猛暑の爪あと…シロクマが「ミドリクマ」に変身 姫路の動物園

2010.9.17 10:49

猛暑のため体毛に藻が付着し、緑色になった姫路市立動物園のホッキョクグマ 兵庫県姫路市立動物園で、ホッキョクグマ2頭の体毛が緑色に変化し、来園者を驚かせている。猛暑の影響で獣舎のプールに藻が繁殖し、水浴びのたびに体毛に付着したらしい。

 雄のホクト(9歳)と雌のユキ(10歳)。首から前脚にかけて2頭とも濃い緑色に覆われている。

 同園によると、7月末ごろからプールの藻が付着し始め、体毛が薄緑色になった。夏にみられる光景だが、今年は猛暑の影響で多くの藻が繁殖。2頭が頻繁に水浴びしていたことから、濃い緑色になったという。

 子供たちは「ミドリクマ」を不思議そうに観察したり、飼育員に理由を尋ねたりしており、同園も「猛暑の影響がこんなところまで」と驚いている。
[PR]

by yupukeccha | 2010-09-17 10:49 | 社会  

<< 鬼束ちひろさん暴行男を逮捕…知... 琉球大、必修授業にホメオパシー... >>