書記長後任に国会議長有力

2010年12月15日 朝日新聞

 【バンコク=藤谷健】13日開幕したベトナム共産党の中央委員会総会は15日から、党最高指導部の政治局が決定した次期指導部の人事案の議論に入る。朝日新聞が入手した人事案によると、今期で引退する最高指導者のノン・ドク・マイン書記長(70)の後任には、保守派の理論家で親中派のグエン・フー・チョン国会議長(68)を昇格させるとしている。ただ一部には異論の声もあり、21日までの会期中に合意できるかどうかが最大の焦点になっている。

 書記長を頂点とする次期指導部は、来年1月中旬に5年ぶりに開かれる党大会で正式決定する。人事案によると、国家主席(大統領)に親日派のチュオン・タン・サン党書記局常務(61)、国会議長にファム・クアン・ギ・ハノイ市党委書記(61)を起用。一方、処遇が注目されていたグエン・タン・ズン首相(61)については留任させるとしている。

 政治局から、現指導部のマイン書記長、グエン・ミン・チェット国家主席(68)ら5人のメンバーが今期限りで引退することが確定。一方で政治局を現在の15人から2人増やして17人にする拡充案も提案される。
[PR]

by yupukeccha | 2010-12-15 06:00 | アジア・大洋州  

<< 中国とノルウェーが油田探査=平... キリスト教徒の労働観 >>