カテゴリ:社会( 1908 )

 

紳助さん、十数年前TV発言で右翼とトラブル…山口組幹部が解決

産経新聞 8月24日(水)14時43分配信

 人気タレントの島田紳助さん(55)=本名・長谷川公彦=が暴力団関係者との親密交際を認め、芸能活動引退を表明した問題で、この暴力団関係者は指定暴力団山口組の若頭補佐と呼ばれる最高幹部の一人で、大阪府警が平成17年に幹部の自宅などを家宅捜索した際、紳助さんからの直筆の手紙や、幹部の親族らと撮影した写真が見つかっていたことが24日、捜査関係者への取材で分かった。

 紳助さんが23日の記者会見で明らかにした十数年前のトラブルは、テレビ番組での自身の発言をめぐる右翼とのものだったことも判明。紳助さんは、友人の元ボクシング世界王者、渡辺二郎被告(56)=恐喝未遂罪で実刑判決を受け上告中=を通じて幹部と携帯メールを交わし、幹部が解決に乗り出していたという。

 幹部は、17年6月に大阪府東大阪市内の自宅建物と土地が差し押さえられたことをめぐる競売入札妨害事件で府警に逮捕された。府警は関係先の捜索で手紙や写真を発見したが、押収はしていないという。

 一方、紳助さんは17年6月から2年間、幹部とメールを交わしたとしているが、関係者によると、メールは渡辺被告を介してやりとりしていた。

 メールは紳助さんと幹部との親密さをうかがわせる内容で、幹部が紳助さんの経営する大阪市内の飲食店を訪れ、高額の飲食をしたことに対する謝意や、幹部が逮捕されたことを心配するような記述があったという。

 メールは、府警が19年に未公開株をめぐる恐喝未遂事件で、羽賀研二被告(50)=本名・當真(とうま)美喜男、詐欺罪などで実刑判決を受け上告中=の共犯として渡辺被告を逮捕した際、渡辺被告の携帯電話を押収し、内容が判明したという。
[PR]

by yupukeccha | 2011-08-24 14:43 | 社会  

兄弟子・島田洋七さん「反省しても落ち込むな」

読売新聞 8月24日(水)13時34分配信

 島田紳助さんの兄弟子で、ベストセラー「佐賀のがばいばあちゃん」で知られるタレント島田洋七さん(61)(佐賀市)は「長年にわたって、たくさんの人々に笑いと感動を与え続けた弟弟子に拍手を送りたい。人生は長い間に1回や2回こけるよ。反省はしても、落ち込むな」というコメントを出した。

 紳助さんは、洋七さん監督の映画版がばいばあちゃんにも友情出演していた。
[PR]

by yupukeccha | 2011-08-24 13:34 | 社会  

島田紳助さん引退:暴力団関係者と親密メール

2011年8月24日 12時48分 毎日新聞

 芸能界引退を表明したタレントの島田紳助さん(55)に暴力団関係者との交際を仲介したのは、元プロボクシング世界王者、渡辺二郎被告(恐喝未遂罪で実刑判決を受け上告中)であることが24日、関係者の証言で分かった。暴力団関係者と交わしたメールは親密ぶりをうかがわせ、大阪府警による暴力団関係者に関わる家宅捜索では島田さんからの手紙が見つかっていたことも同日、明らかになった。

 捜査関係者によると、この暴力団関係者は、指定暴力団山口組ナンバー4にあたる「筆頭若頭補佐」という役職を持つ幹部。大阪府警が05年にこの幹部の関係先を家宅捜索した際、島田さんから幹部にあてた直筆の手紙や、幹部と同席した写真が見つかっていた。

 また、島田さんは05年から07年ごろのメールで、この暴力団幹部が競売入札妨害などの容疑で大阪府警に逮捕されたことを心配し、自分が経営する店で高額な飲食をしてくれたことを感謝していた。大阪府警が07年に渡辺被告を逮捕した際の携帯電話の解析でも同様の内容が明らかになったという。

