タグ:イスラエル ( 16 ) タグの人気記事

 

無印良品、イスラエル出店中止 ネットの反対運動影響?

2010年12月14日19時54分 朝日新聞

 雑貨店「無印良品」を展開する良品計画は、イスラエルへの2011年内の出店を取りやめた。出店をめぐってはパレスチナを支援する国内の市民団体が、インターネットで反対を呼びかけていた。

 良品計画は、現地企業と提携して1店出す計画を4月に発表していた。良品計画側は、出店中止は「経済的な理由」だといい、「物流ルートなどを調査して出店は難しいと判断した」と説明。「反対活動は関係はない」としている。一方、市民団体側は「我々の活動が出店中止の理由になった」と主張している。
[PR]

by yupukeccha | 2010-12-14 19:54 | 中東  

「公然の秘密」イスラエルの核、正式議題検討 IAEA

2010年5月12日10時21分 朝日新聞

 【ニューヨーク=玉川透】国際原子力機関(IAEA)は、来月7日開幕の定例理事会で、事実上の核保有国とされるイスラエルの核問題を正式議題とする方針を固めた。公然の秘密とされてきたイスラエルの核が理事会で討議されるのは異例。イスラエル寄りの米国などの反発も予想され、最終的に議題から外れる可能性もある。

 イスラエルは、IAEAの査察義務などを負う核不拡散条約(NPT)に未加盟。昨年9月のIAEA総会で、アラブ諸国が提案したイスラエルのNPT加盟などを求める決議が採択され、理事会でもイスラエル核問題を討議するよう強く求めていた。

 これを受けて先月、天野之弥(ゆきや)事務局長が理事会で議題化する考えを理事国に打診、意見を聴いているという。

 外交筋によると、アラブ諸国はイスラエルの核弾頭保有数など核開発能力や核拡散の危険性などについて議論することを要求。天野氏に討議した内容を今年9月の総会で報告するよう求めている。

 イスラエルは自国の核兵器保有を否定も肯定もしていないが、欧米の研究機関によると、約80発の核弾頭を保有していると推計されている。

 アラブ諸国のほか、核兵器開発疑惑を持たれているイランには「米国がイスラエルの核保有を見過ごしている」と不公平感が広がっており、国連で開催中のNPT再検討会議でも課題の一つとして議論されている。
[PR]

by yupukeccha | 2010-05-12 10:21 | 中東  

イスラエル、ユダヤ人入植住宅建設承認 和平への障害に

2009年9月7日22時42分 朝日新聞

 イスラエルのバラク国防相は7日までに、ヨルダン川西岸のユダヤ人入植地で400戸以上の住宅を建設することを承認した。ネタニヤフ首相の決断によるものだが、米国をはじめとする国際社会は入植活動の全面凍結を求めている。パレスチナ側も入植者住宅の建設が続く限り、イスラエルとの和平交渉に応じない方針を示しており、中東和平への障害になることは必至だ。

 イスラエル放送などによると、入植者住宅建設の許認可権を持つバラク氏は6日夜から7日午前にかけ、西岸の入植地数カ所で、455戸の住宅を建設することを承認。着工済みの2500戸を含め、西岸での建設を続行する方針という。

 ネタニヤフ政権は、それ以外の入植活動を一定期間凍結(東エルサレムを除く)することを検討しているとされる。ネタニヤフ氏は、建設承認で強硬派議員や入植者の理解を得ようとする一方、オバマ米大統領の要求にも部分的に応じる形をとり、双方の圧力をかわす狙いがあるとみられる。

 入植者住宅の建設は、イスラエルが67年の第3次中東戦争で占領した西岸と東エルサレムで進んでいるが、占領地の入植活動は国際法で禁じられている。03年に米国などが提示した和平実現へのロードマップ(行程表)でも、イスラエルに入植の全面凍結を義務づけたが、同国は履行していない。

 米国のミッチェル中東和平担当特使は近くイスラエルを訪れ、入植地問題を協議する予定。オバマ政権がネタニヤフ政権に対し、どのような態度で臨むのか注目されている。(井上道夫)
[PR]

by yupukeccha | 2009-09-07 22:42 | 中東  

「資金洗浄などで外相起訴を」 イスラエル警察、検察に勧告

2009.8.3 19:55 産経新聞

 【カイロ=村上大介】イスラエル警察は2日、極右政党「わが家イスラエル」党首のリーベルマン外相を資金洗浄(マネーロンダリング)や収賄、詐欺、背任、捜査妨害などの罪で起訴するよう検察当局に勧告した。

 リーベルマン氏は、検察が起訴を決めれば外相を辞任するとしており、右派リクード主導のネタニヤフ政権の連立第2党である「わが家イスラエル」の去就が、オバマ米政権が進めようとしている中東和平プロセスへ影響も絡み、焦点に浮上する。

