<   2010年 07月 ( 388 )   > この月の画像一覧

 

田口さん「平壌にいます」=金元工作員が明言-来日中の面会で家族に・北朝鮮拉致

2010/07/31-22:11 時事通信

 7月20~23日に来日した金賢姫元北朝鮮工作員が、拉致被害者の田口八重子さん=失跡当時(22)=の家族と面会した際、「田口さんは平壌にいますよ」と明言していたことが31日、分かった。東京都内で同日開かれた金元工作員との面会の報告会で、田口さんの兄本間勝さん(66)が明かした。

 金元工作員は滞日中、田口さんについて「絶対に生きている」と家族に繰り返したが、具体的な消息に触れていたことが明かされたのは初めて。

 本間さんによると、金元工作員と長野県軽井沢町で懇談した初日の20日、「八重子は今どこにいるんでしょう」と聞いたところ、小さな声で「ヘイジョウ(平壌)にいますよ」と答えた。本間さんは、金元工作員が声を落としたのは「周りに韓国政府関係者がいたため」と推測。根拠など詳細は聞かなかったという。

 田口さんの兄飯塚繁雄さん(72)も、金元工作員が面会中、周りに聞こえないように耳打ちしてくれたことがあったとした上で、内容を「(田口さんが)生きていることの裏付けみたいな話」だったと明かした。飯塚さんは、金元工作員について「まだまだいろんなことを知っている感じを受けた」と話した。

 田口さんの消息をめぐっては、韓国の拉致被害者家族の団体が22日、「平壌の集合住宅に住んでいるとの情報を北朝鮮関係者から入手した」と明らかにしている。

 横田めぐみさん=同(13)=の母早紀江さん(74)も報告会で、金元工作員がめぐみさんは平壌にいるとほのめかしたことを明らかにした。金元工作員は滞日中、軽井沢町や東京都内で田口さんやめぐみさんら拉致被害者の家族と会った。
[PR]

by yupukeccha | 2010-07-31 22:11 | アジア・大洋州  

<中国>丹羽大使が着任 初の民間出身

7月31日20時20分配信 毎日新聞

 【北京・米村耕一】民間出身として初の駐中国大使となった丹羽宇一郎氏(71)が31日着任した。丹羽氏は、公邸で報道各社の質問に答え「空港から街並みを眺め、両国民の平和と国民生活の安定のために力を尽くさなければという思いを強くした。愛国親中の精神で頑張っていきたい」と抱負を語った。

 さらに日中間の自由貿易協定(FTA)について「コメなどの問題はあるが、どうしてもできないものは除外規定に入れてでも、できる最大公約数を構築していかないと日本だけ取り残される」と述べ、早急に協議に入るべきだとの考えを改めて強調した。草の根交流の推進や大使館内の業務改革にも意欲を示した。
[PR]

by yupukeccha | 2010-07-31 20:20 | アジア・大洋州  

操縦席画面に警告、ボンバル機引き返す 名古屋空港

2010年7月31日19時49分 朝日新聞

 31日午後0時10分ごろ、名古屋空港発山形行きのJAL4323便(ボンバルディアCL―600―2B19型)が、富山県の黒部ダム上空付近を飛行中、操縦席の画面に不具合が発生したとの警告が出た。このため、同機は名古屋空港に引き返した。

 国土交通省中部空港事務所の発表によると、乗客乗員42人にけがはなく、別のボンバル機に乗り換え、午後1時40分に再び山形へ向かった。同機を運航するジェイエアと国交省は、警告表示が出た原因を調べている。
[PR]

by yupukeccha | 2010-07-31 19:49 | 社会  

阿久根市長、また専決処分 副市長の給料4割カット

2010年7月31日17時2分 朝日新聞

 鹿児島県阿久根市の竹原信一市長は30日、専決処分により8月2日付で副市長に就任させる元愛媛県警巡査部長、仙波敏郎(せんば・としろう)氏(61)の給料を前任者の6割とする条例改正を専決処分で行った。併せて教育委員会の委員長など非常勤の5ポストの月額報酬(3万~5万円台)を日当1万円に統一する条例改正も専決した。

 副市長職は竹原氏が2008年8月に初当選した直後から空席になっていた。今回の改正で給料は約63万円から約38万円になる。仙波氏は警察の裏金問題を現役の警察官として初めて実名で告発。「行政や公金の使途の監視に厳しい人物」と評価した竹原市長が25日に専決処分で副市長に任命した。仙波氏自身が給料カットを望んでいたという。