 島田さんが23日の記者会見で明らかにした十数年前のトラブルは、テレビ番組での自身の発言をめぐる右翼とのもので、渡辺被告を通じ、同幹部が解決に乗り出していたことが捜査関係者への取材で判明した。
[PR]

by yupukeccha | 2011-08-24 12:48 | 社会  

紳助さん、6年前に山口組幹部へ直筆手紙…高額飲食で謝意メール

産経新聞 8月24日(水)12時31分配信

 人気タレントの島田紳助さん(55)=本名・長谷川公彦=が暴力団関係者との親密交際を認め、芸能活動引退を表明した問題で、この暴力団関係者は指定暴力団山口組の若頭補佐と呼ばれる最高幹部の一人で、大阪府警が平成17年に幹部の自宅などを家宅捜索した際、紳助さんからの直筆の手紙や、幹部の親族らと撮影した写真が見つかっていたことが24日、捜査関係者への取材で分かった。

 幹部は、17年6月に大阪府東大阪市内の自宅建物と土地が差し押さえられたことをめぐる競売入札妨害事件で府警に逮捕された。府警は関係先の捜索で手紙や写真を発見したが、押収はしていないという。

 一方、紳助さんが17年6月から2年間、幹部と携帯メールを交わすのを仲立ちした「友人」は、元ボクシング世界王者の渡辺二郎被告(56)=恐喝未遂罪で実刑判決を受け上告中=だったことも判明。関係者によると、メールの内容は紳助さんと幹部との親密さをうかがわせる内容で、幹部が紳助さんの経営する大阪市内の飲食店に訪れ、高額の飲食をしたことに対する謝意や、幹部が逮捕されたことを心配するような記述があったという。

 メールは、府警が19年に未公開株を巡る恐喝未遂事件で、羽賀研二被告(50)=本名・當真(とうま)美喜男、詐欺罪などで実刑判決を受け上告中=の共犯として渡辺被告を逮捕した際、渡辺被告の携帯電話を押収し、内容が判明したという。
[PR]

by yupukeccha | 2011-08-24 12:31 | 社会  

紳助さん会見まるで“独演会” 芸能リポーターばかり指名

2011年08月24日10時06分 産経新聞

 島田紳助さんの引退記者会見は、暴力団関係者と知り合った経緯など事実関係の質問は少なく、紳助さんの「気持ち」を振り返るやり取りが多くを占めた。早口でしゃべる紳助さんの“独演会”の様相を見せた。

 約50分の会見は、直前に所属事務所が報道陣に「事件ではないので暴力団関係者の個人名や団体名につながる質問はしないでほしい」と要請して始まった。冒頭、紳助さんと所属事務所の社長が配布した説明文書に沿って説明。質疑応答に移ると約300人の報道陣が一斉に手を上げた。

 事務所側から指名されたのは芸能リポーターらが中心で、新聞社の記者が手を挙げ続けてもほとんど指名されることはなかった。リポーターからは「芸能界に未練はないのですか」「芸能生活を振り返って思い出すシーンは」など、紳助さんに「気持ち」を尋ねる質問が大半を占めた。

 会見は紳助さんが「最後の切腹の介錯をしていただき、ありがとうございました」との言葉を残し、事務所側によって一方的に打ち切られた。記者らは会見後も詳しい説明を求めたが、事務所側は「分からない」「会見で初めて聞いた」と繰り返した。
[PR]

by yupukeccha | 2011-08-24 10:06 | 社会  

島田紳助さん引退表明に街の声はさまざま

2011年08月24日09時08分産経新聞

 京都市南区出身の島田紳助さんは、平成11年から今年3月末まで市の特別観光大使を務めた。司会を務めるテレビ番組の企画で「平成の新選組プロジェクト」に取り組み、関西在住の学生で結成する5人組男性アイドルユニット「新選組リアン」を21年にデビューさせるなど京都の活性化に情熱を注いでいた。

 門川大作市長は「幅広い活動をされていただけに、このようなことになって極めて残念」と言葉少な。市広報課の男性職員は「クリーンなイメージの人と思って特別観光大使をお願いしたのに…」と肩を落とした。

