タグ:ゲイ ( 7 ) タグの人気記事

 

教会を悩ますゲイ聖職者の「乱れた性」

ニューズウィーク日本版 10月4日(月)17時6分配信

 ローマ中心部のレストラン「レ・マーニ・イン・パスタ」。若いカップルがテーブルを挟んで見詰め合っている。手を握ったり口づけを交わしたりするわけではないが、明らかに単なる友人同士ではない。ただし、気になる点が1つある。服装は2人とも白いカラーに灰色のシャツ----カトリックの聖職者の証しだ。

 カトリック教会は同性愛を自然に反する罪深い行為としている。とはいえ、男性同士で愛をささやき合うゲイ聖職者の存在はローマでは公然の秘密であり、多くの市民が見て見ぬふりをしてきた。だが先ごろ、イタリアの週刊誌パノラマがショッキングな暴露記事を掲載すると、状況は一変した。

 ジャーナリストのカルメロ・アッバーテは、ゲイ聖職者グループに属するある人物の「パートナー」に成り済まし、ローマの聖職者3人の「秘め事」を20日間にわたりビデオにこっそり録画した。

 ビデオに映っていた司祭たちは秘密パーティーでセクシーなダンスを踊り、教会の敷地内で「男性コンパニオン」と性的行為に及んだ。ミサの時間ぎりぎりに暗いベッドルームから出てくる司祭たちの姿を捉えた動画もあった。「問題は同性愛ではない」と、アッバーテは本誌に語った。「建前の美徳と私生活レベルでの悪徳、そして教会の深刻な偽善だ」

 この暴露記事はローマのカトリック関係者に大きな波紋を巻き起こした。ただし同じ性的スキャンダルでも、世界中で明らかになっている聖職者による児童への性的虐待とは大きく違う。ゲイ聖職者は禁欲、教会法、偽善に関わる問題だし、小児性愛は児童虐待、権力乱用に関わる問題だ。

 ローマでは聖職者の大半がバチカン(ローマ法王庁)と何らかのつながりを持っている。アッバーテによれば、ビデオに映っていた司祭の1人はサンピエトロ大聖堂でミサを執り行っていたという。

問題は教会の秘密主義

 ローマ教区のアゴスティーノ・バリーニ枢機卿は声明でこう述べた。聖職者で同性愛者という「『二重生活』を送る司祭たちは自らの務めを理解していない。彼らは司祭になるべきではなかった」

 今年4月、法王庁のナンバー2に当たるタルチージオ・ベルトーネ枢機卿は訪問先のチリで会見を行い、性的虐待問題と絡めてゲイ聖職者を非難した。「多くの心理学者と精神科医によれば、禁欲と小児性愛は無関係だが、同性愛と小児性愛の関係を示唆する研究は少なくない。だから問題なのだ」

 まるで小児性愛のような「性的逸脱」よりも同性愛などの「性的志向」を問題視しているかのようだ。性的虐待の被害者をサポートする活動家はこうした傾向を批判する。教会は児童への性的虐待の噂があっても事実を隠蔽するのに、ゲイ聖職者に対してはすぐに聖職からの追放を口にする、と。

 レ・マーニ・イン・パスタからそう遠くないトラステベレ地区にある国際神学校には、世界中から入学希望の若者が集まってくる。この学校のある教授によると、彼らの圧倒的多数は性的に活発なゲイたちで、活力あふれるローマのゲイ文化にすぐなじむという。

 世界中にゲイ聖職者が何人いるのか、正確な数は分からない。00年の研究では、アメリカのカトリック司祭の最大60%は同性愛者だとされている。アッバーテによれば、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)でゲイであることを公言している司祭も少なくない。また取材の結果、聖職者は男性コンパニオンやバイセクシュアルの男娼の大切なお得意さまであることも分かったという。

 法王ベネディクト16世は現在、ローマ郊外のカステル・ガンドルフォにある夏季の別荘に滞在中だ。法王庁は当面ゲイ聖職者の件については沈黙を守り、ローマ教区に対応を任せている。

 だが禁欲の誓いを破った司祭を教会から追放しても、おそらく問題は解決しないと、アメリカで人気のカトリック系ブログに執筆している宗教評論家のブライアン・コーンズは指摘する。

「真の問題は教会の秘密主義だ」と、コーンズは言う。「ゲイ聖職者は自ら名乗り出てもらいたいという意見には賛成する。だが今の教会指導部は、そうした正直さを許容するような開放的で安全な環境をつくろうとしていない」

