タグ:カンボジア ( 92 ) タグの人気記事

 

こでも起こる「群衆心理」の悲劇 カンボジア転倒事故

2010/11/25 22:06 産経新聞

 カンボジアの首都プノンペンで、祭りの見物客ら350人近くが死亡した転倒事故で、地元の捜査当局は、現場の橋が人の重みで揺れて「橋が落ちる」と叫び声が上がり、パニック状態になったことが原因との見方を明らかにした。国内外を問わず後を絶たない「群集心理」が引き起こす悲劇。専門家は「厳しい交通規制を徹底しなければ、どこでも起こりうる」と警鐘を鳴らしている。

 事故はカンボジア最大の祭り「水祭り」の盛り上がりが最高潮に達した最終日の22日夜に発生。現場は長さ約100メートル、幅約8メートルの橋の上で、AFP通信によると、目撃者の一人は「橋を渡っていると、反対方向から来た人が押し始めた。悲鳴が聞こえ、皆がパニックに陥った。駆けだした人が互いにつまずいて転んだ」と語った。

 悲鳴と怒号が飛び交う中、人々は折り重なるように倒れて川に転落する人も。2人の娘を亡くした女性(53)は「つらいけど受け入れなければならない」と涙をにじませた。

 群衆事故に詳しい東京女子大の広瀬弘忠教授(災害・リスク心理学)によると、「人が一定程度以上密集することで数百キロの圧力で女性や子供が倒され、周囲の人が覆いかぶさり、さらに逃げる人々がその上を歩く『踏みつけパニック』になる」という。

 群衆の混乱に伴う転倒事故としては、サウジアラビアのイスラム教の聖地、メッカなどの巡礼に伴って毎年のように数百人規模の死者が出たほか、国内では平成13年、兵庫・明石の歩道橋で花火大会の見物客が将棋倒しになり、11人が死亡した。

 広瀬教授は「熱狂的ファンが集まるコンサート会場やスタジアムなど、日本国内でも対策が不十分な施設が多い。流れが滞留しないよう通行経路を確保する以外、事故防止策はない」と指摘している。

 カンボジア政府は25日、首都プノンペンの水祭りで22日に起きた転倒事故の死者数を347人に修正した。一部の関係者が見舞金目当てに虚偽の報告をした可能性もあるという。
[PR]

by yupukeccha | 2010-11-25 22:06 | アジア・大洋州  

<カンボジア>国連に書簡「タイが脅迫」

8月10日8時52分配信 毎日新聞

 【バンコク西尾英之】タイとカンボジアの国境付近にあるヒンズー教寺院「プレアビヒア」周辺の領有を巡る対立で、カンボジアのフン・セン首相は8日、国連に「タイがカンボジアを脅迫している」と非難する書簡を送った。タイのアピシット首相がこれに先立ち、カンボジアへの強硬対応を求める反タクシン元首相派系の集会で「武力行使」に言及したことに強く反発した。フン・セン首相はタクシン氏に近く、国境を巡る両国の対立は、反タクシン派の動向も絡み激化しかねない様相だ。

 タイの反タクシン派組織「民主市民連合」(PAD)系の「愛国者ネットワーク」は7日、政府に対し00年にカンボジアとの間で領土問題を巡り紛争の防止などを定めた覚書の破棄を求める集会を開催。アピシット首相はこの集会に出席し、政府の立場を説明。さらに8日には国営テレビの番組で、PAD幹部と領土問題に関する公開討論をした。

 首相は、覚書の破棄は拒否しながらも、「領土問題でカンボジアに譲歩しない」と語り、外交的解決を目指す姿勢を示しつつ、「武力行使は最後の選択だ」などと述べた。

 カンボジアのフン・セン首相は、アピシット首相の発言のうち「もし解決できないならば、外交と武力の双方を使用する」との部分をとらえ、「武力での脅迫は、国連憲章に違反する」と書簡に記し国連に送付。9日には「タイとの2国間協議は行き詰まっている」として、問題に対処する国際会議の開催を求める考えを表明した。

