タグ:サッカー ( 48 ) タグの人気記事

 

W杯惨敗の北朝鮮代表に帰国後「思想批判」、RFA

7月27日13時13分配信 聯合ニュース

 【ソウル27日聯合ニュース】サッカー・ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会で、1次リーグ3試合を連敗した北朝鮮代表チームが帰国後、思想批判にさらされている。米政府系放送局のラジオ自由アジア(RFA)が27日に報じた。

 同放送は、北朝鮮内部事情に詳しい中国人事業家の言葉を引用し、「平壌の人民文化宮殿で2日にW杯に出場した選手らを集め、思想闘争会が開かれた」と伝えた。在日韓国・朝鮮人の鄭大世(チョン・テセ)、安英学(アン・ヨンハク)の2選手は除外されたという。

 また、RFAの平壌市情報筋は、朝鮮労働党組織指導部の副部長、朴明哲(パク・ミョンチョル)体育相らが参加するなか、代表選手らに関する論争の集まりがあったと明らかにした。

 集まりは非公開で行われ、体育省傘下の各種目選手のほか、平壌体育大学、金日成(キム・イルソン)総合大学、金亨稷(キム・ヒョンジク)師範大学の体育学部生400人余りが出席した。北朝鮮代表チームのキム・ジョンフン監督と選手らを舞台に上げ、相次ぎ批判を述べ、サッカー解説者が個別選手のミスを指摘。最後には代表選手一人一人にキム監督を批判させたという。 

 新義州の情報筋は、金正日(キム・ジョンイル)総書記の後継者とされる三男ジョンウン氏の信頼を損ねたというのがこの論争の内容だと説明し、「誰かが責任を取らなければならないが、おそらくキム監督は責任を問われるだろう」と伝えた。 

 北朝鮮は、昨年6月に44年ぶりのW杯出場が決まると、講演会などを通じジョンウン氏の領導の結果だと宣伝したと伝えられる。
[PR]

by yupukeccha | 2010-07-27 13:13 | アジア・大洋州  

中国、2026年W杯招致へ 日本の22年招致の障害に

2010.7.17 17:20 産経新聞

 【北京=川越一】自国の代表が出場していないにもかかわらず、サッカーのワールドカップ(W杯)南アフリカ大会に対する熱狂度は“世界レベル”だった中国が、2026年大会の招致に乗り出す。南ア大会の成功に触発されたようで、北京五輪、上海万博に続き、W杯で国威発揚をもくろんでいる。

 国家体育総局の崔大林副局長らと南ア大会を視察した中国サッカー協会の韋迪主任(会長)が、スポーツ専門紙、体壇週報に語った。中国は18年、22年大会の招致を、代表チームの実力不足、国際サッカー界での存在感の薄さを理由に断念した。

 しかし、国際サッカー連盟(FIFA)ランキングが低い南アが大過なく開催したことで方向を転換、協会は近く、招致を訴える視察報告書を体育総局に提出する。

 韋主任は「W杯開催はサッカーの発展や商業的な価値だけでなく、南アフリカを国家として結束させることに役立った」と指摘。チベットや新疆ウイグル自治区など火種を抱える中国としても、民族団結に利用しない手はない。

 中国は現在、国際サッカー連盟(FIFA)ランク78位。サッカー賭博や協会の腐敗も明るみに出て、代表チームは国内のファンからそっぽを向かれている。実は南アのサッカー界もかつては不正が蔓延していた。W杯開催を期に海外からの協力を得て浄化を成し遂げた。国内リーグの“改革”を掲げる韋主任にとって南アは格好のお手本だ。

 FIFAのブラッター会長は13億人超の人口を抱える“巨大市場”でのW杯開催を望んでいるとささやかれてきた。韋主任は体壇週報に「アジアの国の22年大会招致が不成功に終わることを願っている」と述べており、中国の動きは22年大会招致を目指す日本の大きな障害になりかねない。
[PR]

by yupukeccha | 2010-07-17 17:20 | アジア・大洋州  

本田の移籍を否定 CSKAモスクワ

2010年7月8日7時15分 朝日新聞

 W杯南アフリカ大会で2得点した日本代表の本田圭佑が所属するロシア・プレミアリーグのCSKAモスクワの広報担当セルゲイ・アクショーノフさんは7日、本田の移籍の可能性を否定した。

