絢子さま 成年皇族として抱負 20歳の誕生日

毎日新聞 9月15日(水)5時12分配信

 高円宮家の三女で、城西国際大(千葉県東金市)2年の絢子(あやこ)さまが15日、20歳の誕生日を迎えた。同大福祉総合学部で福祉を学んでおり、宮内記者会の質問に「小さいころからずっと興味があり、自分で選んだ分野なのでいつか福祉関係のことに携われたらとは思っております」などと文書で回答を寄せた。

 皇室の5人の女王が全員成人に達したことになり、絢子さまは「学業優先ではありますが、できるだけ宮中行事や公務に参加し、多くの方と出会い、さまざまなお話を伺って得た知識や経験が、自分自身を成長させてくれればと考えております」と成年皇族としての抱負を述べた。

 大学ではサッカー部のマネジャーで「普通のマネジャーと変わりなく、選手のサポートに当たっております」とキャンパスライフの一端を披露した。今年の夏休みには大学の研修でカナダで福祉を学んでおり、将来は「海外留学ということも視野に入れております」とした。

 また、結婚については「子どもが好きなので、いつかは結婚をして子育てをしたいと考えております」という。【大久保和夫】
[PR]

by yupukeccha | 2010-09-15 05:12 | 社会  

<< 三菱商事社員が婦女暴行 容疑で... <ガス田開発>条約締結交渉の早... >>