<   2010年 10月 ( 34 )   > この月の画像一覧

 

反日デモの中国人と、秋葉原デモのネトウヨは、「グローバル化からズリ落ちている」点では同じ種類の人間

週刊SPA 11/2・11/9合併号 151ページ 「第一次世代大戦」城繁幸氏

 今の僕の住所は中央区の築地市場の近くで、まあそこそこ良い住環境で、たまに有名人とばったり会ったりもする。 六本木ほどの派手さはないが、落ち着いた暮らしやすいエリアといえる。最近気づいたのだが、この辺の高級スーパーで買い物をし、リバーサイドを散歩する人の中には、意外と中国人が多い。なんでも中国の富裕層にとって、銀座にも近いこのエリアのマンションは、滞在用の不動産として人気が高いのだそうだ。

 一方で、逆に上海や北京に拠点を移す日本人ビジネスマンも少なくない。知人の経営者には「21世紀は中国の時代だ」とばかりに、日本の会社をすべて畳んで上海に移住した人もいる。政治リスクはあるものの、広大なマーケットを誇る中国はビジネスマンにとっては十分魅力的なのだ。

 もちろん、こういった流れは氷山の一角にすぎない。東アジアを中心に、グローバルな経済統合はもっともっと大規模に、そして着実に進んでいる。これはとても素晴らしいことだ。少子化で年々減っていく日本人に代わって、彼ら新興国の需要は、日本経済を潤してくれるだろう。

 一方で、日中関係はすべてが順風満帆なことばかりでもない。四川では日系スーパーがデモ隊に襲われ、秋葉原では中国人観光客向けセールに力を入れるオノデンやサトームセンにデモ隊が集った。お互い、尖閣列島をめぐるトラブルが発端となり、感情的な行き違いに発展したものだ。一見、今の両国の間には、まったく異なる二つの流れが混在しているように見える。果たして、どちらが日中関係の真の姿を表しているのだろうか。

■「グローバル化」からズリ落ちる日本人も

 結論からいうと、どちらがよい悪いという問題ではない(自国民が働いている経済活動拠点にデモを仕掛けるのはどうかと思うが)。どちらも現実に存在しているし、これからも存在し続けるだろう。ただ、“国”の概念はガラリと変わることになる。例えば、日本の不動産を買い、銀座でショッピングを楽しむ中国人と、上海に会社を移す日本人ビジネスマンは、経済のメインストリームに属し、同じような価値観を共有している“同志”といえる。

 逆に、四川や秋葉原で商店にデモして喜んでいる人たち同士も、(仲良しにはなれないかもしれないが)本質的にはまったく同じ種類の人間だ。要するに、国を跨ぐ形で新たなグループが形成されつつあるわけだ。これこそグローバル化の本質である。

 「グローバル化」というと、グローバルに活躍することだけが注目されがちだが、それは同時に、グローバル化から落ちる人間が出現することも意味している。20世紀後半、多くの日本人がボーッとしていても一億総中流と呼ばれるほど豊かで安定した暮らしを送ることができたが、21世紀は違う。我々が独占してきた「豊かで安定したステージ」には、さまざまな国の人たちが上がってきて、少なくない数の日本人がズリ落ちるだろう。

 留意すべき点は、この流れは誰にも止められないということだ。我々にできることは、豊かなステージに残れるように、 一生懸命努力することだけである。

 わざわざ日本にやってきてくれたお客さんとの商売を邪魔して喜んでいるような人たちが、そういう努力をまったくしていない
ことだけは確実だろう。

■今週の採点

四川省デモの中国人 -10点
秋葉原デモのネトウヨ -15点

 まあこの人たちは基本、同類なのだけど、しっかりした社会インフラや表現の自由がありつつ同程度のことしかできない ネトウヨのほうが程度が低い。デモがしたいなら、政府相手にすればいい。堅気で働いている人間の足を引っ張るな。
[PR]

by yupukeccha | 2010-10-27 09:00 | 社会  

コラーゲンは小腸で分解、吸収を確認 回復促進のメカニズムの研究成果を発表 キューサイ

2010年10月25日 21時02分 毎日新聞

健康食品の「キューサイ」(福岡市中央区)は25日、コラーゲンの摂取と吸収についての研究成果を発表する「コラーゲン研究最前線~健康食品の摂取意義に関する科学的検証の試み~」を開き、コラーゲン含有食品が小腸で分解され、軟骨や皮膚の回復促進につながっていることを報告した。