 非常勤役職の報酬改正対象は教育委員長と委員、選挙管理委員長と委員、監査委員(市議選出分)の5ポスト。このうち監査委員は民間と市議から1人ずつ選ばれているが、民間の監査委員の報酬(月額約9万円)には手をつけなかった。議会からは竹原市長と対立する市議が選ばれており、月額5万1100円を日当1万円にした。
[PR]

by yupukeccha | 2010-07-31 17:02 | 行政・公務員  

のりピー、今年は穏やかな夏休み?「離婚は立派だ」相沢副社長

7月31日16時56分配信 夕刊フジ

 昨年11月、覚せい剤取締法違反事件で有罪判決を受け、夫の高相祐一氏(42)と離婚が成立した元女優、酒井法子(39)の芸能界復帰に光明が差した。前所属事務所のサンミュージック、相沢正久副社長(61)は30日、報道陣の取材に「立派なこと」と離婚を評価。「向こうにも(事務所を)選ぶ権利がある」と芸能界復帰に含みを持たせたのだ。

 デビュー当時から酒井をバックアップし、公判では情状証人として法廷に立った経緯のある相沢社長は、事務所に駆け付けた報道陣に「本人と話していないが、離婚が成立したと確認した」と説明した。

 「きちんとやったと思う。立派。人生の大きなステップで、よく頑張った」と酒井の決断を大きく評価。酒井と3月に面会したことを明かし、「健康状態と顔色はすごく良かった。勉強に熱心に取り組んでいた」と当時の状況を振り返った。

 芸能界復帰に関しては、「契約解除をしていますから」と前置きした上で、「向こうにも(事務所を)選ぶ権利がある」と、可能性を否定しなかった。

 関係者によると、酒井は創造学園大の通信課程で、ネットを介して介護の勉強をしている。今年5月末に購入価格が約1億7000万円という東京・南青山のマンションを売却。都内の賃貸マンションで長男(11)と暮らしているという。数日前から長男と継母(62)と一緒に都心を離れ、今年は穏やかな夏休みを送っているという。
[PR]

by yupukeccha | 2010-07-31 16:56 | 社会  

問われる真偽 ホメオパシー療法

2010年7月31日 朝日新聞

気が遠くなるほど薄めた「毒」を飲むことで病気を治す、という欧州生まれの代替医療ホメオパシーが「害のない自然な療法」と日本でも女性層を中心に人気が高まりつつある。だが、この療法が公的医療の一角を占める英国は今年、議会委員会がその効果を全面否定、公的医療から外すよう政府に勧告した。日本でも裁判が起こされるなど、その効果を巡ってホメオパシーは批判対象にもなってきている。(長野剛)

◇ 自然派ママの心つかむ ◇

 「本当にいいものだから、みんなに知って欲しいんですよ。(中略)病名のつかない症状やメンタルな問題まで対応できる自然療法なんです」

 女優の沢尻エリカさんはホメオパシーについて、講談社のファッション誌「グラマラス」5月号のインタビューでそう語った。作家の落合恵子さん経営のクレヨンハウスが出す育児誌「クーヨン」も2007年以降、ホメオパシー関連の記事を掲載している。

 クーヨン編集長の吉原美穂さんは「自然な子育てに関心が集まり、化学物質が入った医師の薬に不安を持つ人が多い」と、育児の最中の母親らがひかれる理由を説明する。

 国内の代表的なホメオパシー業界団体のひとつ、日本ホメオパシー医学協会(東京)によると、ホメオパシーは今年だけで20回近く雑誌などで紹介され、利用者は国内に数十万人はいるとみられるという。

 ホメオパシーの原理は200年前、ドイツの医師ハーネマンが確立。彼がマラリア治療薬を飲んでみたら、マラリアと同様の症状が起きた。そこで「病気と同じ症状を起こせる物質なら、病気を治せる」という着想を得た。

 似た症状を起こす物質が、似た病気を治すというので「同種療法」と呼ばれる。一方、西洋医学の場合は逆に、病状を消すための治療を行うので「異種療法」とされる。

 ホメオパシー治療は「レメディ」と呼ばれる丸薬のようなものを飲んで行う。「症状を起こす毒」を、よく振りながら水などで薄め、砂糖粒に染み込ませたものだ。薄める毒は、毒草のトリカブトや昆虫、鉱石など約3千種類。

