タグ:カトリック ( 3 ) タグの人気記事

 

教会を悩ますゲイ聖職者の「乱れた性」

ニューズウィーク日本版 10月4日(月)17時6分配信

 ローマ中心部のレストラン「レ・マーニ・イン・パスタ」。若いカップルがテーブルを挟んで見詰め合っている。手を握ったり口づけを交わしたりするわけではないが、明らかに単なる友人同士ではない。ただし、気になる点が1つある。服装は2人とも白いカラーに灰色のシャツ----カトリックの聖職者の証しだ。

 カトリック教会は同性愛を自然に反する罪深い行為としている。とはいえ、男性同士で愛をささやき合うゲイ聖職者の存在はローマでは公然の秘密であり、多くの市民が見て見ぬふりをしてきた。だが先ごろ、イタリアの週刊誌パノラマがショッキングな暴露記事を掲載すると、状況は一変した。

 ジャーナリストのカルメロ・アッバーテは、ゲイ聖職者グループに属するある人物の「パートナー」に成り済まし、ローマの聖職者3人の「秘め事」を20日間にわたりビデオにこっそり録画した。

 ビデオに映っていた司祭たちは秘密パーティーでセクシーなダンスを踊り、教会の敷地内で「男性コンパニオン」と性的行為に及んだ。ミサの時間ぎりぎりに暗いベッドルームから出てくる司祭たちの姿を捉えた動画もあった。「問題は同性愛ではない」と、アッバーテは本誌に語った。「建前の美徳と私生活レベルでの悪徳、そして教会の深刻な偽善だ」

 この暴露記事はローマのカトリック関係者に大きな波紋を巻き起こした。ただし同じ性的スキャンダルでも、世界中で明らかになっている聖職者による児童への性的虐待とは大きく違う。ゲイ聖職者は禁欲、教会法、偽善に関わる問題だし、小児性愛は児童虐待、権力乱用に関わる問題だ。

 ローマでは聖職者の大半がバチカン(ローマ法王庁)と何らかのつながりを持っている。アッバーテによれば、ビデオに映っていた司祭の1人はサンピエトロ大聖堂でミサを執り行っていたという。

問題は教会の秘密主義

 ローマ教区のアゴスティーノ・バリーニ枢機卿は声明でこう述べた。聖職者で同性愛者という「『二重生活』を送る司祭たちは自らの務めを理解していない。彼らは司祭になるべきではなかった」

 今年4月、法王庁のナンバー2に当たるタルチージオ・ベルトーネ枢機卿は訪問先のチリで会見を行い、性的虐待問題と絡めてゲイ聖職者を非難した。「多くの心理学者と精神科医によれば、禁欲と小児性愛は無関係だが、同性愛と小児性愛の関係を示唆する研究は少なくない。だから問題なのだ」

 まるで小児性愛のような「性的逸脱」よりも同性愛などの「性的志向」を問題視しているかのようだ。性的虐待の被害者をサポートする活動家はこうした傾向を批判する。教会は児童への性的虐待の噂があっても事実を隠蔽するのに、ゲイ聖職者に対してはすぐに聖職からの追放を口にする、と。

 レ・マーニ・イン・パスタからそう遠くないトラステベレ地区にある国際神学校には、世界中から入学希望の若者が集まってくる。この学校のある教授によると、彼らの圧倒的多数は性的に活発なゲイたちで、活力あふれるローマのゲイ文化にすぐなじむという。

 世界中にゲイ聖職者が何人いるのか、正確な数は分からない。00年の研究では、アメリカのカトリック司祭の最大60%は同性愛者だとされている。アッバーテによれば、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)でゲイであることを公言している司祭も少なくない。また取材の結果、聖職者は男性コンパニオンやバイセクシュアルの男娼の大切なお得意さまであることも分かったという。

 法王ベネディクト16世は現在、ローマ郊外のカステル・ガンドルフォにある夏季の別荘に滞在中だ。法王庁は当面ゲイ聖職者の件については沈黙を守り、ローマ教区に対応を任せている。

