子ども350万人に感染の危険=洪水被害のパキスタン-国連

2010/08/16-23:07 時事通信

 【ニューヨーク時事】大規模な洪水により飲料水が汚染され、伝染病流行の恐れが高まっているパキスタンで、約350万人の子どもが感染の危険にさらされていることが分かった。米欧メディアが16日、国連人道問題調整事務所(OCHA)報道官の話として伝えた。

 同報道官によると、約600万人がきれいな飲み水を必要としているが、資金不足のため100万人にしか供給できていない。洪水による直接の被害が収まっても、食料や飲料水の不足、不衛生で犠牲者が増える可能性があるという。
[PR]

by yupukeccha | 2010-08-16 23:07 | アジア・大洋州  

<< 強力な多剤耐性菌が拡散=インド... 労組脱退しなければ異動…阿久根... >>