タグ:イタリア ( 13 ) タグの人気記事

 

チャイナ・マフィアを一斉摘発、2900億円押収=イタリア

6月29日18時24分配信 サーチナ

 イタリア財務警察は現地時間28日、違法行為をおこなう「チャイナ・マフィア」の一斉摘発を行った。コードネームは「大中華行動」で、警察官1000人を動員して中国人17人とイタリア人7人を逮捕、資金27億ユーロ(約2930億円)を押収した。中国のインターネットメディア「解放牛網」などが報じた。

 イタリアにおける「チャイナ・マフィア」は現地の犯罪組織と結託して、違法な工場経営などを行うケースが多い。財務警察は一斉捜査で「73社」を封鎖した。その他、不動産物件181件、自動車166件を差し押さえた。

 逮捕者は、マネーロンダリング(資金洗浄)、脱税、組織的な不法入国の斡旋(あっせん)、売春など、さまざまな違法行為を自供した。工場経営にともなう違法行為では、知的財産権の侵害も目立ったという。財務警察は、偽ブランド品78万件を押収した。また、134人を取り調べ中という。

 現地報道によると、イタリアの「チャイナ・マフィア」メンバーは浙江省の温州市出身者が大部分。

Links: 出身地でわかる中国人
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-29 18:24 | ヨーロッパ  

「地震予知失敗」で逮捕? イタリア検察、専門家を捜査

2010年6月5日14時41分 朝日新聞

 【ローマ=南島信也】300人以上が犠牲になった昨年4月のイタリア中部地震で、国の専門委員会が地震予知に失敗したことで被害が拡大したとして、被災地ラクイラの検察当局は4日までに、専門家ら7人に対して過失致死の疑いで捜査を開始した。

 地震予知の研究は各国で進められているが、現段階では正確に予知することは極めて難しい。予知できなかったことで刑事責任を問われれば、各国の研究者にも大きな影響を与えることになりそうだ。

 ラクイラ付近では2008年12月以降、地震が頻発。そのため政府の災害対策機関「民間防災局」の専門委員会が地震学者らと協議。09年3月31日に地元自治体などに対し、大地震発生に結びつくものではないと報告した。地元の研究者が同時期にインターネットのサイト上で「警告」を発していたが、政府は「パニックを引き起こす」として削除させていた。しかし、4月6日未明にマグニチュード6.3の地震が発生した。

 捜査対象になっている国立地球物理学地震学研究所のエンゾ・ボスキ所長は昨年4月の大地震発生直後、朝日新聞のインタビューで「建物の耐震基準が守られていれば、犠牲者はもっと少なかっただろう」と語り、違法建築が被害拡大の原因と指摘。同研究所のアレッサンドロ・アマト局長は今月4日、取材に対し「遅かれ早かれ大きな地震があることは分かっていた。だが我々はそれが1時間以内なのか1年以内なのか予知する方法はなく、避難命令を出す客観的理由はなかった」と話している。
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-05 14:41 | ヨーロッパ  

マセラティ日本法人設立 コーンズから輸入権取得

5月11日12時43分配信 産経新聞

 伊高級車メーカーのマセラティSpAは11日、日本法人「マセラティジャパン」(東京都港区)を設立したと発表した。1997年以降、輸入販売を行っていたコーンズ・アンド・カンパニー・リミテッド(同)から12月末に輸入権を取得、来年1月から業務を開始する。コーンズはディーラー契約に移行する。

 両社の共同記者会見で、マセラティのシモーネ・ニコライ・アジアパシフィック代表は「今回の決定は戦略的に重要な市場に子会社を置くマセラティ社のグローバル戦略の一環」と述べた。景気低迷の中、2009年度の日本市場で同社は世界販売の7・3%にあたる331台を販売。世界第4位の市場を維持した。

 07年以降、輸入権の移行についてコーンズと協議しており、日本市場に関する調査も終えたことから4月5日に日本法人を設立。社長にはマセラティの日本統括マネジャーだったファブリッツィオ・カッツォーリ氏が就任した。

