龍馬にしがみつくのは成熟拒否の表れ

軍国主義に利用された過去も。買ってな使い方はもうやめよ
2010年10月5日 朝日新聞

 NHKの「龍馬伝」で、福山雅治さん演じる坂本龍馬はとても魅力的だ。龍馬は今年の「上司にしたい偉人」「お酒を一緒に飲みたい歴史上の人物」でもトップだという。だが、この幕末の風雲児と同郷の精神科医・評論家の野田正彰さんは、龍馬人気に疑問を投げかける。(聞き手 編集委員・刀祢館正明)

 ──坂本龍馬はなぜ、こんなに人気があるんでしょうか。

 「龍馬とは青春像そのものです。30代前半で暗殺されてしまって、中年以降がない。もし龍馬が明治維新後も生きていたら、時代を切り開く若々しいイメージを投影することは難しかったことと思います。三菱財閥をつくった岩崎弥太郎にこういうイメージを持つことは無理でしょう。政商としても活躍しましたから。ほかの明治の元勲も同様です」

 「でも、本当にそんなに人気があるんですかねえ。企業経営者には好きな人がいますね。ダイエー創業者の故・中内功さんは、高知県にゆかりがあるということもありますが、龍馬の像をいっぱい置いていた。創業経営者や企業家には、龍馬にあこがれるという人が多いようです」

 ──脱藩した自由人、時代を見すえた先見性、薩長同盟や船中八策、大政奉還の提言など日本全体を再設計する大胆な構想力。やりたくても出来ることではありません。私だってあこがれます。

 「あなたの言う自由、先見、大胆。それを私は青春という言葉に込めています。ありえたかもしれない、願望としての青春です。しがらみを離れて理想像を描き、実行するだけの力がある時期ですね。自由な発想で生きていくことができる。中年以上の成長した経済人がそういう青春像を結ぶのに、龍馬は適当なのだと思います。司馬遼太郎の小説『竜馬がゆく』のイメージにもつながるでしょう」

 「日本の企業経営者が好きな、座右の銘ともいえる詩があります。アメリカの詩人サムエル・ウルマンの『青春』です。『青春とは人生の一時期ではない、青春とは心のあり方である、志の高さであり、思いの質であり、生き生きとした感情であり、人は年を重ねるだけでは老いはしない。ただ理想を失うことによって老いるのである』。概略、こういう内容です。まさに龍馬でしょう。会長室や社長室に飾ってあるのをよく見ました。日本経団連の大好きな詩です」

* * *

 ──いつまでも龍馬のように若々しくいたい。それはいいことなのでは?

 「いえ、成熟拒否です。本来、人は年齢を重ねるとそれなりに成熟していかないといけない。なのに青春像にしがみつくのは、申し訳ないですが、人格的に未熟だからです。なぜ経営者は成熟の歌を自分の部屋に飾らないのか。彼らが龍馬にあこがれるとしたら、それは龍馬という青春にこだわることであり、幼稚さの表れでしょう」

 ──NHKの大河ドラマ「龍馬伝」をどうみますか。

 「土佐、江戸、京、長崎と、なんであんなに行く先々で美人の女性にモテさせるんだろう、と思います。番組の人気作りのためですかね」

 「それはともかく、龍馬の業績に大筋は乗っているように見せて、内容はフィクションだらけ。いくらなんでも、こんなことをやってはいけません」

 ──どういうことでしょうか。

 「龍馬は、長崎の英国人商人グラバーと親しくし、武器を大量に買いつけました。それなのに、ドラマの中で何度も登場するせりふに『列強は日本を植民地化しようとしている、だから幕府を倒さないといけない』というのがあります。これは変でしょう」

 「知り合いの歴史学の専門家に、龍馬が植民地化への危機感を持っていたという文書はありますかと聞いたら、ないと言うんですね。ならばうそということになる。うその語りをずっとさせている。番組を通じて、国民にある種のメッセージを発したいのでしょうか」

 ──でも、ドラマです。見ている方もわかっているのでは。

 「ドラマだからといって、何をやってもいいはずはない。歴史学の知見や実証的にわかっていることと大きく違うことは、作ってはいけません。特に映像は、人の記憶に蓄積して感情を喚起する力が強いですから。地元紙の記者に聞いたら、高知では『史実と違いすぎる』と冷めているそうです」

 ──龍馬というイメージ、フィクションが利用されてきたと主張されていますね。

 「龍馬は開かれた世界を志向したし、後の自由民権運動につながる系譜があった。でも、これは強調しておきたいのですが、軍国主義に利用されたことを忘れないでほしい。明治に入って、龍馬はいったん忘れられた。それが、日露戦争(1904~05年)の際、皇后の夢枕に龍馬が現れて、『露国と海戦となれば、魂は我が海軍の将卒に宿って日本を守る』と言ったという話が新聞で広がった。土佐出身の宮内大臣、田中光顕から出た話です」

 「坂本龍馬というイメージが過去にどう利用されてきたかをちゃんと知ってほしい。小説やドラマで都合のいい部分だけを切り取ったり、危機の時代になるとナショナリズムをあおるような形で、フィクションもないまぜに語られたりする。今もそうではないですか」

* * *

 ──政治家や企業人にも、自分を龍馬になぞらえる人がいます。精神病理学者として、歴史上の人物をモデルにしたり、自分と重ね合わせようとしたりすることをどうみますか。

 「よくないですね。戦前の日本は、国家が偉人を盛んに宣伝した。偉人をモデルにして、今の言葉で言えばアイデンティファイ(自己同一化)して生きる。それが素晴らしい生き方だとされた。でも、これでは人格が分裂するんですね。理想化した人物と世俗的な自分の生き方が、一人の人間のなかでファンタジーのまま共存する。人格の自然な統合ができません」

 ──高知出身の先生が龍馬に否定的なことを言って、大丈夫ですか。

 「土佐で龍馬を否定的に言う人に会ったことがありません。私も龍馬本人を否定的には思っていません。思う必要もないですから。ただ、勝手な使い方には『いいかげんにしてくれよ』と言いたくなります。

* * *

取材を終えて 今回のインタビューは、少々つらかった。実は私は龍馬愛好家の末席にいる。「竜馬がゆく」は浪人時代から3回読み、「龍馬伝」は毎週2度ずつ見ている。この原稿もドラマのCDをかけながら書き、おかげではかどった。「龍馬」は疲れた中年男を元気にしてくれる、こころの栄養剤だな、と思う。

 その龍馬が、軍国主義やナショナリズムの鼓舞に利用されていたとは……。もう、未熟な龍馬好き、ではいられない。

* * *

坂本龍馬

 1835年~67年。土佐藩(現在の高知県)の郷士の家に生まれた。62年に脱藩、江戸に出て幕臣・勝海舟に弟子入りした。その後長崎で貿易商社「亀山社中」を組織した。66年、薩摩藩と長州藩の同盟を仲介。翌年には上京の船中で、幕政の返上や議会開設など8カ条の新国家構想「船中八策」を書いた。これは維新政府の「5カ条の誓文」に通じるとされる。さらに徳川幕府から朝廷へ政権を返上させる「大政奉還」に尽力したが、京都で暗殺された。
[PR]

by yupukeccha | 2010-10-05 06:00 | 社会  

<< ラ・パルレ民事再生手続き 振興... 教会を悩ますゲイ聖職者の「乱れた性」 >>