カテゴリ:アフリカ( 36 )

 

チュニジア 抗議の焼身自殺、母親「息子の死、生かして」

毎日新聞 1月22日(土)16時49分配信

 【シディブジド(チュニジア中部)和田浩明】「息子の死が無駄にならないよう、過去と決別して」。23年続いたチュニジアのベンアリ独裁政権を、抗議の焼身自殺で崩壊に追い込んだムハンマド・ブアジジさん(26)の母、マノビアさん(55)は21日、毎日新聞の取材に訴えた。独裁者は去ったが、旧政権の閣僚多数が残留。体制刷新を求めるデモが全国で続く。「革命」の発火点となったムハンマドさんの故郷シディブジドでは、死者を悼んで国旗が半旗で掲げられ、住民が「与党は去れ」との叫びを強めていた。

 家族によると、ムハンマドさんは死別した父に代わって一家9人の生活を支えるため、野菜や果物を道端で売っていたが、昨年12月17日、「無許可販売」を理由に摘発された。この際、市の女性職員に顔面を平手打ちされるなど「屈辱的な扱いを受けた」と妹のベスマさん(16)。当局に苦情を訴えようとしたが聞き入れられず、市役所前で抗議の焼身自殺を図った。

 この事件で、高失業率や大統領周辺の腐敗に高まっていた住民の怒りが爆発、暴動が発生し、治安部隊との衝突でこれまでに少なくとも20人が死亡した。国内メディアは当初無視したが、インターネットなどで情報が広がり、反政府デモは全国に飛び火。4日にムハンマドさんが死亡するとさらに激化。ベンアリ氏は14日、サウジアラビアへの亡命に追い込まれた。

 大学でコンピューターを学ぶのが夢だったというムハンマドさん。生活に追われて実現はままならなかった。収入は1日7ディナール(約400円)程度。

 農作業に従事するマノビアさんが仕事のつらさを訴えると「もっと稼ぐから、お母さんは休んで」と思いやった。6畳ほどの部屋が3室しかない小さな平屋の自宅には、面倒を見ていたという5羽の小鳥の澄んださえずりが響いていた。マノビアさんは、新政権に残る旧政権系閣僚の完全排除を求める。それでも、「国の立て直しには、憎しみより赦(ゆる)しが必要」とも語り、当局との暴力的衝突を戒めた。

 シディブジドは首都チュニスの南方約260キロで、住民によると人口約4万人。農業が主要産業の「政府から見捨てられた町」(男性住民)だ。ムハンマドさんの写真が掲げられた中央広場で住民の話を聞き始めると、たちまち50人ほどが集まり、生活の不満を語り始める。教師のジャマル・ハムドゥーニさん(40)は「大学を出ても就職できず、若者はやることがない」。20代の男性は「仕事の口利きをしてもらうのに、1万ディナール(約58万円)も要求される」と訴えた。

 ベンアリ前大統領の就任日にちなんで「11月7日広場」と名付けられていた中央広場は今、「ムハンマド・ブアジジ広場」と呼ばれる。「彼は自らを犠牲にして独裁者を倒した。今度は我々が行動する番」。女性住民ハリマ・アブドゥーリさん(32)の声には、決意がこもっていた。
[PR]

by yupukeccha | 2011-01-22 16:49 | アフリカ  

中国とケニア 明の名将・鄭和の艦隊難破船を共同調査 航海600年 交流アピール

2010.7.29 23:57 産経新聞

 15世紀初めにアフリカまで航海したといわれる中国・明代の武将、鄭和(ていわ)の大艦隊のうち、磁器などを積み込んだ1隻が東アフリカのケニア沖に沈没している可能性が高いとして、中国とケニア両国が共同研究に乗り出した。中国はいま、近代的な外洋海軍の整備を着々と進めており、約600年前にインド洋を横断して東アフリカまで到達した鄭和を“平和外交”の象徴として強調することで、国際社会の懸念を和らげる狙いがあるとみられている。

 ケニアからの報道によると、鄭和艦隊の難破船が沈んでいるとみられる地点はケニア沖のラム島付近。周辺海域では当時の中国製磁器が見つかり、今月下旬、中国側の考古学者11人がケニア入りした。今後、北京大学とケニア国立博物館の考古学チームが3年間の計画で調査に着手する。中国商務省が2千万元(約2億6千万円)の費用を負担するという。

