悪名のバングラデシュ殺人部隊、英警察が訓練 批判は必至

2010.12.22 23:44 産経新聞

 バングラデシュ政府の特殊部隊で、「非合法殺人を繰り返している」と人権団体から非難されている「緊急行動部隊(RAB)」が、英警察から訓練を受けていたことが内部告発サイト「ウィキリークス」が入手した米外交公電で分かった。英紙ガーディアン(電子版)が22日報じた。

 RABへの関与が明らかになったことで、英国に対する批判も強まりそうだ。

 公電によると、RABのメンバーは、18カ月にわたり、取り調べのテクニックや、武力行使の条件や限界などに関する「交戦規則」の訓練を英警察から受けている。

 同紙によると、2004年に組織されたRABは、テロ対策に貢献していると米英から評価されているが「銃撃戦に巻き込まれて死亡した」とRABが報告している千人以上が、実際はRABによって殺害されたと人権団体は指摘している。(共同)
[PR]

by yupukeccha | 2010-12-22 23:44 | アジア・大洋州  

<< 米ボーイング、23日に次世代旅... ただで鯨肉もらう 水産庁職員5... >>