タグ:インド ( 25 ) タグの人気記事

 

インドの聖地、2つの宗教に分割判決 対立再燃も

2010年10月1日1時45分 朝日新聞

b0161323_1523139.jpg 【ニューデリー=武石英史郎】ヒンドゥー教徒とイスラム教徒が所有権を主張し合い、宗教対立の火種となっているインド北部アヨディヤのモスク跡地をめぐり、同地に近いラクノウの高裁は30日、ヒンドゥー側が3分の2、イスラム側が3分の1を分割所有するよう命じる判決を言い渡した。判決をきっかけに対立が再燃する可能性があり、インド政府は全土で警戒態勢を敷いている。

 アヨディヤには、ムガール帝国時代の16世紀に建造されたモスクがあった。しかし、ヒンドゥー教徒は、叙事詩「ラーマーヤナ」の主人公ラーマ神(最高神ビシュヌの化身)が生まれた聖地だと主張。1950年以降、双方が所有権の確認を求めて民事訴訟を起こしていた。訴訟が長期化する中、ヒンドゥー原理主義者が92年、モスクの破壊を強行。それをきっかけに全土で宗教暴動が起き、2千人以上の死者を出した。

 判決は考古学的調査を基に、ヒンドゥー寺院の廃虚の上にモスクが建設されたと認定したうえで、ヒンドゥー教とイスラム教の団体にそれぞれ3分の1、聖地の核心部を含む3分の1をラーマ神という神格に分け与えるとした。

 判決後、ヒンドゥー原理主義団体は「ラーマ神の生誕地と認定された。壮大な寺院を再建しよう」と歓迎。イスラム側は判決への評価を避けつつ、最高裁に上告する意向を明らかにした。

 宗教対立の再燃を懸念する政府は、アヨディヤがあるウッタルプラデシュ州に約20万人の治安要員を動員。過去に大規模な暴動が起きた西部ムンバイでは、判決前に約7千人を予防拘禁した。扇動的なメールの送信を警戒して、全土で携帯電話メールの大量送信サービスを停止した。
[PR]

by yupukeccha | 2010-10-01 01:45 | アジア・大洋州  

ゲイツ氏らの慈善夕食会 出席に及び腰 中国の資産家

産経新聞 9月7日(火)18時21分配信

 【北京=川越一】米マイクロソフトの創業者、ビル・ゲイツ氏と著名投資家のウォーレン・バフェット氏が今月下旬、北京で催す慈善夕食会に招待された中国の資産家50人の多くが出席を躊躇している。「多忙」を口実にしているが、両氏が進める寄付活動への賛同を求められることに対する警戒感が根底にある。

 両氏は今年6月、米国を代表する大富豪に、さまざまな社会問題を解決するため資産の半分以上を慈善事業に寄付することを呼びかける活動を始めた。すでに40人が寄付を表明。ウェブサイト上で公表された賛同者には、総合情報通信社ブルームバーグの創業者で現ニューヨーク市長のマイケル・ブルームバーグ氏や映画監督のジョージ・ルーカス氏も含まれている。

 急速な経済成長を遂げる中国やインドの富豪にも賛同を呼びかけていくとしていたことから、慈善夕食会は、中国の資産家に米国の大富豪と同様に寄付を誓約させることが目的との憶測が広がった。中国屈指の慈善家として知られるリサイクル会社経営者の陳光標氏は、両氏にあてた公開書簡で、全財産を死後、慈善団体に寄付すると発表したが、こうした例はまれだ。

 環球時報(英語版)によると、中国の資産家は寄付したことを報じられることを避ける傾向がある。資産を有していることが知れ渡ると、寄付を引き出そうとする輩が群がってくる恐れがあるからだ。

 貧富の差が著しい中国では、資産家は役人と並んで嫉妬や反感の標的にもなっている。長者番付のトップ50に入ったことのある資産家のうち17人が不正行為で有罪となり、「金持ち」と呼ばれることはトラブルの元になるという声もある。

