調味料市場、内食化の影響で焼肉のたれが好調

Business Media 誠 9月15日(水)17時20分配信

 矢野経済研究所は9月14日、「調味料類、市販用油脂加工品市場に関する調査結果」を発表、2009年度の調味料類の市場規模を前年度比0.1%増の1兆6162億円と推測した。【堀内彰宏,Business Media 誠】

 ここ数年の市場拡大は、景気後退の影響で消費者の内食化傾向が強まっていることが背景にあり、同研究所では「2008年度は小麦価格の高騰により、米飯への回帰がみられたため、米と相性のよいメニューに使用される調味料類が好調に推移した。2009年度は小麦価格が落ち着きを取り戻した影響により、ホットプレートを用いて家庭で気軽に楽しめるお好み焼きなどのプレミックスや焼肉のたれなどの伸びが目立った」とコメントしている。

 分野別に見ると、たれ類(焼肉のたれ、すき焼きのたれなど)の2009年度の市場規模は前年度比2.2%増の923億円と見込んでいる。「内食化の影響により家庭内で焼肉をする機会が増えたほか、高速道路料金の値下げやアウトドアブームを受けて、野外でバーベキューを楽しむ機会が増えたことが市場拡大に影響した」(矢野経済研究所)
[PR]

by yupukeccha | 2010-09-15 17:20 | 社会  

<< 駅弁で男女けんか、こだま遅れる... 不眠症治療薬を今年度中に承認申... >>