タグ:グルメ ( 5 ) タグの人気記事

 

途絶えた客足、在日メキシコ人店主「関係ないのに…」

2009年5月1日4時59分 朝日新聞

 豚インフルエンザは、日本国内で商いをするメキシコ人にも影を落としている。店の客足が遠のいたり、商品を心配されたり。「関係ないのに……」。ちょっと過剰な反応に、メキシコ人店主たちは心を痛める。

 横浜市中区の繁華街にあるメキシコ料理店「ロス・アミーゴス」。静かな店内でマリア・サイマさん(46)が1人、客を待っていた。

 この夜の来客は2人。30人が入る店内は先週まで、予約なしでは座れないこともあった。それが豚インフルエンザ問題の発覚後、客足がぱったりと途絶えた。仕方なく、アルバイトも休ませている。

 「豚インフルエンザとは何の関係もないのに……」

 マリアさんは日本人男性と結婚し、89年に来日。料理などを通して20年間、日本にメキシコの文化を紹介してきた。今回の騒ぎを「ただごとではない」と感じたのは、店の前を通った女性が「メキシコ料理だ。怖い怖い」と言って避けていったときだ。

 日本に住むメキシコ人の友人からも同じような相談の電話が来ているという。「本当に悲しかった。日本人はもう少し冷静に考えてほしい」と残念がる。

 メキシコの家族は、メキシコ市から車で1時間余りのトルーカ市にいる。電話では「人込みは避けているが、特に心配していない」と元気そうだった。むしろ日本の騒ぎを聞いて驚いていたという。

 不安に思うのは、豚インフルエンザの騒ぎが、市民レベルの交流に水を差すことだ。実際、準備に参加していた両国交流400周年の記念イベントが各地で中止になったり縮小したりしている。

 「今日は今日、明日は明日がメキシコ人の前向きな考え方。それでも今回の影響を乗り越えるのは簡単ではないと思う」とマリアさんは話す。

 東京都目黒区のノエル・エドガル・ガルシアさん(32)はメキシコ産のコーヒー豆を輸入し、日本で売っている。07年に来日し、今年になってやっと顧客がついた。
 メキシコ市に住む両親は「外出は減ったが、普通の生活をしている。パニックもない」という。むしろ、日本の顧客からは「問題ない?」と尋ねられる。「コーヒー豆は全く関係がない」と説明している。「騒ぎが続くとメキシコ産はすべて危険と思われるかもしれない。消費者が過剰反応をしないか心配です」

 反対に、心が温まることもあった。「家族は大丈夫?」。日本人からよく声をかけられるようになった。「一緒に心配してくれる日本人がいる。今はそれがうれしい」(田村剛)
[PR]

by yupukeccha | 2009-05-01 04:59 | 社会  

相次ぐ蛙中毒、児童1名死亡

2009年4月30日0時11分 カンボジアウォッチニュース

シエムリアプ州モンドル3村に住む4人の児童が26日午前8時、雨上がりの蛙を捕まえて3人の大人と一緒に食べたところ、7人全員が中毒症状を発し、児童の1人サウ=ソパラットが同日午前10時30分死亡した。

彼の兄弟1人は重症で、クンテア=ボパー小児病院に今も収容されている。残りの児童2名は、病院に搬送されたのち回復し、同日夜に帰宅した。大人3名は、シエムリアプ州病院で治療を受け、注射を打たれた。

ソパラットの父はプレア=ヴィヒアを守るカンボジア王国軍の兵士。今回の悲劇は、ちょうど休暇で帰省していた時の出来事だった。本来、今週頭には帰隊しなければならない予定だったが、村長により、もう1週間残ることが許された。

同村にあるニュー ホープ コミュニティ センターのケム=スオ所長によると、この種類の蛙は肉は無毒だがわたに毒があり、とくに豪雨の後の妊娠した雌蛙は毒性が強いという。ここの村人は貧しくて野生の生物ばかり食べている、と同所長。

同センターのケリー=ハントリー代表によると、村人が蛙を食べて中毒になったのは今回が初めてではない。

「3ヶ月ほど前には、兵隊さんの3歳と5歳の女の子が蛙を捕って焼いて食べて、激しく中毒症状を発した。3歳の子は一時は助からないかと思われたが、一命を取り留めた。こんな物まで彼らが食べなければならないのは貧乏のせい」と同代表。

ソパラットは同日午後、木のテーブルから作られた小さな棺に入れられた。金色のアルミホイルで飾り付けを施された棺は、行列に伴われて村々を巡り、蛙を食べることの危険を人々に知らせた。

家は貧しく、葬式代250ドルを捻出することもできなかったが、同センターが肩代わりした。これについて同センターが電子メール募金を募ったところ、たちまち1,000ドル以上の浄財が集まった。

「残ったお金は、この家族の壊れそうな家の修理代に充てたい」と同代表。また同センターは、亡くなったソパラットの弟たちの教育資金も提供していく方針だ。
[PR]

by yupukeccha | 2009-04-30 00:11 | アジア・大洋州  

幻の高級魚「マツカワ」漁獲量増加、ブランド化に期待

3月25日16時29分配信 読売新聞

 近年進められている放流事業により、カレイ科の高級魚「マツカワ」の漁獲量が、北海道・日高地域で増加傾向にある。

 マツカワはこれまで、漁獲量の少なさから「幻の魚」と呼ばれてきたが、今後は安定した漁獲量が見込まれており、日高支庁も「有力な水産ブランドになれば」と期待している。

 同支庁によると、マツカワは主に北海道太平洋沿岸に分布。1975年以前は日高沿岸だけで年間20トンを超える水揚げがあったが、その後は数が激減。漁獲量が1トンに満たない状態が続き、「幻の魚」と呼ばれるようになった。