 街の人たちも引退表明にさまざまな声をあげた。

 神戸市垂水区の専門学校生、中村友香さん(19)は「大好きなタレントだったのでショック。テレビで見ることができなくなるのは残念」と話す一方、大阪市住之江区の医療事務員、藤原朋可さん(23)は「番組ではいいことを言っていて、影響力のある芸能人だと思っていた。でも、そういう発言がうそくさく感じてしまう」。

 また、兵庫県姫路市の会社員、東勇佑さん(28)は「反社会勢力との関係は芸能界全体に浸透していると思っていたが、改めて認識した」と話した。京都市下京区の自営業の男性(26)は「犯罪者ではないし、やめる必要はなかったのでは。逆にさらに“黒い”ことを疑ってしまう」と引退に疑問を示した。
[PR]

by yupukeccha | 2011-08-24 09:08 | 社会  

「真相の幕引きには程遠く...」島田紳助を引退に追い込んだ"ヤバネタ"とは!?

2011年8月24日 04時15分 メンズサイゾー

 23日夜にタレントの島田紳助(55)が緊急会見で突如として引退を発表し、芸能界が騒然となっている。

 引退会見での紳助と所属事務所よしもとクリエイティブ・エージェンシーの水谷暢宏社長の発言によれば、恐喝未遂罪に問われている元プロボクシング世界王者・渡辺二郎被告(56)と紳助の間で交わされたメールのやり取りを、外部の人物が吉本興業にタレこんだという。

 渡辺被告は某広域暴力団の二次団体の相談役を務めていると言われ、このメールによって吉本側が紳助と暴力団関係者の親密交際を把握。8月中旬頃に本人に問いただしたところ紳助は事実だと認め、引退を申し出たという。

 吉本側が引退を正式に受け入れたのは、紳助の発言によると会見の数時間前。各メディアはもちろん、吉本興業の社員ですら一部の上層部を除いて全く知らされておらず、レギュラー番組の制作関係者にも直前になって通達されたため、各局は番組差し替えなどの対応にテンヤワンヤの状態となっている。

 紳助といえば、2004年に吉本興業の女性社員(事件後に退職)を殴った事件で損害賠償約1,045万円の支払い命令を受けたり、09年の『オールスター感謝祭』(TBS系)生放送中に若手お笑いトリオ・東京03を恫喝する場面がカメラに映り込んだりと、超売れっ子にもかかわらず常に暴力の匂いが付きまとっていた。

 とはいえ、今回の一件はメールの内容のみが引退の根拠となっており、しかも4~6年前のもの。本人も会見で「引退しろと言われたわけではないですし、僕が何も言わなかったら謹慎処分だったと思う」と言っていたように、過去のこととして謹慎程度で済ませることも可能だっただろう。

 吉本興業と言えば、創業家一族と現経営陣との間に勃発した"お家騒動"の背後に暴力団関係者が存在したとも報じられており、そのイメージを払しょくするために"黒い交際"に対して厳しく臨むという姿勢になったのかもしれない。だが、テレビレギュラー6本、CM6本を抱え、吉本を長年支えてきたタレントをメールのやり取りのみを根拠に、テレビ局やスポンサーにも配慮せずに電撃引退させるという異常事態には、やはり疑問が浮かぶ。

 この騒動はベテラン芸能人にも不可解に映ったらしく、関西を拠点に活躍するタレント・やしきたかじん(61)は、Twitterで以下のようにつぶやいている。

「今、zero見てますが歯切れ悪いですね。本質が暴力団とのメールだけで吉本興業は切らないと思いますが」

「年10数億円稼ぐタレントは事務所に取ってドル箱です。

特に金にシビアで有名な吉本が誰も確証のないメールを盾にする事自体が訝(いぶか)しい」
「此れで真相の幕引きには程遠く、週刊誌等がかなり動くと思われます。紳助一人の判断でないのは確かだと思うのですが」

