<   2009年 12月 ( 428 )   > この月の画像一覧

 

<日航>国際線撤退案が浮上 全日空に統合 国交省は反対

12月31日2時30分配信 毎日新聞

 日本航空と全日本空輸の2社体制となっている国内航空会社の国際線を全日空に統合する国際線1社体制案が30日、政府内で浮上した。日航の再建策を検討する同日の関係閣僚などの会談で、1社体制と2社体制の比較が議論された模様だ。

 同案は法的整理を前提にしたもので、企業再生支援機構が日航を支援する場合、3年以内の再生見込みが条件となるため、経営の重荷となっている国際線を切り離す案。ただ、国土交通省などは2社体制の維持を強く主張している。支援機構は1月中旬をめどに日航の支援策を詰める予定だが、支援対象となるには「3年以内に事業再生が見込まれること」が要件となっている。

 日航は不採算の国内外約50路線を廃止するほか、グループ全体で1万人以上の人員削減を行う方針だが、「昨年の金融危機以降、急激に収益が悪化した国際線のリストラは不十分」との指摘は根強く、「国際線を切り離して国内線に特化すれば、いい会社になると思う」(日航幹部)との見方は以前からあった。
[PR]

by yupukeccha | 2009-12-31 02:30 | 経済・企業  

台湾、一部米国産牛肉の輸入禁止を復活へ

2009年12月30日 朝日新聞

 [台北/ワシントン 29日 ロイター] 台湾の立法院(国会に相当)は29日、特定の米国産牛肉の輸入を禁止する法律の修正で合意した。米国産牛肉の輸入禁止を復活させることをめぐり、与党国民党と野党民進党が基本合意に達したことを受け、王金平・立法院長は、来年初めにもこの問題について採決を行うと述べた。

 台湾の中央通信社は、これにより、ミンチ肉、内臓、生後30カ月以上の牛肉の輸入が禁止される、と伝えた。

 米通商代表部(USTR)と米農務省(USDA)当局者は共同声明を発表し、同法律の修正は台湾と米国が2か月前に署名した合意内容を無効にするものだと批判した。

 台湾は、米国内でBSE(牛海綿状脳症)の最初の例が見つかったことを受け、2003年12月に米国産牛肉の輸入を禁止。2006年に、生後30カ月以下の骨なし牛肉の輸入を解禁した。

 今年10月には、生後30カ月以下の骨付き肉を含むすべての部位を輸入解禁としたが、BSEへの懸念から批判が続出していた。
[PR]

by yupukeccha | 2009-12-30 23:59 | アジア・大洋州  

訃報 アブドラーマン・ワヒド氏=元インドネシア大統領

12月30日23時24分配信 毎日新聞

 【ジャカルタ井田純】インドネシアの第4代大統領を務めたアブドラーマン・ワヒド氏が30日、心不全のため、ジャカルタ市内の病院で死去した。69歳だった。

 同国最大のイスラム組織、ナフダトール・ウラマ(NU)の創設者を祖父に持ち、エジプト、イラクでイスラム法を学んだ。98年に国民覚せい党を設立、翌99年実施された民主的な総選挙で与党ゴルカル党が敗れた後、同年10月に大統領に就任。指導力不足から解任される01年7月まで務めた。国民からは「グスドゥル」の愛称で親しまれた。糖尿病のため、大統領就任前から目が不自由だった。

 最近は政治の表舞台からは離れていたが、イスラム指導者ながら欧米の思想にも通じ、リベラルな立場での発言を続けていた。
[PR]

by yupukeccha | 2009-12-30 23:24 | アジア・大洋州  

外国軍が10人を連れ出し射殺か アフガン調査団報告

2009年12月30日23時11分 朝日新聞

 【イスラマバード=四倉幹木】アフガニスタン東部で外国軍部隊の攻撃で民間人10人が死亡したとされる事件で、アフガン政府の調査団は30日、10代の8人を含む10人が家から連れ出され射殺された可能性があるとの調査結果をカルザイ大統領に報告した。

 事件は27日、パキスタン国境に近いクナール州ナラン地区ガジハーン村で起きた。

 調査団が村人から聞き取った情報によると、夜間にヘリコプターから降下した外国軍部隊が村を捜索し、3軒の家から10人の男性を引きずり出して射殺した。うち8人は12~16歳だった。