 反タクシンのアピシット首相は、政治集会の開催禁止を盛り込んだ非常事態宣言が継続中でありながら、今回、PADの大規模集会開催を認めた。

 旧来の支配層が中心で右派勢力のPADは、カンボジアに厳しい姿勢。タイが実際に軍事力で領土問題の解決を図る可能性はほとんどないが、アピシット首相は「武力行使」に言及することで、反タクシン派の不満のガス抜きを図ったとみられる。

 タイ地元紙が9日報じた世論調査では、カンボジアとの関係悪化を懸念し、PADの活動に反対する声が優勢だった。アピシット首相がさらにPAD寄りの姿勢を続ければ、カンボジアとの関係悪化だけでなく、国内の批判も浴びかねない。

 ◇ことば プレアビヒア寺院

 アンコール王朝が9~11世紀に建設した山岳寺院。両国が一帯の領有権を争っていたが、1962年に国際司法裁判所がカンボジア領との判断を下した。08年にカンボジアの申請で世界遺産に登録されたが、これをきっかけに寺院周辺の領有未確定地をめぐる対立が再燃。寺院付近では散発的に両国軍が交戦、死傷者も出ている。
[PR]

by yupukeccha | 2010-08-10 08:52 | アジア・大洋州  

カンボジアのポト派裁判で元収容所長に禁固35年

7月26日13時50分配信 産経新聞

 【プノンペン=宮野弘之】1970年代後半、カンボジアのポル・ポト政権の下、国民ら180万人以上が強制労働や飢餓、拷問などで虐殺された事件の責任を問う特別法廷は26日、元幹部の1人で当時のトゥールスレン政治犯収容所の所長、カン・ケ・イウ被告(67)に禁固35年を言い渡した。同政権元幹部への判決言い渡しは初めてで、79年の政権崩壊から31年を経てようやく、同政権に対する最初の法の裁きが下った。

 判決言い渡しは、プノンペン近郊に設けられた特別法廷で行われた。法廷に現れた同被告は、青いボタンダウンのシャツにグレーのズボン姿で被告席に着き、裁判長による判決言い渡しを見つめた。

 同被告が75年から4年間、所長を務めたプノンペン市内のトゥールスレン収容所では、スパイ容疑で連行された女性、子供や外国人を含む1万5000人以上が拷問などを受け、同収容所や郊外の処刑場で殺害された。収容者で生き残ったのは14人とされる。

 2009年2月に始まった公判で同被告は、収容所長としての自らの罪を受け入れると述べ、反省の姿勢を示すなどした。検察側は昨年11月、同被告に最高刑の終身刑でなく、禁固40年を求刑。しかし、同被告はその後、すべては上からの指示に従ったものだとして無罪を主張。すでに長期間拘束されたとして、釈放を要求していた。

 事件をめぐっては同被告のほか、故ポル・ポト元首相の右腕といわれたヌオン・チア元人民代表議会議長、キュー・サムファン元国家幹部会議長、イエン・サリ元副首相と妻のイエン・チリト元社会問題相の4人が身柄を拘束されている。4人の取り調べはすでに終わっており、9月には起訴の手続きが始まる見通しだ。
[PR]

by yupukeccha | 2010-07-26 13:50 | アジア・大洋州  

被告の外国人弁護人解任

2010年7月10日 朝日新聞

 【プノンペン=藤谷健】1970年代のカンボジアで自国民を虐殺したポル・ポト政権の元幹部らを裁く特別法廷で、殺人などに問われ、26日に最初の判決を言い渡される予定のカン・ケク・イウ元収容所所長(67)が先月30日、共同弁護人を務めるフランス人弁護士の解任を求め、今月5日に許可された。同法廷が9日発表した。
[PR]

