タグ:オランダ ( 7 ) タグの人気記事

 

<アフガン>オランダ軍撤退 4年の駐留期間終え

8月2日11時7分配信 毎日新聞

 【ブリュッセル福島良典】アフガニスタンに展開する国際治安支援部隊(ISAF)の一員として同国南部で治安維持にあたってきたオランダ軍部隊が1日、駐留期限を迎え、撤退を開始した。北大西洋条約機構(NATO)加盟国の軍部隊がアフガンから撤退するのは初めて。

 オランダ・メディアによると、オランダ軍部隊は同日朝、アフガン南部ウルズガン州の基地で米軍とオーストラリア軍に指揮権を引き渡し、4年間の任務に終止符を打った。車両や機材などの撤収を担当する部隊を含め12月までに順次、引き揚げる。

 オランダ軍部隊約2000人はアフガン復興支援にも従事してきた。ウルズガン州には文民支援担当者が残り、隣接するカンダハル州の空軍部隊は少なくとも今年末まではとどまる見通しという。

 オランダ軍部隊は06年からウルズガン州に駐留。ISAFを主導するNATOはオランダに来年8月までの駐留延長を求めたが、延長を巡る閣内不一致でバルケネンデ政権が今年2月に崩壊したため、当初予定通りに撤退が開始された。

 ウルズガン州は武装勢力タリバンとの激戦地の一つ。4年間の駐留期間中、タリバンとの戦闘などでオランダ兵24人が死亡、140人が負傷した。
[PR]

by yupukeccha | 2010-08-02 11:07 | 中東  

オランダ、FIFAに激怒=ビール宣伝めぐり女性拘束

2010/06/17-07:05 時事通信

 【ヨハネスブルクAFP=時事】サッカーのワールドカップ(W杯)南アフリカ大会で14日に行われた1次リーグ、オランダ-デンマーク戦の最中、国際サッカー連盟(FIFA)の公式スポンサーではないオランダのビール会社の宣伝パフォーマンスを観客席で行った疑いで、オランダ人女性2人が一時、南ア当局に拘束される事件が起きた。オランダのフェルハーヘン外相は16日、拘束に踏み切った南ア当局とFIFAの対応を「ばかげている」と批判する声明を発表、怒りをあらわにした。

 問題のパフォーマンスには、オランダのシンボルカラーであるオレンジ色の半袖シャツ・ミニスカートに身を包んだ金髪女性36人が参加していた。衣装は、オランダのババリア・ビール社が製品のおまけに付けているもので、FIFAは公式スポンサーでない企業がスタジアム内で違法な宣伝活動を行ったと判断。連携している南ア警察は、宣伝パフォーマンスを組織した疑いで2人を拘束した。W杯公式ビールはバドワイザーであり、FIFAはその利益を断固守る決意を示した。

 拘束された2人は16日、それぞれ1万ランド(約12万円)を払って保釈されたが、フェルハーヘン外相は「サッカー・スタジアムでオレンジ色のドレスを着たというだけで拘束されるというのはばかげている。違法な営業・宣伝を問題にするのなら、まず関与した企業を相手に法的手続きを取るべきだ」と反発した。
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-17 07:05 | スポーツ  

シー・シェパード船籍剥奪、オランダが「困難」

3月16日5時4分配信 読売新聞

 【シンガポール=岡崎哲】オランダ政府筋は15日、日本の捕鯨船団への妨害活動後、豪南部ホバートに停泊している米反捕鯨団体シー・シェパードの主力船スティーブ・アーウィン号(オランダ船籍)について、日本が要請していた船籍剥奪(はくだつ)は困難との見解を明らかにした。

 日本政府にも外交ルートで伝えたという。

 オランダのバルケネンデ政権は1月、船籍剥奪を可能にする船籍関連法改正案を議会に提出したが、2月に政権が崩壊し、法案成立が「不透明な情勢になった」(同筋)のが理由という。

 スティーブ・アーウィン号は15日、禁輸の是非が論議されているクロマグロ漁を妨害するため、地中海に向けて出航した。
[PR]

by yupukeccha | 2010-03-16 05:04 | ヨーロッパ  

第2昭南丸乗組員を告訴 「海賊行為」と米環境団体

2010/01/09 00:32 共同通信

 【ブリュッセル共同】南極海で日本の調査捕鯨団の監視船、第2昭南丸と米環境保護団体シー・シェパードの抗議船アディ・ギル号が衝突した問題で、シー・シェパードは8日、「海賊行為」の疑いで、第2昭南丸の乗組員をオランダ司法当局に告訴した。

 オランダのメディアによると、シー・シェパードの弁護士はオランダで告訴した理由として、ギル号にオランダ人が乗っていたことや、シー・シェパードの母船スティーブ・アーウィン号がオランダ船籍であることを挙げ「オランダには昭南丸の乗組員を裁く権利がある」と主張している。