 同州に駐留する北大西洋条約機構(NATO)主導の国際治安支援部隊に所属する米軍の現地司令官は関与を否定。事件は州外の別の部隊によるものとの見方もある。

 アフガンでは外国軍の空爆の犠牲になる民間人が後を絶たないが、地上部隊が民間人を引きずり出して殺害した事例は極めてまれだ。
[PR]

by yupukeccha | 2009-12-30 23:11 | 中東  

韓国大興奮、北海道教組「竹島は韓国領」

2009.12.30 23:00 産経新聞

 【ソウル=黒田勝弘】日韓が領有権を争っている竹島(韓国名・独島)について、日本の北海道教職員組合が「韓国領だ」と主張していると韓国で話題になっている。文部科学省は最近、高校の学習指導要領解説書をめぐって「竹島は日本の固有の領土」と再確認したばかりだが、北海道は鳩山由紀夫首相のおひざ元だけに、韓国では関心を持たれている。

 韓国の有力紙、朝鮮日報(28、29日付)が東京発で伝えたところによると、北海道教組(日教組系)は昨年11月、機関誌兼学習資料の「北教」で「歴史的事実を冷静に読めば韓国の主張は明確に事実に立脚している。島根県などが竹島領有権を要求する行為は日本の侵略と植民地支配を正当化するきわめて不当な行為だ」と、韓国の立場を支持しているという。

 これは昨年7月、中学学習指導要領解説書が、竹島の名前を挙げ日本の領土として領土問題を教えるよう指導した後のことで、教育現場では指導要領に反し韓国の主張が正しいと教えるように指導したものとして、韓国社会では歓迎している。

 これについて北海道教組幹部は、同紙とのインタビューで「教壇では対立を教えるのではなく、平和教育の範囲内で韓国の立場を生徒たちに十分に教えることが重要だ。近隣諸国には配慮すべきだ」と語っている。
[PR]

by yupukeccha | 2009-12-30 23:00 | アジア・大洋州  

七輪焼肉「安安」でO157発生

09/12/30 07:49 R+

企業名株式会社富士達
商品名: 食肉
ジャンル: 食品
キーワード: 七輪焼肉O-157食中毒

内容
(株)富士達が経営する七輪焼肉「安安」の7店舗において、O157による食中毒が発生。同社はお詫びとお知らせを報じた。
同社によると、食中毒の原因として、提供した食肉に菌が付着していたことと二次感染が考えられるが、現時点の食肉検査では菌は検出されず、店内での二次汚染の可能性もあり、他店舗の調査も含めてさらに調査しているところだという。
同社は緊急措置として、(1)原因につながると思われる食材を2009/12/22から販売中止、(2)加工肉は今後一切使わない、(3)開封済食材は全品廃棄、(4)2009/12/31,2010/01/01の2日間休業し衛生管理徹底に努める の4点を実施するとしている。(R+編集部)

対象
安安7店舗

対処方法
・原因につながると思われる食材を2009/12/22から販売中止
・加工肉は今後一切使わない
・開封済食材は全品廃棄
・2009/12/31,2010/01/01の2日間休業し衛生管理徹底に努める

ご連絡先・お問い合せ(お問い合せの際は 「リコールプラスを見ました」 とお知らせください)
社告に「連絡先・お問い合せ先」の記載はありません
[PR]

by yupukeccha | 2009-12-30 07:49 | 経済・企業  

食中毒:焼き肉チェーンの春日部店も /埼玉

2009年12月29日 毎日新聞

 県は28日、春日部市大沼の焼き肉店「七輪焼肉 安安 春日部店」でO157による食中毒が発生し3日間の営業停止処分にしたと発表した。同じチェーン店で12月、O157による食中毒で既に5店が営業停止処分を受けている。県食品安全課によると、1日に同店でカルビなどを食べた県内の40代の男性が下痢などを訴え入院した。【西田真季子】
[PR]

by yupukeccha | 2009-12-29 23:59 | 経済・企業  

中国、英国人に死刑執行 麻薬密輸罪

2009年12月29日22時19分 朝日新聞

 【北京=古谷浩一】中国で麻薬密輸罪に問われて死刑判決が確定していた英国人アクマル・シャイフ死刑囚(53)に対する死刑が29日、執行された。英政府は精神疾患があるとして刑の執行停止を求めていたが、中国国営新華社通信によると、最高人民法院(最高裁)は「精神状態を疑う理由はない」とし、執行を承認した。