 ホメオパシーでは「薄めるほど効く」ともされる。その薄め方は半端ではない。一般的なレメディでは、10の60乗(1兆を5回掛け合わせた数)分の1に薄める。

 ここまで薄めると毒の物質は、事実上もう入っていないが「薄める時によく振ることで、毒のパターンが水に記憶される」と、協会会長の由井寅子さんは解説する。

 「自己治癒力が病気と闘っている時に現れるのが病気の症状。西洋医学は症状を緩和するが、治癒はさせない」。ホメオパシーで治せる病気は精神病から皮膚病まで多種多様で、がん治療も可能かと聞くと、由井さんは「そうです」と力強く答えた。

◇ 効果否定、「被害」訴えも ◇ 

 しかし、ホメオパシーは本当に効くのか。

 ニセ科学に詳しい大阪大学の菊池誠教授は「分子が1個も残らないほど希釈するのだから、レメディは単なる砂糖粒」とした上で「最大の問題は、現代医学を否定し、患者を病院から遠ざける点にある」と指摘する。

 今年5月、ホメオパシーが効かず「乳児が死亡した」という損害賠償請求訴訟が山口地裁で起こされた。乳児を自宅出産した母親が、助産師を訴えた。訴えによると、乳児が生まれた昨夏、助産師は一般に多く使われているビタミンKを乳児に投与せず、代わりにホメオパシーのレメディを投与。乳児はビタミンK欠乏性出血症と診断され、約2カ月後に死亡したという。

 インターネット上にも「被害」の訴えは多い。

 6月には都内の医師のブログに「悲劇を繰り返さないため何かできないものでしょうか」と訴える書き込みがあった。血液のがんの悪性リンパ腫で友人を失ったという人物の書き込みで、友人はホメオパシーでがんを治そうと通常の治療を拒否。結果、病院に運び込まれた時には、すでに手遅れになっていたという。

 このブログを開設する大塚北口診療所の梅沢充医師は「自分が実際に診た人のなかにも、ホメオパシーに頼った結果、手遅れになったがん患者がいる」と証言する。

 梅沢さんは患者を病院から遠ざける一因に「好転反応」という用語を挙げる。

 好転反応について、ホメオパシー医学協会の由井さんは「症状は有り難い」との持論で説明する。ホメオパシー治療では、病気の症状がかえって激しく出ることがあるが、それは治療で自己治癒力が向上したことの証しの「好転反応」で、有り難いことなのだ、という理論だ。こんな極論を信じた結果、患者は症状が悪化しても「良くなっている」と思いこみ、病院に行くのを拒否する、というのが梅沢さんの指摘だ。

 ホメオパシーの効果については、玉石混交の論文が多数書かれている。05年にスイスのベルン大学のチームが、110件の研究から極めて良質な8件を選び出し、ホメオパシーの効果の有無を総合判定する論文を英医学誌ランセットに報告した。チームは、良質な論文群を包括的に分析した結果、「ホメオパシーはプラセボ(偽薬)効果に過ぎない」と結論づけた。

 偽薬効果とは、薬効が全くない物質でも、本人が「効く」と信じて飲めば効くことがあるという効果のことだ。つまり、ベルン大の結論は「ホメオパシー自体には、治療効果は全くない」ということを意味している。

 さらに今年2月、英国議会下院の委員会は、ベルン大の報告など多くの報告例を調査検討した結果「ホメオパシーには偽薬以上の効果はないので、英国の公的医療の対象から外すべきだ」とする270ページをこす勧告を英政府に提出した。効果がないことについては「再調査の必要すらない」とまで強調している。

 一方、日本の厚生労働省は今年、ホメオパシーを含む代替医療を現在の医療体制に取り込むことを検討するため、鳩山前首相の所信表明演説に基づき作業班を発足させた。

 がんの代替医療の検証を行っている埼玉医科大学の大野智講師は「日本の行政はホメオパシーを含む代替医療について、ずっと当たらず障らずの立場を続けてきた。効かないものは効かないということも、国は責任を持って情報発信すべきだ」と指摘する。

◇ 担当した長野記者より ◇ この記事の掲載作業が終わった直後の7月26日、英国政府は、ホメオパシー療法への公的補助を続けると発表した。上記記事にあるように英国議会下院の委員会が、「ホメオパシーには偽薬以上の効果はないので、英国の公的医療の対象から外すべきだ」と勧告を出していた。英国政府は「ホメオパシーに医療上の効果がない」ことに関しては全く反論せず、「委員会の結論の多くについては同意する」としている。勧告に従わなかったのは「患者の選択の自由は、妨げられないから」などと説明した。
b0161323_11391162.jpg