 世界販売における日本のシェアを7・3%から10%に高める考えだ。
[PR]

by yupukeccha | 2010-05-11 12:43 | 経済・企業  

ベルルスコーニ伊首相が集会で襲われる、全治15日のけが

12月14日12時22分配信 ロイター

b0161323_9112562.jpg [ミラノ 13日 ロイター] イタリア当局は13日、街頭演説を終えたベルルスコーニ首相(73)が42歳の男に襲撃され、鼻や歯を折り顔面から出血するけがを負って病院に運ばれたと発表した。男は、同首相にミラノの大聖堂のミニチュア模型を投げ付けたという。

 テレビの映像は、ベルルスコーニ首相がミラノ中心部の集会で数千人の聴衆を前に熱弁を振るった数分後、唇や歯、あごに血を付けた姿で側近たちによって車に押し込まれ、急いで現場を立ち去る様子を映し出した。

 地元通信社ANSAによると、同首相は病院に搬送される途中も「私は大丈夫だ」などと繰り返しており、初期的なレントゲン検査の結果、失血と歯2本が折れたことが確認された。

 主治医によると、ベルルスコーニ首相のけがは全治15日間で、経過観察のため少なくとも1晩は入院する予定。

 警察は、至近距離から首相に大聖堂の模型を投げ付けた疑いで、容疑者の男の身柄を拘束したと発表。ANSAによると、男は精神疾患により、過去10年間にわたる治療歴がある。
[PR]

by yupukeccha | 2009-12-14 12:22 | ヨーロッパ  

ローマでまたぼったくり被害? 記念撮影で2600円請求

2009/10/15 21:32 共同通信

 【ローマ共同】ローマの観光名所コロシアム前で14日、日本人観光客の男性(23)と友人が、古代ローマの兵士の服装をしたイタリア人男性(43)と並んで記念写真を撮ったところ、男性から20ユーロ(約2600円)を請求され、口論となる騒ぎがあった。イタリア主要紙が伝えた。

 日本人男性は支払いを拒否したら脅されたとして警察に訴えた。ローマのレストランで日本人客が多額の昼食代を払わされ、ブランビラ観光相が謝罪したばかりで、メディアは「再びぼったくり事件」と報じている。

 コロシアム前などでは、兵士姿で記念写真のモデルとして観光客の横に立ち、料金を請求する男性らが多数おり、金銭トラブルも多い。
[PR]

by yupukeccha | 2009-10-15 21:32 | ヨーロッパ  

ムソリーニは英国のスパイだった、英紙報道

2009年10月14日 23:30 AFPBB News

 【10月14日 AFP】英ガーディアン(Guardian)紙は14日、イタリアの独裁者ベニト・ムソリーニ(Benito Mussolini)が一時期、英国のスパイとして働いていたと伝えた。英ケンブリッジ大(Cambridge University)の歴史家ピーター・マートランド(Peter Martland)氏の研究で明らかになったという。

 1917年、記者として働いていたムソリーニ氏は、英情報局保安部(MI5)から週100ポンドを受け取り、イタリアが第1次世界大戦(World War I)の戦線から離脱しないよう運動したという。

「革命を受けロシアが戦線から離脱した後、英国が最も信頼できない同盟国と考えていたのがイタリアだった」

 マートランド氏によると、「ムソリーニは1917年秋から少なくとも1年間、毎週100ポンドを受け取り、戦争支持のプロパガンダを続ける活動をした」。当時の100ポンドは現在の6000ポンド(約86万円)に相当する。

 当時ローマ(Rome)で英国情報員100人ほどを指揮していたMI5のサミュエル・ホア(Samuel Hoare)卿の書類を研究し、この事実をつきとめたという。

 報道によると、ムソリーニは自らが編集を務める「ポポロ・ディタリア(Il Popolo d'Italia)」紙上に戦意高揚の記事を掲載しただけでなく、イタリア退役軍人を送り込んで反戦デモ参加者らに暴行を加えることにも同意したという。