 大災害が発生するたびに寄付額が公表され、著名人に善意を強要をする風潮が定着している中国。米国流の「チャリティー」の概念を根付かせるのは、ゲイツ氏といえども一筋縄ではいかないようだ。
[PR]

by yupukeccha | 2010-09-07 18:21 | アジア・大洋州  

拡大続くインド新聞業界 経済成長でメディア時代へ

産経新聞 9月7日(火)7時57分配信

【ルピーの世界】

 世界中の新聞業界が生き残りをかけて苦戦するのを横目に、インドの新聞業界は拡大基調を維持している。2008年秋のリーマン・ショックを契機とした世界的な経済不況にもかかわらず、いまや日刊紙の発行部数は世界最大の中国に迫る1億を超え、新たな日刊紙の創設も相次ぐ。高成長と識字率上昇などで新たな購読者層が増えており、13年まで年平均9%増のペースで拡大し続けるとの予測も出ている。

[表でみる]どうなる新興2大国 2010 中国&インド

 ◆発行部数1億超に

 インド情報・放送省が毎年発表するまとめによると、07年度末現在、政府登録の日刊紙は06年度から229紙増えて、過去最高の2566紙に達した。発行部数は約1億579万2000部で前年度比7%増だった。

 発行部数を言語別にみると、最も多いのがヒンディー語(1248紙)で約5000万部、続いて英語(263紙)で1514万部、ウルドゥー語(283紙)で約901万部となっている。残りは、この3公用語以外の22以上の公用語・言語で発行されている。

 経済成長に伴って、新聞を購入できる金銭的余裕を持つ人々が増え、なおかつ識字率が上昇していることもあり、インターネットが先進国ほど普及していないインドでは、新聞のニーズはまだまだ高い。

 人口が12億であることを考慮すれば、日刊紙の発行部数が1億を超えたとしても、それほど大きな数字ではないことから新聞業界の拡大は確実視されている。

 ◆激化する読者争奪

 「インドの新聞業界はまだまだ潜在力がある。国が経済成長を続けているし、広告費も経済成長を反映するようになってきたばかりだ」。インドで最大発行部数(266万部)を持つヒンディー語日刊紙「デイニック・ジャーグラン」の編集長、サンジェイ・グプタ氏はこう語り、展望の明るさを強調する。

 同氏は「うちの新聞の制作費は恐らく産経新聞の4分の1でしょう」と語った上で、インドはインフラ、人件費、制作費の低いことが、先進国と大きく異なり、この点が強みだと指摘する。

 また、インターネットやテレビによる脅威はあるものの、インドの新聞購読者は戸別宅配がほとんどで、「一般家庭は朝6時に起きて午前10時ごろの出勤までに新聞を読む。パソコンを持っている家庭は多くないから、ネットでニュースチェックもできない」と説明する。

 同紙は既存の新聞の買収を積極的に行うことで規模の拡大を図ってきた。

 現在、11州に29の印刷工場を持つ。特に、北部ウッタルプラデシュ州、東部ビハール、ジャルカンド州など貧困州での識字率上昇が同紙の読者層拡大にもつながっているようだ。

 だが、経済成長が著しい地域で新規参入が相次いでいることから競争は激化する一方。同紙の読者は09年4~6月期に20万人の新規読者を得たものの、同年7~9月期には別の新聞に50万人の読者を奪われた。背景には、新規の新聞が粗品や特典攻勢で読者を奪っているほか、安価な広告料で広告を獲得していることがある。デイニック・ジャーグラン紙のような大手でさえ、こうした動きに対抗するため、今後ぺージ増、値下げなどを検討せざるを得ないという。

 ◆ネットで“欧米化”も

 依然として新聞を情報収集の重要な手段としてとらえる傾向が強いインドでは、安くて豊富な人手を武器にした戸別勧誘が有効な読者獲得の手段だ。しかし、そのインドでも近い将来、こうした“伝統的な手法”が通用しなくなる可能性がある。

