戒名料 不透明では寺離れ進む

朝日新聞 2010年10月7日

 三十数年間の叔父の葬儀で叔母の様子が少しおかしかった。心配になり話を聞くと、お布施の学が少なくて希望した戒名をつけてもらえず、いらいらしていることが分かった。その時は香典として、私が必要な額を叔母に渡して希望した戒名をつけてもらい、叔母も落ち着きを取り戻した。寺が提示したお布施は、かなりの高額で驚いた。

 その叔母も、昨年天寿を全うし、叔父のもとに旅だった。ところが、寺から、叔父の戒名に見合う戒名を叔母にもつけるべきだ、と再び高額なお布施が提示された。母子家庭で、一人っ子のいとこは、その負担のために相当苦労した。

 9月18日の本紙夕刊では明瞭会計をうたう葬儀事業者が、ホームページでお布施や戒名料などを表示したところ、全日本仏教会が「寺が戒名を売買している印象を与える」と反発したと報じていた。しかし、私の叔父・叔母の例は事実上の売買の印象を受け、この非難には違和感を感じた。

 戒名料についての明確な説明や、お布施の額の透明化を進めないと、葬儀を寺に依頼しない人が、増えていくのではないだろうか。
無職 武田健一 (東京都西東京市 72)
[PR]

by yupukeccha | 2010-10-07 06:00 | 社会  

<< 「ノーベル平和賞より釈放を」 ... 物言う檀家と切磋琢磨しないと >>