書家の榊莫山さん死去 84歳、詩書画一体の芸術追究

2010年10月5日19時51分 朝日新聞

 詩書画一体の芸術を追究して幅広いファンをもつ書家の榊莫山(さかき・ばくざん、本名齊=はじむ)さんが、3日午前4時13分、急性心不全で死去した。84歳だった。葬儀は親族で行った。喪主は妻美代子さん。

 1926年、三重県上野市(現・伊賀市)生まれ。京都大学文学部卒。戦後、書家の辻本史邑に師事した。日本書芸院展や前衛書道の奎星(けいせい)会展で最高賞を受賞。書壇で活躍したが、58年に書道展の審査員を辞め、以後は無所属を通し、書道界の異端児といわれた。

 「土」や「女」「樹」などの文字に大地と生命のイメージを重ねた書を得意とした。50歳ごろから「寒山拾得」などをテーマに、素朴な言葉を添えた水墨による文人画を好んで描いた。81年に大阪から郷里に戻り、93~96年には焼酎のテレビCMにも登場、「莫山先生」の愛称で親しまれた。

 92年には奈良・東大寺の国宝仁王像の阿形像の頭部に、写経を納めた。今年1月には、奈良県桜井市の安倍文殊院に建立された石碑の文字を記した。

 「野の書」「文房四宝」「空海書韻」「漢詩と歩く」「書百話」など著書多数。


榊莫山さん死去=書家、権威嫌い自由な作風
2010年10月5日21時6分 朝日新聞

 自由闊達(かったつ)な作風と人柄で知られた書家の榊莫山(さかき・ばくざん、本名齊=はじむ)さんが3日午前4時13分、急性心不全のため奈良県天理市の病院で死去した。84歳だった。葬儀は近親者で済ませた。自宅は三重県伊賀市菖蒲池1282。喪主は妻美代子(みよこ)さん。

 三重県生まれ。京大文学部卒。中学時代から書や油絵を習い、戦後すぐに日本書芸院や前衛的な「奎星(けいせい)会」の最高賞を次々と受賞するなど頭角を現す。権威を嫌い、32歳で書道界から距離を置いて独自の芸術を追求した。NHK朝の連続テレビ小説「甘辛しゃん」の題字などを手掛けたほか、テレビ番組やCMにも出演して親しまれた。随筆家としても活躍。著書に「野の書」「莫山美学」「草庵に暮らす」など。
[PR]

by yupukeccha | 2010-10-05 19:51 | 社会  

<< 小沢氏に「江藤論文を読んでほし... ラ・パルレ民事再生手続き 振興... >>