 鄭和の艦隊は東南アジア、インド、アラビア半島を経てアフリカ東海岸に至り、1418年にラム島の南に位置するケニアの都市マリンディに到着したといわれる。

 報道によると、当時、難破船から多くの船員が海岸に泳ぎ着き、現地の女性と結婚。中国系アフリカ人社会が現在も残っているとされる。最近、DNA検査で中国人の血を引くと判定されたスワヒリ語系の女性(19)が、中国の経済援助を受けながら中国で伝統医学を学んでいるという。

 経済成長に必要な資源などを獲得するため、アフリカで独裁政権を支援し欧米の批判を招くことも少なくない中国だが、最近、鄭和が交易を中心とした“平和外交”を推進したと主張。その後、アフリカに到達した欧州諸国が武力を行使し、奴隷貿易まで行った負の歴史との違いを強調している。

 中国側には、航海から600周年に当たる2018年までに中国とアフリカの歴史的交流を証明し、国際社会に中国とアフリカ関係の長さをアピールする狙いがあるようだ。

 ただ、鄭和の“平和外交”には異説もある。

 鄭和関係の文書を翻訳したオーストラリアの歴史家ジェフ・ウエイド氏は、英BBC放送に「鄭和の艦隊は先端の武器を積んでおり、少なくともジャワ、スマトラ、スリランカの3カ所で武力を行使した。しかし研究は中国に委ねられているので、批判的な調査は行われていない」と話している。(ロンドン 木村正人)

     ◇

 ■鄭和の大航海

 鄭和は現在の雲南省出身のイスラム教徒。明朝の力を東南アジア諸国などに誇示するため、永楽帝の命を受け、「宝船」と呼ばれる巨大船300隻と3万人の船員を率いて、1405年から7度にわたる大航海を行った。南京を出航し、東南アジアからインド、アラビア半島、アフリカ東部に到達したという。

 コロンブスやバスコ・ダ・ガマの大航海はよく知られているが、それより約1世紀前に成し遂げられた鄭和の偉業は歴史に埋もれてきた。2年前の北京五輪開会式で鄭和の大航海が紹介されるなど、中国政府は積極的にPRしている。
[PR]

by yupukeccha | 2010-07-29 23:57 | アフリカ  

国民は貧困 議員報酬は大幅増 世界トップ水準 平均月収の113倍

2010年7月20日 朝日新聞

◆ケニア国会で提案へ

【ナイロビ=古谷祐伸】ケニアの国会議員が自分たちの報酬を世界トップクラスに押しあげる案を取りまとめ、批判を招いている。8月4日に国民投票にかけられる新憲法案では報酬アップが自ら決められなくなるため、その前に駆け込みで増額する狙い。政府は財政難を理由に反発している。

 近く国会に法案が提出される見通し。とりまとまた案によると、現在、諸手当込みで月額85万シリング(約92万円)の報酬を5割近く増額し、約120万シリング(同130万円)にする。地元紙によると、提案額はケニア人の平均月収の113倍という。議員は222人いる。

 理由は物価高騰としているが、提案額は世界の議員報酬と比べても相当な水準。日本の国会議員は月額129万7千円の歳費(給与)と、通信費や交通費などとして同100万円を受け取っている。国民の多くが失業や貧困に苦しむ中、怠慢を非難されている議員の提案に納得する人は議員以外にはない。ケニヤッタ財務相は「議会で可決されても払う予算がない」という。

 ケニアの議員報酬は、議員らでつくる委員会が適正額を勧告し、それに基づいて法律で決める仕組み。だが、新憲法案が通れば、独立した報酬委員会が議員報酬を決めることになる。そのため簡単に増やせるうちに増額しておこうという狙いがある。

 新憲法案の土地私有や妊娠中絶についての条項をめぐって、国を二分する議論が起きている。政府は多くの賛成票を得ようと躍起だ。そのため、政府が議員報酬アップを認めないなら、新憲法案への反対運動を起こすと息巻く議員も多い。
[PR]

by yupukeccha | 2010-07-20 15:00 | アフリカ  

成田・ガーナ人男性死亡:妻が告訴状提出「入管職員が暴行」 /千葉

6月29日14時18分配信 毎日新聞

 成田国際空港で3月22日、ガーナ国籍の男性(45)が強制送還中に死亡した問題で、死亡は機内で入国管理局の職員に暴行されたのが原因だとして、特別公務員職権乱用致死容疑で氏名不詳の同局職員に対する告訴状を男性の妻(48)が28日、千葉地検に提出した。地検は受理したかどうか明らかにしていない。

