<   2010年 12月 ( 40 )   > この月の画像一覧

 

米ボーイング、23日に次世代旅客機「787」の飛行試験再開

ロイター 2010年12月24日(金)7時7分配信

 [アトランタ 23日 ロイター] 米航空機大手ボーイングは、次世代中型旅客機「787」(通称ドリームライナー)の飛行試験を23日に再開すると発表した。

 11月に試験飛行中の機体で火災が発生した事故を受け、設計を変更したと説明した。

 声明によると、ボーイングは新たな出力分配システム・ソフトウエアの暫定版を導入し、機体の飛行準備が整っているかどうか一連の厳しい審査を実施した。

 同社はまた、787プログラムの日程について、1月に検討を完了するとした。

 787の納入をめぐっては、再延期が広く予想されている。

 ボーイングは11月、試験飛行中の機体で火災が発生した事故を受け、試験を停止していた。


米ボーイング、787型機のテスト飛行を再開
ウォール・ストリート・ジャーナル

2010年12月24日(金)10時49分配信

 米航空機大手のボーイングは、新中型旅客機「787ドリームライナー」のテスト飛行を23日に再開すると発表した。先月には電気系統の故障でテスト飛行を中止しており、納期が繰り返し延期されている787型機の開発を懸念する声が高まっていた。

 787型機プログラムの統括責任者、スコット・ファンチャー氏は、ドリームライナー・プログラムのスケジュールについては来年1月に見直しを終えるとの見通しを示した。同氏は「飛行テストを再開しテストのペースを決定するなかで、同プログラムの新たなスケジュールの設定に注力している」と語った。

 同氏はさらに、最初に飛行テストプログラムの残りの一連のテストを完了し、その後、承認テストの再開に移ると明らかにした。

 同社は、飛行テストを再開する最初の機体に配電盤の改良型ソフトウエアの暫定版を搭載したと明らかにした。先月は配電盤の出火が停電につながり、テスト飛行の停止に至っていた。

 ボーイングの発表文によると、同社は今週に入って同機の暫定ソフトウエアのテストを完了した。


ボーイング787飛行テストを再開へ
レスポンス 2010年12月24日(金)13時16分配信

ボーイングは、「787」型機のフライトテストを再開したと発表した。

11月9日に機体から出火するトラブルが発生し、飛行テストを中断していた。今回、787型機に、出火原因となった電力分配システムの暫定版アップデートソフトウェアをインストールした。フライトテスト用4号機(ZA004)は、社内規定に基づくテストを実施し、テストプログラムを完了後、認証取得に向けたテストを再開する。

ボーイングとハミルトン・サンドストランドはこれまでに単体での検体テスト、他のシステムとの統合テスト、フライトシミュレーターによるテストなど、地上テストでシステムの検証作業を実施、暫定的アップデート版ソフトウェアのテストは今週初めに完了した。

ボーイングでは、フライトテストの中断期間も認証取得に向けた地上テストを継続しており、今後も量産用の機体を使用して地上テストを実施する。

同社では、787型機プログラム全体の新スケジュールは、今後のフライトテストの実施スケジュールが決定した段階で1月中に決定する。
[PR]

by yupukeccha | 2010-12-24 07:07 | 経済・企業  

悪名のバングラデシュ殺人部隊、英警察が訓練 批判は必至

2010.12.22 23:44 産経新聞

 バングラデシュ政府の特殊部隊で、「非合法殺人を繰り返している」と人権団体から非難されている「緊急行動部隊(RAB)」が、英警察から訓練を受けていたことが内部告発サイト「ウィキリークス」が入手した米外交公電で分かった。英紙ガーディアン(電子版)が22日報じた。

 RABへの関与が明らかになったことで、英国に対する批判も強まりそうだ。

 公電によると、RABのメンバーは、18カ月にわたり、取り調べのテクニックや、武力行使の条件や限界などに関する「交戦規則」の訓練を英警察から受けている。

 同紙によると、2004年に組織されたRABは、テロ対策に貢献していると米英から評価されているが「銃撃戦に巻き込まれて死亡した」とRABが報告している千人以上が、実際はRABによって殺害されたと人権団体は指摘している。(共同)
[PR]

by yupukeccha | 2010-12-22 23:44 | アジア・大洋州  

ただで鯨肉もらう 水産庁職員5人処分 調査捕鯨に乗船

2010年12月22日23時6分 朝日新聞

 監督する立場で調査捕鯨船に乗っていた水産庁職員5人が、調査した共同船舶(東京)から鯨肉を無料で受け取り、国家公務員倫理規程に違反したとして、同庁は22日、3人を戒告、1人を訓告、1人を厳重注意処分にした。

