<   2009年 04月 ( 354 )   > この月の画像一覧

 

日本人女性からA型陽性反応=新型インフル感染を詳細検査-米ロス便・成田

2009/04/30-23:03 時事通信

 新型インフルエンザの感染拡大を受け、検疫態勢が強化された成田空港で30日午後、米国から帰国した日本人女性(25)が簡易検査の結果、A型インフルエンザの陽性反応を示した。厚生労働省は詳細検査を行い、新型インフルエンザ感染の有無を調べている。

 検疫が各空港で強化されて以降、新型の豚インフルエンザと同じA型の陽性反応が出たのは初めて。同省は詳細検査の結果を5月1日午前7時に記者会見して発表する。

 同省によると、女性にはせき、鼻水の症状があり、A型インフルエンザの感染を調べる迅速診断キットによる簡易検査を受けた。陽性反応が出たものの、季節性インフルエンザと判別できないため、女性を近くの成田赤十字病院に搬送。遺伝子診断「PCR検査」を実施し詳しく調べている。

 同省幹部は報道陣に対し「初めてのケースなので検査には慎重を期したい」と説明。結果が判明するのは1日未明になるとした。

 最終的な感染の有無は、米国から新型インフルエンザの資料を入手した後、さらに検査を行った上で確定する。

 女性の周辺座席にいた乗客約20人は感染の可能性を否定できないため、空港内の施設で明朝までの待機を求めた。女性が新型インフルエンザに感染したと判断された場合、約20人は感染症法に基づき、指定施設に10日間とどめられる「停留」対象になるとしている。

 女性は30日午後3時半、米ロサンゼルス発の米ノースウエスト1便で帰国した。
[PR]

by yupukeccha | 2009-04-30 23:03 | 社会  

新型インフル感染検査、6時間で判明の試薬開発…国立感染研

4月30日21時3分配信 読売新聞

 国立感染症研究所が、新型インフルエンザに感染しているかどうかを短時間で検査する試薬を開発し、30日、発表した。

 週明けにも全国の地方衛生研究所に届ける予定で、全都道府県で検査体制が整う。

 試薬は、米国で公開されたウイルスの遺伝子データに基づいて開発された。患者ののどから採取した粘液に反応させ、ウイルスが含まれているかどうかが6時間で分かる。従来の技術では、検査に数日かかっていた。

 検査結果の照合に使うためのウイルス遺伝子が、数日後に米疾病対策センター(CDC)から届く予定。同研究所は試薬と遺伝子のセットを、各都道府県の地方衛生研究所に配布する。検査はメキシコや米国などから帰国し発熱などの症状がある人が受ける。
[PR]

by yupukeccha | 2009-04-30 21:03 | 社会  

知的障害少女にわいせつ…容疑のバス添乗員を逮捕

2009年4月30日17時12分 ZAKZAK

 警視庁池上署は30日までに、知的障害のある特別支援学校の女子生徒(14)にわいせつな行為をしたとして、準強制わいせつの疑いで横浜市磯子区の送迎バスの元添乗員の男(73)を逮捕した。

 逮捕容疑は3月4日午前8時半ごろ、東京都大田区の都立特別支援学校送迎バスの車内で、中学部の3年生の女子生徒にキスをするなどのわいせつな行為をした疑い。

 池上署によると、男は「体が大きいし、頭が良くて手がかからないいい子だったので好意を持っていた」と供述。当時の同僚運転手(47)が昨年5月ごろから、男がこの女子生徒の胸を触るなどのわいせつな行為をしていることに気付き、車内の様子をビデオで撮影し、3月末に同署に届けた。
[PR]

by yupukeccha | 2009-04-30 17:12 | 社会  

豚肉消費激減で屠殺大幅減

2009年4月30日13時14分 カンボジアウォッチニュース

豚インフルエンザの恐怖が人々に広がるにつれ、カンボジアでも豚肉の消費が激減し、それに伴って豚の屠殺頭数も大幅に抑えられていることがわかった。複数の業界関係者が29日語った。

