タグ:ケニア ( 3 ) タグの人気記事

 

中国とケニア 明の名将・鄭和の艦隊難破船を共同調査 航海600年 交流アピール

2010.7.29 23:57 産経新聞

 15世紀初めにアフリカまで航海したといわれる中国・明代の武将、鄭和(ていわ)の大艦隊のうち、磁器などを積み込んだ1隻が東アフリカのケニア沖に沈没している可能性が高いとして、中国とケニア両国が共同研究に乗り出した。中国はいま、近代的な外洋海軍の整備を着々と進めており、約600年前にインド洋を横断して東アフリカまで到達した鄭和を“平和外交”の象徴として強調することで、国際社会の懸念を和らげる狙いがあるとみられている。

 ケニアからの報道によると、鄭和艦隊の難破船が沈んでいるとみられる地点はケニア沖のラム島付近。周辺海域では当時の中国製磁器が見つかり、今月下旬、中国側の考古学者11人がケニア入りした。今後、北京大学とケニア国立博物館の考古学チームが3年間の計画で調査に着手する。中国商務省が2千万元(約2億6千万円)の費用を負担するという。

 鄭和の艦隊は東南アジア、インド、アラビア半島を経てアフリカ東海岸に至り、1418年にラム島の南に位置するケニアの都市マリンディに到着したといわれる。

 報道によると、当時、難破船から多くの船員が海岸に泳ぎ着き、現地の女性と結婚。中国系アフリカ人社会が現在も残っているとされる。最近、DNA検査で中国人の血を引くと判定されたスワヒリ語系の女性(19)が、中国の経済援助を受けながら中国で伝統医学を学んでいるという。

 経済成長に必要な資源などを獲得するため、アフリカで独裁政権を支援し欧米の批判を招くことも少なくない中国だが、最近、鄭和が交易を中心とした“平和外交”を推進したと主張。その後、アフリカに到達した欧州諸国が武力を行使し、奴隷貿易まで行った負の歴史との違いを強調している。

 中国側には、航海から600周年に当たる2018年までに中国とアフリカの歴史的交流を証明し、国際社会に中国とアフリカ関係の長さをアピールする狙いがあるようだ。

 ただ、鄭和の“平和外交”には異説もある。

 鄭和関係の文書を翻訳したオーストラリアの歴史家ジェフ・ウエイド氏は、英BBC放送に「鄭和の艦隊は先端の武器を積んでおり、少なくともジャワ、スマトラ、スリランカの3カ所で武力を行使した。しかし研究は中国に委ねられているので、批判的な調査は行われていない」と話している。(ロンドン 木村正人)

     ◇

 ■鄭和の大航海

 鄭和は現在の雲南省出身のイスラム教徒。明朝の力を東南アジア諸国などに誇示するため、永楽帝の命を受け、「宝船」と呼ばれる巨大船300隻と3万人の船員を率いて、1405年から7度にわたる大航海を行った。南京を出航し、東南アジアからインド、アラビア半島、アフリカ東部に到達したという。

 コロンブスやバスコ・ダ・ガマの大航海はよく知られているが、それより約1世紀前に成し遂げられた鄭和の偉業は歴史に埋もれてきた。2年前の北京五輪開会式で鄭和の大航海が紹介されるなど、中国政府は積極的にPRしている。
[PR]

by yupukeccha | 2010-07-29 23:57 | アフリカ  

国民は貧困 議員報酬は大幅増 世界トップ水準 平均月収の113倍

2010年7月20日 朝日新聞

◆ケニア国会で提案へ

【ナイロビ=古谷祐伸】ケニアの国会議員が自分たちの報酬を世界トップクラスに押しあげる案を取りまとめ、批判を招いている。8月4日に国民投票にかけられる新憲法案では報酬アップが自ら決められなくなるため、その前に駆け込みで増額する狙い。政府は財政難を理由に反発している。

