のりピー、今年は穏やかな夏休み?「離婚は立派だ」相沢副社長

7月31日16時56分配信 夕刊フジ

 昨年11月、覚せい剤取締法違反事件で有罪判決を受け、夫の高相祐一氏(42)と離婚が成立した元女優、酒井法子(39)の芸能界復帰に光明が差した。前所属事務所のサンミュージック、相沢正久副社長(61)は30日、報道陣の取材に「立派なこと」と離婚を評価。「向こうにも(事務所を)選ぶ権利がある」と芸能界復帰に含みを持たせたのだ。

 デビュー当時から酒井をバックアップし、公判では情状証人として法廷に立った経緯のある相沢社長は、事務所に駆け付けた報道陣に「本人と話していないが、離婚が成立したと確認した」と説明した。

 「きちんとやったと思う。立派。人生の大きなステップで、よく頑張った」と酒井の決断を大きく評価。酒井と3月に面会したことを明かし、「健康状態と顔色はすごく良かった。勉強に熱心に取り組んでいた」と当時の状況を振り返った。

 芸能界復帰に関しては、「契約解除をしていますから」と前置きした上で、「向こうにも(事務所を)選ぶ権利がある」と、可能性を否定しなかった。

 関係者によると、酒井は創造学園大の通信課程で、ネットを介して介護の勉強をしている。今年5月末に購入価格が約1億7000万円という東京・南青山のマンションを売却。都内の賃貸マンションで長男(11)と暮らしているという。数日前から長男と継母(62)と一緒に都心を離れ、今年は穏やかな夏休みを送っているという。
[PR]

by yupukeccha | 2010-07-31 16:56 | 社会  

<< 阿久根市長、また専決処分 副市... 問われる真偽 ホメオパシー療法 >>