 加速するテレビやネットの普及で、都市部や都市部に準じた生活レベルの地方の生活パターンがじわじわと欧米化しつつあるためだ。クリケットの試合結果やニュースを携帯電話でチェックする人も増えており、多くの新聞はネット版の拡充にも余念がない。日米欧のようにネットが新聞の収益を圧迫する日が来るのもそう遠くはないかもしれない。

 「読む価値があり、読者が20分で読み終える新聞を目指す」。ネット、ライバル紙など他メディアとの競争に打ち勝つ戦略をこう明かすグプタ氏も、インドの新聞市場にマッチした新聞作りへの模索を続けている。

 経済成長とともに本格的な「メディア時代」に突入したインドの新聞業界。それは同時にインドの新聞業界が生き残りをかけた戦国時代に入ったことを意味する。(ニューデリー 田北真樹子)
[PR]

by yupukeccha | 2010-09-07 07:57 | アジア・大洋州  

新型耐性菌、欧米で急増…ベルギーで死者 インド・パキスタン発生源か

2010年8月17日 読売新聞

 【ロンドン=大内佐紀】インドとパキスタンが発生源とみられ、抗生物質がほとんど効かない新たな腸内細菌に感染した患者が、両国のほか、欧米諸国でも急増し、17日までに、ベルギーで1人の死亡が確認された。

 英医学誌ランセットは世界的な感染拡大につながる恐れがあるとして、対策を呼びかけている。

 AFP通信によると、死亡したベルギー人はパキスタンを旅行中、自動車事故に遭い、同国の病院からブリュッセルの病院に移送されたが、すでに新型耐性菌に感染していたという。

 新型耐性菌は「NDM1」という新しく確認された遺伝子を持ち、抗生物質への耐性が著しく高く、「スーパー細菌」の俗称がついている。感染すると、菌や菌の毒素が全身に広がって臓器に重い炎症を起こし、致死率の高い敗血症などになる恐れもある。ランセット誌は、英国で37人の感染者が確認されたとし、AP通信によれば、オランダ、スウェーデン、米国、オーストラリアなどでも感染が確認されている。

 同誌は、感染経路について特に、「インドには、欧州や米国から美容整形を受けに行く人が多い」と言及している。
[PR]

by yupukeccha | 2010-08-17 23:59 | ヨーロッパ  

スーパー細菌は「SARSほどの脅威はない」=伝染病の専門家が指摘―広東省

8月17日17時31分配信 Record China

2010年8月14日、抗生物質に対する耐性が著しく高い「スーパー細菌」と呼ばれる新種の細菌について、広東省の著名な伝染病専門家が「SARSや新型インフルエンザほどの脅威はない」と指摘した。15日付で南方日報が伝えた。

記事は、英医学誌ランセットからの情報として、「スーパー細菌」と呼ばれる「ニューデリー・メタロベータラクタマーゼ1(NDM-1)」はインド、パキスタンが発生源と見られ、両国のほか欧米諸国を中心に感染者は170人にまで広がり、死者も確認されたと報じた。香港でも昨年10月、インド籍の男性(66)からNDM-1が検出されたが、すでに退院しているという。患者の多くは費用が安い美容整形手術を受けるため、インドやパキスタンに旅行に行っていた。一方、インドは発生源とされたことに強い不満を表明している。

これに対し、広東省疾病コントロールセンター流行病研究所の何剣峰(ホー・ジエンフォン)所長は、「報道には誤りがある。これは新種の細菌ではなく、新種の薬剤耐性遺伝子だ。一種の酵素で大腸菌と肺炎桿(かん)菌という2種類の細菌に出現する」と述べた上で、「『スーパー抗生剤』と呼ばれるバンコマイシンなら効くはずだ。全く対応策がない訳ではない」と指摘した。