 妻は会見で「なぜこうなってしまったのかが知りたい。二度とこういうことが起きないために決断した」と語った。告訴状によると入管職員数人が3月22日午後、成田国際空港で男性の護送中に暴行し傷害を負わせ、死亡させたとしている。県警などによると、男性は乗せられた旅客機内で暴れ、職員がタオルなどを使って制止し、その後ぐったりして病院に搬送されたという。【駒木智一】
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-29 14:18 | アフリカ  

「独裁者」とユネスコ共同の国際賞、人権団体が非難

2010年6月9日20時49分 朝日新聞

 【パリ=国末憲人】独裁者として知られる赤道ギニアのヌゲマ大統領が国連教育科学文化機関(ユネスコ)と共同で設立した国際賞に対し、人権団体が「強権政治にユネスコがお墨付きを与えている」と批判を強めている。ユネスコは15日に対応を協議する。

 赤道ギニアの働きかけにユネスコが合意してできた「ユネスコ―オビアン・ヌゲマ・ムバソゴ生活科学研究国際賞」。生活の改善に貢献する研究をした人や団体を近く表彰する予定という。

 国際人権団体「ヒューマン・ライツ・ウオッチ」は「市民生活を崩壊させた独裁者の名前で生活改善を表彰するのは大いなる皮肉だ」と批判。44団体の連名で、賞の廃止を求める書簡を5月、ユネスコのボコバ事務局長に出した。

 ヌゲマ大統領は1979年にクーデターで前大統領を処刑して就任し、以後、政権を握る。産油国として得た富の私物化や、人権や言論への弾圧が指摘されている。
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-09 20:49 | アフリカ  

南アで早くも!取材陣が襲われる、治安の悪さ「想像以上」

6月7日16時56分配信 夕刊フジ

 南アフリカで11日に開幕するサッカーワールドカップ(W杯)を取材するため、現地入りしていた韓国民放局の取材スタッフが相次いで襲撃されていたことが7日、分かった。いずれも強盗目的で襲われたとみられ、韓国政府はすでに、本国から国民保護を担当する外交通商省領事部の職員を増派。韓国代表が試合を行う都市ごとに臨時領事館を設営する予定だ。

 韓国メディアの報道などによると、3日午後7時45分ごろ、ヨハネスブルク市内の中心商業地区にあるビル1階のトイレで、韓国民放局MBCと契約しているフリーランスの報道ディレクター(38)が3人組に襲われた。

 ディレクターは首を絞められ、失神している間に現金1500ドル(約13万7000円)とパスポートを奪われ、腰などにも軽傷を負った。命に別条はないが、大事を取って治療のため、すでに同国を離れたという。

 ディレクターはドキュメンタリー番組の取材で南ア入りした。取材はほぼ終えており、この日は案内役の現地在住韓国人と一緒に現場建物内のファストフード店で食事を注文、1人でトイレに入り、被害にあった。

 ヨハネスブルク市内ではまた同日午後、レンタカーを運転して中心街ハウトン交差点にさしかかったSBS教養局のディレクター1人が、信号待ちのため停車したところ、いきなり車のドアを割られる被害に遭った。

 ディレクターが機転を利かせて車を急発進させたため、犯人はそれ以上追跡せず、強盗は未遂に終わったという。

 韓国政府は、自国民が相次いで被害に遭ったことを重視、外交通商省領事部の担当職員を現地に増員し、国民の安全確保にあたるほか、南アフリカ政府や大会本部、治安関係機関との連携を強化したという。

 今回の襲撃に韓国治安関係者は「現地の治安状況は想像以上に悪い。W杯開催期間には外国人を狙った強盗が活発化するとの情報もある。滞在外国人はホテルを一歩出ればお祭りムードでは済まない情勢にあり、旅行者はもちろん、大会関係者のセキュリティーにも万全を期すよう現地当局に要請した」としている。

 W杯南ア大会の取材をめぐり、NHKを含む日本の放送各局は、安全の確保に不安があるとして、女性のアナウンサーやキャスターの派遣を見送っており、報道陣全体の規模も前回のドイツ大会よりも縮小している。
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-07 16:56 | アフリカ  

開会式出演歌手が病死=オペラ歌手シフィオさん、34歳-W杯サッカー

2010/05/27-12:37 時事通信

 【ロンドン時事】6月11日にヨハネスブルクで行われるサッカー・ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会の開幕セレモニーに出演する予定だった同国のオペラ歌手シフィオ・ヌツシェベさんが25日、急性髄膜炎で死去した。34歳だった。W杯地元組織委員会が26日発表した。

 シフィオさんの出演は、同国のネルソン・マンデラ元大統領の指名で決まり、マンデラ氏のメッセージが入った新曲「Hope(希望)」を歌うことになっていた。前週のリハーサル中に体調を崩し、入院していた。