プノンペン東部のセントラル マーケットで豚肉を販売しているChong Hoeunは、通常は40~50kgの豚肉を仕入れるところ、この日は20kgしか仕入れなかったと述べた。しかし正午の時点でその半分しか売れなかったため、「今日はきっと売れ残りが出るだろう」という。

彼女は、豚インフルエンザについてラジオが放送しているのを聴いた。訪れるお客も口々に、豚インフルエンザが心配だと語っているという。

プノンペン中心部のオー=ルッセイ市場で問屋を営む男性は匿名で、仕入量を一日2トンから1トンに減らしたと述べた。

「経済危機でただでさえ消費が冷え込んでいたところへ、豚インフルエンザでさらに追い討ちをかけられた格好だ」と男性。

プノンペン西南郊のミアンチェイ区バン=トムポン町で屠殺業を営むBun Srengは、通常は一日700頭の豚を屠殺するところ、豚インフルエンザのニュースを聴いてからは200頭に減らしていると述べた。だがこの日はさらに減らして、170~180頭しか屠殺しないことに決めたという。仕入先からは、供給されてもさばききれないという悲鳴があがっているという。

「豚インフルエンザは恐ろしくない。遠いよその国のことだ。鳥インフルエンザのほうが怖い。鳥は飛ぶから」と彼は語った。
[PR]

by yupukeccha | 2009-04-30 13:14 | アジア・大洋州  

FDA、富士山静岡空港拠点に7月23日運航開始-フライトスケジュールと運賃申請

2009年4月30日12時05分 みんなの空港新聞

 6月4日開港予定の富士山静岡空港を運航拠点とする新航空会社「フジドリームエアラインズ」(FDA、本社=静岡市)は4月24日、就航日・フライトスケジュール・運賃を決定し、国土交通省に届け出た。

 決定によると就航日は7月23日。既に発表していた通り、RJ(リージョナルジェット)エンブラエル170(76席)2機を使用して、富士山静岡空港から小松に1日2往復、熊本に1日往復、鹿児島に1日1往復運航する。

 スケジュールは、小松線が静岡発8時35分・16時45分、小松発10時10分・18時20分。熊本線が静岡発8時45分、熊本発10時50分。鹿児島線が静岡発12時15分、鹿児島線が14時25分。

 運賃は静岡~小松が23,800円(大人・片道普通運賃)、静岡~熊本が38,800円(同)、静岡~鹿児島が40,800円(同)。各路線に小児用運賃や各種割引運賃なども設定する。

 今後各種運賃の条件などを5月中旬ごろまでに発表し、航空券の販売開始を6月1日に予定する。同社は事業計画の段階で、各路線の運賃を「新幹線の指定席とグリーン席の中間」のレベルに設定し、搭乗率は70%を目指すとしている。
[PR]

by yupukeccha | 2009-04-30 12:05 | 社会  

新型インフル「弱毒性」でも警戒必要

4月30日12時3分配信 読売新聞

 今回の新型インフルエンザ(豚インフルエンザ)のウイルスについて、専門家の間では、当初想定していた強毒性の高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)に比べて、感染しても比較的軽症で済む「弱毒性」との見方が強まっている。

 世界保健機関(WHO)の緊急委員会のメンバーでもある国立感染症研究所の田代真人・インフルエンザウイルス研究センター長は29日、今回のウイルスが鳥と人、豚由来のウイルス遺伝子が混ざったもので、「強い病原性を示唆する遺伝子はなかった」と「弱毒性」との見解を明らかにした。

 強毒性のH5N1型ウイルスは、のどや肺などの呼吸器だけでなく、内臓など全身に感染が広がるのが特徴で、感染者の免疫機能が過剰反応して、重症化すると考えられている。しかし、米疾病対策センター(CDC)の遺伝子解析によると、今回のウイルスは強毒性のH5N1型と異なり、呼吸器にしか感染できない構造だったという。