by yupukeccha | 2010-07-10 03:00 | アジア・大洋州  

3万個の積み木でアンコールワット遺跡再現 上智大

2010年5月31日0時53分 朝日新聞

 世界遺産のアンコールワットの遺跡を3万個の積み木で再現する催しが30日、上智大学(東京都千代田区)であった。大きさは本物の50分の1だ。

 本物の遺跡は接着剤を使わない石積み。模型も5時間かけて積み木を重ねて塔と回廊を完成させたが、記念撮影後に参加した子どもたちが数十秒で崩してしまった。

 同大は遺跡の修復や現地の人材育成に取り組んできた。第一人者の石澤良昭学長は「遺跡の神様は破壊と創造の神。当時も壊しては積み、試行錯誤したのでは」。
[PR]

by yupukeccha | 2010-05-31 00:53 | 社会  

「ジャングル少女」が森へ逃走、カンボジア

2010年05月29日 19:08 AFPBB News

 【5月29日 AFP】カンボジアで少女のころに行方不明になり、18年後の2007年にジャングルで暮らしているところを発見されたロチョム・プニン(Rochom P'ngieng)さんが、森へ逃げ帰ってしまった。プニンさんの父親のSal Louさんと地元警察が28日、明らかにした。

 プニンさんは現在29歳。1989年にプノンペン(Phnom Penh)北東610キロのラタナキリ(Ratanakkiri)州の密林で水牛の番をしているときに行方不明になり、2007年に全身汚れた全裸姿で農家の食物を盗むために姿を現したところを発見された。密林で乾燥した米粒を探し回っていたために、サルのように前かがみな姿勢になっていたという。

 プニンさんの父親のSal Louさんは、AFPの電話取材に「25日の夜に風呂に入る際に森へ逃げ帰ったに違いない。わたしと息子は今、森に入ってプニンを探しているところだ」と述べ、「森の精霊」がプニンさんを密林へ誘い込んだに違いないと語った。一方、地元警察署長のMa Vichet氏も、捜索を行っているが依然として行方はわかっていないと述べ、「きっと森へ逃げたのだろう」との考えを示した。

 プニンさんは、カンボジアで「ジャングルウーマン」や「半動物少女」などと呼ばれている。父親によれば、2007年に保護されたプニンさんは「動物のうなり声」を上げるだけで、明りょうな言葉をしゃべることができず、度々病気に見舞われ、09年10月にも食事を拒否して入院生活を送っていた。しかし、前年12月ごろから言葉を話し始め、家事の手伝いをするようになっていた。

 ラタナキリ州の密林は、カンボジアで最も人里離れた野生の森の1つとされている。(c)AFP
[PR]

by yupukeccha | 2010-05-29 19:08 | アジア・大洋州  

セントラルワールド放火容疑でヨーロッパ出身者とカンボジア人の2人の身柄を確保 #ThaiRedJ

2010/5/24 00:11 タイの地元新聞を読む

 ポストトゥデー紙によると、ステープ副首相は23日、反独裁民主主義同盟のデモ隊によるセントラルワールドの放火を扇動した容疑でヨーロッパ出身者とカンボジア人の2人の身柄を確保した事を明らかにした。

 ステープ副首相によると、カンボジア人は2007年に就労目的でタイに入国し、セントラルワールド以外にも銀行や商店の放火にも関与していたという。

 また、イギリスのミラー紙によると、身柄を確保されたヨーロッパ人は、イギリスのケント出身で、現在パッタヤー地区内でタイ人の妻と暮らしている48歳の男で、他の赤服と共にセントラルワールドに火を放つと発言したビデオが公開されていた。
[PR]