 1999~2008年に調査捕鯨船に乗船した5人は調査終了後、鯨のベーコンや赤肉を1人あたり3~7.5キロ分受け取っていた。1万5千~7万円相当。鯨肉は共同船舶からそれぞれの自宅に郵送された。

 調査捕鯨の鯨肉を巡っては、共同船舶が捕鯨船員に土産として1人10キロ程度を無料で渡している。環境NGO「グリーンピース・ジャパン(GPJ)」は08年、「鯨肉を横領している」として船員らを東京地検に告発したが、不起訴となった。逆に船員らが自宅に送った鯨肉を運送会社から持ち去ったGPJメンバー2人が窃盗罪などで有罪判決を受け、控訴中だ。
[PR]

by yupukeccha | 2010-12-22 23:06 | 社会  

「787」の試験飛行再開をまもなく発表=ボーイング・ジャパン社長

ロイター 2010年12月22日(水)13時44分配信

 [東京 22日 ロイター] 米航空機大手ボーイング<BA.N>の日本事業を統括しているボーイング・ジャパンのマイク・デントン社長は22日、都内で記者会見を開き、技術的問題によって先月から試験飛行が停止されている次世代中型旅客機「787」(通称ドリームライナー)について、まもなく試験飛行の再開を発表するとの見通しを明らかにした。

 社長は「恐らくボーイングからの次の発表は、試験飛行の再開の発表だろう。われわれは発表が早急に行われると予想している」と語った。

 デントン社長はただ、787の納入日程について話をする立場にはないと断り、数週間以内にボーイングが787の最新状況について発表することになっているとも述べた。

 同社の一番新しい日程によると、ボーイングは787を最初の顧客である全日本空輸<9202.T>に2011年第1・四半期半ばに引き渡す計画だった。また当初の引き渡しターゲットは2008年5月だった。

 ボーイングは約850機の787を受注している。 
[PR]

by yupukeccha | 2010-12-22 13:44 | 経済・企業  

大雪で空路の混乱続く=数千人足止め、EUが調査へ-欧州

時事通信 12月22日(水)5時29分配信

 【フランクフルト時事】大雪と寒波に見舞われている欧州で、21日も航空便の混乱が続いた。数千人が空港に足止めされる中、欧州連合(EU)が空港の管理体制を問題視し、調査に乗り出す事態となっている。

 フランクフルト空港では、20日夜の積雪で21日朝方に全滑走路が一時閉鎖された。同日夕時点でなお70センチの積雪が残り、約550便が欠航。ロンドンのヒースロー空港も便数を通常の3分の1に削減し、パリのシャルル・ドゴール空港などでも欠航が相次いだ。

 厳冬の中、足止めされた乗客の不満が拡大。空港で夜を明かす乗客に毛布や飲み物が配布されたが、混乱は収まっていない。EU欧州委員会のカラス委員(運輸担当)は「各地の混乱に深刻な懸念を持っている」として、空港管理者と近く面会する方針を示した。
[PR]

by yupukeccha | 2010-12-22 05:29 | ヨーロッパ  

韓国軍、射撃訓練を開始

時事通信 12月20日(月)14時36分配信

 【ソウル時事】韓国軍は20日、延坪島と周辺海域で射撃訓練を開始した。
[PR]

by yupukeccha | 2010-12-20 14:36 | アジア・大洋州  

髪の毛から醤油、工業用氷酢酸から酢を製造、暴露で波紋=中国

2010年12月20日 12時59分 サーチナ

 山東省青島市で調味料製造業を営(いとな)む男性がこのほど、「小規模の工場ではコストを抑えるため髪の毛から醤油(しょうゆ)を製造している」ことを暴露、波紋が広がっている。中国新聞社が報じた。

 同市莱西にある製造工場の労働者も「醤油は発酵させて作るが、小規模の工場では発酵過程を行わず、髪の毛から抽出した動物性アミノ酸を加えて醤油を作っている」とコメント、「醤油製造用に髪の毛を回収している村もある」と述べた。

 労働者によれば、「以前働いていた河北省のある工場では、カラメル色の水に塩やアミノ酸、汚い水を入れて醤油を作っていた。アミノ酸を生産する場所には髪の毛や動物の毛がたくさん保管されており、恐ろしくて気持ちが悪かった」と述べた。

 また、「酢酸(さくさん)にカラメル色の水を加えると酢ができた。村には醤油製造工場がたくさんあったが、村人たちは村の醤油製造工場で作られた醤油や酢は絶対使わずに、有名な会社の調味料を買っていた」と述べた。