 英紙ガーディアン(電子版)によると、シフィオさんは黒人居住区で育ち、5歳から教会で歌い始めた。奨学生として英国で学んで才能を伸ばし、欧州などでも活躍していた。
[PR]

by yupukeccha | 2010-05-27 12:37 | アフリカ  

<南アW杯>警備に4万人、でも効果未知数 開幕まで17日

5月25日13時11分配信 毎日新聞

 サッカーのワールドカップ(W杯)が6月11日から開かれる南アフリカ。最大の懸念は、1日の殺人発生が約50件にもなる治安だ。政府は内外への信頼醸成に苦慮するが、ゆっくりと試合観戦とあいなるのか。【ヨハネスブルク高尾具成】

 「オバマ米大統領が来るのか来ないのかが大問題だ。米国代表が決勝トーナメントに進まないことを願う」

 ツェレ警視総監が7日、語った。既に国家元首級43人がW杯の観戦を予定。オバマ大統領も米国代表が1次リーグを突破した場合の南ア入りを示唆しており、警視総監の冗談交じりの言葉に本音がのぞいた。

 ◇殺人1日50件

 南ア警察によると、人口約5000万人の南アで、08年度の国内殺人事件は1万8148件。1日に約50人が殺害されている計算だ。一方で人口が2倍以上の日本では、09年に認知された殺人件数は1097件(警察庁)だ。南アではさらに08年度、1万8298件の殺人未遂事件が発生しているほか、レイプなどの性犯罪事件は7万1500件。

 南アの住民は、普段から、「犯罪集団に追尾されていないか?」と、バックミラーやサイドミラーをきょろきょろ見ながら運転。交差点で運悪く、赤信号に変わった場合は極力、停止を避け、「超徐行」で青信号を待つ。リスクを避けるため信号無視も日常的だ。

 わが家も含め、ヨハネスブルク北郊外の住宅地は数メートルの壁に囲まれ、電子鉄線が張り巡らされている。民間警備員を呼ぶ「パニック・ボタン」設置は常識だ。ヨハネスブルク中心部の自宅で緊縛強盗に遭った被害女性(32)は「不幸中の幸いだった」と話すほど。現金などを奪われただけで、レイプされなかったからだ。

 ◇150億円を投入

 世界最低水準の治安への懸念一掃に、政府はW杯に向け、治安対策に150億円以上を投入。警察官約19万人のうち、大会期間中は約4万4000人を専従させる。

 さらに3月、チューリヒの「国際サッカー連盟」(FIFA)本部であったW杯治安対策会議では、国際刑事警察機構から「最大級の専門家集団を送り込む」との確約を得て、ブラッターFIFA会長も「年間1100万人の観光客が訪れる国。治安は保証される」と自信をみせる。

 しかし、約1年前のプレイベント、コンフェデレーションズ杯の夜。ヨハネスブルク中心部の「エリスパーク競技場」から約200メートルの路上では記者の目の前で、信号待ちをしていた女性運転手が携帯電話を強奪された。

 ◇重点域外は手薄

 W杯はコンフェデ杯の十数倍の約40万の観客が見込まれる。南ア当局は「競技場周辺を重点的に警備する」としているが、裏を返せば重点区域外までは警備の手が回らない。

 さらに4月には国際テロ組織アルカイダ系グループがウェブ上で「W杯をテロの標的にする」との声明を発表した。

 治安当局は「テロのリスクの高い米国・イングランド戦(6月12日、北西州ルステンブルク)などを中心に競技場だけでなく宿泊施設や交通輸送も徹底した警備態勢で臨む」と述べるが実行力は未知数。この国の治安改善は、南アチームの優勝よりもはるかに難しい問題だ。
[PR]

by yupukeccha | 2010-05-25 13:11 | アフリカ  

レイプや誘拐の標的…女子アナ行けない危険な南アW杯

2010年05月11日17時00分 夕刊フジ

 6月11日から南アフリカで開催されるサッカーW杯の日本代表23選手が発表された。だが、イマイチ盛り上がりに欠けるのは日本代表の問題だけでなく、開催地が日本から遠く極端に治安の悪い南アだからだろう。テレビ各局は安全面を考慮し、スポーツ中継には欠かせない女子アナの派遣を今回は断念。観戦ツアーを企画する国内旅行代理店各社も、予約の伸び悩みで苦戦を強いられている。