 だが禁欲の誓いを破った司祭を教会から追放しても、おそらく問題は解決しないと、アメリカで人気のカトリック系ブログに執筆している宗教評論家のブライアン・コーンズは指摘する。

「真の問題は教会の秘密主義だ」と、コーンズは言う。「ゲイ聖職者は自ら名乗り出てもらいたいという意見には賛成する。だが今の教会指導部は、そうした正直さを許容するような開放的で安全な環境をつくろうとしていない」

[ニューズウィーク日本版2010年8月11日号掲載]
[PR]

by yupukeccha | 2010-10-04 17:06 | ヨーロッパ  

靖国参拝「カトリック信者なので行かない」と山田農水相

8月10日12時53分配信 産経新聞

 山田正彦農林水産相は10日の閣議後会見で、終戦記念日の15日の靖国神社参拝について、「今までも行ったことはないし、今度も行こうとは思っていない」と述べ、参拝しない考えを示した。

 理由について「特別な理由はないが、カトリック信者なので」と説明した。
[PR]

by yupukeccha | 2010-08-10 12:53 | 政治  

ローマ法王の「イスラム批判」発言

2006年09月26日 朝日新聞
編集委員・川上泰徳

 ローマ法王ベネディクト16世が、イスラム教が暴力に基づいた宗教であるかのような発言をして、イスラム世界の怒りをかっている。

 法王の母国ドイツの大学で行った講義のなかで、14世紀にビザンチン帝国の皇帝がペルシャ人学者との間で、キリスト教とイスラム教の真実について対話をした際に、皇帝が語った言葉を引用した。「(イスラムの預言者の)ムハンマドが新たにもたらしたものを見せてみよ。彼が説いた信仰を広めるために剣を用いることを命じるなど、そこにあるのは邪悪と冷酷だけだ」というものだ。

 さらに、法王は自らの言葉として続けた。「皇帝は暴力を使って信仰を広めることがなぜ、不合理であるかを詳しく説明した。暴力は神の本性とも魂の本性とも相いれないからである。彼(ビザンチン皇帝)は『神は流血を喜ばれない。理性的に行動しないことは、神の本性に反する』と言った。信仰は肉体ではなく、魂から生まれる。人を信仰に導こうとするものは誰であれ、暴力や脅迫ではなく、上手に話し、適切に道理を説く能力が必要だ」

 引用が長くなったが、文脈の中で見ても、法王はイスラム教を暴力的だとする歴史的な発言を持ち出して、それが「神の本性である理性に反する」と批判している。


■イスラムの反発

 これに対して、イスラム世界で、現在最も尊敬を集め、影響力を持つ宗教者の一人で、アラビア語の衛星テレビ、アルジャジーラで宗教の番組を持っているユーセフ・カラダウィ師は、「コーランには『宗教に強制はあってはならない』と記されている」とした上で、「法王は聖なるコーランを読まないでビザンチンの皇帝とペルシャ人の対話を引用し、ムハンマドが剣をつかって布教をするなど暴力と冷酷をもたらしたと語るのは、中傷であり、無知である」と非難した。その上で、「法王は対話の扉を閉じて、新たな十字軍を準備したいのであろうか。我々は法王がすべての宗教と文明に対して、衝突と対立をやめて建設的な対話を呼びかけるよう求める」と訴えている。

 パキスタン議会は「法王の発言はイスラム世界の感情を傷つけた」として、発言の撤回と謝罪を求める決議を採択した。エジプトからパキスタン、インドネシアなどイスラム諸国では法王の発言に抗議するデモも起こっている。

■法王の釈明

 このようなイスラム世界の反発に対して、ローマ法王は釈明した。

「私の講義の中のわずか2、3節について、それがイスラム教徒の感受性を損ねたと見なされ、いくつかの国で反発が起こったことを深く残念に思う。それは中世の文章の引用であって、いかなる意味でも私の個人的な考えではない」

 つまり、イスラム世界は自分の真意を誤解しているというものだが、イスラム世界では法王の謝罪がないことを不満として、批判やデモはなお続いている。

 エジプトのアラビア語メディア「アルマスリ・アルヨウム」のインターネット版によると、イスラム教徒の9割を占めるスンニ派に強い影響力を持つエジプトのアズハル機関(モスク・大学)の総長で、穏健派として知られるタンタウィ師は、「法王はイスラム教徒の感情を傷つけた発言について、率直に謝罪すべきだ。中世のビザンチン皇帝の言葉を引用したことは撤回すべきだ」と語った。