[ニューズウィーク日本版2010年8月11日号掲載]
[PR]

by yupukeccha | 2010-10-04 17:06 | ヨーロッパ  

元「ワム」のジョージ・マイケル、刑務所へ

読売新聞 9月15日(水)11時28分配信

 【ロンドン=大内佐紀】ロンドン治安判事裁判所は14日、英国の人気ポップ歌手ジョージ・マイケル被告(47)に対し、今年7月、大麻を吸引して乗用車を運転した罪で禁固8週間の実刑判決を言い渡した。

 マイケル被告は刑務所に収監された。

 マイケル被告は1980年代に「ワム」のメンバーとして世界的な人気を博し、解散後もソロで活動してきた。過去にも薬物所持や公然わいせつ罪で逮捕されているが、刑務所に入るのは初めて。英PA通信などによると、マイケル被告は実刑判決にため息をつき、首を横に振るなど、ショックを隠しきれない様子だったという。
[PR]

by yupukeccha | 2010-09-15 11:28 | ヨーロッパ  

<今野雄二さん>自宅で自殺 映画評論家

8月3日1時57分配信 毎日新聞

 映画評論家の今野雄二さん(66)が2日夕、東京都渋谷区代官山町の自宅アパートで死亡しているのが見つかった。警視庁渋谷署などによると、室内で首をつっており、自殺とみられる。

 今野さんは雑誌の編集者を経て映画評論家となり、テレビ番組「11PM」で映画紹介を担当。また、音楽評論や翻訳も手掛けるなど、幅広く活躍した。
[PR]

by yupukeccha | 2010-08-03 01:57 | 社会  

英財務担当相が不正経費問題で辞任、新政権に打撃

5月30日13時33分配信 ロイター

 [ロンドン 29日 ロイター] 英新政権で財政赤字問題の担当閣僚だったローズ財務担当相が29日、議員経費を不正請求したとされる問題で辞任した。今月発足したばかりのキャメロン首相が率いる連立政権にとっては初の大きな打撃となる。

 ローズ氏は、自由民主党の所属。同性愛のパートナーが所有する不動産の賃料数万ポンドを議員経費として請求したと報じられていた。

 後任の財務担当相には、同じく自民党のアレクサンダー・スコットランド担当相が就任する。

 連立政権で副首相を務める自民党のクレッグ党首は、BBCテレビに「デビッド・ローズはきょう、非常につらい決断を下した」と語り、自発的な辞任であることを強調した。
[PR]

by yupukeccha | 2010-05-30 13:33 | ヨーロッパ  

エルトン・ジョン「キリストはゲイだった」

2月22日9時9分配信 BARKS

エルトン・ジョンがまたもや問題発言をし議論を呼んでいる。今回、エルトンは「キリストはゲイだった」と言及した。

彼はUSAのマガジン『Parade』のインタヴューで「ジーザスは人類の問題を理解していた、慈悲深く、ものすごく頭のいいゲイだったと思う」と話した。これには当然のこと、教会やキリスト教団体から抗議の声が上がっている。

エルトンはその後、WGNのインタヴューにて「何を信じるかは人それぞれだ。僕はジーザスを信じている。彼は慈悲深い人だったと信じている。個人的に、個人的な見解として、僕は彼のことを慈悲深いゲイだと思っている」「これが僕の信じることだ」「なぜ、怒りを買うのかわからない。“彼が絶対そう(ゲイ)だった”と言ったわけじゃないんだから。僕が個人的にそう考えているだけだ。論争を巻き起こしたいわけじゃない」と釈明した。

が、これに納得できない信者は多いだろう。ジーザス関連の発言ではジョン・レノンの「ビートルズはジーザスより人気がある」が有名だが、これ以上に怒りを買うかもしれない。


エルトン・ジョン、「キリストはゲイ」発言で死の脅迫
3月17日2時34分配信 BARKS

エルトン・ジョンの「キリストはゲイ」発言に憤慨し、YouTubeに「エルトンは死ぬべきだ」とのメッセージ・ビデオを掲載した男が逮捕された。ビデオの中でこの男ニール・ホースリー(65歳)は、アトランタにあるエルトンのものと思われるアパートメントの前で「ELTON JOHN MUST DIE」と記したプラカードを持ち、「我々は今日、エルトン・ジョンに彼は死ぬべきだと指摘するためにここへ来た」「エルトン・ジョンがしたことは、イエス・キリストの神聖を汚した」と話していた。