 マートランド氏は、「ただのジャーナリストに支払う金額としては高額だが、英国の1日あたりの戦費400万ポンドからみれば小銭だった」と説明し、「証拠はないが、女好きのムソリーニのことだから、愛人たちにも多額を使っただろうね」と語った。(c)AFP
[PR]

by yupukeccha | 2009-10-14 23:30 | ヨーロッパ  

イタリアでまたぼったくり、邦人客3人、97万円支払い

2009.9.10 22:24 産経新聞

 東京からイタリアに出張した日本人男性3人が北部ミラノのナイトクラブで計7265ユーロ(約97万円)を支払い、帰国後に1人が「ぼったくりだ」と訴えていることが分かった。10日のコリエレ・デラ・セラ紙などが伝えた。イタリアでは日本人客に法外な値段を請求したローマのレストランが閉店させられ、観光相が謝罪したばかり。

 3人は昨年12月11日夜、ナイトクラブ「プッシー・キャット」を訪れ、翌未明まで滞在し、代金をカードで払った。うち1人が帰国後、日本にあるイタリア政府観光局に対し、酔っていたことから8万円程度の支払いだと勘違いしていたと説明、苦情を訴えた。連絡を受けたイタリアの消費者団体が調査を行い、同国での訴訟を男性に勧めたという。ナイトクラブ側は高級シャンパンを次々と注文し、従業員らにもおごったことから高額な請求になったとしている。(共同)
[PR]

by yupukeccha | 2009-09-10 22:24 | ヨーロッパ  

<イタリア>「標的の日本人が覆面調査を」消費者団体が計画

8月11日10時37分配信 毎日新聞

 【ローマ藤原章生】今年6月にローマの老舗レストランで日本人観光客が9万円相当の昼食代を払わされた事件を機に、イタリアでは悪質サービスを問題視する声が上がり始めた。同国で最大規模の消費者団体「消費者権利擁護協会」のカルロ・リエンツィ会長(62)は10日、毎日新聞と会見し、「日本人による覆面調査」の必要性を説いた。

 被害を申告しない例が多く、正確な統計はないが「印象として最も狙われるのは、イタリア語も英語もカタコトの日本の個人旅行客」という。年々急増する中国人客は「団体が多いため被害は少ない」そうだ。

 日本人の被害を問題視した観光省とローマ市は、飲食店などを対象に「倫理規定」の制定を急いでいるが、「効果はない」と会長は言う。協会は9月以降、日本大使館に協力を仰ぎ、日本人調査員の手で悪質店を割り出す策を計画している。「客の顔で値段を決めるイタリア人のずる賢さを見破るには、だまされ役が必要」と話す。

 6月に日本人2人が被害に遭った高級店「イル・パセット」の場合、9万円相当と異常な額だったが、外国人にコーヒーやアイスクリームを倍から3倍の値で売る店が多い。こうした悪質営業は年々増え、協会の推計ではローマの飲食店の3割に上る。

 要因はユーロ導入後の物価高で飲食店の経営が悪化したのが大きいが、日本人の団体が減り個人客が増えたのも一つの誘い水になったと会長はみている。

 同協会はまた、来年以降の実施をめどに、通報後24時間以内に通訳を、72時間以内に弁護士を日本人被害者に派遣する対策も検討している。
[PR]

by yupukeccha | 2009-08-11 10:37 | ヨーロッパ  

イタリアの日本人観光客激減 「サービス悪い」指摘も

2009年7月18日15時1分 朝日新聞
  
b0161323_4195747.jpg 【ローマ=南島信也】イタリアを訪れる日本人旅行者が減り続けている。今年はピーク時の半分ほどになる見込みだ。ユーロ高や新型インフルエンザの流行など、要因はいろいろあるが、豊富な観光資源にあぐらをかいてサービスの水準が低い、といった構造的な原因も指摘される。観光は大きな収入源だけに、伊当局もようやく外国人旅行者呼び込みに本腰を入れ始めた。