 バチカンの駐カイロ大使館はタンタウィ師に対して、「法王にはイスラムを中傷する意図はない」と説明したが、同師は、法王がビザンチン皇帝の言葉を引用したまま、それに対する自分の留保も意見もつけなかったのは、その言葉を支持していることになるとした上で、「ムハンマドはすべてのイスラム教徒の心の中にある。彼に対する中傷は、すべてのイスラム教徒への中傷とある。どうして、法王はムハンマドが、邪悪をもたらしたなどと言えるのか。なぜ、そんなことを公式の場でいうのか。法王はイスラムに邪悪しか見いださないというのか」と納得しなかったという。

 エジプト最大のイスラム政治組織である「ムスリム同胞団」のアキフ団長は声明の中で、「欧米の世論に影響力を持つ、キリスト教のトップにいる人物から、そのような発言が発せられたことに驚いている」として、発言の撤回を求めた。イスラム教徒に対しては、宗教的な対立につながる破壊活動や扇動はやめるように呼びかけたが、「法王の発言はイスラム教徒の多数にとって、バチカンがイスラム世界に敵対する邪悪な勢力であるイスラエルや米国と同盟関係を結んだと理解されるだろう」と警告した。

■過激派は「聖戦」の呼びかけも

 これまで紹介したイスラム側の批判や反発はいずれも穏健派の反応である。アルカイダなどイスラム世界の過激派は法王を「イスラムの敵」として、信者に「ジハード(聖戦)」を呼びかける。現に、パキスタンの過激派系のイスラム組織ジャマアトダアワは21日に宗教者の会議を招集して、会議後に「イスラムを侮辱した法王は直ちに排除されるべきである」と過激な声明をだした。今後もこの問題をきかっけとして、イスラム教過激派や強硬派がキリスト教施設などを標的にして、暴力的な行動に出ないとも限らない。

 欧州での出来事にイスラム世界が強く反発したといえば、今春、デンマークの新聞が預言者ムハンマドの風刺画を掲載した時を思い起こさせる。このときは、シリアやレバノン、リビアで、デンマーク大使館などが焼き打ちにあうなどの暴力的な騒動になった。

日本から見れば「イスラム教徒は批判に過敏に反発する」という印象があるかもしれない。欧州委員会のスポークスマンは、イスラム諸国の反応について「言論の自由を否定するものだ」と非難した。しかし、キリスト教の最高権威者が「ムハンマドがもたらしたものは邪悪と冷酷」と公式の席で述べたことに対して、イスラム教徒側が批判したり、反発したり、抗議のデモを行うことも、暴力や脅迫を伴わない限り、イスラム教徒側の言論の自由の範囲であろう。比較してみれば分かるが、法王に発言の訂正や撤回を求めているのはいずれも穏健派であり、法王の発言に対して「報復」を煽るのが過激派の立場である。

 ベネディクト16世は法王になる前から、保守派として知られてきた。英国放送協会(BBC)のインターネットサイトによると、90年代半ばに「イスラムは現代生活に適応するのに困難だ」と書き、トルコのEU(欧州連合)加盟に対しては「トルコは異文化に属する」として反対したとされる。さらに法王になった後、法王庁内で、他宗教との対話の責任者で、イスラム世界やアラブ世界との対話に力を入れていた大司教を更迭した。特に前法王のヨハネ・パウロ2世が、シリアのダマスカスにある世界最古のモスク(イスラム礼拝所)を訪問して、イスラム指導者と対話するなど、宗教間の対話を進めただけに、新法王のイスラムに対する強硬姿勢が目立つ。


■法王のイスラム観は?

