タグ:アルジェリア ( 1 ) タグの人気記事

 

アルジェリア高速建設、日本側に1千億円超未払い

2010年12月14日3時13分 朝日新聞

 北アフリカのアルジェリアで鹿島など日本の企業連合が受注した高速道路の建設工事をめぐり、完成区間の代金1千億円超が支払われないトラブルが起きている。アルジェリア外相は13日、朝日新聞のインタビューで日本側の対応に不満を表明。工期も大幅にずれ込んでおり、企業側に損失が出る恐れがある。


 この問題で日本政府は、異例の仲介に乗り出している。13日には前原誠司外相がアルジェでメデルチ外相と会談。日本側によると、政府間の問題として扱うとの認識で一致したという。

 問題の道路は、アルジェリア公共事業省が発注した「東西高速道路」。鹿島、大成建設、西松建設、ハザマ、伊藤忠商事の共同企業体(JV)が、2006年に東工区(約400キロ)を5400億円で受注した。

 関係者によると、東工区のうち約6割は完成。工事が進むごとにJVに代金が支払われるはずだったが、アルジェリア側は構造が契約通りになっていないなどとして、1千億円超を支払っていない。

 工期も遅れている。東工区全体の完成予定は今年1月だったが、想定外の地質だったことなどから難航。現在も工事は思うように進まず、追加費用がかさんでいる模様だ。日本側は工期を11年末まで延長する方向でアルジェリア側と調整しているが、JVが将来損失を被るリスクも膨らむことになる。

 ゼネコンの海外案件では、鹿島や大林組が受注したアラブ首長国連邦のドバイの鉄道工事で、追加工事が発生するなどして10年3月期で損失計上を余儀なくされた。政府は、成長戦略の一環として官民が連携したインフラ輸出を推進しているが、リスク管理の失敗も顕在化しつつある。(山尾有紀恵=アルジェ、鳴澤大)

■アルジェリア外相、対応に不満

 【アルジェ=石合力、山尾有紀恵】アルジェリアのメデルチ外相は13日、前原外相との会談後、朝日新聞とのインタビューに応じた。高速道路の建設問題について「アルジェリアの高速道路公社と日本JVの双方を信頼しており、問題を早期に解決できることを確信している」と述べた。

 メデルチ外相は「工期や工事の質を保つため、あらゆる手段で支援してきた。にもかかわらず工期に遅れが出たことは残念」と日本側の対応に不満も表明。前原外相からも、技術的な問題があることを認める発言があったという。アルジェリア側は工期の再延長幅を縮めたい意向とみられ、メデルチ外相は「今後数週間で解決策が見いだされることを望む」と話した。

 高速道路は、日本側の受注部分と中国側の受注部分に分かれている。メデルチ外相は「重要なのは(中国との)競争ではなく、日本企業がアルジェリアに進出して、現地の企業とともに投資を拡大することだ」と期待を示した。
[PR]

by yupukeccha | 2010-12-14 03:13 | 経済・企業