基本のため、食後の手は脂まみれに。とてもメモを取る気分ではなくなる。すかさずウェーターが持ってきたのが紙ナプキン。そして、「MEN」という銘柄の香水だった。ほかのテーブルにも配られている。海賊はナプキンで脂をぬぐい、香水をシュッシュッと念入りに擦り込んだ。においを確かめ、「ほら、リフレッシュするだろ」。

 私もまねしたが、手に脂のにおいが残っていて、不快感が増しただけだった。

 地元放送局「ラジオ・ガロウェ」のサリム代表によりと、食後の香水サービスは、この数年プントランドのレストランで広がっているという。

 「ソマリア人は歯磨きを1日6回するほど清潔好きで、においにもうるさい。ただ、香水サービスは身代金を浪費する海賊が始めたと言われる。過度のぜいたくが流行するのは問題かも」(古谷祐伸)
[PR]

by yupukeccha | 2009-11-21 23:59 | アフリカ  

「石打ち」で女性を公開処刑=ソマリア

2009/11/19-06:28 時事通信

 【ロンドン時事】アフリカ東部ソマリアのイスラム系武装勢力アル・シャバブの支配下にある村でこのほど、姦通(かんつう)罪で有罪を言い渡された女性(20)に対し、死ぬまで石を投げ付ける「石打ちの刑」による公開死刑が執行された。

 英BBC放送によると、離婚後に未婚男性と関係を持ったとされるこの女性は17日、約200人の群衆の目前で石を投げられ、死亡した。男性は100回のむち打ちに処されたという。

 アル・シャバブの支配地域では厳格なイスラム法が適用されており、アル・シャバブの解釈では、離婚後でも不倫と見なされる。支配地域で姦通罪で石打ちの刑が執行されたのは昨年以降で少なくとも4例目。
[PR]

by yupukeccha | 2009-11-19 06:28 | アフリカ  

首都で戦闘、21人死亡=砲弾がマーケット直撃-ソマリア

10月22日23時39分配信 時事通信

 【ロンドン時事】ソマリアからの報道によると、同国の首都モガディシオで22日、反政府勢力とアフリカ連合(AU)平和維持部隊との間で激しい戦闘があり、地元消防隊によれば、巻き添えで市民ら少なくとも21人が死亡した。ここ数カ月間で最悪の犠牲者数という。

 公用でウガンダに行くアハメド大統領を乗せた航空機が離陸しようとしたところ、反政府勢力が空港に向けて攻撃を始めたため、AU部隊が応戦。砲弾の一部が市内のマーケットや住宅地に着弾し、市民らが犠牲となった。負傷者も60人近くに上っている。 
[PR]

by yupukeccha | 2009-10-22 23:39 | アフリカ  

海賊が「報復」宣言=相次ぐ人質救出で過激化懸念-ソマリア沖

4月14日5時47分配信 時事通信

 【ワシントン13日時事】米軍や仏軍がソマリア沖で、人質救出作戦の際に相次いで海賊を射殺したことを受け、反発した海賊がより過激化するとの懸念が出ている。CNNテレビは13日、海賊が「報復」を宣言していると報じた。

 ソマリア沖では米軍が12日に海賊3人を、仏軍が10日に海賊2人を射殺した。CNNによると、ある海賊は現地の報道関係者に「今後、人質の中に米国やフランスの兵士が含まれていれば殺害する」と語ったとされる。AFP通信も「捕らえられた米国人は今後、われわれの慈悲を期待できない」とする海賊のコメントを伝えた。

 中東の海域を管轄する米海軍第五艦隊のゴートニー司令官は12日の記者会見で、「今回の出来事が、この海域における暴力をエスカレートさせることに疑問の余地はない」と語っている。
[PR]

by yupukeccha | 2009-04-14 05:47 | アフリカ  

海賊か、ソマリア沖で日本船銃撃される

3月23日14時0分配信 読売新聞

 国土交通省は23日、ソマリア沖をケニアに向け航行していた、商船三井(東京)が運航する自動車運搬船が、海賊とみられる2隻の小型船に追跡され、銃撃されたと発表した。

 運搬船の乗組員は全員外国人で、けが人はいないという。

 今年に入り、日本船籍の船や日本企業が運航する船がソマリア周辺海域で海賊に襲われたのは初めて。

 同省によると、銃撃を受けたのは22日午後10時10分(日本時間)ごろ。同船は操舵(そうだ)室やレーダーマストなどに数発の銃弾を浴びたが、小型船の追跡を振り切ったという。
[PR]

by yupukeccha | 2009-03-23 14:00 | アフリカ  

「ソマリア大統領打倒を」ビンラーディン容疑者が声明

2009.3.19 22:03 産経新聞

 国際テロ組織アルカーイダの指導者ウサマ・ビンラーディン容疑者は19日、ソマリアの穏健派イスラム教指導者で、今年1月に選出されたアハメド暫定政府大統領の打倒を呼び掛ける音声声明をインターネット上で発表した。

 同容疑者は声明で、ソマリアのイスラム教徒に対し「あなた方は全世界で十字軍(米欧)の攻撃に直面している」と指摘。「ソマリアのムジャヒディン(イスラム戦士)の勝利は極めて重要だ」と述べ、アハメド政権の打倒を呼び掛けた。

 アハメド大統領はイスラム過激派と対決姿勢をとり、「イスラム法に反する」として海賊行為を容認していない。(共同)
[PR]

by yupukeccha | 2009-03-19 22:03 | アフリカ