 同弁護士は、第2昭南丸は公海上で「暴力」を用いてギル号に損傷を与え、オランダ刑法が定める「海上での強奪、海賊行為」に当たると主張。衝突の状況は「すべて映像に記録してあり、証拠は十分にある」と述べた。シー・シェパード側は、ギル号の損害賠償も求める構えだ。

 一方、調査捕鯨を行う日本鯨類研究所は、ギル号が衝突してきたとしており、水産庁によると、救難信号は発信されなかったという。
[PR]

by yupukeccha | 2010-01-09 00:32 | ヨーロッパ  

捕鯨妨害なら船籍剥奪、オランダが法改正へ

2009年12月10日14時34分 読売新聞

 【ブリュッセル=尾関航也】米国の反捕鯨団体「シー・シェパード」による日本の調査捕鯨妨害問題で、同団体の抗議船「スティーブ・アーウィン号」の船籍国であるオランダ政府は、抗議船の船籍剥奪(はくだつ)へ向けた船籍法改正案を来週にも国会に提出する方針を固めた。


 日本政府の要請に応えたもので、過激な抗議活動に歯止めをかける狙いがある。

 オランダ運輸省報道官によると、法案は年末年始の国会休会前の提出を目指して最終調整が行われており、上下両院の審議を経て来春成立する見通しだ。

 オランダ出身の同団体幹部が船籍登録したスティーブ・アーウィン号は、今年2月、日本の捕鯨船への体当たりや、薬品入りの瓶を投げつけるなどの危険な抗議活動に使用された。法改正により、これまで海賊行為などに限られていた禁止行為の範囲が広がり、こうした妨害活動も船籍剥奪の対象となる。

 船籍を剥奪された船は自由航行の権利を失い、不審船として各国当局の摘発を受ける。ただ、調査捕鯨は例年12~3月に行われており、現在、日本の船団と同団体の抗議船2隻がすでに南極海の漁場に向かっている。法改正は、今季の妨害活動を阻止するには間に合わない可能性もある。

 ◆シー・シェパード=「世界の海洋野生生物の虐殺の終焉(えん)」を掲げ1981年に設立。調査捕鯨船団に対する過激な抗議活動を繰り広げ、日本の警視庁は一連の活動を「テロ犯罪」と認定し、昨年9月、活動家3人を国際手配した。
[PR]

by yupukeccha | 2009-12-10 14:34 | ヨーロッパ  

女王ら殺傷未遂で捜査 オランダ、38歳の男

2009.5.1 10:14 産経新聞

 オランダ王室の宮殿がある東部アペルドールンで4月30日、ベアトリックス女王ら王族が乗ったパレード中のバスに車を衝突させようとして、群衆を殺傷した男について、捜査当局は殺人、傷害、王族に対する殺傷未遂などの容疑で捜査を開始した。負傷者13人のうち1人が死亡し、死者は計5人になった。

 男は38歳のオランダ人。地元メディアによると、最近、失業し、住居からの退去を通告されていたという。男が乗った車は進入禁止のバリケードを壊し、女王らのバスに突進。沿道の人々を殺傷し、石像の土台に衝突して止まった。男は重傷を負い、病院に搬送された。

 この日はユリアナ前女王の誕生日を記念する休日で「女王祭り」のパレードが毎年、行われている。各地に掲げられていた国旗は半旗に変わり、ベアトリックス女王は「お祝いの日が深い悲しみの日になってしまった」と述べた。(共同)
[PR]

by yupukeccha | 2009-05-01 10:14 | ヨーロッパ  

捕鯨妨害 条約に基づいて通報 反捕鯨国にも捜査協力義務

3月6日2時24分配信 産経新聞

 米国環境保護団体シー・シェパード(SS)が日本の調査捕鯨に対して暴力的な妨害行為を繰り返している問題で、日本政府が海洋航行不法行為防止条約(SUA条約)に基づき、SSの妨害行為を犯罪として国際海事機関(IMO)に通報していたことが5日、分かった。SS活動家3人を名指ししており、同条約に基づく政府の通報は初めて。

 SUA条約では、船舶の海洋航行を妨害する暴力犯罪の容疑者について通報があった場合、各国に処罰などを求めている。捕鯨妨害の容疑者が滞在している国は、自国の当局に捜査させるか、容疑者を日本へ引き渡すことが義務づけられる。

 外務省によると、条約に基づく通報対象となったのは、平成19年2月にSSが起こした捕鯨妨害。この事件をめぐっては、SS活動家らが捕鯨船のスクリューにロープを絡ませたほか、発煙筒を投げ込むなどの妨害を行った疑いがもたれている。

 名指しされたのは、この妨害で警視庁が国際手配した4人のうち米国人ら3人。いずれも日本の捜査権が及ばない国外にいることなどから逮捕されていないが、通報を受けて、条約の締約国は3人の逮捕などへの協力義務が生じたことになる。

 SSは米国のほか、抗議船の船籍があるオランダ、活動拠点があるオーストラリアに多くのメンバーがいるとされる。
[PR]

by yupukeccha | 2009-03-06 02:24 | アジア・大洋州