研究には、佐藤健司・京都府立大大学院教授と、小池達也大阪市立大大学院准教授が参加。これまでのコラーゲンに関する研究は断片的なものが多く、コラーゲンを直接食べても体内に吸収されず、肌や関節にいいという効果の仕組みについても不明瞭で、厚生労働省の公式報告書でも、健康食品としての有効性が懐疑的、という見方にとどまっていた。

今回の研究では、摂取から消化、吸収、体内輸送、細胞レベルでの作用、長期継続摂取の効果を一連の研究として検証した。

佐藤教授は、コラーゲン含有食品は胃では消化されないが、小腸で低分子のアミノ酸やペプチドに分解されることが、キューサイ独自の研究で確認されたと報告。さらに、摂取後はコラーゲンにしか含まれないプロリルヒドロキシプロリン(Pro-Hyp)と呼ばれる成分の血中濃度が上昇していることから、コラーゲンが体内に吸収されているとした。吸収については、年齢による吸収量の差はなく、継続的に摂取しても吸収量は低下しないことも確認したという。

体内輸送については、Pro-Hypが関節や皮膚に確実に運ばれ、関節にある軟骨のダメージの改善に働く軟骨細胞、皮膚が傷ついた際に増殖する線維芽細胞に取り込まれていることを確認したとし、佐藤教授は「コラーゲン含有食品を摂取すると、吸収されたPro-Hypが体内を循環しながら、関節、皮膚などのダメージを受けた場所に集まり、軟骨細胞や線維芽細胞に作用し、回復を促進していると考えられる」と語った。

また、小池准教授は、ひざの痛みを訴える中高年の男女49人に対して、コラーゲン含有食品を継続的に摂取することで、ひざの痛みと腰の痛みそれぞれで機能改善があるかをデータで示し、「腰痛に伴う歩行機能障害の改善傾向を確認できた。コラーゲン含有食品は、運動器の複合的な機能低下により歩行機能障害が起こる新たな国民病として注目される『ロコモティブシンドローム』を予防する食品の候補になりうる」という見解を示した。

藤野孝社長は「コラーゲンの効果についての科学的な仕組みに関して、かなり解明ができたことで、さらに自信を持って販売できる。今後はもっと分かりやすい結果が出るように研究を続けていきたい」と語った。
[PR]

by yupukeccha | 2010-10-25 21:02 | 社会  

会員カード、社員が自腹 東横イン 労組「上司が強制」

2010年10月20日0時0分 朝日新聞

 フロント業務の長時間労働をめぐる労使トラブルが表面化している大手ビジネスホテルチェーン「東横イン」(本社・東京都)の四国にある一部店舗で、顧客会員カードの入会金を社員が自己負担で支払っていたことが、東横イン労働組合(三田圭子委員長)の調査で明らかになった。同労組は「ノルマ達成のため上司から強制されていた。他店でも同様の行為があるのではないか」として再発防止を会社側に求めた。

 このカードは「東横インクラブカード」。公式ホームページによれば、入会金(キャンペーン価格)は1500円で、無料宿泊券(10泊で1枚)や割引などの特典がつく。労組の説明では、この店舗では部屋数と同じ数の新規会員獲得が毎月のノルマとされていたという。

 フロント業務に携わる複数の社員が労組に証言したところでは、ノルマが達成できそうもない月末、支配人から「今月は買い取ってもらうからね」などと不足分の穴埋めを迫られたという。新規入会1件につき100円の「手当」がつくが、差額の1400円が自己負担となる。

 カード登録には宿泊客の写真も必要。「買い取り」の際には社員自身の写真や雑誌のモデル、足りなければペットなどの写真まで使っていた。架空の人名を登録したうえで、実在しない顧客のカードを作っていたという。