 イタリアは、世界遺産(文化遺産)の数が世界で最も多い。かつては日本人にとって欧州で最も人気のある旅行先だった。しかし、伊政府観光局によると、イタリア国内の空港に到着した日本人は約147万人(07年)で、97年の約217万人をピークに減り始めた。09年は100万人前後まで急減すると予想されている。現在、日本人にとっての欧州の人気観光地はフランスとドイツで、イタリアは両国に水をあけられている。日本の旅行客は減っているが、イタリアにやってくる世界からの旅行者の総数は増えている。

 さまざまな要因が指摘されている。

 西欧では物価が安いことで有名だったイタリアだが、02年の統一通貨ユーロの流通で物価水準が上がった。日本政府観光局の統計などによると、イタリアを訪れる日本人が急減したこの数年間は、中国を訪れる日本人が急増した時期と重なる。また最近では、ユーロ高や原油高に伴う燃料サーチャージ値上げなどで日本人観光客減に拍車がかかった。ユーロ高と原油高は今春一段落したが、新型インフルエンザの流行がゴールデンウイークを直撃した。

 ローマの外交関係者は「ホテルやレストランなどのサービスが非常に悪いことも背景にある」と指摘する。世界遺産などの観光資源をあてにした「殿様商売」をしてきたため、サービス面の充実を怠ってきたというのだ。また、レストランやタクシーで法外な料金を請求される「ぼったくり」などの影響で、「何度も訪れるリピーターが減った」(旅行会社)との見方もある。

 ダボス会議を主催する世界経済フォーラム(WEF)の09年版「旅行・観光競争力リポート」ではイタリアは28位で、日本(25位)を下回った。同リポートによると、サービス業の人材訓練や観光関連の物価などの評価が低い。

 観光大国の地盤沈下に危機感をもったベルルスコーニ首相は「私の在任中に観光収入を国内総生産(GDP)の20%に倍増させる」と表明した。特に日本人旅行者の減少が激しいことから、ローマ市は日本語の公式観光ウェブサイトを初めて開設(http://jp.turismoroma.it/)。クトルフォ副市長は「今年の夏はいつもと違う視点でローマを発見してほしい」と呼びかけている。
[PR]

by yupukeccha | 2009-07-18 15:01 | ヨーロッパ  

ぼったくりランチ9万円 ローマの有名レストラン閉店

2009年7月3日15時5分 朝日新聞

 【ローマ=南島信也】イタリアではタクシーやレストランで法外な値段を請求される「ぼったくり」は珍しくないが、ローマ市内にある有名レストランで、日本人観光客がランチ代として約700ユーロ(約9万4千円)を支払わされたとして話題になっている。

 伊レプブリカ紙などによると、このレストランはナボーナ広場にある「パセット」。1860年創業で、古くは喜劇王チャールズ・チャプリンやグレース・ケリー、最近ではハリソン・フォードやレオナルド・ディカプリオらが通う店として知られ、日本の旅行ガイド本でも紹介されている。

 6月19日、ランチを楽しんだ日本人カップルが支払いを済ませようとした。ところがウエイターが持ってきた勘定書を見てびっくり。前菜が142ユーロ、パスタが208ユーロなど食事代だけで約580ユーロとなっていた。1ケタ間違っているものと思い、クレジットカードで支払ったところ、領収書にはチップとしてさらに約120ユーロが勝手に上乗せされ、合計で約700ユーロになっていたという。

 カップルはレストランのオーナーに抗議したが相手にされず、警察に駆け込んだ。ローマ市当局がレストランを調べたところ、衛生上の問題があることもわかり、すぐに営業停止処分が下された。

 オーナーは「カキ12個に巨大なロブスター、超高級な魚を注文したからだ」と反論しているが、アレマンノ・ローマ市長は「この店は二度と開かせない」とカンカン。
[PR]

by yupukeccha | 2009-07-03 15:05 | ヨーロッパ