「787」の試験飛行再開をまもなく発表=ボーイング・ジャパン社長

ロイター 2010年12月22日(水)13時44分配信

 [東京 22日 ロイター] 米航空機大手ボーイング<BA.N>の日本事業を統括しているボーイング・ジャパンのマイク・デントン社長は22日、都内で記者会見を開き、技術的問題によって先月から試験飛行が停止されている次世代中型旅客機「787」(通称ドリームライナー)について、まもなく試験飛行の再開を発表するとの見通しを明らかにした。

 社長は「恐らくボーイングからの次の発表は、試験飛行の再開の発表だろう。われわれは発表が早急に行われると予想している」と語った。

 デントン社長はただ、787の納入日程について話をする立場にはないと断り、数週間以内にボーイングが787の最新状況について発表することになっているとも述べた。

 同社の一番新しい日程によると、ボーイングは787を最初の顧客である全日本空輸<9202.T>に2011年第1・四半期半ばに引き渡す計画だった。また当初の引き渡しターゲットは2008年5月だった。

 ボーイングは約850機の787を受注している。 
[PR]

by yupukeccha | 2010-12-22 13:44 | 経済・企業  

<< ただで鯨肉もらう 水産庁職員5... 大雪で空路の混乱続く=数千人足... >>