元琴光喜関が協会相手に「解雇不当」と撤回求め仮処分申請 東京地裁 

産経新聞 9月13日(月)12時16分配信

 大相撲の野球賭博問題で日本相撲協会から解雇された元琴光喜関(34)=元大関、本名・田宮啓司=は13日、解雇は不当として、同協会に対し解雇の撤回を求める仮処分を東京地裁に申請した。元琴光喜関の代理人が明らかにした。

[フォト]野球賭博関与した大相撲関係者

 野球賭博問題をめぐっては、同協会は7月4日の臨時理事会で、関与の度合いが濃厚で悪質として、元琴光喜関や大嶽親方(42)=元関脇、貴闘力、本名・鎌苅忠茂=の解雇を決めていた。

 解雇は除名に次ぐ重い処分で、現役の大関が解雇されたのは初めてだった。
[PR]

by yupukeccha | 2010-09-13 12:16 | 社会  

<< 革労協の活動家を逮捕、免状等不... 「約束と違う」「株の方がまし」... >>