カテゴリ:政治( 1462 )

 

「反党行為なら議員辞職」与謝野氏、自民時代に誓約書

2011年1月19日22時6分 朝日新聞

 自民党の大島理森副総裁は19日、与謝野馨・経済財政担当相が2009年の自民党時代に「反党行為があった場合、良心に基づき議員辞職する」と書いた誓約書を公開した。大島氏は、与謝野氏の署名が入った書状を記者団に見せながら、「政治家としての道義にどう答えるのか。しっかり問いただしていく」と述べた。通常国会の予算委員会でも追及する方針。

 自民党は09年の総選挙で、すべての公認候補に誓約書を提出させていた。大島氏は、与謝野氏が民主党の会派に入会しても無所属のままであることについても触れ、「まさに脱法的行為だ」と批判した。
[PR]

by yupukeccha | 2011-01-19 22:06 | 政治  

自民党執行部“世襲禁止”事実上撤回へ

日本テレビ系(NNN) 1月19日(水)16時52分配信

 自民党執行部が、先の衆議院議員選挙のマニフェストで明記した世襲候補者の禁止を、事実上撤回する方針を固めたことが明らかになった。

 自民党は、世襲議員に対する世論の風当たりが強いことなどから、09年の衆院選で次の総選挙から現職議員の配偶者や3親等以内の親族による世襲の禁止を打ち出していた。

 しかし、党のベテラン議員や地方組織などから条件の緩和を求める意見が相次いだことなどから、各都道府県連が行う公募のプロセスを経ることを条件に世襲を認める方針を固めた。自民党幹部は「優秀な人材なら、世襲でも候補者になれなければおかしい」と説明している。

 しかし、民主党のマニフェストを「実現できない。詐欺だ」などと批判しながらマニフェストを修正することには、自民党内からも異論が出そうだ。
[PR]

by yupukeccha | 2011-01-19 16:52 | 政治  

ベトナムで下水道ビジネス 国交省が協力の覚書

2010年12月13日19時15分 朝日新聞

 国土交通省は13日、ベトナム建設省と、下水道の建設や運営に関する協力の覚書を交わした。下水道は民主党政権が成長戦略として狙う「水ビジネス」の一つで、外国政府と結ぶのは初めて。これを足がかりに、官民で連携して現地企業と新会社を設立し、事業の受注を狙う。

 池口修次副大臣が同日、神戸市やプラントメーカーなど約20の企業・団体とともにハノイを訪問。処理場の計画から運営までを手がけるプロジェクトを始めることを前提に、覚書に署名した。

 ベトナムの人口は約8600万人。下水の処理率は人口換算で5%程度にとどまり、ほとんどの排水は川に流されている。2025年までに人口5万人超の都市での処理率を70~80%にする計画だ。

 これまでの日本勢の実績は、ゼネコンなどによる工事の受注のみだった。国際協力機構(JICA)などが協力し、05年には日本の下水道技術をPRするため、ハノイに小型処理場を設置。約2万5千人分の排水を日本と同じ水質に処理し、日本の自治体が持つ運営のノウハウや民間の技術をアピールしてきた。(鳴澤大)
[PR]

by yupukeccha | 2010-12-13 19:15 | 政治  

アラブでビジネス、まずは太陽熱発電 国際会合で合意

2010年12月11日23時57分 朝日新聞

 【チュニス=山尾有紀恵】日本とアラブ連盟加盟国の閣僚や企業関係者らが集う「第2回日本・アラブ経済フォーラム」が11日、チュニジアの首都チュニスで始まった。日本からは前原誠司外相、大畠章宏経済産業相が出席。チュニジア政府との間で同国内での太陽熱発電の共同プロジェクト開始に合意するなど39の新規事業に合意した。

 日本の約120の企業・機関の約350人も参加した。経済界は中東で急速に存在感を増しつつある中国や韓国に警戒感を強めており、官民一体となって中東でビジネスを進める姿勢を示した。日・アラブは11日に石油・天然ガス分野での協力にとどまらない広範囲での協力を提唱した「チュニス宣言」を採択し、12日に閉会する。