 昨年7月分と同12月分を労組が調べたところ、フロント社員4人が総額6万4500円を負担。それぞれ月に約6千~約9千円を払っていた。女性社員の一人は「断れば無理な仕事を押しつけられるなど制裁が怖かった。ノルマ強制はもうやめてほしい」と訴える。労組側は「全店舗で強制していたわけではないが、厳しいノルマを課す体質が背景にある」とみる。

 東横インでは昨年12月、兵庫県内の店舗に勤める女性社員らが賃金の未払いをめぐって大阪地裁に提訴。今年6月には同労組が結成され、労働条件の改善を求めて会社側と交渉を続けている。

 東横イン広報部は朝日新聞の取材に対し、「社内で慎重に調査を行っており、現段階での回答は困難。落ち度があれば適正に対処したい」としている。(清川卓史)
[PR]

by yupukeccha | 2010-10-20 00:00 | 経済・企業  

組合員大量脱退 AOKIが反論

2010年10月19日 朝日新聞

 大手紳士服チェーン・AOKI(アオキ)の労働組合「AOKIグループユニオン」で組合員の大量脱退が続いている問題で、「株式会社AOKI」(横浜市都筑区)が18日、「組合が無理な組織拡大を図った結果、既存組合員に内在していた不満が一気に顕在化し拡大した」とする清水彰社長のコメントを発表した。


 清水社長は「AOKIグループでは組合への加入および脱退は本人の自由意思」と指摘した上で、「ユニオンが就業時間中の勧誘活動などで急速かつ無理な拡大を図った」と主張した。不当労働行為を否定しつつ、「早期解決に向けて対応する」とした。


 ユニオンの柴山敏郎中央執行委員長は「勧誘は休憩時にするよう徹底しているが、労組が拡大を目指すのは当然だ。そのことが原因となって大量脱退が起きるとは考えられない」と反論している。
 同ユニオンは、4カ月で組合員の8割を超える1400人近くが脱退し、会社が違法な脱退勧奨をしたと県労働委員会に訴えている。
[PR]

by yupukeccha | 2010-10-19 12:00 | 経済・企業  

AOKI労組「会社が脱退勧奨」、救済申し立て

読売新聞 10月16日(土)19時3分配信

 紳士服店チェーンを展開する「AOKI」(横浜市)と、親会社の「AOKIホールディングス」(東京都港区)が、労働組合法で禁止されている組合脱退の勧奨や強要などを行っているとして、従業員らで作る労働組合「AOKIグループユニオン」が、神奈川県労働委員会に不当労働行為の救済申し立てをしていることが16日、わかった。

 申立書などによると、両社は6月下旬から、「脱退しないと遠隔地に配転になる」などと、各店舗の店長らを通じ組合員に脱退を促し、4か月で組合員の8割を超える約1390人を脱退させたとしている。

 同ユニオンを傘下に置くUIゼンセン同盟も「AOKIグループ民主化対策委員会」を設置。16日には、全国70か所の店舗前などで抗議活動を行った。

 AOKIホールディングスは「不当労働行為はなかったと認識している。県労働委員会で対応しているので詳細なコメントは控えたい」(経営戦略企画室広報課)としている。
[PR]

by yupukeccha | 2010-10-16 19:03 | 経済・企業  

紳士服アオキ労組、8割脱退 「会社が違法勧奨」訴え

2010年10月16日 朝日新聞

 大手紳士服店チェーン「AOKI(アオキ)」を展開する「株式会社AOKI」(横浜市)の企業内労働組合「AOKIグループユニオン」で、9月末までの4カ月で組合員の8割を超える約1380人が組合を脱退したことがわかった。ユニオンは「会社側が異動や解雇をほのめかす違法な脱退勧奨をした」と訴え、神奈川県労働委員会に不当労働行為の救済を申し立てた。

 会社が組合を辞めるよう促したり、組合活動を理由に解雇や配置換えをしたりすることは労働組合法が禁じた不当労働行為にあたる可能性がある。労働委員会が救済命令を出しても従わない場合は50万円以下の過料が科される。