 東北大の押谷仁教授(ウイルス学)も、「感染者の症状から、H5N1型に比べて、毒性ははるかに弱いと考えられる。国内で流行しても感染者が重症で死亡する割合は低いのではないか」と指摘する。

 しかし、たとえ毒性が弱いとしても、今回の新型ウイルスは、ほとんどの人が経験したことがなく、免疫を持っていない。今後、世界各地で、爆発的に感染が広がる恐れがある。国立病院機構仙台医療センターの西村秀一・ウイルスセンター長は「毒性が弱く、重症化率が低くても、多くの人が感染すれば死亡者数は増える。弱毒性の方が感染に気づかないうちに周囲に広げる危険性が高い。マスクをするなど、感染拡大を抑えることが大事」と指摘する。

 さらに、インフルエンザウイルスは、遺伝子が変異しやすい。大流行して人間の間で感染を繰り返すうちに、弱毒性が強毒性に変わることも考えられる。1918年から19年にかけて世界で4000万人以上の犠牲者を出した「スペインかぜ」も、弱毒性が流行の途中で変化したタイプだった。

 外岡立人・元小樽市保健所長は「弱毒性と安心せず、毒性がどう変化するか、今後も、注意する必要がある」と強調する。
[PR]

by yupukeccha | 2009-04-30 12:03 | 社会  

後藤麻衣「イメージビデオ」わいせつと認定 本人と元社長ら逮捕

2009.4.30 11:53 産経新聞

b0161323_10321985.jpg 性器が映った女優の「イメージビデオ」を販売したとして、警視庁保安課はわいせつ図画販売の疑いで、横浜市青葉区のDVD制作・販売会社「キングダム」元社長、藤山政典容疑者(40)=東京都新宿区新宿=を逮捕。同幇助(ほうじょ)の疑いで、「後藤麻衣」の芸名で出演していた女優、後藤展江容疑者(36)=杉並区桃井=を逮捕した。同課によると、藤山容疑者は容疑を認め、後藤容疑者は「わいせつに当たらないと思って撮影した」と容疑を否認している。「イメージビデオ」がわいせつ図画に認定されるのは初めて。

 同課によると、両容疑者は昨年3月4日から12日までの間、アラブ首長国連邦で後藤容疑者の性器が露出された無修正のDVD「千夜一夜の夢 後藤麻衣」を撮影し、11月から12月にかけて、インターネット通販で同作品を販売した疑いがもたれている。

 作品が週刊誌で紹介されたことから同課が調べたところ、50分弱の作品のうち、約25%で後藤容疑者の性器が見える状態になっていた。同課は2月上旬、わいせつ図画販売の疑いで制作、販売会社「キングダム」などを家宅捜索していた。

 同課によると、後藤容疑者は、「後藤麻衣」の芸名で、約10年前から藤山容疑者とイメージビデオや写真集を制作。アラブ首長国連邦では、DVDや写真集など3作品を撮影し、出演料として500万円を受け取っていた。同作品は5000枚制作され、今年1月からは同社が自主的に販売中止にしたが、これまでに968万円を売り上げて完売状態だという。ネットオークションでは、2万円以上で売買されている。

 「イメージビデオ」は、当初はグラビアアイドルの水着姿などが中心だったが、最近ではわいせつ性の高い過激な作品も増えている。同課は「男女のからみがないというだけで、露骨な性器の露出シーンは、無修正のアダルトビデオと変わらない」としている。
[PR]

by yupukeccha | 2009-04-30 11:53 | 社会  

4国際空港、健康質問票を配布せず 豚インフル

2009年4月30日10時41分 朝日新聞

 豚インフルエンザ問題で厚生労働省は30日、世界保健機関(WHO)が警戒レベルを「フェーズ3」から「フェーズ4」に引き上げた後、羽田、中部、関西、成田の4空港から入国した計約1万人に健康状態を尋ねる「健康状態質問票」を配らず、回収できなかったと発表した。

