<中国>午後5時半「重要な情報発表」 北朝鮮延坪島砲撃で

2010年11月28日 15時05分 毎日新聞

 【中国総局】北朝鮮による延坪島砲撃事件で、中国外務省は28日、日本時間午後5時半に「重要な情報を発表する」と明らかにした。内容は不明だが、北朝鮮を巡る情勢に何らかの進展がある可能性もある。発表は、韓国を急きょ訪問した中国の戴秉国(たいへいこく)国務委員(外交担当)が同日午前、ソウルで韓国の李明博(イ・ミョンバク)大統領と会談した後に出された。青瓦台(韓国大統領府)によると、李大統領も29日午前に国民向け談話を発表する。


北朝鮮問題で「重要情報」発表か=中国外務省、緊急会見へ
時事通信 11月28日(日)14時14分配信

 【北京時事】中国外務省は28日、同日午後4時半(日本時間同5時半)から緊急に記者会見を開き、「重要情報を発表する」と明らかにした。「重要情報」の内容など詳細は明かしていないが、韓国・延坪島の砲撃を受けた北朝鮮情勢に関する会見とみられる。

 米韓合同軍事演習に伴う情勢の緊迫化を受け中国は、外交を統括する戴秉国国務委員が訪韓し、28日に李明博大統領と会談したほか、北朝鮮の崔泰福労働党書記の30日からの訪中を公表。緊張緩和に向けた南北朝鮮との接触を急展開させている。
[PR]

by yupukeccha | 2010-11-28 15:05 | アジア・大洋州  

<< 尖閣問題“燎原の火”を点けた「... スカイマーク大丈夫? “大胆不... >>