また、NDM-1の脅威について、「SARSや新型インフルエンザのような人類を直接攻撃する新型ウイルスではない」とし、それほど大騒ぎをするほどのことではないとの見方を示した。
[PR]

by yupukeccha | 2010-08-17 17:31 | アジア・大洋州  

強力な多剤耐性菌が拡散=インド・パキスタンから-初の死者、監視訴え・国際チーム

2010/08/17-00:07 時事通信

 抗生物質がほとんど効かなくなる遺伝子を持つ多剤耐性菌がインドやパキスタンで広がり、両国に旅行して感染する例が増えていると、インド・マドラス大や英健康保護庁(HPA)などの国際研究チームが16日までに英医学誌ランセット電子版に発表した。

 AFP通信によると、パキスタンで交通事故に遭い、入院した際にこの耐性菌に感染したベルギー人男性が帰国後の6月に死亡。最初の死者と報じられた。インドなどで治療を受けた際に感染した人は英国やオーストラリアでも見つかった。

 この遺伝子は「ニューデリー・メタロベータラクタマーゼ1(NDM-1)」と呼ばれる酵素を作る働きがあり、大腸菌や肺炎桿(かん)菌などさまざまな細菌に広がっている。研究チームは、NDM-1遺伝子を持つ細菌が世界各地に拡散する可能性が高く、各国当局が協力して監視する必要があると指摘している。

 研究チームによると、この遺伝子は細菌が染色体とは別に持つ小さな環状DNA「プラスミド」にあるため、細菌から細菌へ移りやすい。多剤耐性菌によく使われる「カルバペネム系抗生物質」が効かないことが、懸念を高める要因となっている。


新種の細菌感染が拡大 ベルギーで初の死者
2010年8月16日 21時08分 共同通信

 【ブリュッセル共同】インド、パキスタンが発生源とみられ、ほとんどの抗生物質が効かない新種の細菌に感染した患者が欧州などで増えており、ベルギーで16日までに最初とみられる死者が確認された。欧米メディアによると、英国、フランス、ベルギー、オランダ、ドイツ、米国、カナダ、オーストラリアで感染が確認され、今後さらに拡大する恐れがあるという。
[PR]

by yupukeccha | 2010-08-17 00:07 | 社会  

インド、「NDM-1」とインドとの関連に反対

2010-08-13 14:42 中国国際放送

 インド衛生省は12日に声明を発表し、一部の西側メディアが最近、新しく現われたNDM-1(New Delhi Metallo-1)と呼ばれるメタロβラクタマーゼタイプウィルスをインドと関連付けたことに強く反対し、「インドでは、いま、いかなる病気の脅威も全くなく、インドへの医療観光は非常に安全だ」と強調しました。

 声明はまた、「一部の西側メディアは不完全な症例報告書によって、原因不明の病気をインドと結びつけた。これは誤まったやり方で、非常に不公平だ。インドの首都ニューデリーの名前をこの病気に使用したことに強く反対する。インドの医療機関はインドで医療観光する外国人患者に、優れた医療や保健のサービスを提供し、このような病気の脅威はまったくなく、インドで観光したり治療を受けたりすることは非常に安全だ」としました。

 同じ日、インド衛生省医薬研究局のカトシ局長はニューデリーで記者のインタビューに対し、「このような症例はいくつかの国に現われているもので、西側諸国からの観光客がウィルスをインドに持ち込んだ可能性もある。いま、インドの医療機関はウィルスの感染ルートの研究に取り組んでいる」と語りました。

 11日に発行されたイギリスの医学雑誌「ランセット」によりますと、いま、新しい病気が一部の国で広がっています。西側諸国の医学専門家は、この病気を誘発する細菌の中に特別なたんぱく質が存在しており、それを「メタロβラクタマーゼタイプ」と言い、NDM-1と略称で表しています。多くの感染者はインドやパキスタンで観光したり、治療を受けた経験があるため、研究者は「NDM-1」ウィルス源はインドにあると見ています。報道によりますと、この新しいウィルスは飲用水を通して体内に入り、腸の感染症を誘発します。ほとんどすべての抗生物質に耐性を持ち、死亡率が非常に高いということです。
[PR]

by yupukeccha | 2010-08-13 14:42 | アジア・大洋州  

アジア、今年は7.9%成長 開銀が見通し上方修正

2010年7月20日11時36分 朝日新聞

 【ニューデリー=高野弦】アジア開発銀行は20日、日本やオーストラリアなどの先進国を除くアジア・太平洋地域の今年の経済成長率予想を、今年4月公表の7.5%から7.9%に上方修正した。東南アジアを中心に、輸出、投資、消費がともに速いペースで回復しているためという。

