児童虐待の摘発、過去最多=育児放棄など死亡18人―実父や養父7割占める・警察庁

8月5日10時6分配信 時事通信

 全国の警察が今年上半期(1~6月)に摘発した児童虐待事件は181件(前年同期比15.3%増)、摘発人数は199人(20.6%増)で、いずれも統計を取り始めた2000年以降、最も多かったことが5日、警察庁のまとめで分かった。虐待を受け死亡した児童は前年より7人多い18人だった。

 児童虐待に関する国民の認識が高まり、近隣住民などからの通報が増えるのに伴って摘発件数は増加傾向にあるが、同庁は「実態としても増えている可能性はある」としている。

 内訳は、身体的虐待が140件、性的虐待が31件、育児放棄が10件。被害児童数は過去最多の187人(14.0%増)で、男女はほぼ半々。5歳以下が42.8%を占めた。

 加害者は、被害児童の実父や養父などが7割、実の母親や継母などが3割だった。

 警察当局は、24都道府県で児童福祉部局や児童相談所との人事交流をするなどし、虐待防止に向けた連携を強化。学校や病院とも情報共有を進めており、児童相談所が家庭に立ち入り調査する際に警察が同行したケースは149件に上った。

 警察庁は今年2月、子どもや女性が被害者となる犯罪の情報を匿名で受け付ける「匿名通報ダイヤル」の対象に虐待を追加。6月末までに電話やネットで受け付けた216件の情報のうち、実際に虐待が疑われる31件について児童相談所に通告した。
[PR]

by yupukeccha | 2010-08-05 10:06 | 荒む社会  

<< キャンプ場でコンロから引火、家... 「ホメオパシー」トラブルも 日... >>