 アクショーノフさんは欧州のクラブへの移籍が検討されているとの報道について「うわさにすぎない」と指摘。本田がCSKAでプレーを始めたのが今年3月であることを挙げ「サッカーの世界では、半年で他のチームに移籍することは考えにくい」と述べ、この時期の移籍はないとの見方を示した。10日にW杯による中断後初の試合をモスクワで開催する。本田は11日にチームに合流するため、この試合には間に合わない。いつから本田が出場するかについては「監督が決めること」と語った。(共同)
[PR]

by yupukeccha | 2010-07-08 07:15 | スポーツ  

PK戦、3人目の駒野が外す…パラグアイ戦

6月30日2時6分配信 読売新聞

 サッカーのワールドカップ(W杯)南アフリカ大会第19日の29日、決勝トーナメント1回戦のパラグアイ(グループリーグF組1位)―日本(E組2位)戦は今大会初のPK戦にもつれ込んだ。

 PK戦はパラグアイが先攻となり、1人目のバレト、日本1人目の遠藤が成功。2人目のバリオス、長谷部もともに決めたが、パラグアイ3人目のリベロスが決めたのに対し、日本3人目の駒野のキックはクロスバーに嫌われて失敗となった。

 4人目は、パラグアイ・アエドバルデス、日本・本田ともに成功。先攻のパラグアイは5人目のカルドソが落ちついて決め、日本の5人目を待たずにベスト8進出を決めた。


川島「自分が1本止めていれば…、悔しい」
6月30日1時55分配信 読売新聞

 GK川島永嗣「自分が1本止めていれば。結果は悔しい。一試合一試合チームとしても成長してきた。勝ち上がりたい気持ちが強かったので余計に悔しい気持ちが大きい。結果を受けて考えなきゃいけないことはあると思うが、自信を持って次の大会に臨んでいける」


長谷部「最後のPK難しい、誰が悪いわけではない」
6月30日1時52分配信 読売新聞

 MF長谷部誠「本当にこのチームメート、コーチングスタッフとみんなで戦えて良かった。僕たちの強みはチームワーク、今大会はそれを見せることが出来たと思う。最後のPKは難しい。誰が悪いわけではない。熱い応援をありがとうございました。本当に感謝している」
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-30 02:06 | スポーツ  

ちくわで「ブブゼラ」、声援届け!雲仙から

6月29日15時1分配信 読売新聞

b0161323_15344272.jpg パラグアイ戦を前に、日本代表の大久保嘉人選手(28)が中学、高校時代を過ごした長崎県雲仙市で、名物のちくわを使った「ブブゼラ」が誕生した。

 発案したのは市職員の柴田英知さん(32)。W杯の放送でブブゼラの音を聞き、同市で昨年11月に開かれたちくわを吹くイベントの時の音に似ていると気づいた。地元業者に依頼し、専用のちくわ(長さ33センチ、直径4センチ)6本が完成した。

 吹き口にトロンボーンのマウスピース、先に漏斗を付けると重厚な低音が響く。柴田さんは「思わず食べたくなりますが、一生懸命吹きたい」と張り切る。
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-29 15:01 | 社会  

サッカー ビデオ判定導入、選手協会がFIFAに要求

6月29日 12時14分配信 毎日新聞

 【パリ福原直樹】国際プロサッカー選手協会(本部オランダ)は28日、国際サッカー連盟(FIFA)に対し、ワールドカップ(W杯)などの重要な国際試合の判定で、審判だけに頼らず、ビデオなど現代テクノロジーを導入するよう求める声明を出した。

 声明では27日のW杯で、(1)イングランド対ドイツ戦で、テレビの映像ではイングランド側のシュートが決まっていたが認められなかった(2)アルゼンチン対メキシコ戦でも、ビデオで明らかだったアルゼンチンのオフサイドが認められず、同国の得点に結びついた−−と指摘。「ビデオなどの技術が導入されていれば、これら誤審は避けられた」と主張している。

 同協会は65年に創設。世界約40カ国のプロ選手約5万人らが加盟しており、選手投票で年間最優秀選手を選ぶなどしている。
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-29 12:14 | スポーツ  

途切れないボール巡る論議

2010年6月29日 朝日新聞 side chanege 潮 智史

 1次リーグが終わり、間を空けずに決勝トーナメントが始まっている。開催国の敗退で現地は落ち着いた気がする。地元組織委のジョーダン最高責任者は「代表チームのW杯は終わったが、南アにとってのW杯は終わっていない」と盛り上げに懸命だ。

