島田紳助さん引退表明に街の声はさまざま

2011年08月24日09時08分産経新聞

 京都市南区出身の島田紳助さんは、平成11年から今年3月末まで市の特別観光大使を務めた。司会を務めるテレビ番組の企画で「平成の新選組プロジェクト」に取り組み、関西在住の学生で結成する5人組男性アイドルユニット「新選組リアン」を21年にデビューさせるなど京都の活性化に情熱を注いでいた。

 門川大作市長は「幅広い活動をされていただけに、このようなことになって極めて残念」と言葉少な。市広報課の男性職員は「クリーンなイメージの人と思って特別観光大使をお願いしたのに…」と肩を落とした。

 街の人たちも引退表明にさまざまな声をあげた。

 神戸市垂水区の専門学校生、中村友香さん(19)は「大好きなタレントだったのでショック。テレビで見ることができなくなるのは残念」と話す一方、大阪市住之江区の医療事務員、藤原朋可さん(23)は「番組ではいいことを言っていて、影響力のある芸能人だと思っていた。でも、そういう発言がうそくさく感じてしまう」。

 また、兵庫県姫路市の会社員、東勇佑さん(28)は「反社会勢力との関係は芸能界全体に浸透していると思っていたが、改めて認識した」と話した。京都市下京区の自営業の男性(26)は「犯罪者ではないし、やめる必要はなかったのでは。逆にさらに“黒い”ことを疑ってしまう」と引退に疑問を示した。
[PR]

by yupukeccha | 2011-08-24 09:08 | 社会  

<< 紳助さん会見まるで“独演会” ... 「真相の幕引きには程遠く...... >>