ホメオパシー療法、信じる前に疑いを(長野剛)
続「ホメオパシー療法、信じる前に疑いを」 (長野剛)
第3弾「ホメオパシー療法、信じる前に疑いを」 (長野剛)
[PR]

by yupukeccha | 2010-07-31 06:00 | 荒む社会  

<菅首相>日韓併合100年で談話検討 韓国側配慮の内容か

7月31日0時13分配信 毎日新聞

 菅直人首相は30日の記者会見で、今年8月の日韓併合100年に合わせて首相談話を出すかどうかについて「例年8月15日には終戦記念日(に開かれる全国戦没者追悼式の式辞など)の中でいろいろな関係に触れていることもあるが、慎重に検討していきたい」と述べ、具体的に検討していることを明らかにした。

 これに関連し、政府高官は30日、「(談話などを)発表する時期も含め練りに練っている。東アジアの安定には日韓連携が必要で、相互の利益になることを考える」と述べ、韓国側に配慮する内容となることを示唆した。
[PR]

by yupukeccha | 2010-07-31 00:13 | 政治  

阿久根市長問題「看過できぬ」 総務相、対応検討へ

2010年7月30日19時27分 朝日新聞

 鹿児島県阿久根市の竹原信一市長が議会を開かず専決処分を連発している問題で、原口一博総務相は30日の閣議後の記者会見で「違法な状況が続くことは看過できない。どのように対応できるか検討したい」と述べた。同省は2度にわたる県の是正勧告にも従わない市長の姿勢を問題視し、具体的な対応策を検討する考えを示したものだ。

 原口総務相は、竹原市長が副市長人事を議会に諮らず決めたことを例に引き、「議会に託された民意に反して(人事を決定)することはできない。法が破られることを非常に危惧(きぐ)している」と指摘。「副市長は議会の同意を得て選任する」と定めた地方自治法に反するとの認識を示し、「法の違反といわれる事態について、どのように対応できるか検討したい」と話した。
[PR]

by yupukeccha | 2010-07-30 19:27 | 政治  

カタログ商品4万個発送不能に=業者と連絡取れず―郵便局会社

7月30日19時24分配信 時事通信

 日本郵政グループの郵便局会社のカタログ通販サービスで、契約業者と連絡が取れず、ウナギのかば焼き約4万個が注文した顧客に発送できなくなっていたことが30日、分かった。郵便局会社は顧客に対し、代替商品の送付や返金の手続きを進めている。

 このサービスは、カタログに掲載された旬の果物や名産品などの中から顧客が月ごとに選んだ希望商品を1年間届ける仕組み。問題となったのは、東北、信越、九州・沖縄地方の郵便局などで7月分として受け付けた「鹿児島大隅産鰻蒲焼」。郵便局会社が今月14日、製造・発送を契約した鹿児島県の業者に状況を確認したところ連絡が取れず、商品の発送もなかった。
[PR]

by yupukeccha | 2010-07-30 19:24 | 経済・企業  

阿久根市長専決処分の補助事業、漁協が辞退

2010年7月30日18時12分 朝日新聞

 鹿児島県阿久根市の竹原信一市長が議会に諮らずに専決処分を続けている問題で、地元の北さつま漁協(砂畑奉作〈ともなり〉組合長)が、専決処分で決まった魚類選別機購入の補助事業について事業の辞退を決めたことがわかった。

 竹原市長は今月7日付で、選別機の購入費補助約3千万円を盛り込んだ計9300万円の一般会計補正予算を専決処分した。国や県の補助はなく、購入費のうち9割を市単独で補助することになる。

 事業の辞退は29日の理事会で決めた。漁協によると、理事会には役員全13人が出席した。砂畑組合長が「水揚げが減少しており、購入に見合った効果は上げられない」と報告すると、竹原市長による予算化の経緯を問題視する観点から「専決処分で導入するのは見送るべきだ」といった意見も出て、補助を辞退することにした。漁協には市民から「多額の市税を使うのか」と苦情が多数寄せられていたという。

 専決処分で決めた今回の補正予算について、鹿児島県は違法だとして議会の議決を得るよう是正勧告したが、竹原市長は従っていない。
[PR]

by yupukeccha | 2010-07-30 18:12 | 行政・公務員