 マツカワ復活を目指し、道やえりも以西栽培漁業振興推進協議会は91年から、えりも町から西の太平洋沿岸で放流事業をスタート。2006年から本格化し、現在は年間100万匹の稚魚が放流されている。放流によって漁獲量は徐々に回復し、日高地域では08年4月~09年2月に44トンが水揚げされるなど、今後も流通量の増加が見込まれている。
[PR]

by yupukeccha | 2009-03-25 16:29 | 社会  

【近ごろ都に流行るもの】サメ食のすすめ 肉や皮…中華に広がる

3月9日8時3分配信 産経新聞

b0161323_9223895.jpg 白い塊が口の中でふわっと崩れた。やさしい滋味が中華スープの濃厚な風味と混ざり合い…ウマ~イ! 「そちらはサメの肉です」という説明に、へえー!?

 高級食材ふかひれの原料であるヨシキリザメを体ごと味わう機会が増えてきた。「遠洋漁業の現場では、商品価値のあるヒレだけを切り取る魚体投棄が横行していたが、残酷さへの批判や生態保護の観点からここ数年、丸ごと持ち帰るようになってきた。船上で急速冷凍した高品質のサメ肉は、かつて悪評高かった独特のアンモニア臭などもなくおいしい」と力説するのは、ふかひれ加工販売「中華・高橋」の高橋滉社長(36)。サメ食の仕掛け人として奔走する。

 取引先の一つ「東天紅」(全22店)で今月末まで実施中の「ふかひれフェア」では、珍しいサメづくし料理が楽しめる。冒頭のコラーゲン壷(つぼ)煮(2100円)はフカヒレやサメ肉のほか、プルプルの魚唇(ユイチエン)(えんがわ)や内皮のうまみが詰まった逸品。

 コラーゲン食材として知られるふかひれだが、実は魚唇や内皮の方が含有量が高く、サメ肉にも100グラム中28・57グラムも含まれている。「1日の必要量は3~5グラムといわれる。一切れで十分な量になります」と高橋社長。サメ肉100グラムあたりの熱量は85キロカロリーで、ダイエットの定番、鳥ササミ(105キロカロリー)より低い。脂質はわずか0・6グラムなのに食感が柔らかいのは水分が多いから。

 「それだけ扱いが難しく、料理人の腕が問われる」とは東天紅の仕入れ責任者、中沢昌弘さん。高橋社長の熱意に賛同し、昨年のフェアで初めてサメ肉料理を導入。50日の会期中10回も食べに来る客もいるなど好評で、期間中延べ3000人以上が楽しんだ。

                  ◇

 錦糸町の東武ホテルレバント東京の大杉英行料理長は、麻婆サメ、サメ団子、サメの土鍋ご飯など、20種ほどのサメ料理を開発。「変わったものが食べたい」という顧客の要望に応えている。「お客さんと相談のうえ、おまかせコースで出しています。カブト焼きなんか一見グロテスクですけど、ビックリするぐらいおいしいですよ。健康的な素晴らしい食材。どんどん使いたい」と大杉料理長。

 中華・高橋の小売り部門、水天宮近くの「古樹軒」では、サメ肉1キロ735円のほか家庭で簡単に調理できる冷凍食品「シャークナゲット」(1キロ1260円)などを販売。これが水揚げ地の宮城県で学校給食に導入されたり、神戸市立須磨海浜水族園の名物軽食になったりと、各地で広がりをみせている。

 とはいえ、取引先約2000社のうち、サメの肉まで仕入れる店はまだ100社弱。しかも「白身魚の…」と名前を伏せられて提供されていることも多い。臭い、獰猛(どうもう)…などのイメージを払拭(ふっしょく)し、どの店のメニューにも堂々と「サメ」と書かれることが高橋社長の悲願である。

                  ◇

 ところで、はんぺんの老舗、日本橋「神茂」の原料はサメだ。毎日直接仕入れ「青鮫を約4割。別名水鮫というぐらい身質が柔らかく、空気を抱き込みやすく、半ぺんの食感として不可欠なよし切り鮫を6割」とのこだわりをホームページに掲げる。これを読んで、急にサメ肉が上品で身近に感じられてきた。イメージとは、案外簡単にコロッと変わるものかもしれない。(重松明子)
[PR]

by yupukeccha | 2009-03-09 08:03 | 社会  

国産ニシンが復活=にぎりずしも登場

3月7日6時13分配信 時事通信

 資源の悪化から近年、「幻の魚」と呼ばれるほど水揚げが落ち込んでいた北海道産ニシンが今年は豊漁だ。国産ならではの鮮度の高い魚が豊富に出回り、すしや刺し身を提供する小売店も増え始めている。

 春告げ魚として知られるニシンは、昭和初期の1935年ごろまで、年間水揚げ量が30万トン以上と「浜を埋め尽くすほど」(漁業関係者)大量に漁獲されていた。しかし、55年(昭和30年)ごろから漁獲が激減。年に数百トン程度の極端な不漁が続いていた。

 今年はシーズン(1-5月)入り直後から石狩湾周辺の刺し網漁が好調に推移。道内の漁獲量は2月中旬で早くも1100トンを超え、不漁期に入った55年以降で最多となるのはほぼ確実だ。北海道立中央水産試験場(余市町)によると、「漁獲制限や稚魚の放流などの効果で2004年ごろから資源が回復してきた」という。
[PR]

by yupukeccha | 2009-03-07 06:13 | 社会