 ユニオンによると、組合員数(契約社員、パートらを含む)は6月10日時点で1642人だったが、6月下旬から急に脱退が目立ち始めた。8月28日には139人、同29日には175人が一度に脱退した。今月15日現在の組合員は255人まで減った。

 ユニオンの主張では、複数店舗を統括するマネジャーが7月ごろから、部下を店の事務室に呼び出すなどして個別に面談。「トップが組合を毛嫌いしている」「脱退しないと異動させられる」などと言って脱退を促したという。

 朝日新聞の取材に応じた30代の女性社員は9月上旬、上司から電話で「トップが組合をやめない者は解雇だと言い切った。今日中に脱退届をファクスして」と脱退を迫られ、慌てて組合事務所などにファクスを送った。「解雇と聞いて急に怖くなった」と振り返る。

 ユニオンはこうした脱退勧奨が組織的に行われたと主張。マネジャー同士のメールの写しとして「部下さんの為に!を前提に1人目標10名で頑張りましょう」などと記した文書を労働委に証拠提出した。

 ユニオンは、AOKIが2005年に吸収合併した紳士服店の社内組合が前身。合併時の組合員は381人だったが徐々に増えた。労使間でこれまで深刻な対立はなかったというが、柴山敏郎・中央執行委員長は「組合員が増え続けていることに会社側が危機感を覚えたのかもしれないが、異常な事態だ」と話す。

 ユニオンの上部団体であるUIゼンセン同盟が事態を重くみて、AOKIグループ民主化対策委員会を設置し、抗議活動に加わった。

 AOKIは紳士服販売専門店の業界2位で、グループ全体の正社員は約2700人。持ち株会社のAOKIホールディングスは今年6月、創業者の青木拡憲氏が会長に退き、次男の彰宏氏が社長に就いた。(太田泉生)

    ◇

 AOKIホールディングス経営戦略企画室は朝日新聞の取材に、「組合員の減少は組合側の不適切な行為があったことによるものと認識している。組合が主張する不当労働行為は無かったと認識しているが、詳細はコメントを差し控える」と回答した。

 同社は9月19日に臨時の社内報を発行し、「加入すれば転勤しなくてよいなどとウソを言って勧誘した」などと組合を批判。「ユニオンをやめたいという問い合わせが増えている。このような問題点を原因とした『自壊作用』だというのが顧問弁護士の見解です」と述べている。
[PR]

by yupukeccha | 2010-10-16 06:00 | 行政・公務員  

ノルウェーが中国に喧嘩を売れる理由

ニューズウィーク日本版 10月14日(木)13時1分配信

アメリカやフランスでさえ劉の受賞を控えめにたたえるのがやっとだったのに

アン・アップルボム(外交コラムニスト)

 中国外交部の広報官は劉暁波(リウ・シアオポー)のノーベル平和賞受賞を非難した後、こう続けた。

「最近、中国とノルウェーの関係は良好だった」。つまり、もうそうではなくなるという不気味な宣言だ(平和賞はスウェーデンではなく、ノルウェーのノーベル賞委員会が決定する)。

 だがノルウェーは中国との関係悪化など案じていない。世界が羨む彼らの高い生活水準は中国との貿易ではなく、沿岸部で産出される天然ガスのおかげ。両国は自由貿易協定の交渉中だが、協定で得るメリットは中国のほうが大きい。

 ヨーロッパの中心から離れたノルウェーは極端に走る傾向がある。今のご時勢、ここまで無神経に振る舞える国は多くない。イギリスとフランスは慎重な言い回しで受賞をたたえた。オバマ米大統領は劉の「可能な限り速やかな」釈放を求めつつ、「過去30年で多くの人々が貧困から解放された」と経済改革の進展に触れて、中国への配慮を示す声明を発表した。

(ニューズウィーク日本版10月20日号掲載)
[PR]

by yupukeccha | 2010-10-14 13:01 | ヨーロッパ  

<動物虐待>犬が顔だけ出して生き埋め 富山の土手

毎日新聞 10月10日(日)20時21分配信

 富山市興人町の運河の土手で9日午後、犬が顔だけ出した状態で土に埋められているのが見つかり、通報で駆けつけた消防署員と警察官が保護した。富山県警富山中央署は悪質ないたずらとみて、動物愛護法違反(虐待)容疑で調べている。