 政治家などの犯罪を捜査する国家不正操作班が13年前からリーベルマン氏への捜査を続けてきたもので、警察は同氏の外相就任後も事情聴取を行うなど捜査を本格化させていた。

 地元メディアの報道によると、同氏は、国内外に設立したダミー会社を通じた複雑な操作で資金洗浄を続けていたほか、国家基盤相や運輸相を務めた2001~04年ごろには不正な政治資金を受け取ったなどの容疑が持たれている。

 リーベルマン外相は声明を発表し、容疑を全面的に否定するとともに、「13年間にもわたった捜査は、警察が意図的に私を狙い、容疑をでっち上げたことの証明だ」と非難したが、警察側は「立件に十分な証拠を集めた」としている。

 対アラブ強硬派のリーベルマン外相は中東和平を仲介するエジプトやヨルダンのボイコットを受け、国内外から「外相として機能していない」といった批判が出ている。しかし、同外相の辞任に伴い、「わが家イスラエル」が連立を離脱した場合、ネタニヤフ首相は連立第2党を埋める新たな連立与党を必要とする。

 昨年秋の総選挙後、米国主導の中東和平プロセスを受け入れるべきだと主張し、リクードとの連立を拒否した中道右派カディマ内では、連立拒否を決断をしたリブニ党首(前外相)への批判が出ており、リクードは改めてカディマを連立に誘い込もうとする可能性があるほか、首相が暫定的に外相を兼務し、「わが家イスラエル」を連立内につなぎ止める道も選択肢として残されている。
[PR]

by yupukeccha | 2009-08-03 19:55 | 中東  

西岸入植のユダヤ人人口30万人に 

2009.7.27 23:32 産経新聞

 27日付のイスラエル紙ハーレツによると、占領地ヨルダン川西岸にあるユダヤ人入植地の人口が6月、初めて30万人を超えたことがイスラエル軍の内部集計で分かった。ことし上半期で2・3%増加した。

 1993年のオスロ合意当時の西岸入植者数は11万6300人で、和平交渉が行われる一方で入植者は3倍近くに増えた。パレスチナや国際社会は、入植拡大が和平プロセスへの信頼を損ねているとして入植中止を求めてきたが、イスラエルは拒否している。

 イスラエルが一方的に併合した東エルサレムに建設したユダヤ人入植地には約18万人が住んでいる。(共同)
[PR]

by yupukeccha | 2009-07-27 23:32 | 中東  

イスラエルの潜水艦、スエズ運河通航 イラン牽制か

2009年7月9日6時45分 朝日新聞

b0161323_17202446.jpg 【エルサレム=井上道夫】イスラエル海軍の潜水艦が6月、地中海から紅海に向かうためスエズ運河を通航していたことが明らかになった。核ミサイルを搭載している可能性が指摘されているドルフィン級潜水艦で、敵対関係にあるイランを牽制(けんせい)する狙いがあるとみられる。

 ロイター通信が3日、国防筋の話として伝えた。海軍が実施したイスラエル南部エイラート沖での訓練に参加するため、運河を潜航することなく通過したという。運河を管理するエジプト政府はコメントを控えている。

 イスラエル海軍は紅海に潜水艦用の基地を設けていないため、潜水艦は通常、地中海に配備されている。有事の際、地中海からアフリカ大陸沖を回ってイラン近海に潜水艦を差し向けるのは、時間や燃料補給の面から難しい。だが、運河を抜けて紅海に出られれば大幅な時間短縮になり、潜水艦によるイラン攻撃が選択肢の一つになる。

 エルサレム・ポスト紙(電子版)によると、イスラエル海軍は05年、地域の緊張が高まって危険性が増したことから艦船のスエズ運河通航を中止したが、最近になって政策を変更したという。

 右派主導の連立政権を率いるイスラエルのネタニヤフ首相は、核開発を続けるイランを「最大の脅威」と位置づけ、イランの核武装を阻止するよう米国やアラブ諸国にも呼びかけている。
[PR]

by yupukeccha | 2009-07-09 06:45 | 中東  

<イスラエル>首相、パレスチナ国家樹立に言及

6月15日11時56分配信 毎日新聞

 【エルサレム前田英司】イスラエルのネタニヤフ首相は14日夜、外交演説を行い、中東和平交渉を巡り拒み続けてきた将来のパレスチナ国家樹立に初めて言及した。首相はただ、この国家が非武装化され、イスラエルを「ユダヤ人国家」と認めることが樹立合意の必要条件だと主張。さらに、パレスチナが求める聖都エルサレムの分割や、難民のイスラエル領内への帰還には応じないと言明するなど、事実上、パレスチナが受け入れられない高いハードルを突きつけた。

