猛暑から一転、秋らしい朝…9月中~下旬並み

読売新聞 9月15日(水)11時52分配信

 日本列島は15日、北東から冷たい空気が入った影響で、今月に入っても続いていた猛暑から一転、秋らしい涼しい朝を迎えた。

 東北地方から関東地方を中心に9月中旬から下旬並みの気温となり、気象庁によると、東京・大手町では、午前6時過ぎに20・7度と、平年並みの気温を記録。最高気温は前日の30・4度を下回る26度と予想されている。

 東京・銀座も朝から涼しい風が吹き、長袖のカーディガンなどを羽織って出勤する女性の姿が見られた。
[PR]

by yupukeccha | 2010-09-15 11:52 | 社会  

<< 中国の書店ではレジ前で「俺のポ... 山形新聞と山形放送、税務処理巡り提訴 >>