 同署によると、犬は体長約1メートル、体重約30キロの雑種とみられる雄。全身を横向きにされ、体の上に高さ70~80センチの土が山のように盛られていた。9日午後2時5分ごろ、犬が盛んにほえる声に通行人が気付き、通報した。ぐったりしていた犬は現在、署でドッグフードを食べ、元気に回復しつつあるという。【岩嶋悟】


<動物虐待>犬が顔だけ出して生き埋め 富山の土手
毎日新聞 10月10日(日)20時21分配信

 富山市興人町の運河の土手で9日午後、犬が顔だけ出した状態で土に埋められているのが見つかり、通報で駆けつけた消防署員と警察官が保護した。富山県警富山中央署は悪質ないたずらとみて、動物愛護法違反(虐待)容疑で調べている。

 同署によると、犬は体長約1メートル、体重約30キロの雑種とみられる雄。全身を横向きにされ、体の上に高さ70~80センチの土が山のように盛られていた。9日午後2時5分ごろ、犬が盛んにほえる声に通行人が気付き、通報した。ぐったりしていた犬は現在、署でドッグフードを食べ、元気に回復しつつあるという。【岩嶋悟】
[PR]

by yupukeccha | 2010-10-10 20:21 | 社会  

ソウル界の重鎮、‘キング・ソロモン’急死

bmr.jp 10月10日(日)19時8分配信

‘キング・ソロモン’こと、音楽史に残る大御所ソウル・シンガーのソロモン・バーク(Solomon Burke)がオランダはアムステルダムのスキポール空港で急死したことが分かった。70歳だった。

スキポール空港警察は、今月10日にソロモン・バークが亡くなったと正式に発表した。地元放送局のNOSは、ソロモンはロサンジェルスからの便に乗っており、スキポール空港に到着したあと、機内で死亡しているのが発見されたという。死因についてはまだ不明。

ソロモン・バークは50年代から活躍し、「ロックの殿堂」入りした大御所シンガー。2002年に発表した"Don't Give Up On Me"はグラミーの最優秀コンテンポラリー・ブルース部門など数々の賞を授賞、高く評価され、近年も活発に活動していた。今年5月には音楽フェス『ジャパン・ブルーズ&ソウル・カーニヴァル』に出演するため、ファン待望の初来日も果たしたところだった。トリをつとめたソロモンは70歳とは思えぬ力強い歌声を聴かせ、大絶賛されている。

なお、ソロモンには21人の子供と90人の孫がいるといわれており、数多くいる孫のひとりに、ファンテイジア(Fantasia)、レオナ・ルイス(Leona Lewis)などの楽曲を手がけるなどプロデューサーとして活躍しているノヴェル(Alonzo "Novel" Stevenson)もいる。(s)
[PR]

by yupukeccha | 2010-10-10 19:08 | 社会  

蓮舫大臣皮肉ったが…片山さつき氏も過去に撮影

読売新聞 10月8日(金)20時47分配信

 蓮舫行政刷新相が国会内でファッション雑誌の写真撮影に応じた問題で、民主党は8日の参院議院運営委員会理事会で「本人も反省している」と陳謝した。

 蓮舫氏も記者会見で「懸念を抱かせてしまったら本意ではない」と述べた。

 問題提起した自民党は、谷垣総裁が「ふざけている」と不快感を示し、同日の参院代表質問では片山さつき氏が「事業仕分けをやった方が1着百数十万円のドレスを取っ換え引っ換え着ている」と皮肉った。

 ただ、片山氏も衆院議員時代、国会内で雑誌撮影に応じたことがあり、記者団に「私は大臣ではなかった」と釈明。片山氏は当初、代表質問で官房長官の見解を求める予定だったが直前になって取りやめた。

 自民党の小池総務会長は記者会見で「外国では議会でコンサートなども開かれている。国会が閉ざされたままのほうがおかしい」と述べ、国会の閉鎖性に議論の矛先を向けた。
[PR]

by yupukeccha | 2010-10-08 20:47 | 政治