タグ:スペイン ( 5 ) タグの人気記事

 

スペイン、国債入札に成功 高金利に市場の不安高まる

2010年6月18日1時53分 朝日新聞

 【ブリュッセル=有田哲文】スペインの政府と銀行部門に対する信用不安が止まらない。ロイター通信によると、10年物国債のドイツ国債との金利差は17日、2%を超え、過去最高の水準となった。スペイン政府は17日、10年物国債と30年物国債のあわせて35億ユーロ(3900億円)の入札を成功させた。ただ、利回りは、10年物で前回5月の4.045%に対して今回は4.864%、30年物で前回3月の4.758%に対して今回は5.908%となり、過去にくらべて高い金利を払わざるをえなくなった。

 銀行部門の傷みも深刻化している。スペインの銀行は2008年までの不動産ブームの最中に、開発業者や住宅ローンに大量の資金を貸し込んでおり、こうした資産の不良債権化がいっそう進むとみられている。このため、スペインからの報道によると、スペイン金融当局は16日、万が一の場合にも銀行が持ちこたえられるかどうかを検査する「ストレステスト」の結果を公表すると表明。信用回復につとめる姿勢を示した。

 今後、スペイン国内での銀行危機がすすんだ場合、政府支援が必要になることも考えられるが、「国の信用不安に見舞われたスペイン政府に、果たしてどこまで(銀行を助ける)余力があるのか」(マドリードのエコノミスト)との見方も出ている。
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-18 01:53 | ヨーロッパ  

村上春樹氏に芸術文学勲章=スペイン

12月8日6時12分配信 時事通信

 【パリ時事】スペイン文化省は7日までに声明を出し、独創的作品を生んだ芸術家や文学者に贈るスペイン芸術文学勲章を作家の村上春樹氏(60)に授与すると発表した。同勲章は昨年設けられたもので、日本人の受章は初めて。

 声明は「村上氏の作品は小説『羊をめぐる冒険』がスペイン語で出版されて以来、スペイン国民の間で人気を博してきた」としている。 
[PR]

by yupukeccha | 2009-12-08 06:12 | ヨーロッパ  

「崩れ落ちる兵士」はやらせ?=キャパの戦争報道写真-スペイン紙

2009/07/18-06:25 時事通信

 【パリ17日時事】世界的に有名な戦争報道写真家、故ロバート・キャパがスペイン内戦中に撮影した「崩れ落ちる兵士」と呼ばれる写真が、実は「やらせ」だったとスペイン紙ペリオディコ(電子版)が17日報じた。

 「人民戦線兵士の死」と題する写真は、右翼のフランコ軍と戦闘中の人民戦線側の兵士が撃たれて崩れ落ち、右手からライフル銃が離れる瞬間をとらえたとされる。スペイン南部アンダルシア地方のセロムリアーノで1936年9月5日に撮影したとして仏写真誌「VU」の表紙を飾った。

 しかしペリオディコ紙は、実際に撮影が行われたのはセロムリアーノから約50キロのエスペホという町付近だと主張し、最近撮影された同じ場所の写真を並べて説明。「エスペホ付近で戦闘があったのは36年9月22~25日だけだった」として、「キャパの写真は前線から離れた場所で撮られた」と断定している。

 この写真については長年論争があり、やらせでないとすれば完ぺき過ぎるといわれてきた。
[PR]

by yupukeccha | 2009-07-18 06:25 | 社会  

「崩れ落ちる兵士」はやらせ?=キャパの戦争報道写真-スペイン紙

2009/07/18-06:25 時事通信

 【パリ17日時事】世界的に有名な戦争報道写真家、故ロバート・キャパがスペイン内戦中に撮影した「崩れ落ちる兵士」と呼ばれる写真が、実は「やらせ」だったとスペイン紙ペリオディコ(電子版)が17日報じた。

 「人民戦線兵士の死」と題する写真は、右翼のフランコ軍と戦闘中の人民戦線側の兵士が撃たれて崩れ落ち、右手からライフル銃が離れる瞬間をとらえたとされる。スペイン南部アンダルシア地方のセロムリアーノで1936年9月5日に撮影したとして仏写真誌「VU」の表紙を飾った。

 しかしペリオディコ紙は、実際に撮影が行われたのはセロムリアーノから約50キロのエスペホという町付近だと主張し、最近撮影された同じ場所の写真を並べて説明。「エスペホ付近で戦闘があったのは36年9月22~25日だけだった」として、「キャパの写真は前線から離れた場所で撮られた」と断定している。

 この写真については長年論争があり、やらせでないとすれば完ぺき過ぎるといわれてきた。
[PR]

by yupukeccha | 2009-07-18 06:25 | ヨーロッパ  

マドリードの支持率86%=16年夏季五輪招致

2009/05/08-01:09 時事通信

 【マドリード7日時事】2016年夏季五輪の招致を目指すマドリード招致委員会は7日、当地で記者会見し、国際オリンピック委員会(IOC)が実施したマドリードに対する世論調査の結果、スペイン全国の開催支持率が86%だったことを明らかにした。

 同じ調査で、マドリード市内でも85%の数字だった。IOCが2月に行った東京の支持率は56%だったことが判明している。

 当地では、立候補都市の五輪開催能力を調べるIOC評価委員会の現地調査が8日までの日程で行われている。
[PR]

by yupukeccha | 2009-05-08 01:09 | 社会