by yupukeccha | 2010-05-24 00:11 | アジア・大洋州  

両陛下:カンボジア国王にお別れのあいさつ

2010年5月19日11時59分 毎日新聞 

 天皇、皇后両陛下は19日、国賓として来日中のカンボジアのシハモニ国王にお別れのあいさつをするために滞在先の迎賓館(東京都港区)を訪ねた。宮内庁によると、会見でシハモニ国王は「(カンボジアを)支援している多くの日本人や在日のカンボジア人に会い、すばらしい活動をしていることがよく分かりました」と訪日の印象などを話したうえ、両陛下に「国賓として来られる機会を与えていただけるならばうれしい」と訪問の招請をした。天皇陛下は「招請の言葉を聞いてうれしい」としながらも「訪問については政府が決めることです」などと話したという。国王は午後に京都市に向かい、22日に離日する。
[PR]

by yupukeccha | 2010-05-19 11:59 | アジア・大洋州  

口蹄疫豚肉、ベトナムの業者が安売り

2010/5/18 21:53 カンボジアウォッチニュース

ベトナムと国境を接するカンボジア東部スヴァーイ=リエン州のチアン=オム知事は4日付で、病気の流行を防ぐためにベトナムからの豚肉と豚の輸入をただちに全面禁止する命令を、関係当局と国境検問所へ発した。ベトナムで口蹄疫と豚繁殖・呼吸障害症候群が流行しているためだと同知事は13日述べた。

同州厚生局薬物・食品課のサエク=ヴァンニー課長補佐は、ベトナムの養豚業者が病気の豚を売りさばくために、違法にこれをカンボジアの市場へ持ち込み、故意に安く販売しているため、これに対処することが輸入禁止措置の目的の一つだと述べた。「これがカンボジアの豚に感染すれば、消費者の健康を損ねる」と同課長補佐。

在カンボジア ベトナム大使館のグエン=チ=ズン領事は13日、ベトナムの南北ともにこれらの病気が発生していると最近ベトナム国内で報じられたことにふれ、地方当局が病気の家畜の輸入を一時的に禁止することはその当然の権利であると理解を示した。

口蹄疫は日本の宮崎県でも大量発生しており、現地当局はすでに11万頭を超える豚を殺処分としたと報じられている。
[PR]

by yupukeccha | 2010-05-18 21:53 | アジア・大洋州  

カンボジア:来日30年余りの女性、苦難越え交流に尽力 きょう晩さん会へ

2010年5月17日 毎日新聞

 国賓として来日したシハモニ・カンボジア国王(57)を歓迎する晩さん会が17日夜、皇居・宮殿で開かれる。母国のために「草の根」で支援活動している女性、ペン・セタリンさん(55)も招かれ、出席する。36年前に来日。その後の政変で帰国できなくなり、家族6人が殺されたり、消息がいまだに行方不明という悲痛な体験をしたが、持ち前の明るい笑顔と性格で在日カンボジア人ネットワークの中心的存在だ。民間交流の様子などを両陛下に知ってもらいたいと楽しみにしている。

 セタリンさんは74年に国費留学生として来日した。翌75年にポル・ポト政権が誕生。自国民の虐殺、内戦など母国の混乱は続き、家族も失った。

 その間、東京都町田市でカンボジア料理店「アンコール・トム」を経営しながら、作家として活動。13年前には同国のシアヌーク国王文学賞も受賞した。森鴎外や芥川龍之介などの日本文学を翻訳し、カンボジアの児童・生徒に本を寄贈する活動も続けており、「鴎外の『山椒大夫(さんしょうだゆう)』に描かれている安寿と厨子(ずし)王の苦難の運命は、かつてのカンボジア国民が味わった過酷な時代にも重なり、よく理解してもらえている」と語る。

 晩さん会には、首相はじめ三権の長や閣僚、政官財の代表らが招かれるが、相手国に縁の深い民間人も招待される。セタリンさんは、在日カンボジア人としては唯一リストアップされた。

 昨年は両国の仏教説話を比較し、「布施の観念」についての論文で文学博士号を取得するなど、多彩な才能を発揮するセタリンさん。20年前に日本国籍を取得したが、晩さん会には、民族衣装で出席するつもりだ。【大久保和夫】
[PR]

by yupukeccha | 2010-05-17 23:59 | 社会