ホースリーは、過激な中絶反対の活動家として知られ、中絶手術を行なう医者とその住所をウェブサイトに掲載したこともある。

警察は金曜日(3月12日)、暴力主義的脅迫、名誉毀損、脅迫行為を広めるためにネットを使用した容疑でホーンスリーを逮捕。ホースリーは現在、4万ドルの保釈金を払い釈放されている。

エルトンは先月、USAのマガジン『Parade』のインタヴューで「ジーザスは人類の問題を理解していた、慈悲深く、ものすごく頭のいいゲイだったと思う」と話し、物議をかもした。その後、「僕はキリストを信じている」「これは自分個人の見解」「論争を巻き起こしたかったわけじゃない」などと釈明したものの、納得できずにいる人は少なくない。


ボーイ・ジョージ、エルトンの「キリストはゲイ」発言を擁護
3月23日12時1分配信 BARKS

元カルチャー・クラブのボーイ・ジョージが、死の脅迫を受けるほど物議をかもしたエルトン・ジョンの「キリストはゲイだった」発言を擁護した。言葉がそのまま取り上げられてしまい、エルトンが本当に言いたかったことのニュアンスがくみとられていないという。

彼は『The Sun』紙にこう話している。「エルトンは、キリストが情け深い人だったって言いたかったんだと思うんだ。それは本当だ。キリストの教えの根源は、情けだ。彼が言いたかったのはそこだと思う。でも、彼に言い方をどうにかしろなんてことは言いたくない。彼とはいま、いい友人だからね。僕は彼の味方につきたいんだ!」

男性を監禁した罪で2009年に4ヶ月投獄されたボーイ・ジョージは今週、ニュー・シングル「Amazing Grace」をリリースし、ミュージック・シーンにカンバック。2010年内にはアルバムもリリースする予定だ。

また、彼は2011年、バンド結成30周年を記念しカルチャー・クラブをリユニオンする“かも”しれないそうだ。BBCラジオでこう話した。「ワン・オフのギグかスモール・ツアーをやるかもしれない。2011年は30周年記念だからね」

80年代前半、「Do You Really Want To Hurt Me」「Karma Chameleon」などが世界中で大ヒットしたカルチャー・クラブは1998年、そして2002年に短期間ながらリユニオンを果たしている。
[PR]

by yupukeccha | 2010-02-22 09:09 | ヨーロッパ  

男性受刑者に性的行為させる 容疑の看守部長逮捕 福島

2009年12月15日11時21分

 男性受刑者に性的行為を強要したとして、福島刑務所(福島市南沢又)が、同刑務所の看守部長、平井富美雄容疑者(60)を特別公務員暴行陵虐容疑で逮捕し、法務省仙台矯正管区が15日に発表した。

 同刑務所によると、14日に逮捕した平井容疑者は10月18日の勤務中、30歳代の男性受刑者に、自らの下半身にわいせつな行為をさせた疑いがある。同刑務所によると、平井容疑者は主に処遇部門に所属し、受刑者の運動や入浴に立ち会うなどしてきたという。

 加藤正博・仙台矯正管区長は「職員がこのような事案を起こした疑いにより逮捕されたことは誠に遺憾であり、深くおわび申し上げます」とのコメントを発表した。
[PR]

by yupukeccha | 2009-12-15 11:21 | 社会  

松本零士さんと槇原さんが和解=「歌詞盗用」名誉棄損訴訟-東京高裁

11月26日18時47分配信 時事通信

 歌手槇原敬之さんの書いた歌詞が、漫画家松本零士さんの漫画のせりふからの盗用かどうかが争われた訴訟は26日、東京高裁(中野哲弘裁判長)で和解が成立した。

 槇原さん側の弁護士によると、松本さんが槇原さんに謝罪し、今後、歌詞について異議を述べないことで合意。一審は松本さんに220万円の支払いを命じたが、和解金はないという。

 訴訟では、槇原さんが作詞した歌の「夢は時間を裏切らない。時間も夢を決して裏切らない」という一節が、松本さんの漫画「銀河鉄道999」に出ているせりふ「時間は夢を裏切らない。夢も時間を裏切ってはならない」からの盗用かどうかが争われた。

 一審東京地裁は盗用ではないと判断し、「(槇原さんが)盗用を認め謝罪した」とした松本さんのテレビ番組での発言について、槇原さん側の訴えを認め、名誉棄損の成立を認めていた。
[PR]

by yupukeccha | 2009-11-26 18:47 | 社会