内部でまた放射性物質漏れ=香港から50キロ、広東省の原発―中国

時事通信 11月16日(火)12時50分配信

 【香港時事】16日付の香港各紙によると、中国広東省深セン市にある大亜湾原発の運営に参加している香港核電投資(HKNIC)は15日夜、原発内部で10月23日に放射性物質が漏れる事故が起きたと発表した。外部には漏出していないという。香港中心部から約50キロしか離れていないこの原発では、5月にも同様の事故が起きていた。

 HKNICの説明では、冷却水を通すパイプに亀裂が見つかった。防護服を着た作業員数人が放射性物質にさらされたが、少量だったため健康に影響はないとしている。

 しかし、香港の環境保護団体は「このような状況でも作業員はがんの危険が増す」と指摘。一部の立法会(議会)議員やメディアは「5月の事故に続いて今回もすぐに公表せず、住民の知る権利を否定している」と原発側の対応を批判した。


原子力発電所で再びトラブル、「放射能漏れ」は否定―深セン
サーチナ 11月16日(火)19時14分配信

 広東省深セン市にある大亜湾原子力発電所はこのほど、冷却水が流れる鋼管の亀裂部分から、微量の放射能漏れが確認された。一方、国家核安全局などは、同件を「深刻ではない」と表明し、周辺への安全に影響はないと表明した。騰訊新聞などが伝えた。

 同発電所の「放射能漏れ」は、先月末に行われた管理・保守検査の際、同発電所の作業員が補助冷却システムのパイプの問題を報告したことから発覚した。同問題は国家核安全局にも報告されたが、検証の結果、深刻な事故ではないことを示す「一級事故」との判定が下された。

 同発電所は今年5月にも、炉内の冷却水の放射能濃度が異常に上昇したことが報じられたが、「非常に小さなトラブル」として処理されている。(編集担当:金田知子)


大亜湾原発:5カ月内に「異常事象」3回発生=広東・深セン市
サーチナ 11月17日(水)12時12分配信

 広東省深セン市にある大亜湾原子力発電所で10月23日、余熱排出用のパイプに長さ3.8センチメートルほどの亀裂が見つかった。国際原子力機関が定めるレベル1の「異常事象」で、運転には影響しなかったという。同原発でトラブルが発生したのは、過去5カ月で3回目。鳳凰網が報じた。

 大亜湾原発では5月と6月にもトラブルがみつかった。10月23日は過去5カ月で3回目。いずれも放射能漏れがあったが、軽微だったという。10月23日にみつかったパイプの亀裂では、外側にホウ素の結晶が付着しており、2マイクロシーベルトの放射線を測定した。

 同原発を運営する香港核電投資公司の陳招雄総経理(社長)は、余熱排出システムは全体が密閉されているので、原発の運転と近隣の環境に対する影響はまったくなかった」と説明した。

 10月23日のトラブルは11月15日になってから明らかになった。陳総経理は、「発見後4日目になり、国際原子力事象評価尺度でレベル1に相当する事態と判明した。安全面に問題はなく、緊急通報の義務もない」と説明した。

**********

◆解説◆
国際原子力事象評価尺度は国際原子力機関(IAEA)が定める、事故や異常事象の基準。「事故」と定義されているのはレベル4以上。過去最高だったのはレベル7のチェルノブイリ原子力発電所事故(1986年、旧ソ連)。

 日本で最高だったのはレベル4のJCOウラン加工工場臨界事故(1999年、茨城県)。レベル1の「異常事象」には、高速増殖炉もんじゅナトリウム漏えい(1995年、福井県)などがある。(編集担当:如月隼人)


内部でまた放射性物質漏れ=香港から50キロ、広東省の原発―中国
朝日新聞 2010年11月16日13時6分

 【香港時事】16日付の香港各紙によると、中国広東省深セン市にある大亜湾原発の運営に参加している香港核電投資(HKNIC)は15日夜、原発内部で10月23日に放射性物質が漏れる事故が起きたと発表した。外部には漏出していないという。香港中心部から約50キロしか離れていないこの原発では、5月にも同様の事故が起きていた。

 HKNICの説明では、冷却水を通すパイプに亀裂が見つかった。防護服を着た作業員数人が放射性物質にさらされたが、少量だったため健康に影響はないとしている。

 しかし、香港の環境保護団体は「このような状況でも作業員はがんの危険が増す」と指摘。一部の立法会(議会)議員やメディアは「5月の事故に続いて今回もすぐに公表せず、住民の知る権利を否定している」と原発側の対応を批判した。[時事通信社]
[PR]

by yupukeccha | 2010-11-16 12:50 | アジア・大洋州  

<< 食中毒で営業停止なのに「設備改... スー・チーさん解放 7年半ぶり... >>