 アラブ地域は人口が増加傾向にあり、電力確保が喫緊の課題。日射の強い気候を生かし、将来的に欧州への輸出が見込まれる太陽熱発電などへの期待が高まっている。

 開会式で前原外相は「アラブ諸国は魅力的な市場、投資先として変貌しつつある。日本の先進技術の活用を促進し、科学技術の振興や人材育成に貢献したい」と表明した。
[PR]

by yupukeccha | 2010-12-11 23:57 | 政治  

ウナギ偽装会社社長から100万円 仙谷官房長官の団体

2010年12月1日11時40分 朝日新聞

 仙谷由人官房長官の資金管理団体「制度改革フォーラム」が2009年8月、中国産ウナギ産地偽装事件にからみ、不正競争防止法違反(虚偽表示)の罪で罰金刑を受けた地元・徳島市の水産物卸会社「徳島魚市場」の社長から100万円の寄付を受けていたことが、11月30日に総務省が公表した政治資金収支報告書で分かった。

 仙谷氏の事務所は「親会社として管理監督責任を問われ、罰金を支払ったことで事件が終結していることを社長に確認した。寄付は社長個人の厚意であり、事件とは関係がないことなどから問題はないと考えている」としている。
[PR]

by yupukeccha | 2010-12-01 11:40 | 政治  

東国原知事パーティー復活…前時代的と批判だが

読売新聞 12月1日(水)11時39分配信

 宮崎県の東国原知事の後援会と政治団体「21世紀宮崎改新の会」が09年に県内5か所で開いたパーティーによる事業収入は計2148万2000円だった。

 昨年10月を最後に、景気低迷や「パーティーは前時代的」などとして中止していたが、今年11月には県内3市で開いた。

 後援会の収入は約3600万円で、人件費に約2100万円を充てた。知事は「宮崎と都城の非正規のパートを含むスタッフ約10人の給料」と説明。昨年4月に政治団体「そのまんま会」を県選管から総務省への届け出にしたことは「在京の県人会から東京でもパーティーを、と言われ必要になった」と述べた。

 退任後の資金集めについては「常識的な範囲での政治資金パーティーはあり得る」とした上で、「ネット社会にも政治は進出していかないといけない。新しい方法を考えていく」と話した。

 一方で「企業、団体からの献金はなくしてもいいが、個人献金は税の優遇措置などを設けて強くするべきだ。個人が政治に参加しないと、日本の政治が成熟しない」とも述べた。引退後の政治団体の県内での活動は「未定」とした。
[PR]

by yupukeccha | 2010-12-01 11:39 | 政治  

秋篠宮殿下に「暴言」と指摘=民主議員が記念式典で-自民逢沢氏

2010/12/01-01:23 時事通信

 自民党の逢沢一郎国対委員長は30日の記者会見で、29日に参院本会議場で行われた「議会開設120年記念式典」に際し、民主党の衆院議員が秋篠宮殿下ご夫妻に「暴言」を吐いた可能性があると指摘した。逢沢氏は議員の特定は避けたが、「事実関係を確認する必要がある」と述べた。

 自民党議員などによると、この民主党議員は、壇上で起立のまま天皇、皇后両陛下の入場を待たれていた秋篠宮殿下ご夫妻に対し、議場から「早く座れよ。こっちも座れないじゃないか」などと発言した。

 逢沢氏は「周辺の複数の議員がその乱暴な発言、暴言を直接聞いているようだ。その通りなら懲罰の対象になるような、著しく品を欠く発言と言わざるを得ない」と問題視。一方、「暴言」を指摘された議員は、取材に対し「聞こえないように言った。つぶやいただけだ」と述べた。
[PR]

by yupukeccha | 2010-12-01 01:23 | 政治  

ウィキリークス暴露「盗んで公開、言語道断」 前原外相

2010年11月30日21時40分 朝日新聞

 「勝手に他人の情報を盗んで勝手に公開する犯罪行為。言語道断だ」。前原誠司外相は30日の記者会見で、民間告発サイト「ウィキリークス」が米政府の外交公電を暴露したことを強く批判した。

