御巣鷹慰霊登山で遭難 82歳男性を1日半ぶりに無事保護

8月18日20時55分配信 産経新聞

 昭和60年の日航ジャンボ機墜落事故現場の「御巣鷹の尾根」(群馬県上野村)で、慰霊登山に訪れた男性(82)が下山できなくなった遭難事故で、男性が18日夕に長野県側に自力で下山、同県警に無事保護された。

 男性は、山梨県韮崎市穂坂町三ツ沢、無職、横森将幸さん。県警佐久署によると、横森さんは衰弱しているものの、けがなどはないという。

 同署によると、横森さんは同日午後6時20分ごろ、同県南相木村の南相木ダム周辺で、通行車両を止め、助けを求め、運転手らが110番通報し、横森さんを近くの小海町交番に連れて行ったという。

 群馬県警藤岡署によると、横森さんは17日午後2時ごろに1人で入山。同日午後7時半ごろと、18日午前5時ごろ、家族に携帯電話で「道に迷い、やぶの中にいる」「無事で大丈夫だ」と連絡してきたという。

 同署も同日午前7時ごろに、横森さんの無事を確認したが、その後は携帯電話は不通となっていたという。横森さんが電話で位置を説明した尾根頂上付近にも姿は見えず、県警や地元消防など約60人が周囲を捜索していた。

 横森さんは半袖シャツの軽装の上、手ぶらで食料なども持っていなかったという。同署は横森さんから詳しい遭難の状況などを聴く方針。
[PR]

by yupukeccha | 2010-08-18 20:55 | 社会  

<< パチンコ店のスカイパーラーが破... <ASEAN>議長国ベトナム、... >>