米ボーイング、23日に次世代旅客機「787」の飛行試験再開

ロイター 2010年12月24日(金)7時7分配信

 [アトランタ 23日 ロイター] 米航空機大手ボーイングは、次世代中型旅客機「787」(通称ドリームライナー)の飛行試験を23日に再開すると発表した。

 11月に試験飛行中の機体で火災が発生した事故を受け、設計を変更したと説明した。

 声明によると、ボーイングは新たな出力分配システム・ソフトウエアの暫定版を導入し、機体の飛行準備が整っているかどうか一連の厳しい審査を実施した。

 同社はまた、787プログラムの日程について、1月に検討を完了するとした。

 787の納入をめぐっては、再延期が広く予想されている。

 ボーイングは11月、試験飛行中の機体で火災が発生した事故を受け、試験を停止していた。


米ボーイング、787型機のテスト飛行を再開
ウォール・ストリート・ジャーナル

2010年12月24日(金)10時49分配信

 米航空機大手のボーイングは、新中型旅客機「787ドリームライナー」のテスト飛行を23日に再開すると発表した。先月には電気系統の故障でテスト飛行を中止しており、納期が繰り返し延期されている787型機の開発を懸念する声が高まっていた。

 787型機プログラムの統括責任者、スコット・ファンチャー氏は、ドリームライナー・プログラムのスケジュールについては来年1月に見直しを終えるとの見通しを示した。同氏は「飛行テストを再開しテストのペースを決定するなかで、同プログラムの新たなスケジュールの設定に注力している」と語った。

 同氏はさらに、最初に飛行テストプログラムの残りの一連のテストを完了し、その後、承認テストの再開に移ると明らかにした。

 同社は、飛行テストを再開する最初の機体に配電盤の改良型ソフトウエアの暫定版を搭載したと明らかにした。先月は配電盤の出火が停電につながり、テスト飛行の停止に至っていた。

 ボーイングの発表文によると、同社は今週に入って同機の暫定ソフトウエアのテストを完了した。


ボーイング787飛行テストを再開へ
レスポンス 2010年12月24日(金)13時16分配信

ボーイングは、「787」型機のフライトテストを再開したと発表した。

11月9日に機体から出火するトラブルが発生し、飛行テストを中断していた。今回、787型機に、出火原因となった電力分配システムの暫定版アップデートソフトウェアをインストールした。フライトテスト用4号機(ZA004)は、社内規定に基づくテストを実施し、テストプログラムを完了後、認証取得に向けたテストを再開する。

ボーイングとハミルトン・サンドストランドはこれまでに単体での検体テスト、他のシステムとの統合テスト、フライトシミュレーターによるテストなど、地上テストでシステムの検証作業を実施、暫定的アップデート版ソフトウェアのテストは今週初めに完了した。

ボーイングでは、フライトテストの中断期間も認証取得に向けた地上テストを継続しており、今後も量産用の機体を使用して地上テストを実施する。

同社では、787型機プログラム全体の新スケジュールは、今後のフライトテストの実施スケジュールが決定した段階で1月中に決定する。
[PR]

by yupukeccha | 2010-12-24 07:07 | 経済・企業  

<< <ロシア>古い機体の事故続発 ... 悪名のバングラデシュ殺人部隊、... >>