日本人遺骨収集事業に反発 フィリピン、盗難続発背景に

2010年10月2日3時2分 朝日新聞

b0161323_11195474.jpg フィリピンで第2次世界大戦中に戦没した日本人の遺骨を収集する厚生労働省の委託事業に対し、遺骨の収集や確認方法に問題があるとして地元住民や戦没者遺族、事業に協力してきたフィリピン国立博物館などから中止や改善を求める声が上がっている。同国各地で人骨盗難事件が起きていることが背景にある。

 比中部のミンドロ島東部で今年6月27日、大量の人骨を運んでいた先住民族の男3人が住民に捕まった。100カ所以上の洞窟(どうくつ)墓地から1千人分以上の住民の遺骨が持ち出された形跡があった。先住民族組織代表のアニウ・ルバグさん(40)らによると、うち2人が「骨を集めている者に売るために洞窟から盗んだ」と認めた。

 同島では厚労省の遺骨収集が行われている。ルバグさんらは「男たちが祖先の骨を日本人の遺骨と偽って提供しようとした疑いがある」として来週にも大統領府先住民族委員会に3人の刑事告訴と消えた骨の調査を求める方針。この動きを受けて、遺骨確認の協力をしてきた国立博物館は1日、住民の申し立てが先住民族委に届き次第、同島での収集を中止するべきだと日本大使館に伝えた。

 遺骨盗難はほかでも起きている。北部のイフガオ州ワンワン地区の地区長と地区議会は5月、「日本の団体が日本人の遺骨を買い取ると聞き、一部の住民が祖先の骨を売っている。収集には日本大使館員が立ち会ってほしい」とする要望書を大使館に送付。

 日本の戦没者遺族や生還者ら2404人も同月、「遺骨、遺留品の状況、専門家の鑑定を踏まえない粗雑な方策」だとして収集中止を求める要請書を厚労省に送った。

 比からの収集遺骨数は、2007年に東京のNPO法人が収集活動を始めてから飛躍的に増えた。それまでは年数十柱だったのが、昨年度は7740柱。NPOによると昨年度から厚労省の委託を受け、比全域で300人以上の現地スタッフが住民らから遺骨を集めている。遺骨を持ってきた人には日当として250ペソ(約475円)を払っているという。

 遺骨は、遺留品がない場合でも、発見者や発見地の地区長らの証言を宣誓供述書にとり、さらにそれを公正証書にした場合に日本人戦没者の遺骨と認定される。

 厚労省援護企画課外事室の担当者は「比政府との協議に基づき、比国立博物館が発行した証明書により、日本人戦没者の遺骨と確認している」としている。一方で同博物館側は「遺骨で判別できるのは性別や大人か子どもの違い程度。国籍は証言や遺留品から推測するしかない」と話し、日本人のものではない遺骨も収集されている可能性を示唆した。

 NPO法人は「大戦末期、日本兵は散り散りになった。現地スタッフが毎日情報収集し、戦史にない場所も探すことで遺骨が多く集まっている。フィリピン人の骨は全く混入していないと完全否定はできないが、きわめて少ない。遺骨盗難と我々の活動は関係ない。違法に遺骨収集をしている別の日本人グループによるものではないか」と話している。(フィリピン・ミンドロ島=四倉幹木)
[PR]

by yupukeccha | 2010-10-02 03:02 | アジア・大洋州  

<< 耐性菌、渡り鳥が運び屋? ポル... ANA、ボーイング787-9型... >>