 厚労省によると、羽田空港の検疫所では、WHOが引き上げを決めた28日から29日午前中まで、韓国と台湾からの入国者約5千人に質問票を配布していなかった。質問票は入国者全員に配ることになっていたが、事務連絡が不徹底だったという。

 また、中部、関西の2空港では、引き上げ当日の28日午前11時半まで、質問票の配布準備が整わず、計5800人分を回収漏れ。成田でも回収漏れはあったが、人数は確認中だ。

 ただ、4空港の検疫所ともに発熱測定装置などによる検疫は実施しており、異常を訴える人はいなかった。また、質問票を回収できなかった人のなかにメキシコ、米国、カナダからの直行便の搭乗者はいなかったという。
[PR]

by yupukeccha | 2009-04-30 10:41 | 社会  

タクシン元首相、逃亡後2回にわたりカンボジアに渡航?

2009年4月30日10時39分 タイの地元新聞を読む

 30日、バンコクポストが空軍筋の情報としてタクシン元首相のプライベート・ジェット機が、同元首相が国有地不正収容疑惑裁判の判決前に国外に逃亡して以来2回に渡りカンボジア領内に向かっていた事を確認していたと報じた。

 それぞれの着陸先はプノンペンと国境線に近いコ・コンだったという。

 タクシン元首相に関しては、先週来カンボジアからパスポートの発給を受けているとの噂が広がっていた他、反独裁民主主義同盟が集会活動を展開していた際に、同元首相がプノンペンのフン・セン首相宅近くで目撃されていたとか、コ・コンからビデオ演説を行っていたといった噂が広がっていた。

 各メディアの報道によると、カンボジアのテー・バン外務大臣は29日、カンボジアを訪問中だったプラウィット防衛大臣と面会した際に、タクシン元首相がカンボジア国内に滞在しているといった噂やパスポートの発給を受けたとの噂は両国関係に影響を与える事を狙ったデマでしか無いと指摘し噂を否定すると共に、政府として同元首相のカンボジア入国を歓迎する方針が無い事を確認していたという。
[PR]

by yupukeccha | 2009-04-30 10:39 | アジア・大洋州  

【外信コラム】マーライオンの目 車好きの習性

2009.4.30 03:21 産経新聞

 シンガポールの街中では磨き上げられた高級車をよく目にする。最近も155万8000シンガポールドル(約1億円)もするイタリアのスーパーカー、ランボルギーニ・ムルシエラゴLP670-4SVが発表と同時に、世界限定350台のうち10台の予約がシンガポールで入った。日本での予約も10台程度だから人口約400万人のシンガポールの金満ぶりがわかる。

 知られていることだが、シンガポールは自動車そのものが高い。排気量1・5リットルクラスの大衆車でも日本に比べると3倍はする。東京23区程度の狭い国土のため、台数を制限する狙いからだという。車はすべて輸入で、購入には関税はもちろん自動車登録証明書(COE)、追加登録税、消費税、道路税などが必要だ。

 COEは購入希望者の入札によるため、金融危機が拡大した昨年11月後半には小型車で2シンガポールドルに急落。しかし、4月後半は7589シンガポールドル(約49万5000円)まで戻した。政府がCOEの発行枚数を減らしたこともあって価格が上昇した。

 最近、目立つのが夜7時から朝7時と週末、休日限定のオフピークカーだ。赤いナンバープレートで区別され、COEや登録税が安い。平日に使う場合は1日20シンガポールドルの証明書を買って窓に提示する。途中で高級車をオフピークカーに切り替え、COEなどの還付を受ける人が増えているとか。車には金をかけるが税金などは1円でも安くしたい。車好きの考えはどこも同じなようだ。(宮野弘之)
[PR]

by yupukeccha | 2009-04-30 03:21 | アジア・大洋州