 また、別の労働者は「小さな工場では氷酢酸に、水を加えて、酢を作っている。まともな工場では食用氷酢酸を使っているが、悪徳業者の工場では工業用氷酢酸を使用している」と暴露。工業用氷酢酸は不純物や発がん性物質を大量に含んでいるため、中国は食用としての使用を禁止している。(編集担当:畠山栄)
[PR]

by yupukeccha | 2010-12-20 12:59 | アジア・大洋州  

蚊の口は熱感知センサー 帯広畜産大など解明

2010年12月20日9時4分 朝日新聞

 蚊が人や動物を刺す際に使う注射針のような口が、獲物の熱を感知するアンテナの役目もはたしていることが、帯広畜産大などの研究で分かった。新たな蚊の駆除法などの開発につながる可能性がある。日本分子生物学会で発表された。

 蚊は触角やひげでにおいや二酸化炭素を感知して獲物を探す。温度を探る器官もあるとされているが、それがどこなのか分からなかった。

 帯広畜産大の嘉糠洋陸(かぬか・ひろたか)教授(医動物学)らは、マラリアを媒介するハマダラカを使い、触角、ひげ、口を切断して35度の熱源や二酸化炭素に反応するかどうかを調べた。その結果、口を切断した蚊だけが熱源に反応しなかった。

 さらに調べると、口全体に「TRPA1」というたんぱく質が働いていた。このたんぱく質の機能をまひさせるような化学物質をかけると、蚊は熱源に反応せず、通常に戻すと30分以内にまた熱源を追うようになった。

 嘉糠さんは「セミやチョウと違い、蚊が口を突き出して飛んでいるのは、獲物を探すためだとわかった。もともと、火などを避けるために全身にあった熱を感知するたんぱく質を、口の熱アンテナとして使っている可能性がある」と話す。(香取啓介)
[PR]

by yupukeccha | 2010-12-20 09:04 | 社会  

Wikileaks、タイのサマック元首相がクーデターの責任の一端が王妃にあると指摘

2010年12月15日 23時03分 IBTimes

 Wikileaksが公開した2008年10月1日付けのアメリカの機密公電より、タイのサマック元首相が2006年のクーデターの責任の一端が王妃にあると指摘していた事が明らかになった。

Wikileaksロゴ。ウェブサイトより。プリントスクリーンショット。 アメリカ大使と面会した際にサマック元首相は、7ヶ月の首相在任中に政治的な圧力を受けていた事を明らかにした上で、2006年のクーデターや民主主義市民連合による混乱の責任がシリキット王妃にあると尊大な態度で指摘していたという。

 サマック元首相によると、王妃がプレーム枢密院評議会議長や王党派を通して連合を操っていたのだという。

 しかし、国王に関しては、自分に反対する者以上の忠誠心を持っており、首相在任中は国王からの支えを受けていたとしたが、王子に関してはコメントをする事は無かったという。
[PR]

by yupukeccha | 2010-12-15 23:03 | アジア・大洋州  

Wikileaks、プレーム議長が首相を好評価 - タイの大物が王子に対して否定的な見解

2010年12月15日 22時35分 IBTimes

 Wikileaksが新たに公開したアメリカの機密公電により、今年1月にアメリカ大使がタイのプレーム枢密院評議会議長を初めとする影響力を持つ人物を表敬訪問した際に、プレーム議長がアピシット首相に対して肯定的な評価を下す一方で、外務大臣経験がある枢密院評議会議員のシッティ・サウェートシーラ氏は、同首相の問題解決能力や効率的に政策を遂行するチームの不在に不満を示していた事が明らかになった。

Wikileaksロゴ。ウェブサイトより。プリントスクリーンショット。 またタクシン元首相に関しては、面会したプレーム議長、シッティ議員及びアーナン元首相何れも同元首相による政府への直接的な攻撃や王室に対する間接的な攻撃に注目しており、特にアーナン元首相は、国王の健康不安が同元首相による間接的攻撃の動機の一部になっているとの見方を示していたという。

 一方、次期国王継承者とされる王子に関しては、3者何れも否定的な見解を示し、特にアーナン元首相は、王子以外の者を国王に据える為の手続きが他に存在してれば国家はより良い状態になるとの認識を仄めかしていたという。

 その際に、シッティ議員はシリーントーン王女が次期国王として望ましいとの見解を示したが、それに対してアーナン元首相は、次期国王継承者を変更する事ができるのは国王のみであると指摘した上で、そのような継承者の変更が起こる可能性は極めて低いとの認識を示していたという。
[PR]

by yupukeccha | 2010-12-15 22:35 | アジア・大洋州