T字形尾翼「MD81型機」が引退 就航から四半世紀

2010年9月30日21時29分 朝日新聞

b0161323_1575866.jpg 尾翼がT字形でエンジンが機体後部にあるなど、独特のデザインが人気だった日本航空の「MD81型機」が30日、就航から四半世紀の歴史に幕を閉じた。

 旧日本エアシステム(JAS)の前身の東亜国内航空が導入。アジアへ飛んだこともあったが、主に国内の地方空港間を結んだ。

 経営再建中の日航は旧型機の整理を進める。旧JAS出身の小山政則機長(54)は「操縦しやすい機体だったが、燃費が悪い。時代の流れには逆らえない」。感慨を込めて見送った。
[PR]

by yupukeccha | 2010-09-30 21:29 | 社会  

<< 総選挙後にスー・チーさん解放か... 温泉、薄かった 湧出量不足で水... >>