 ネタニヤフ首相はパレスチナ国家について、「非武装化が保証され、パレスチナ人がイスラエルをユダヤ人国家と認めるなら、軍隊を持たないパレスチナ国家を隣国とする和平に合意できるだろう」と述べた。

 また、パレスチナ自治政府に対し、無条件で即座に和平交渉を再開するよう呼びかけたが、パレスチナ難民問題を「イスラエル領の外で解決しなければならない」と門前払い。エルサレムについても「永久不可分のイスラエルの首都」と断定し、東エルサレムを将来の首都に描くパレスチナの要求をはねつけた。

 ネタニヤフ首相はパレスチナ国家樹立で歩み寄りを示すことで、仲介を図ろうとしているオバマ米大統領との摩擦の緩和を図った形だ。ただ、首相は大統領が要求する占領地ヨルダン川西岸での入植活動の完全凍結を拒否し、人口増に伴う既存入植地の拡張は不可欠との従来方針を繰り返しており、火種はくすぶったままだ。

 パレスチナ解放機構(PLO)のエラカト交渉局長は「(エルサレムの帰属問題など)最終地位交渉の課題の大半を退けられ、交渉の余地もない」と演説内容に憤った。
[PR]

by yupukeccha | 2009-06-15 11:56 | 中東  

中東、アジア太平洋地域にも拡大=イスラエル、NZで確認-新型インフル

2009/04/28-21:17 時事通信

 【エルサレム、シドニー28日時事】イスラエル放送によると、メキシコから最近帰国した男性(26)が新型インフルエンザに感染していることが28日、確認された。ニュージーランドのライオール保健相は同日、語学研修でメキシコを訪れていた高校生ら一行のうち3人の感染を確認、他の8人についても感染したものとみられるとした。これにより感染者が確認されたのは計7カ国となった。韓国でも1人が感染の可能性が強い「推定患者」とされており、新型インフルエンザの猛威は米大陸、欧州だけでなく、中東やアジア・太平洋地域まで世界規模で広がりを見せている。

 イスラエル中部ネタニヤの病院によると、感染した男性は25日から入院中だが命に別条はない。メキシコ帰りの別の男性もインフルエンザの症状を訴え入院中で、検査結果を待っている。ニュージーランドの感染者は自宅で隔離されているが、症状は回復しつつあるという。

 最も被害が深刻なメキシコでは、コルドバ保健相が27日深夜、地元テレビに対し、感染した疑いのある死者が3人増え、152人に達したと語った。

 ただ同保健相はこの中で、過去24時間の犠牲者の発生ペースが以前よりやや減速傾向にあると述べ、感染拡大に歯止めが掛かりつつあるとの見方を示唆した。

 欧州ではデンマークやスイス、スウェーデンなど数カ国で疑い例が発生したほか、28日にはスペインで2人目の感染が確認された。ロクソン豪保健相は、国内で88人に疑いがあると述べており、インフルエンザのシーズンである冬に向かう南半球での感染拡大の危険性を指摘する声もある。
[PR]

by yupukeccha | 2009-04-28 21:17 | 社会  

豚インフル警戒で男性入院=メキシコ渡航後に症状-イスラエル

2009/04/26-21:50 時事通信

 【エルサレム26日時事】イスラエル放送は26日、メキシコから帰国した男性(26)が、インフルエンザの症状でイスラエル中部の病院に入院したと報じた。これまでの検査結果によれば豚インフルエンザに感染した可能性は低いが、念のため、病院でさらに精密な検査が行われている。

 AFP通信によると、男性は24日にメキシコから帰国。翌25日に入院した。高熱が出ているが、命に別条はないという。イスラエル保健省は、メキシコに最近渡航した国民に対し、インフルエンザのような症状が出た場合、検査を受けるよう呼び掛けている。
[PR]

by yupukeccha | 2009-04-26 21:50 | 中東  

汚職疑惑で外相を聴取 イスラエル警察

2009.4.3 00:55 産経新聞

 イスラエル警察は2日、贈収賄やマネーロンダリング(資金洗浄)などの疑いがあるとして、ネタニヤフ新政権のリーベルマン外相から約7時間にわたって事情聴取した。

 警察は数年前からリーベルマン氏の捜査を続けており、2月の総選挙の運動期間中には同氏の娘から事情聴取した。リーベルマン氏はネタニヤフ政権で法相就任にも意欲を示したが、捜査対象となっていることから外された。

 同氏は極右政党「わが家イスラエル」党首で、右派連立政権の外相に就任したばかり。(共同)
[PR]

by yupukeccha | 2009-04-03 00:55 | 中東