<   2009年 11月 ( 367 )   > この月の画像一覧

 

産経新聞江東センターで竣工・始動式 中核的存在として機能

11月30日23時36分配信 産経新聞

 産経新聞東京本社の新しい印刷拠点となる「産経新聞社江東センター」(東京都江東区)の竣工(しゅんこう)・始動式が30日、産経新聞社、鹿島建設、東京機械製作所の関係者ら約70人が出席して行われた。

 竣工式では産経新聞社の住田良能社長らが神前に玉ぐしをささげて工場の完成を祝い、続いて行われた始動式で、住田社長が輪転機のスイッチを入れると超高速輪転機がうなりをあげて稼働。次々とフルカラーの新聞が刷り上がり、関係者はできたての新聞を手にとって紙面に見入っていた。

 披露パーティーで住田社長は「(産経新聞の)都内唯一の工場として中核的存在となり、言論・報道機関としての責務を果たしていきたい」とあいさつした。
[PR]

by yupukeccha | 2009-11-30 23:26 | 社会  

内外タイムス社が自己破産申請、即日休刊 創業60年

2009年11月30日23時4分 朝日新聞

 首都圏を中心に夕刊紙「リアルスポーツ」を発行する内外タイムス社は30日、東京地裁に自己破産を申請した。信用調査会社の帝国データバンクによると、負債総額は約26億7700万円。同日付を最後に休刊し、嘱託を含む約50人の従業員も解雇を通告された。

 同社によると、21万部を発行し、年商は7億円程度。石原裕次郎と北原三枝の結婚スクープなど、芸能やギャンブル情報に強いことで知られていた。創業60周年を迎えた今年9月に媒体名を「リアルスポーツ」に変更。紙面を刷新して新規読者の掘り起こしをめざしたものの、部数低迷に広告収入の落ち込みが追い打ちをかけ、赤字体質から脱却できなかったという。
[PR]

by yupukeccha | 2009-11-30 23:04 | 経済・企業  

未成年者151人に異常行動=インフル感染で飛び降りなど-厚労省

11月30日22時41分配信 時事通信

 インフルエンザに感染した未成年者151人が、突然飛び降りるなどの異常行動を起こしていたことが30日、厚生労働省研究班の調査で分かった。抗インフルエンザ薬タミフルを服用していなかった例も含まれることから、同省は薬の有無にかかわらず異常行動を起こす恐れがあるとして、「診断後少なくとも2日間は、未成年者が1人にならないように」などとする注意事項をまとめ、医療関係者に通知した。

 9月25日から今月15日までに報告された分で、大半が新型インフルエンザに感染していたとみられるという。

 151人(男110人、女41人)の年齢は1~17歳で、26人がタミフル、36人がリレンザを使用していたが、11人は何も服用していなかった。残りは詳細が分からないか、解熱剤を使用したケース。

 特に重大な異常がみられたのは69人で、内訳は飛び降りが8人、走り出した人59人。両方起きた例が2人だった。 
[PR]

by yupukeccha | 2009-11-30 22:41 | 社会  

北朝鮮、物価高騰でデノミか=韓国メディア

11月30日22時28分配信 時事通信

 【ソウル時事】北朝鮮情報を専門とする韓国のインターネットニュースサイト「デーリーNK」は30日、北朝鮮が同日、通貨ウォンのデノミを断行したと伝えた。消息筋によると、旧通貨と新通貨は100対1の割合で交換される。北朝鮮では1992年にも「貨幣改革」と称して新旧通貨の交換が行われたことがあるが、当時の比率は1対1だったという。

More
[PR]

by yupukeccha | 2009-11-30 22:28 | アジア・大洋州  

「アルビノ殺人」恐れ、1万人が避難 アフリカ南東部

11月30日21時45分配信 CNN.co.jp

(CNN) アフリカ南東部のタンザニアとブルンジで、生まれつき色素を持たず皮膚の色が白い「アルビノ」の人々約1万人が、殺人被害を恐れて政府が設置した避難所などに逃げ込んでいることが、国際赤十字の報告で明らかになった。

両国では、「アルビノ」の体には特別な力が宿るという伝統的な考えから、臓器や体の一部など売却する目的で、アルビノの人々が殺されるという悲劇が後を絶たない。2007年以来、タンザニアでは少なくとも44人、ブルンジでは14人が殺されている。

タンザニアのアルビノ・センターによると、同国には約20万人のアルビノの人々がいるという。国際赤十字によると、ブルンジ政府が養護学校などに設置した緊急避難場所にアルビノの人が約1万人ほど逃れてきている。いずれも、アルビノの体を狙った犯罪から逃れるためだ。

タンザニアでは11月初旬、アルビノ男性を殺して体を切断し、臓器などを呪術医に売りさばいたとして、4人が死刑判決を受けている。

タンザニア政府はアルビノの人々を守るため、警察に警戒指示を出しているが、警官の数が少なく伝統的な考え方が根強く残る地方では、アルビノ殺人が防げない状況だという。

タンザニアとブルンジの赤十字は、人道的な支援が必要だと訴えている。
[PR]

by yupukeccha | 2009-11-30 21:45 | アフリカ  

「疑惑隠し」と批判=郵政法案で造反も懸念-自民

2009/11/30-21:28 時事通信

 12月中旬までの会期延長を求めていた自民党は30日、延長幅が4日間となったことについて、偽装献金問題を抱える鳩山由紀夫首相の「疑惑隠しだ」と批判を強めた。しかし、同党の国会対応は、郵政株式売却凍結法案の採決での党内の造反懸念から一貫性に欠け、迷走が続いた。

