タグ:ギリシャ ( 3 ) タグの人気記事

 

中国大使に伊藤忠相談役の丹羽氏決定 異例の民間出身

2010年6月15日10時34分 朝日新聞

 菅内閣は15日の閣議で、中国大使に伊藤忠商事相談役の丹羽宇一郎氏(71)、ギリシャ大使に野村証券顧問の戸田博史氏(58)をあてるなどの人事を決めた。民主党政権が進める民間人起用の象徴的存在となる。一方、韓国大使には本省の局長経験がない武藤正敏クウェート大使(61)を登用した。17日付で発令する。

 民間出身の大使はアフリカなどで例があるが、主要国では極めて異例。中国大使としては1972年の国交正常化以来初めてとなる。これまで外務省の中国専門家ら本省幹部経験者が務めてきたが、民間人の積極起用の一環として菅直人首相が決めた。

 丹羽氏は伊藤忠商事で98年に社長に就任した後、中国企業への投融資に積極的に取り組んだ実績がある。北京市長の国際企業家顧問を経験し中国経済界に人脈を持つ。

 ギリシャ大使に民間人が就くのも初めて。戸田氏は野村証券の債券や金融市場部門で豊富な経験を持つ。ユーロ危機の震源地であるギリシャで情報収集力を強化する狙いもあるようだ。

 また、韓国大使にはこれまで外務省の局長級ポストの経験者があてられてきたが、武藤氏はこうしたポストは務めていない。72年入省の武藤氏はキャリア官僚では初めての朝鮮語の専門家で、朝鮮半島を担当する北東アジア課長を務めたほか、3度にわたる韓国勤務が評価された。

 そのほか、国連大使には西田恒夫カナダ兼国際民間航空機関政府代表部大使、西田氏の後任に石川薫エジプト大使がそれぞれ決まった。また、エジプト大使には奥田紀宏国連代表部次席大使、オーストラリア大使に佐藤重和香港総領事が就く。
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-15 10:34 | 政治  

ギリシャ「デモ犬」に世界が注目 主要紙が掲載

2010/05/17 17:59 共同通信

 政府の財政緊縮策への反発からデモや暴動が頻発するギリシャの首都アテネで、デモ隊と行動を共にし警官にほえかかる野良犬「デモ犬」について、世界の主要紙が17日までに特集記事を掲載、欧米の多数のブログでも取り上げられた。ギリシャ紙タネアなどが報じた。

 犬は雄の雑種大型犬で「ソーセージ」というあだ名が付いた。デモ参加者によると、これまでも「シナモン」とあだ名されたデモ犬がいたが2008年に老衰で死んだ。ソーセージは跡を継ぐように現れ、デモ隊の後をいつも追い掛けてくる。

 英国のガーディアン、フランスのリベラシオン、イタリアのコリエレ・デラ・セラなどが記事を掲載。財政危機で殺伐としたアテネで、心を癒やす存在として関心を呼んでいるようだ。

 石や火炎瓶、催涙弾が飛び交う中でも逃げることなく、いつもデモ隊ではなく警官にだけほえているのが特徴だが、どのメディアもその行動の“謎”を解明していない。(アテネ共同)

Links: Riot Dog in Greece
[PR]

by yupukeccha | 2010-05-17 17:59 | ヨーロッパ  

ギリシャ、金融技術で債務ごまかし=米ゴールドマンが手助け-独誌

2月7日8時34分配信 時事通信

 【フランクフルト時事】8日発売の独誌シュピーゲルによると、急激な財政悪化に見舞われているギリシャはかつて、米金融大手ゴールドマン・サックスの手を借り、複雑な金融技術を駆使して債務を小さく見せかけていた。

 同誌によると、ギリシャ当局とゴールドマンは2002年初め、異なる通貨の異なる金利条件などを交換する「クロス通貨スワップ」という手法を使うことで合意。約100億ユーロ相当の米ドルおよび円建て債務を一定期間ユーロ建てに交換、その後再びドルと円の債務に戻した。

 この取引により、ギリシャは極めて有利な為替レートを適用することができたほか、ゴールドマンはギリシャに最大10億ドルの追加的な貸し付けを実施。この貸し付けはギリシャの債務統計に記載されず、欧州連合(EU)統計局に対しても不十分な報告しかなされなかった。 
[PR]

by yupukeccha | 2010-02-07 08:34 | ヨーロッパ