タグ:サーファー ( 7 ) タグの人気記事

 

湘南・鵠沼、波高し…サーファー2団体が対立

2010年6月10日11時36分 読売新聞

 神奈川県藤沢市の鵠沼海岸で、海岸の利用ルールをめぐり、地元サーファー団体間で論争が起きている。

 漁協に「謝礼」を払うなど独自のルール制定を目指す団体が設立され、同海岸を使用すると県に届け出たことが発端。新団体は漁協の支持を得ていることなどを理由に、他団体が海岸を使う場合は連絡するように主張。これに対して既存の団体が「浜の私物化につながる」と反発している。

 今年4月から11月にかけての土、日、祝日、鵠沼海岸を漁業振興のために使うとする「海岸一時使用届」を県に出したのは、5月28日にNPO法人の認証を県から受けた「鵠沼の海を守る会」。同市内のサーフショップ店主らを役員とし、趣旨に賛同する人にステッカーを販売するなどして資金を集め、漁業者に謝礼を払うとしている。

 使用届は、浜辺の使用状況を把握するため県が受け付けている。守る会によると、先に届け出た団体に後から出した団体が連絡して調整する慣例があるといい、同会が連絡や調整の窓口になると主張している。同会の古屋総史理事長は「漁業権のある漁協に使用料を払うのは当然」とし、4月にサーファーら約50人に趣旨を説明し、賛同を求めた。

 一方、全国組織の日本サーフィン連盟の湘南藤沢支部を実質的に兼ねる同市サーフィン協会(会員約400人)の田中啓三相談役は、「届け出だけで使用の実態がない。新団体が海岸を取り仕切り、使用料を集めようという意図としか思えない」と首をかしげる。同協会によると、これまでは同協会が調整の上で、サーフィンの大会を開く団体が使用届を出していた。田中相談役は「地引き網の区域を避けるなどすれば漁業と共存できる。一方的な使用料徴収を認めれば、国民が自由に海岸を使える権利を侵すことになる」と話す。

 相模湾沿岸では県の主導で自治体ごとに「海・浜ルール」と呼ばれる自主的な決まりが設けられている。藤沢市では、地引き網操業中の赤い旗が立ったときにはサーフィン愛好者は船や網に近付かないようにするなどのルールを設けているが、漁協に謝礼を支払うかどうかは決まっていない。

 漁業者の反応も様々だ。藤沢市漁協の葉山一郎組合長は「現行の海・浜ルールは守られていない。地引き網操業中にサーファーが漁師にぶつかったり、操業エリアに入ってきて迷惑を受けている」とし、「守る会」の活動に協力するよう日本サーフィン連盟湘南藤沢支部あてに要請文を出している。江の島・片瀬漁協の浜野正一郎組合長は「聞いていない」と静観の構え。

 藤沢市の年間海水浴客は約400万人で全国有数。鵠沼海岸は早くから米軍人の指導で近代サーフィンをした記録があり、1966年に初の全日本大会が開かれた千葉県の鴨川海岸などとともに「日本サーフィン発祥の地」とされており、論争の行方が他の海岸に影響を及ぼす可能性もある。
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-10 11:36 | 社会  

サーファー、津波警報無視 全国で1100人確認

2010年3月4日5時5分 朝日新聞

 南米チリの大地震による津波が心配された2月28日、全国各地の海岸では、海上保安庁や警察などの避難指示にもかかわらず、波乗りを続ける人がいた。海に出ていたサーファーらは海保が確認しただけで全国で約1100人。津波はサーフィンに適した大波とは形や威力が違い、極めて危険だ。無謀な行為に、サーフィン愛好者からも非難の声があがる。

 千葉県館山市の平砂浦(へいさうら)海岸。当日の午後、上空を哨戒飛行していた第3管区海上保安本部のヘリコプターが、波乗りをしているサーファー約30人を確認した。拡声機で避難を呼びかけると、何人かは陸に上がったが、約1時間後に戻ったところ、サーファーは約50人に増えていた。拡声機で呼びかけても、反応はほとんどなかったという。

 館山市布良では、午後2時16分に20センチの津波の第1波を観測。気象庁は「津波は後の方が大きい可能性がある」として、引き続き高所への避難を呼びかけていた。

 ヘリはぎりぎりまで海面に近づき、潜水士2人が飛び込んだ。泳いでサーファーに近づき懸命に説得したが、波の音に打ち消されて声は届きにくかったという。

 陸上からは、地元の消防団員162人が消防車で海岸付近を巡回して避難を呼びかけた。千葉県警館山署も、サーファーの多かった平砂浦と同県南房総市の和田浦海岸に警察官を派遣して、午後2時ごろに、いったんほぼ全員を陸に呼び戻した。しかし、警官の姿が見えなくなると再び海に出るサーファーが相次ぎ、暗くなるまでいたちごっこが続いたという。館山市では午後5時52分に80センチの最大波を観測した。

 地元のサーフィン愛好家で会社員の宇田川公正さん(45)は「首都圏のサーファーは、時間と金をかけて来たのだから少しでも長く波乗りをしたいと、危険を無視して海に出がちだ」と話した。

 年間約6万人のサーファーが訪れる北海道厚真(あつま)町の浜厚真海岸にも、28日早朝から見物人も含めて100人ほどが訪れていた。

 苫小牧海上保安署は午前9時30分から正午すぎにかけ、浜辺からと海上からの二手に分かれ、避難を呼びかけた。警報を知らなかった人や、子ども連れの多くは素直に聞き入れたが、「ビッグウエーブに乗ってみたい」と無視するサーファーも少なくなかったという。浜厚真海岸から約2キロの苫小牧東港では午後4時45分に約30センチの津波を観測している。