 前原氏は「(公開を)判断するのは(情報を)持っている政府であって、勝手に盗み取って公表することに評価を与える余地はない」と強調。暴露内容をマスメディアが報じることは「妨げることはできないと思う」と語った。

 「日本外務省の現職幹部の名が挙がっている文書もあるが、事実関係を調査するか」との質問には「コメントもしないし、事実関係の調査もしない」。米側からは外交ルートを通じて事前に説明があったという。(山口博敬)
[PR]

by yupukeccha | 2010-11-30 21:40 | 政治  

何様だ!民主大物、皇族にヤジ 秋篠宮殿下に「早く座れよ」

★みんな桜内暴露「いずれ誰か明らかに…」
2010.11.30 ZAKZAK

 天皇皇后両陛下ご臨席のもと、29日午前に参院本会議場で開かれた「議会開設120年記念式典」で、民主党ベテラン議員が秋篠宮殿下御夫妻に対してヤジを飛ばした、との衝撃情報が流れている。自民党も調査に乗り出した。菅直人内閣の体たらくで民主党支持率は急落しているが、不謹慎極まるベテラン議員とは一体誰なのか。

 驚くべき情報を指摘したのは、みんなの党の桜内文城参院議員。30日朝に更新した自身のブログに、こう記したのだ。

 《報道されてはいませんが、ある民主党ベテラン議員は、秋篠宮殿下御夫妻が入場された後、天皇皇后両陛下の御入場をお待ちになる間、ずっと起立されていた(当初の式次第では着席されることとなっていた)のに対して、『早く座れよ。こっちも座れないじゃないか。』と野次を飛ばす始末。想像を絶するようなことが起こっていたのが実情です》

 国会議員が、皇族の方々にヤジを飛ばしたという衝撃情報に、桜内氏のブログには、「不敬にもほどがある」「この無礼な態度、断じて許せない」「ヤジを飛ばした議員の名前を明らかにすべき」といった書き込みが殺到した。

 このためか、桜内氏は同日午前、改めてブログを更新した。

 《議場に響き渡るような大きな声のヤジではありませんでしたが、周囲にいた複数の国会議員は耳にしたと思います。みんなの党の同僚議員も確かにそのヤジを耳にしていますし、いずれ誰が発したヤジなのかは明らかになると思います》

 民主党といえば昨年12月、天皇陛下と会見する際は1カ月前に申請するという「30日ルール」を破るかたちで、中国の習近平副主席との“特例会見”をセットした。ヤジが事実なら、似たような思想的背景や皇室観を感じずにはいられない。

 ベテラン議員の実名について、桜内氏はブログで「『言った』、『言わない』の水掛け論になる」として明かしていないが、自民党国対関係者は「大問題だ。そのベテラン議員は議員辞職もの。昔なら、内閣総辞職も十分あり得る。北朝鮮による砲撃事件への対応も含めて、民主党全体が緩みきっているのでは。徹底的に調査・追及する」と語った。

 桜内氏は、夕刊フジの取材に「ブログに書いたことがすべてです」とコメントしている。
[PR]

by yupukeccha | 2010-11-30 12:00 | 政治  

住民投票の必要数に届かず=市議会リコール署名―名古屋市選管

時事通信 11月24日(水)16時48分配信

 名古屋市の河村たかし市長が主導する市議会の解散請求(リコール)運動で、同市選挙管理委員会は24日、河村たかし市長の支援団体が提出した約46万5600人分の署名のうち、16区中15区分で、無効数が10万5314人分に達した発表した。残る南区の署名が全員有効でも、有効数は36万288人分にとどまり、解散の是非を問う住民投票に必要な36万5795人分(市内有権者の約2割)を下回る。
[PR]

by yupukeccha | 2010-11-24 16:48 | 政治