 サッカー番組の“華”として活躍する女子アナは多い。「やべっちF・C・」を8年間担当するテレビ朝日の前田有紀アナ(29)は昨日の代表選手発表を受け、「2006年のドイツW杯のメンバーだった選手にはぜひ雪辱を果たしてほしい。日本に優勝してほしい!」とエールを送った。しかし、前田アナをはじめとする“サッカー通”の女子アナが現地入りする可能性は、ほぼゼロだ。

 TBSは「スーパーサッカー」レギュラーの枡田絵理奈アナ(24)を派遣せず、アナウンサーとしては試合を実況する土井敏之アナ(39)、佐藤文康アナ(33)の男性2人が南ア入りすることになった。女子アナの派遣断念は「南アの治安が極めて不安定なこと」(同局関係者)が原因で、NHKや他のテレビ局も足並みをそろえるという。フジテレビ「すぽると!」の本田朋子アナ(26)や、日本テレビの森麻季アナ(29)、テレビ東京の相内優香(24)、秋元玲奈(24)の両アナらも、現地入りはしない見通し。

 前回のドイツ大会ではNHKから青山祐子アナ(37)、また、タレントの白石美帆(31)らがドイツ入りして中継を華やかにしていたが、一転、各局とも“落ち着いた”中継となりそうだ。

 南アの犯罪統計(2007年3月発表)では、1年間で殺人事件が実に1万9200件も発生。同国ではW杯開催にあわせて170億円相当の警備予算を計上し、開催期間中には4万人以上の警察官を特別配備する方針だが、「治安の飛躍的な改善は望めない」(現地関係者)という。とくにテレビ各局が恐れているのは「レイプと誘拐」(放送関係者)だという。たしかに、華やかな女子アナは犯罪者にとって十分な“ターゲット”だ。

 安全面での不安は観戦客の足も遠のかせている。そもそも日本から南アには直行便がなく、移動時間は片道20時間以上もかかる。そのため、前回のドイツ、3大会前フランス大会で特需にわいた旅行代理店各社は、ツアー客の確保に四苦八苦だ。

 宿泊先や移動でのセキュリティーを考慮して0泊の“弾丸ツアー”を企画したJTBは、申込者が目標の5割程度。別の業者は、日本-デンマーク戦に合わせた42万8000円のツアーを7万円減額し、ツアー客の獲得を目指す。代表選手発表でW杯への注目度は上がっているとはいえ、タイムリミットも迫っているだけに、旅行業界には焦りの色が出はじめている。
[PR]

by yupukeccha | 2010-05-11 17:00 | アフリカ  

ピースボートに海賊接近 アデン湾

5月7日7時56分配信 産経新聞

b0161323_17371962.jpg 民間国際交流団体「ピースボート」の船旅の旅客船「オセアニック号」(乗員乗客約1100人)が、アフリカ・ソマリア沖で海賊船に追尾されたことが6日、分かった。被害はなかった。オ号は昨年5月にソマリア沖を航行した際、海賊対策で展開中の海上自衛隊の艦船に護衛されたが、今回は欧州連合(EU)の艦隊が警護する船団に加わっており、ギリシャ海軍の救援も受けた。

 日本政府関係者によると、オ号に接近した船は2隻で、1隻は逃走し、もう1隻はギリシャ海軍に拘束された。武器は海に投棄していたが、襲撃した船に乗り移るために使う縄ばしごや携帯電話が押収され、海賊船と判明したという。

 観光庁によると、6日午前0時(日本時間午前6時)過ぎ、オ号が数隻の民間船舶とともにソマリア沖・アデン湾を航行中、不審な船に追尾された。船長は救援を要請し、ギリシャ海軍の艦船が駆けつけた。オ号が速度を上げてジグザグ航行したところ、約20分後に船は見えなくなった。

 船旅の企画・実施会社「ジャパングレイス」によると、オ号を運航する米国の船会社はEU艦隊に警護を依頼することが多いという。海自の護衛船団に入ることも検討したが、航行と護衛の日程が合わず、国土交通省の指導もあり、EU艦隊の警護船団に加わった。ただ、きめ細かなエスコート方式をとる海自の信頼性が高いとして、海自の護衛予定を把握したうえでアデン湾の航行日程を決める日本の企画会社もある。

 オ号はピースボートの「地球一周の船旅」として4月16日に横浜を出港。約3カ月かけて世界を回る。ピースボートは社民党の辻元清美衆院議員が早稲田大在学中の昭和58年に設立。海賊対策での海自派遣に反対していた。
[PR]

by yupukeccha | 2010-05-07 07:56 | アフリカ