 大会を見つめながら、やきもきしているのはアディダス社も同じだろう。公式球を巡る議論は後を絶たない。

 デンマーク戦で日本が異なる2本のFKを枠に収めたのは新鮮な出来事だった。本田のFKは無回転のぶれ球で、遠藤はボールに横回転を与えてコントロールしている。1次リーグを終えたとき、アルゼンチンのマラドーナ監督が「自分でもけってみたが、クロスが真っすぐ伸びていってしまう。まだ美しい弾道を見ていないのは、誰もコントロールできていないからだ」とやり玉に挙げたばかり。世界中の名手が、そして現役時代にボールを扱わせたら不可能はないと思わせたスーパースターが批判する中で、2人はボールを手なずけた。

 マラドーナ監督は「ピッチとボールは両チームにとって同じだが」といいつつ、サッカーのスタイルによっては不公平が生じると指摘した。ふと思い出したのはゴルフのタイガー・ウッズ。1999年全英オープンであまりに難しいコースが「フェアではない」と批判を集めたとき、ウッズは「すべてを受け入れること。そして、集中力と我慢の勝負」といっていた。

 そういうことなんだと思う。公式球への取り組み方が勝敗に影響するかもしれない。復調に苦しむ現在のウッズは全英オープンで荒れたグリーンに文句をつけたと聞いた。残念なことだ。ちなみに99年に4位タイだったウッズは翌00年の全英オープンに優勝、グランドスラムを達成している。(編集委員)
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-29 06:00 | スポーツ  

「誤審」で押し問答 FIFA「ノーコメント」

2010年6月29日 朝日新聞

 ゴールにかかわる疑惑の判定が相次いだ2試合から一夜明けた28日、W杯組織委員会の定例会見は誤審問題に質問が集中した。国際サッカー連盟(FIFA)は個別の判定には対応しないとの立場を崩さず、メディアと押し問答を繰り広げた。

 会見にはFIFAの広報責任者が出席。「この大きな問題に答えないとFIFAがバカにされる」と挑発されても、「判定についてはコメントしない」。「イングランド・ファンに一言」と求められると、「全世界のファンが引き続きW杯を楽しんでほしい」とかわした。

 テレビ放映技術には巨額の投資をしているのにビデオ判定には金をかけない点を突っ込まれると、規則改正を話し合う国際サッカー評議会が導入を見送ったことを盾に決着済みと強調。「テクノロジーを使っていないのはサッカーだけではない」

 判定は人間の目で行うものとの立場を繰り返すブラッター会長の見解を求められると、「FIFAが新見解を示せば知らせる」と語った。(ヨハネスブルグ=村上研志)
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-29 06:00 | スポーツ  

仏連盟会長が辞意

2010年6月29日 朝日新聞

 フランス・サッカー連盟のエスカレット会長は28日、W杯南アフリカ大会での成績不振などの責任を取り「会長職を辞任する」と表明した。7月2日の同連盟会合で正式に退任する。フランス代表の敗退後、バシュロ・スポーツ相は、エスカレット会長の退任は「不可避だ」と述べて、連盟側に圧力をかけていた。

 同代表は、1次予選の最中にフォワードのアネルカ選手が監督に暴言を吐き、チームを追放になったほか、選手らの練習拒否、チーム幹部の辞任などでも大揺れとなり、結局1勝もできないまま敗退した。(共同)
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-29 06:00 | スポーツ  

日本、韓国の健闘を評価=FIFA事務総長〔W杯〕

2010/06/27-01:33 時事通信

 【ヨハネスブルク時事】国際サッカー連盟のバルク事務総長は26日、当地近郊のサッカーシティー競技場で記者会見を開き、ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会の1次リーグを総括し、「韓国と日本の戦いぶりは見事だった」と16強に勝ち残ったアジア勢の健闘を評価した。国際スポーツ記者協会(AIPS)の公式サイトが伝えた。

 同事務総長はまた、「素晴らしいサッカーを常に見られるわけではないが、いいレベルの戦いが続いている。南米は全5チームが決勝トーナメントに進み、もはや欧州が唯一の強豪というわけではなくなった」と話し、世界各地域のレベル向上を歓迎した。
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-27 01:33 | スポーツ