人民元、タイに影響も

朝日新聞 2010年10月8日

 「人民元がもっと弾力的に動けば、東南アジアの負担も少なくてすむ」と語るのは、9月末に退職したタイ中央銀行のタリサ前総裁。タイ通貨が対ドルで13年ぶりの高値となり、輸出企業への影響が懸念されている。海外マネーが資本規制のある中国に向かわず、代わりに東南アジアの通貨が買われている、との見方だ。(バンコク=高野弦)
[PR]

by yupukeccha | 2010-10-08 06:00 | アジア・大洋州  

<< 交際相手から覚せい剤購入 日航... 国会内で雑誌写真、 蓮舫大臣に... >>