 ほとんどの人が納得できないであろう会見だっただけに、現在は各メディアの記者たちが引退の真相を探るために取材を続けているが、確信的な情報を得たという者はおらず、いまだ闇の中といったところ。某週刊誌が紳助の"ヤバネタ"をスクープし、その記事が出るのを見越して先手を打った引退会見とも言われたが、ヤバネタの中身が何なのか誰も確実な裏がとれていない状況だ。

 紳助は会見で「僕はここ数年間、ワケの分からん記事をいっぱい書かれました。ヤクザを使って競売物件を買ってるとか。カジノに出入りしてるとか、命をかけてもありません。僕がもし、本当にそんなことしてたら、みなさんの前で腹を切ります。週刊誌に書かれても我慢してきました」と、これまでの報道を否定する皆を語っている。

 これに続けて「明日から一般人なので、ウソを書かれたら告訴する気持ちでいます」と発言し、その後も「明日からは遠慮せんと告訴できるなとホッとしている」などと数回にわたってマスコミを牽制する言葉を発している。単純にウソを書かれたくないという気持ちもあるのだろうが、うがった見方をすれば探られたくない深い事情があるようにも聞こえる。

 芸能界が引っくり返るような大騒動になった引退劇だが、まだまだ我々を驚かせる"何か"が隠されている可能性はありそうだ。

(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops)
[PR]

by yupukeccha | 2011-08-24 04:15 | 社会  

島田紳助が芸能界引退を発表、ネットの反応は?

2011年08月23日23時30分 サーチナ

 タレントの島田紳助(55)が23日、緊急会見を開き、同日付で芸能界を引退することを発表した。2004年6月から3年間に渡り、暴力団関係者との間に一定の親密さを伺わせる携帯メールを行っていたことが判明。本人もこれを認め、社会的責任を取って自ら引退を申し出て、了承された。

 島田紳助の突然の発表に、ネットの反応はどうか。大手掲示板には既に数万件のコメントが寄せられている。内容をみると「なんだか腑に落ちない」「こんな幕引きで一体誰が納得するんだ」「3年も前の暴力団との関係でいきなりやめるものか?なにか隠してるんじゃないの」「やっぱりわからん。何でこのタイミング?」と不信感を抱いているユーザーも多く見受けられる。(編集担当:武田雄樹)
[PR]

by yupukeccha | 2011-08-23 23:30 | 社会  

緊急着陸のボンバル機、エンジン内に大規模損傷

読売新聞 6月27日(月)21時25分配信

 27日午後4時50分頃、大阪(伊丹)空港発高知行き全日空1613便(ボンバルディアDHC8―314型機、乗員乗客34人)が、離陸直後にエンジンの排気温度計が通常より高い数値を示したため、伊丹空港に引き返した。

 約30分後に緊急着陸したが、けが人はなかった。乗客は後続の飛行機に乗り換えた。

 国土交通省運輸安全委員会によると、第1エンジン内部のタービンブレードに多数の破損が見つかるなど、大規模な損傷が確認されたという。

 同委員会は、大事故につながりかねない「重大インシデント」に該当するとして、調査官3人を28日、伊丹空港に派遣することを決めた。


ボンバル機、タービンブレードほぼすべて破損
読売新聞 6月29日(水)0時2分配信

 大阪(伊丹)空港を離陸直後の高知行き全日空1613便(ボンバルディアDHC8―314型機)が27日午後、エンジントラブルで引き返した重大インシデントで、エンジン内部に4層にわたってある計233枚のタービンブレード(羽根)がほぼすべて根元から折れたり、欠けたりしていたことがわかった。

 大阪空港に派遣された国土交通省運輸安全委員会の調査官3人は28日、エンジンが機体に取り付けられた状態で内部を調べ、破損したタービンブレードとみられる複数の金属片を確認したが、原因は特定できなかった。