 東南アジアが、4月予想の5.1%から6.7%へと大幅な上方修正となった。輸出の好調なシンガポールが大きく上ぶれした。政治的混乱の続いたタイも「年末にかけて観光業の回復が期待される」として、2億人以上の人口を抱えるインドネシアも「強い内需」を理由に、それぞれ上方修正された。中国、インドは従来予想で据え置いた。

 2011年の成長率は、世界経済の不透明さや、急激な資本流入に伴う通貨高などのリスクがあるとして、従来通りの7.3%にとどめた。

 アジア開発銀行は、好調な東アジアと東南アジアについて、「一部の例外を除き、景気刺激策を解除する時期がきている」とし、政策金利の引き上げや、人民元の上昇などを促した。

     ◇

■2010年の経済成長見通し(%)

【東南アジア】

シンガポール 12.5(6.3)

タイ      5.5(4.0)

マレーシア   6.8(5.3)

インドネシア  6.0(5.5)

フィリピン   5.0(3.8)

【東アジア】

中国      9.6(9.6)

香港      5.4(5.2)

韓国      5.5(5.2)

台湾      5.9(4.9)

【南アジア】

インド     8.2(8.2)

(カッコ内は4月時点の予想)


アジア新興国の成長率見通しを上方修正=ADB
2010年7月20日 朝日新聞

 [マニラ 20日 ロイター] アジア開発銀行(ADB)は、アジア新興国・途上国と地域の2010年経済成長見通しを修正した。アジア・エコノミック・モニターでADBは、東アジア経済の景気回復は底堅いとし、財政・金融面での異例の刺激策は徐々に解除されるべきとの見解を示した。

 中国の通常政策転換にあたっては、人民元を「国内経済状況に応じた適切な上昇ペースにすべき」とした。

 ソブリン債危機が世界的な景気回復に影を落としており、アジア地域への外部要因は一段と不透明になっているが、「東アジアの新興国は、底堅い内需が輸出回復を補って地域全体の成長を支持しており、景気回復軌道にある」と指摘した。 

 ADBによると、第1・四半期の経済成長は力強い一方、インフレは全般に上昇しているが、比較的低水準で制御可能。リスク要因としては、先進諸国の景気回復の途絶、不安定な資本フロー、不適切な政策ミックスや意図しない政策ミスをあげた。 
[PR]

by yupukeccha | 2010-07-20 11:36 | アジア・大洋州  

インド通貨ルピー 記号決定

2010.7.16 01:11 産経新聞

 インド政府は15日、同国の通貨ルピーを示す記号を閣議決定した。インドの経済発展に伴い、$(ドル)、¥(円)などのように、国際的通貨として存在感を高めていくことを狙う。

 記号はアルファベットの「R」から、Rの左の縦線を省き、横に二本線を加えた。

 3000以上の応募作品から、インド工科大(IIT)准教授の案が採用され、賞金25万ルピー(約50万円)が贈られた。(ニューデリー 田北真樹子)


これからは一文字で インドのルピーに通貨記号
2010年7月16日23時42分 朝日新聞

b0161323_1564458.jpg 【ニューデリー=高野弦】インド政府は15日、通貨ルピーの通貨記号をつくった、と発表した。国際的にインド経済の影響力が強まっていることから、米ドル($)、英ポンド(£)、円(¥)のように一文字で表せる記号が必要と判断した。