 ロイター通信などは、欧州市民の中国での死刑執行は、新中国成立直後の1951年のイタリア人以来だと伝えている。

 シャイフ死刑囚は2007年、タジキスタンから空路で新疆ウイグル自治区のウルムチ空港に到着した際、ヘロイン4キロを所持していたとして拘束され、昨年10月に死刑判決を受けた。今年10月に控訴が棄却され、死刑が確定した。新華社電によると、29日、同自治区ウルムチ市内で注射を使った死刑が執行されたという。英当局者らが申請した精神鑑定は認められなかった。

 米紙の報道によると、シャイフ死刑囚はパキスタン出身のイスラム教徒で、10代の時に英国に移住。長く精神疾患を患っており、麻薬密輸もだまされて行ったものだ、と親族は話していたという。

 同法院は承認理由について「異なる国籍の犯罪者もすべて法律に基づき処理すべきだ」とした。中国の刑法はヘロイン50グラム以上の密輸が死刑になる可能性を定めている。

 中国当局は急速な経済発展を背景に、国際的な人権批判に妥協しない姿勢を強めている。今月25日には、欧米諸国からの批判にもかかわらず、共産党を批判した「08憲章」の起草者、劉暁波氏に懲役11年の厳しい判決を下したばかりだった。

 英政府の反発に対しても、中国外務省の姜瑜副報道局長は29日の定例会見で「いわれのない指摘に強い不満を表明し、断固反対する。英側が誤りを正し、両国関係を損なわないように促す」と語り、逆に非難した。

 中国では麻薬密輸罪などに問われた日本人計4人の死刑が07年8月から今年4月にかけて確定しているが、同法院が承認せず、執行はされていない。今回の執行が邦人死刑囚への対応に影響を与える可能性も指摘される。中国での外国人に対する死刑の執行はほかに01年に麻薬密輸罪に問われた韓国人に対するものが確認されている。
[PR]

by yupukeccha | 2009-12-29 22:19 | アジア・大洋州  

解放処女、街頭女性って? 韓国で通じない北朝鮮語

12月29日20時3分配信 産経新聞

【海外支局から】

 同じハングルを使うのに、南北間で意思疎通がうまくいかないこともあるようだ。「同じハングルを使っているけれど、言葉遣いとか、同じ言葉でも意味が違っていて、最初は北朝鮮の人が言っていることがよく分からないことが多かった。今はだいぶ慣れたから問題はないが…」。

More
[PR]

by yupukeccha | 2009-12-29 20:03 | アジア・大洋州  

阿久根市長 賞罰委“市長派”で独占 恣意的処分の懸念も

12月29日7時7分配信 西日本新聞

 裁判所の決定に従わず懲戒免職にした元係長の復職を認めなかったり、ブログに障害者を差別的に記載したりした鹿児島県阿久根市の竹原信一市長が、市賞罰審査委員会の委員4人全員を“市長派”で固める意向であることが28日、分かった。職員の間では「恣意(しい)的な厳しい処分が乱発されるのでは」と懸念する声も上がっている。

 4人は、市長派の山田勝市議、石沢正彰市議と市長が民間採用した、橋口信幸企画調整課長と美しい海のまちづくり公社の岩井洋二事務局長。竹原市長が同日、課長会で明らかにした。

 阿久根市の賞罰審査委員会は従来、他の自治体と同様、市職員だけで構成していた。しかし、人件費総額の張り紙をはがして懲戒免職になった元係長の処分問題で委員会が「文書戒告が相当」としていたことから、市長は「身内の判断は甘い」と批判。委員を民間からも任命できるように9日付で規定を改めていた。

 市議2人は、ブログ問題で市長に謝罪を求めた18日の市議会の決議に反対。橋口課長は昨年9月、議会に副市長就任を不同意とされて課長で採用。岩井事務局長は11月に採用された。

 石沢市議は「今までが身内だけでおかしかった。市長は一般の感覚を期待していると思う」と話している。
[PR]

by yupukeccha | 2009-12-29 07:07 | 行政・公務員