 このため同日夜、エンジンを取り外し、29日に詳しく調べる。また、機長と副操縦士から経緯の聞き取りを行い、全日空に同機の整備記録の提出を要請した。
[PR]

by yupukeccha | 2011-06-27 21:25 | 社会  

田原総一朗氏取材テープ「秘匿」か「開示」か 大阪高裁判断に注目

産経新聞 1月3日(月)21時10分配信

 「取材源の秘匿」か「証拠開示」か-。ジャーナリスト、田原総一朗氏の取材テープをめぐり、提出の是非を判断する大阪高裁の審理に注目が集まっている。北朝鮮拉致被害者の安否について「生きていない」とした田原氏のテレビ発言に対する慰謝料請求訴訟で、田原氏側が発言の根拠としてテープの一部を匿名で文書化したところ、神戸地裁は「取材源の情報が不可欠」とテープ本体の提出を命じた。「言論の自由の危機」として高裁に決定取り消しを求めた田原氏側に対し、原告側は「発言が虚偽かどうか判断する重要な証拠」と反論している。

 ■「X氏」のテープ

 拉致被害者の有本恵子さん=拉致当時(23)=の両親が起こした今回の訴訟で、有本さん側が最も問題視するのが、発言の真実性だ。有本さん側は「政府高官から伝え聞いたかのような虚偽を流した」と主張。一方の田原氏側は「確かな取材に基づき、ジャーナリストとしての『見解』を表明した」とする。

 ここで登場するのが、今回の取材テープ。平成20年11月に行った外務省高官へのインタビューで、やり取りは計53分40秒。このうち拉致問題に関する6分42秒が、「生きていない」との見解を持つに至った取材のひとつとされ、この部分を書面化し神戸地裁に提出した。取材源秘匿のため高官を「X氏」と記載した。

 これに対し、同地裁は「訴訟でテープを引用した以上、秘密保持の利益を放棄したと解される。拉致問題の社会的意義を考慮すると取材源の情報が不可欠」と指摘。民事訴訟法で提出が義務付けられた「引用文書」に当たる、とする有本さん側の申し立てを認め、テープを出すよう命じた。

 ■引用文書か否か

 地裁決定を受けた大阪高裁の審理では、(1)テープが引用文書に当たるか(2)取材源の秘匿と訴訟の意義をどう捉えるか-の2点が主な争点となっている。

 (1)について田原氏側は「テープには拉致問題以外の取材内容も含まれ、一つの文書と捉えることはできない」と主張。「匿名で文書化した部分以外、秘密保持の利益も放棄していない」と反論する。

 (2)については、声や話し方で取材源が容易に特定されるため、部分的な開示にも応じない構え。「報道の自由を支える取材源秘匿の原則を危険にさらすほど、今回の訴訟に社会的意義があるとも考えられない」(代理人)としている。

 一方、有本さん側は「取材源秘匿の重要性は否定しないが、虚偽の発言まで保護されるべきではない」とした上で、「田原氏に有利な証拠としてテープの一部を引用したのだから、全体を開示して検討や反論の余地を与えるのは当然」と訴える。

 ■「職業の秘密」

 報道関係者の取材源をめぐっては、最高裁が18年10月、証言拒否が認められる「職業の秘密」に当たるとの初判断を示しており、「みだりに開示されると自由で円滑な取材活動が妨げられる」と指摘した。

 ただ、最高裁はこの決定の中で、取材源を守ることよりも証言が優先されるケースとして、社会的意義のある重大事件▽公正な裁判を実現する必要がある▽そのために証言が不可欠-などの事情も挙げており、大阪高裁がこうした点をどう判断するか注目だ。

 ▼「生きていない」発言訴訟 ジャーナリストの田原総一朗氏が平成21年4月の「朝まで生テレビ!」(テレビ朝日系)で、北朝鮮拉致被害者の有本恵子さん=拉致当時(23)=らについて「外務省も生きていないことは分かっている」と発言。有本さんの両親が慰謝料を求めて同年7月に神戸地裁に提訴した。同地裁は22年10月、田原氏が発言の根拠とした外務省高官への取材テープの提出を命じ、田原氏が即時抗告。即時抗告審ではテープ提出の当否が争われている。
[PR]

by yupukeccha | 2011-01-03 21:10 | 社会