 今回のベネディクト16世の発言は、法王自身がかなり否定的なイスラム観をもっているのではないかという危惧を抱かせる。問題となったビザンチン皇帝の言葉の引用の後で、法王は皇帝の対話をまとめた宗教学者の言葉を引用して、「イスラムの教えにとって、神は絶対的に超越的だ。神は我々人間のいかなる範畴によっても、たとえ理性によっても縛られることはない」と述べている。講義全体では、キリスト教にとって重要なことは理性に基づく認識であり行動であるとし、文化や宗教の間の対話も理性によって行わなければならないと強調している。その一方で、一度ならず、「イスラム教は理性に反する」という趣旨の言葉を繰り返しており、イスラム教に対して、強硬な姿勢をとることを意図したものではないかとさえ思えてくる。

 ベネディクト16世の「イスラム批判」発言が問題になったころ、講談社学術文庫から9月に出た伊東俊太郎著『十二世紀ルネサンス』という本を手に取った。12世紀前半に当時は欧州よりもずっと先進地帯だったアラブ世界の学術を学んで、故郷の英国に戻って新しい学問の普及につとめたアデラードという大知識人が、当時の欧州の伝統的なスコラ哲学を修めた甥に語った言葉の、次のような引用に出会った。

 「私の方はアラビアの師匠たちから理性に導かれて学んだが、他方あなたの方は権威という外見にとらえられて鼻綱に従っている。一体、権威を鼻綱以外の何とよぶべきだろうか。ちょうど理性を欠いた動物が鼻綱に導かれて、どこへ、どうして連れてゆかれるかも知らずに、ただ自分を縛っている綱だけに従ってゆくように、あなたがたの少なからぬ人々も、この動物的な軽信にとらわれ縛られて、書き手たちの権威によって危険へと導かれているのです」

 『十二世紀ルネサンス』という本は、西欧世界が、文明の先進地だったイスラム世界から新しい科学や学問を取り入れて、自分たちの文化を活性化させた12世紀の文化復興を扱っている。ギリシャで発達した様々な合理的な学問は、西洋では途絶え、イスラム世界がアラビア語に翻訳して受け継ぎ、さらに発展させたとする。12世紀の欧州のルネサンスは、学術書をアラビア語からラテン語に翻訳することから始まったとし、アデラードはギリシャ数学の結晶とされるユークリッド幾何学の原典のアラビア語訳をラテン語に翻訳したことで知られる。新たな西欧とイスラムの理解に目を開かせてくれるような興味深い本だが、12世紀にはイスラム世界こそ「理性的精神」を代表していたことが分かる。

 そのような別の「中世の引用」を読むにつけても、ローマ法王の講義におけるイスラム教のとらえ方が、いかに一面的であるかが分かる。


■信念に基づけば、さらなる危険も

 イスラム教でも当然のことながら、暴力を肯定する考え方や人々もあれば、暴力を否定する考え方も人々もあり、理性的な人々も、そうではない人々もいる。もちろん、暴力を忌避し、理性的に考えようとする人々の方が多い。キリスト教世界も同様であろう。現代はキリスト教世界とイスラム教世界が敵対していた中世とは異なり両世界で暴力を否定し、理性的に考える人々が手をつなぐことで、お互いに暴力を排除し、非理性的思考や行動を抑え込んでいかねばならない。なのに、ローマ法王が、イスラム教世界とキリスト教世界が敵対していた時代のビザンチン皇帝が語った「イスラムは邪悪と冷酷」というイスラム教を攻撃する言葉を敢えて引用したのは、どうも理性的とは思えない。

 いま、欧米とイスラム世界の間では対決ムードが強まっている。アルカイダが関与しているとされる2001年9月の米同時多発テロ以来、欧米ではイスラム教を暴力と結びつけ、脅威とみなす論調や世論が広まっている。逆に、イスラム世界では米国主導のアフガン戦争、イラク戦争を「新たな十字軍」と見て、怒りを募らせている。責任ある立場の法王が、公式の場で、イスラムを暴力的と決めつけるような過去の言葉を無批判に引用したことは、もし、意図せぬものであれば軽率と言わざるをえない。もし、それが法王の信念に基づくものであれば、文明の対決の構図はさらに危険な様相を帯びることになるだろう。
[PR]

by yupukeccha | 2009-09-26 23:59 | ヨーロッパ