 「鳩山家では5年間で9億円もの『子ども手当』があるのかとびっくりした」。谷垣禎一総裁は30日夜、都内での街頭演説で、首相が実母から多額の資金提供を受けているとの報道を念頭に、献金問題を徹底解明する必要があると訴えた。

 自民党は、与党が献金問題を国会で追及されるのを恐れて、小幅延長にとどめたと主張。30日、「大幅な会期延長に反対し、審議拒否をしているのは政府・民主党」との文書を所属議員や地方組織に配布した。

 しかし、自民党の対応はぶれが目立った。20日未明、与党が中小企業金融円滑化法の採決を衆院本会議で強行した際は、野党転落後初の審議拒否に踏み切ったが、連休明けの24日には、党首討論などの開催要求が受け入れられなかったにもかかわらず、審議に復帰。27日から再び審議拒否に入り、党内から「国民には分かりづらい」(若手)との不満が出た。

 自民党が迷走を続けたのは、郵政法案の採決に応じれば造反が出て谷垣執行部の求心力が低下しかねないとの懸念の一方で、審議拒否では世論の支持を得られないとの判断があったためだ。公明党からは「自民党は法案採決が怖いのだろう」(幹部)との声も出ていた。

 その公明党とは、20日の審議拒否では共闘したが、その後、足並みの乱れが表面化。自民党は30日、会期延長を議決した衆院本会議などを欠席したが、公明党は出席した。

 「政治は生きもの。その状況状況に適切な対応をしていくのは当然だ」。自民党の大島理森幹事長は30日の記者会見でこう強弁したが、今後に不安材料が残った。
[PR]

by yupukeccha | 2009-11-30 21:28 | 政治  

カンボジアで逮捕のタイ人社員、タクシン氏側近が支援

2009/11/30 21:08 newsclip.be

 【タイ、カンボジア】カンボジアで航空管制サービスを行っているタイ系企業カンボジア・エアトラフィック・サービシズ(CATS)に勤務するタイ人男性がスパイ容疑でカンボジア当局に逮捕された問題で、この男性の母親がタクシン元タイ首相の法律顧問であるノパドン元タイ外相に支援を求めた。ノパドン氏は30日に記者会見を開き、問題の早期解決に向け、カンボジア政府に接触したことを明らかにした。

 男性はタクシン氏が11月中旬にカンボジアを訪問した際にタクシン氏のプライベートジェット機の飛行計画を盗もうとしたとして、12日に逮捕された。現在もこう留されている。

 タクシン氏は昨年、タイで汚職で懲役2年の実刑判決を受け国外逃亡中だが、タイの現政権と関係が悪いカンボジアのフン・セン首相から同国政府の経済顧問に任命され、カンボジアを訪れた。タイ政府は同氏の身柄引き渡しを要求したが、カンボジアは「タクシン氏は政治犯」としてこれを拒否。こうした事態を受け、両国は相互に大使を召還、相手国の一等書記官を国外退去させた。カンボジア当局は19日から、CATSのタイ人駐在員全員を業務からを締め出した。

 両国は昨年10月と今年4月に国境係争地域で交戦し、双方の兵士数人が死亡するなど、もともと関係が良くない。
[PR]

by yupukeccha | 2009-11-30 21:08 | アジア・大洋州  

タイ国王、恒例の演説を2年連続中止 体調回復せず

2009年11月30日21時2分 朝日新聞

 【バンコク=藤谷健】タイの王室当局は30日、プミポン国王(81)が12月4日に予定していた演説を延期すると発表した。延期の理由や新たな日取りには触れていないが、国王は食欲不振などを訴えて9月19日から入院中で、体調が回復していないため取りやめたとみられる。

 国王は例年、誕生日前日の4日に国民向けに演説している。昨年、体調不良を理由に1946年の即位以来初めて取りやめた。ただし、王室当局は、5日の拝謁(はいえつ)は予定通り行われるとしている。
[PR]

by yupukeccha | 2009-11-30 21:02 | アジア・大洋州  

自己破産を申請=内外タイムス

11月30日21時1分配信 時事通信

 帝国データバンクによると、大衆娯楽新聞「リアルスポーツ」を発行する内外タイムス社(東京)は30日、東京地裁へ自己破産を申請した。負債は約26億7700万円。

 創刊60周年を迎えた今年、新聞名を「内外タイムス」から「リアルスポーツ」に変更。芸能・ゴシップ情報の充実を図っていた。しかし、厳しい経済情勢を背景に新聞販売が低迷するとともに、広告収入も伸び悩んでいた。

More
[PR]

by yupukeccha | 2009-11-30 21:01 | 経済・企業  

アメちゃん、実は覚せい剤 大連で日本人容疑者3人摘発

2009年11月30日19時26分 朝日新聞

 【瀋陽=西村大輔】中国遼寧省大連市税関当局が今夏、大連空港で覚せい剤を所持していたとして、2度にわたり日本人計3人を逮捕していたことがわかった。アメ菓子を包む小袋に覚せい剤を詰め込む手口が共通していた。

 地元報道などによると、日本行きの便に搭乗しようとしていた60代の男の手荷物を税関職員が検査したところ、アメ菓子の袋の中から覚せい剤の一種のメチルアンフェタミン約1.7キロを発見。2日後には、やはり日本行きの便に乗ろうとした40代の男が持っていたアメ菓子の袋から約4.3キロのメチルアンフェタミンが見つかった。この男に覚せい剤を渡した40代の男も同市内のホテルで拘束した。

 同省内では、昨年10月にも覚せい剤を所持したとして、日本人2人が地元警察当局に逮捕、起訴されている。
[PR]

by yupukeccha | 2009-11-30 19:26 | アジア・大洋州