 近く国会に法案が提出される見通し。とりまとまた案によると、現在、諸手当込みで月額85万シリング(約92万円)の報酬を5割近く増額し、約120万シリング(同130万円)にする。地元紙によると、提案額はケニア人の平均月収の113倍という。議員は222人いる。

 理由は物価高騰としているが、提案額は世界の議員報酬と比べても相当な水準。日本の国会議員は月額129万7千円の歳費(給与)と、通信費や交通費などとして同100万円を受け取っている。国民の多くが失業や貧困に苦しむ中、怠慢を非難されている議員の提案に納得する人は議員以外にはない。ケニヤッタ財務相は「議会で可決されても払う予算がない」という。

 ケニアの議員報酬は、議員らでつくる委員会が適正額を勧告し、それに基づいて法律で決める仕組み。だが、新憲法案が通れば、独立した報酬委員会が議員報酬を決めることになる。そのため簡単に増やせるうちに増額しておこうという狙いがある。

 新憲法案の土地私有や妊娠中絶についての条項をめぐって、国を二分する議論が起きている。政府は多くの賛成票を得ようと躍起だ。そのため、政府が議員報酬アップを認めないなら、新憲法案への反対運動を起こすと息巻く議員も多い。
[PR]

by yupukeccha | 2010-07-20 15:00 | アフリカ  

福井空港は「Fuck~」最も下品? 関係者は不快感

「表現が気に障る可能性がある」
2009/7/4 14:35 ZAKZAK

 全世界で格安航空券を発売するスカイスキャナー社(英国)は先ごろ、世界の空港名の中から、変わった名前の空港をリストアップ。“最も下品な名前”ランキングで「福井空港」が1位に選ばれた。英高級紙「インディペンデント」が報じた。あくまで英語の発音に基づく“空耳アワー”的ランキングに過ぎないが、選ばれた方は不快感ありあり。だが、日本でも口に出せない外国語の地名は数多い。

 同社は自社のデータベースに登録されている約1万の空港名から、「最も不気味」「最も下品」「最も恐ろしい」「空港コードがおもしろい」の4項目で、ベスト10を発表した。

 その中で「最も下品」とされたのが福井空港。英国滞在歴のある会社員(34)は「FUKUIの発音が『Fuck it!(関係ねぇ)』とそっくりだからではないか」と指摘するが、同社の発表では明確な説明は一切なく、「表現が気に障る可能性がある」と注釈があるのみ。これに対し、福井県港湾空港課の夏梅親夫課長は「インターネットで知りましたけど、あくまで英語の発音でしょ。コメントのしようがありません」と不快感をあらわにする。

 前出の会社員によると、これ以外にも日本には英語で口にしづらい地名があるという。

 「『Kinki(近畿)』が異常な性癖を持つ人の俗称であることは有名で、『Kinki University(近畿大学)』のロゴ入りTシャツが笑いの種になったことがある。ほかにも『Kill you(桐生=殺すぞ)』や福岡空港のコード『FUK』が有名。松下や竹下には『Shit(シット=大便の隠語)』が含まれています」

 英語以外でも、石川県の「加賀(カガ)」はスペイン語で「大便」、兵庫県の宝殿(ホウデン)はドイツ語で「睾丸」、千葉(チバ)は中国語で「陰茎」、熊本(クマモト)はスワヒリ語で「熱い女性器」を意味するという。

 ちなみに、日本語からみた珍地名ではヤキマンコ(ロシア)、マンポ(北朝鮮)、チンコ川(中央アフリカ)、チンポー湖(中国)、キンタマーニ(インドネシア)、エロマンガ島、オナラ湾(バヌアツ)、ハゲ(韓国)、パンティ(マレーシア)、オナラスカ(米国)などが有名。空港名ではマンコカパック空港(ペルー)が「表現が気に障る可能性がある」。
[PR]

by yupukeccha | 2009-07-04 14:35 | 社会