 同じ「ルピー」(表記はRs)を通貨単位に使うパキスタンやネパール、スリランカとの差別化をはかるねらいもある。

 新通貨記号は、英語の「R」と、似たような発音のヒンディー語の文字をかけあわせてデザインした。普及させるため、ルピーと打てばこの記号が出るようにコンピューターソフト会社に働きかける予定。
[PR]

by yupukeccha | 2010-07-16 01:11 | アジア・大洋州  

「70年間飲まず食わず」 世界注目のインド・ヨガ聖人を直撃

7月13日21時4分配信 産経新聞

b0161323_167345.jpg 70年以上、飲食や排泄(はいせつ)をせずに生きているとして、インド国防省の研究機関が身体のメカニズム解明のために調査し、世界中の関心を集めているヨガ聖人、プララド・ジャニ氏(83)。インチキ説も根強いが、多くの人々から生き神のような存在として崇拝されているジャニ氏とはいったいどんな人物なのか。ジャニ氏が暮らす寺院を訪れた。(インド西部グジャラート州アンバジ 田北真樹子)

 グジャラート州アーメダバードから北に車で約3時間。巨大な岩が折り重なる丘の斜面に建つ赤い寺院が現れる。そこに住むジャニ氏は予知能力や病気を治す力があるとして、多くの信者を抱え、毎週日曜には数千人の参拝客を迎える。この日も長蛇の列だった。

 寺院の大広間に、ブランコに横たわって信者にリンゴを手渡すジャニ氏がいた。静かな老人だと思っていたら突然、側近の男性を怒鳴りだした。かんしゃく持ちは有名だという。ジャニ氏に側近が「日本のメディアです」と耳打ちすると、即座にブランコの上で正座し、胸の前に両手を合わせ迎えてくれた。動作は驚くほど敏速だ。

 ジャニ氏は男性なのに、信者からはヒンディー語で「母」の尊称である「マタジー」と呼ばれる。本人によると、体の半分はヒンズー教のシバ神(男性)で、もう半分はアンバ神(女性)だとか。顔は老人だが、雰囲気は子供のよう。女性的な衣装や装飾品をまとった身長140センチほどの小さな体はきゃしゃだ。

 ジャニ氏に、世界中が疑惑の目を向けているとぶつけた。すると「実際にここに来て私に会ってから判断してもらいたい」と、グジャラート語で穏やかに答えた。なぜ飲食も排泄もせず生きられるのか、と聞くと「強靱(きようじん)な肉体は神から与えられた贈り物だ」と淡々と答え、「人々が私のことを知って、信じてくれることはうれしい。それによって、さらに多くの人々を助けることができる」と語った。

 ジャニ氏はグジャラート州に住むカースト最上級層バラモンの家に生まれた。幼少のころ、父親と移り住んだ西部ムンバイで、女神アンバから、苦労しないように、と飲食や排泄をせず生きる力を与えられたという。8歳か9歳のころからヒマラヤに移りヨガの修行を積み、約50年前からアンバジでジャングル生活を送っていた。

 信者によると、ジャニ氏は毎朝4時には起床し、近くのアンバジ寺院で祈りをささげた後、かつて洞窟(どうくつ)だった自分の部屋を清掃したり、日光浴をしたりして時間を過ごし、長時間の瞑想(めいそう)に入るという。

 ジャニ氏は今年4月22日から15日間、アーメダバードの病院に入院し、国防省の研究機関の医師団による検査を受けた。目的は、ジャニ氏の身体メカニズムを解明し、厳しい環境下で兵士が生き延びる方策に応用すること。貧困者の餓死対策になるとの期待もある。

 病室は監視カメラと医師団に24時間監視された。水に接したのは水浴びとうがいのときのみ。うがいの水を飲んでいないかなどもチェックされた。

 実はジャニ氏への最初の調査は1942年だったという。2度目は2003年で、この時の医師団は10日間、飲食や排泄をしなかったことを確認した。

 最新の調査では、ゲノム(全遺伝情報)にまで幅を広げ、謎の解明に重点が置かれた。結果が出るまで数カ月を要するという。謎が医学的に解明されれば、「私のもっている力で人類を救えればうれしい」というジャニ氏の願いは実現するかもしれない。
[PR]

by yupukeccha | 2010-07-13 21:04 | アジア・大洋州