 海上保安庁によると、神奈川県や福島県、愛知県、三重県、和歌山県、徳島県、沖縄県の海岸でも、海に出たサーファーが確認された。呼びかけに応じないケースも目立ったという。海保では「台風の際にも多くのサーファーが浜に集まる傾向がある。指示には必ず従って」と訴える。

 日本サーフィン連盟は、「津波はサーフィンに適した波とは質も力も全く異なるもので、非常に危険」と指摘。「海の危険性を学ばないまま、道具だけ買って何となく始めるサーファーが出てきている」として、ルールやマナー順守を呼びかけていく方針だ。
[PR]

by yupukeccha | 2010-03-04 05:05 | 社会  

風求めサーファー集結 渡良瀬遊水地の谷中湖

10月8日 16:16 下野新聞

 【藤岡】渡良瀬遊水地の谷中湖は8日、台風18号の強い風を求めるウインドサーファーたちでにぎわった。

 この日の同所は、午前中まで南風、午後から西風と台風の進行により風向も変化。「風速がコンスタントに10メートル以上でコンディションもまずまず」(地元サーファー)と、平日にもかかわれず、県内外から約30人が訪れた。
[PR]

by yupukeccha | 2009-10-08 16:16 | 社会  

サーフィンの中学教師死亡=台風でやや高波に-神奈川

2009/10/07-12:36 時事通信

 7日午前6時45分ごろ、神奈川県鎌倉市坂ノ下の稲村ケ崎沖合約50メートルで、サーフィンをしていた男性がおぼれているのを別のサーファーが見つけ、県警鎌倉署に通報した。男性は病院に運ばれたが間もなく死亡した。

 同署によると、死亡したのは同市手広の公立中学教師岩壁勉さん(46)。早朝から海に出ていたらしい。

 現場の海はサーフィンの名所。台風の影響でやや波が高くなっていた。同署は詳しく事故原因を調べる一方、台風の影響が大きくなることが予想されることから遊泳者に注意を呼び掛けている。
[PR]

by yupukeccha | 2009-10-07 12:36 | 社会  

酒井法子さんの夫は偽サーファー? プロサーフィン連盟大迷惑

8月5日14時16分配信 産経新聞

 覚せい剤取締法違反(所持)で逮捕された女優、酒井法子の夫、高相祐一容疑者の職業が“プロサーファー”と報じられたことで、日本プロサーフィン連盟(JPSA、東京)が激怒している。高相容疑者はこれまで、プロどころかアマチュアとしての登録もなく、「本人が自称していただけ」と怒り心頭だ。

 JPSAによると、高相容疑者逮捕が報じられた4日朝から、問い合わせが殺到した。広報担当者は「当連盟は日本で唯一のプロサーファー公認団体ですが、過去に(高相容疑者が)登録した事実はなく、国内大会の出場資格も一度も得ていません。海外の試合には出場可能ですが、国内を経ずに海外で試合することは考えにくく、単にプロを自称してきただけ。サーフィン界のイメージダウンも避けられず、非常に迷惑しております」と不快感をあらわにしている。

 実際にプロを名乗るには、アマチュアとしてJPSAに登録。プロテストに当たるトライアルをパスする必要がある。高相容疑者は以前からサーフィングッズなどを扱うスポーツショップを経営しており、1998年12月の“できちゃった婚”当初から、プロサーファーと紹介されていた。

More
[PR]

by yupukeccha | 2009-08-05 14:16 | 社会  

酒井法子の夫“怪しい”自称「プロサーファー」

8月5日7時3分配信 スポニチアネックス

 渋谷署によると、高相容疑者は2日深夜、渋谷・道玄坂の歩道を1人で歩いていた際、パトロール中の署員から視線をそらしたり、避けるようなしぐさを見せるなど不審な行動を取ったため、署員が職務質問。その際、微量の覚せい剤が入ったビニール袋を下着の内側に隠していたのが見つかり、3日未明に覚せい剤取締法違反(所持)で現行犯逮捕された。

 取り調べには素直に応じており、「(覚せい剤は)自分が使う目的で所持していた」と容疑を認めている。同署では覚せい剤を使用していたかどうかや入手経路などについて調べるとともに、都内の自宅などを家宅捜索した。今後、必要があれば酒井から事情聴取をする可能性もあるという。同署は4日、同容疑者を送検した。

 ◆高相 祐一(たかそう・ゆういち)  南青山にある「スキーショップジロー」の経営者の長男で、スノーボードやサーフィン関連の商品を扱う「コアサイド」を経営。ボディーボード仲間を通じて97年秋に酒井と知り合った。プロサーファーとして知られていたが、日本プロサーフィン連盟は4日、「当団体には登録されておらず、“プロサーファー”ではない」とのコメントを発表した。
[PR]

by yupukeccha | 2009-08-05 07:03 | 社会  

女優・酒井法子さんの夫を逮捕 覚醒剤所持の疑い

8月4日0時53分配信 産経新聞

 覚醒(かくせい)剤を所持していたとして、警視庁渋谷署が、覚せい剤取締法違反(所持)の現行犯で、女優の酒井法子さん(38)の夫で、サーファーショップ経営の高相祐一容疑者(41)を逮捕していたことが分かった。

 渋谷署の調べでは、2日夜、警戒中の警察官が渋谷区内で高相容疑者を職務質問。この際、覚醒剤を隠し持っていたことが判明し、3日未明に逮捕した。

 高相容疑者は酒井さんと平成10年に結婚、男児をもうけている。

Links: () (
[PR]

by yupukeccha | 2009-08-04 00:53 | 社会